スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ: カテを縮小せよ? 「カテーテル専門医に上限 質を維持、当面千人に」



>要件を厳しくして専門医数を制限し、質を高めようという目的


以前からマスコミが言っていた

専門医制限。


…でもね、

これやっちゃうと医療縮小しますよ。




素人の提言って

わけわかんねー。





アメリカでもやっている

専門医制限。

アメリカでは主に専門医が既得権を守るために

やっている人数制限です。







日本では逆に既得権がないので、

専門医以外の人がカテをやった時に

裁判で負けるとか

そういう”負の資格”になる可能性があります。






カテの専門医が1000人、

>心臓に栄養を送る冠動脈を広げる治療(PCI)だけで実施数は年間約20万件


つまりは

専門医だけなら

1人で200件以上のカテをする

計算になります。






カテーテル専門医に上限 質を維持、当面千人に


asahi.com 2009年6月26日13時32分
http://www.asahi.com/science/update/0626/TKY200906250397.html


 心筋梗塞(こうそく)などのカテーテル治療を行う医師らでつくる日本心血管インターベンション治療学会(理事長=一色高明・帝京大教授、医師会員5598人)は、今年新設する専門医制度で、専門医の人数を当面1千人に限ることを決めた。25日に札幌市で開かれた評議員会で承認された。

 日本専門医制評価・認定機構によれば、同機構加盟の71学会で上限を設けている学会はこれまでなかった。会員の7割ほどが専門医に認定されている学会もある。要件が緩くて質の保証としては不十分な学会もある。今回の取り組みは、そうした現状を踏まえ、要件を厳しくして専門医数を制限し、質を高めようという目的だ。今後、他の学会での取り組みを促すきっかけになると期待されている。

 カテーテル治療は、風船や金属製の管で、狭くなった血管を広げる。心臓に栄養を送る冠動脈を広げる治療(PCI)だけで実施数は年間約20万件と見られている。

 今回の専門医の認定基準では、カテーテル治療の術者として500例以上(うちPCIを300例以上)経験した人に筆記試験の受験資格を与え、合格者に実技試験を課す。

 厚生労働省は、一定の要件を満たす学会専門医を取得した場合、広告でうたえるよう02年から認めている。今回の専門医は今年11月に第1回の試験を行い、来年にも同省に広告を認めるよう申請する。(編集委員・出河雅彦)








専門医や指導医の人数制限が入ると、

現在の日本の医療では

さらなる

縮小モードに入る気がしてなりません。







マスコミがさんざん

「日本の専門医はアメリカと違ってどんどん資格を取らせる。けしからん」

なんて書いています。




一方、司法では

「専門医が診なければ救急でも病院に過失がある」

という判例がまかり通っています。




つまりは日本では、

「専門医制限」 = 「医療制限」

ということになる可能性があります。





(ちなみにアメリカでは

専門医市場を守る形になりますので

「専門医制限」 = 「専門医報酬を高額でキープ」

となります。

日本では専門医と一般医の医療の料金は変わりません)





マスコミに踊らされて、専門医制限。



若手は専門医になかなかなれず、

管理職ばかりが専門医になる「名誉職」になったり、

専門医以外がカテをやってトラブルになったら問題になったり、

全国でも専門医が都市部に集中して

地方には数人しかいなくなったり、

そんな予想をするのは

私だけでしょうか?





「質を維持すべきだ」という

素人のマスコミの主張のせいで

「質を維持するために医療を縮小する」

という方向に日本の医療は

向かっています。






「質を維持するべきだ」

というのなら

マスコミの方こそ人数制限

した方がいいのではないでしょうか?















関連記事

コメント

No title

>今回の専門医の認定基準では、カテーテル治療の術者として500例以上(うちPCIを300例以上)経験した人に筆記試験の受験資格を与え、合格者に実技試験を課す。

論理矛盾ですね。例によって。
専門医になるためには500例のカテ「術者」経験がいるけど、専門医でなければこれだけの経験はなかなか積めません。
そして、専門医でなくPCIなどをして、十分な治療効果を得られなければ、「素人のくせにやった」と訴えられ、敗戦決定でしょう。

それに、心カテと言っても、小児が専門の人なら、PCIは経験していない、不整脈治療や先天性心奇形の心カテ検査ばかりしているエキスパートは「心カテの専門医」はとれないわけです(まあ、もとからそういう人は日本国内でも数えるほどしかいらっしゃらないですが)。

だいたい、専門医に専門医たるインセンティブを与えていないのに、専門医志向をすると、どうなるか。
「専門医しかその疾患は診てはいけない」「専門医以外がその疾患を診療しても診療報酬を出さない」とかいった制限方向にしか働かないのは火を見るよりも明らかです。

