スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:院内感染「新型インフル、初の院内感染 大阪・貝塚」

静かに

病院での集団感染が始まりました。





…ん?

10歳代にタミフル使っていますが、

いいのかな?





あれほどタミフルを叩いた

マスコミは、

スルー力検定中なのかな?






新型インフル、初の院内感染 大阪・貝塚

asahi.com 2009年7月29日0時58分
http://www.asahi.com/health/news/OSK200907280163.html


 大阪府は28日、同府貝塚市の精神科病院「医療法人河崎会水間病院」で、入院患者と医療従事者の計16人が集団でインフルエンザを発症したと発表した。うち入院患者2人の新型インフルへの感染が遺伝子検査で確認された。府は新型が院内感染で広がったとみている。厚生労働省によると、新型インフルで入院患者の院内感染が確認されたのは初めて。

 府や病院によると、発症者は男15人、女1人で19~78歳。25日に入院患者3人が発熱やせきの症状を訴え、簡易検査の結果、インフルエンザA型陽性と判定され、うち1人を遺伝子検査で新型と確認。また28日までに、別の入院患者7人と医療従事者6人も簡易検査でA型陽性と判定され、うち入院患者1人を新型と確認した。

 タミフル投与で全員快方に向かっており、重症者はいない。入院患者10人のうち1人が家族に面会したり散歩したりした以外は、病院関係者以外との接触はないという。

 水間病院には九つの病棟があり、集団感染した入院患者のいる病棟は同じ病棟で56人が入院中。病院は感染者を隔離したり、病棟を消毒したりして感染が広がらない措置をとっているという。

 厚労省によると、医療従事者が院内で感染した例はあるという。




新型インフルエンザで初の院内感染―大阪府


更新:2009/07/28 20:32   キャリアブレイン
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/23440.html



 厚生労働省は7月28日、大阪府から新型インフルエンザの院内感染が発生したとの届け出があったことを明らかにした。厚労省によると、同一の医療機関で医師2人の感染が確認されるなど、院内感染が疑われる例はあったが、複数の入院患者を含む医療機関での集団感染は初めて。


 大阪府によると、院内感染が発生したのは貝塚市内の医療機関。25日に入院患者3人がインフルエンザ様症状を訴えたため簡易検査を実施したところ、全員がA型の陽性だった。このうち1人の検体を採取して府立公衆衛生研究所でPCR検査を実施し、27日夕に新型インフルエンザの感染が確認された。その後、28日夕までに入院患者4人、医師や看護師を含む病院職員5人が新たに簡易検査でA型陽性と判明した。入院患者の7人は40-60歳代。病院職員を合わせた12人のうち、PCR検査の結果、確定患者となったのは2人だが、府は残る10人についても、24日に施行された改正厚労省令に基づいて「見なし患者」とし、厚労省に報告した。
 府の担当者は、「12人に重症化につながるような基礎疾患を有する人や、重症例に当たる人はいない」とした上で、「医療機関で適切な対策を取っており、今後爆発的に感染が広がる恐れはない」としている。







あれほどタミフルを叩いていた

マスコミの手のひらの返し方には

笑ってしまいます。





いったいなんだかね…。





しずかに新型インフルは

準備を整えています。

また爆発的な感染が起こって、

今度は”すべての病院で診ろ”

とか言われて

”でも待合室や病室で感染したら病院のせい”

なんて言われた日には

どうやって対応したらいいのでしょう?





言うだけならタダですから。

現場に押し付けるだけでは

新型インフル対応は

もうどうしようもないのが

目に見えています。








関連記事

コメント

No title

うちのような診療所でも複数のインフルエンザ患者(うち一人は新型をPCR検査で確認)が来ています。
発熱外来は事実上終了しており、病院での入院受け入れもかなりの重症のみと限定され、PCRすら、集団での複数発生のみに限られてしまいました。

要するに、普通のインフルエンザと同じに扱え、ということです。

マスコミもこういった「国の方針」をちゃんと報道しろや。
現場叩きに血道をあげてる暇があったら。

Seisan さま

>マスコミもこういった「国の方針」をちゃんと報道しろや。
>現場叩きに血道をあげてる暇があったら。

現場叩きこそ至上命令なのでは?

マスコミの会社内で集団発生したときにどう報道するのか(スルーも含め)楽しみです。

No title

非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。