スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:衆院解散 時代のターニングポイント



本日、衆院が解散されました。

今この時点が、

明らかに時代のターニングポイントであると思います。




こういう、

分かりやすいこポイントもあれば、

知らないうちに

「あれ、いつ時代が変わったんだろう?」

ということも多くあります。





多くの人にとっては

医療も「あれ、いつの間にこんな状況に?」

と思われているんでしょうけど、

実は多くの人がずっと警笛を鳴らしていました。





マスコミは無視し続けていましたけど…。






時代は大きな転換点を向かえています

(少なくとも私にはそう思えます)。

40日後には日本にとって新しい局面を

むかえていることになるでしょう。





医療関係者も

その流れに逆らうことはできません。

ちょっとした流れの変化で

大きく医療の未来は変わってしまうことでしょう。





そんな視点で、

現状を注視しています。













関連記事

コメント

No title

はじめまして!いつもブログ読ませて頂いています。
本日ブロマガの登録もさせて頂きました。為になります。色々勉強させてください!

確かに今日の解散、8/30の総選挙は大きなターニングポイントになると思います。
国民はどのような選択をするのか?またその選択は正しいのか?流れに飲み込まれないようにどうすればいいのか?
まさに注目です。

政治と言えば

どこかの勘違い知事が騒ぎ出してから良く出てくる「地方分権」という言葉なのですが、本当に正しい方向なのでしょうか?地方に財源・権限を委譲するって正気か?と思います。医療に関して言っても厚労省は馬鹿ですけど田舎の利権議員や仕事するポーズのみの役人よりははるかにましでしょう。中央ほど監視のきつくない、村社会のなあなあ体質に力と金を与える・・・恐ろしいですね。今まで以上に無駄金の垂れ流しが増えそうです。

悲観的な私

錐もみ墜落状態ではどっち向きになっても大差ないように思います。

No title

  解散後に日食なんかも起こって、雰囲気満点ですね。
  『民主主義は、制度を愚弄する者に復讐する』と言いますが、復讐先が後の世代かもしれません。
  変化の先により良い世界が待っているとは限りませんが・・・、面白くなってきました。

No title

衆議院解散で 皆様不逮捕特権がなくなりました。

小沢一郎がおなわ一郎になるか 故人献金が暴かれるか、「日本列島は日本人だけのものじゃない。」とおっしゃった友愛政治家の行く末が楽しみです。隣国の明博君もどきどきしてるでしょう。今までみたいな借款と同じく戻す気もない円swapもそりゃ欲しかろう。

民主党が過半数の議席を得るなんて そんな玉は都議選で使い果たしていませんかね。人材いましたっけ?

一回根拠となる財源を明示して 医療費の国庫負担をどうするか聞いてみたいもんだ。
後になって足りないから消費税15%なんて言い出すなよ。

「定住外国人の地方参政権」 ずばりこれが大きいと思います。





民主党:診療報酬を国会で決定…衆院選公約原案で方針提示

http://mainichi.jp/select/today/news/20090723k0000m010145000c.html

 民主党の衆院選マニフェスト原案となる「09年政策集」に、現在厚生労働相の諮問を受けて診療報酬の改定を答申している中央社会保険医療協議会(中医協)の構成・運営の改革が明記されていることが22日明らかになった。これに関連して岡田克也幹事長は同日、「最終的には国会で議論して決める」と表明。政権交代が実現した場合には、国会が診療報酬改定に関与する制度に改める考えを示した。同党が掲げる「政治主導の政策決定」の柱の一つとなりそうだ。

 中医協改革は「地域医療を守る医療機関を維持」するのが目的。政策集では「累次の診療報酬マイナス改定が地域医療崩壊に拍車を掛けた」と指摘し、「総医療費の対国内総生産(GDP)比を経済協力開発機構(OECD)加盟国平均まで引き上げる」との目標を掲げた。その上で「地域医療を守る医療機関の入院」について「診療報酬を増額。その際患者の自己負担が増えないようにする」としている。

 岡田氏は22日、東京都内での講演で、中医協のあり方に関して「ほとんどは税金と保険料という公的なお金なのに、国会が関与できていないのは不思議だ」と指摘した。

 中医協の委員は労使ら「支払い側」、医師ら「診療側」の両利益代表と学識経験者ら中立の「公益委員」で構成される。岡田氏は「診療側」代表の日本医師会について「医師会は開業医中心だ。利害関係者が自分たちの取り分を決める政府の制度は他にない」と指摘した。

 党幹部は中医協改革の意義について「医師会などから抵抗が予想されるが、政権交代するからできる」と強調した。中医協のあり方を巡っては05年衆院選マニフェストでも「すべての関連会合を原則公開」との文言が盛り込まれていたが、07年参院選マニフェストでは消えていた。【野口武則、小山由宇】
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。