No title

  Seisanサマの仰るように、専門職に対して、インセンティブが全くありませんね。 
  最高度の品質を保証するのは、本人の気質による所が大きいと考えています。 しかし、それを全ての前提にするのは、あまりにも性善説に傾きすぎだと思います。 専門職の質を保証するのが、当人の興味や職人気質や、意地しかない、その状態で本当に、将来にわたって仕事の質を保証し続けられるでしょうか?
  取得しても待遇UPに繋がらず、責任は確実に増えていく。 そんな資格を取る為に、他人サマが汗水たらして努力し、取得後も一生研鑽を積み続ける。 ソレがアタリマエだと考えているならば、あまりにもアマイ。
  医師も、『自分にとって有利な資格』を取得する為に、必死に考え努力しなければならない、ソンナ時代が既に来ていると感じています。 いかに自分にとって望ましい人生を切り拓くか、その為のキャリアアップを、本気で考えなければなりません。 有用でない資格、その為に費やす時間や余力など、はるか昔に失われています、否、削り取られてしまいました。

No title

このままでは、第二の産婦人科になりますね
心カテ屋さんは。

世も末だ

No title

地方では急性心筋梗塞の治療は30年前に逆戻りですね。
昔のように点滴のみで寝かせたままにしますか?

実情が分かっていない学会セレブの考えそうなことですね。

ヤれたよぉっぉぉぉっぉぉおぉ!!!!!

ブサイクメタボな俺でも余裕なのが嬉しすぎるww
http://alturl.com/go9z#19mblfp

No title

指導医、認定医名簿をH14年度?もしくは2004年から更新していないような学会が偉そうなこと言ってますな...
http://www.jsichp.com/shidoui/shi_06.html
http://www.jsichp.com/shidoui/shi_05.html

知人の勤務先が古いままなので更新してないのは間違いなさそう。
さらに言えば指導医の方が認定医よりも多そうに見受けられるのもアレですね。

ちなみにこの名簿で
評議員、理事、監事が併せて228名
指導医がすでに840名ほどいらっしゃいます(指導医と評議員は一部重複)流石に、認定医までざっと数えても既に1000名を越えていらっしゃるようなのですが....

現在の認定医、指導医は専門医に自動移行しないのか?
それとも
数え間違えですかね?


と、ここまで書いて気がついた
日本心血管インターベンション学会と日本心血管カテーテル治療学会が合併したんですな

ご苦労様でした>自分 

No title

まったく馬鹿げた話です。

アメリカの場合 専門医の資格を取得すると治療費も医師の収入もけた違いに上がります。ですから皆が競争し、研鑽して勉強をするわけです。

日本の場合 専門医資格をとっても収入や保険点数は全く増えません。

こういった場合 専門医の数を制限すると若い医師がそっぽを向きます。その診療科を選択しなくなります。一部の医師に症例が集中すると過剰労働にもなりかねません。そろそろ救急や外科系はそうなりかけています。平均年齢があがりつつあります。
或いは数日の講習会の出席で取得できる専門医へ流れていきます。

今回にも当てはまる

「戦線から遠退くと楽観主義が現実に取って代る。そして最高意志決定の場では、現実なるものはしばしば存在しない。戦争に負けている時は特にそうだ」

パトレイバー映画版の台詞
今の医療界の現場 救急、産婦人科などを戦線に例えたら、ちょうどピッタンコな台詞。

戦線にいないものは、常に現実を見ているようで見ていない。
幻だけを見て作戦を立てる。
医師研修制度など例をあげていけばきりがない

馬鹿ですね…

これが実施されれば、
専門医が居ない施設では(訴訟対策上も)
カテーテル治療を諦めざるを得ませんから、
地方を中心に強烈なアクセス制限がかかるでしょうね。

しかも、その専門医は役立たずの爺医ばかり…


まあ、こういう制度を決めている人間は
「自分や家族だけは、最高の治療を受けられる」立場に居ますので
越境搬送されて命の危険に晒される
地方の住民の気持ちなど解らないのでしょうね。

地域医療も

ついでに地域医療も専門医数制限してください。
地域で単独診療するにあたり、内科、外科は認定医クラス、皮膚科、整形外科、脳神経外科、眼科等の他、公衆衛生、介護保険関連の知識も試験で合格したもののみに地域医療を行う権利をお与え下さい。

財界の主張する開業制限にもつながりますし、日本のすみずみまで、エキスパートなスーパードクターが供給され、ついでに病院勤務医の逃散も起きにくくなり、全国民がハッピーになりますよ~~!!

No title

専門医資格なしにPCIをしてトラブル
 →資格もないのにやったから有罪

専門医いないからPCI拒否
 →適切な治療を怠ったから有罪

まぁ、日本のスタンダード判決ですね
だからといって、専門医が免責になるわけもなしw

「理事長にお伺いします、あなたはどこにいらっしゃいますか
 私の夫は、患者を救おうとPCIをして、今牢獄にいます
 あなたはどこにいらっしゃいますか」
なんて発言に期待してしまいますなぁ

No title

通りすがりの勤務医 様

>「理事長にお伺いします、あなたはどこにいらっしゃいますか
 私の夫は、患者を救おうとPCIをして、今牢獄にいます
 あなたはどこにいらっしゃいますか」

おお、ジェシカ・エドワーズ女史の名ゼリフですな♪
先生もなかなかの銀英伝通とお見受けしました。
お互い憂国騎士団から粛清されない様、気をつけましょうw

No title

そういえば、昔は自分は内視鏡検査が大好きで
上部下部それなりにこなしていたのですが
専門医の敷居は高く
このご時世ですから撤退しました

撤退した結果...
今の半ドロ九時五時生活
良い決断だったなぁと我ながら思います

No title

(1)
専門医でなくPCIなどをして、十分な治療効果を得られなければ、「素人のくせにやった」と訴えられ、敗戦決定でしょう。
このままでは、第二の産婦人科になりますね
心カテ屋さんは。
・・・心臓疾患は産科よりも死ぬ可能性が相当高く事前に織り込まれています。

(2)
専門医になるためには500例のカテ「術者」経験がいるけど、専門医でなければこれだけの経験はなかなか積めません。
・・・そのための「指導医」資格でしょう。専門医になりたい人はXXX例経験するために指導医の「奴○」になる?

(3)
それに、心カテと言っても、小児が専門の人なら、PCIは経験していない、不整脈治療や先天性心奇形の心カテ検査ばかりしているエキスパートは「心カテの専門医」はとれないわけです・
・・・そういう人用の学会・資格ではなく、そういう専門医を謳いたければそれ用の学会を立ち上げろということなのでしょう。

(4)
「専門医以外がその疾患を診療しても診療報酬を出さない」とかいった制限方向にしか働かないのは火を見るよりも明らかです。
・・・同感です。学会で声のでかい施設=件数の多い施設
  に症例(と下っ端医師)をもっと集めて、小さな施設に
  やらせずそこから限られたパイである診療報酬を
  振り分けてもらう方向の意図があるのでしょう。
  既得権益の維持拡大です。

(5)
地方では急性心筋梗塞の治療は30年前に逆戻りですね。
昔のように点滴のみで寝かせたままにしますか?
地方を中心に強烈なアクセス制限がかかるでしょうね。
・・・救急車での搬送時間の増加など、アクセス制限がかかる可能性は高いですね。陰謀論的には財務省の狙い通りに。

(6)
指導医、認定医名簿をH14年度?もしくは2004年から更新していない
現在の認定医、指導医は専門医に自動移行しないのか?
・・・JSICの専門医は実技なし、JACCTの専門医は実技ありでした。想像されるJACCT側の自負(後発のうちはJSICとは違って正しいんだ、的な)からして学会合併での自動移行はないでしょう。合併のごたごたもろもろこまごまで、具体的なことはわりと最近まで多分宙ぶらりんだったはずと思います。(資格更新手続きも停止?保留されていたようです)

No title

”奈良県大和郡山市の総合病院・医療法人雄山会「山本病院」が不要な手術で診療報酬を不正受給していたとされる事件で、県警が、生活保護受給者らの患者に、心臓カテーテル手術を行ったように装った疑いのあるカルテを多数押収していたことがわかった。”
”同病院のカテーテル手術の届け出件数は極めて多く、県警は架空手術でも診療報酬を請求していたとみて、カルテの分析を急ぐとともに、該当する患者らに事情を聞いて確認を進めている。”
” 同病院が近畿厚生局奈良事務所に届けた手術件数は、2005年から3年間で計746件。病床数に対する件数の割合は、平均すると県内トップだった。”

こういうのをなくしたいと思う学会の気持ちはわからんでもない。
だが、当然付随してくるであろう教育施設認定における
”施設あたりの年間件数”
にひっかかってくる施設の、(不正請求はともかく)必要のない検査手術を増やそうとするインセンティブの弊害は考慮されているのかね。

マスゴミというか汚染物質ですね

アメリカのように専門医ってことで収入が膨大になるわけじゃないんですよね?
それの質の低下を防ぐっていっても、現状専門とった人以上に才能や技術があっても、人数制限で取れなければ単なる早い者勝ちってことになりませんかねぇ。
あと指導医の人数制限てなんでしょうか?
医師を増やすといいながら指導医は制限するっておかしいし、そもそも指導しながらも現役の医師で診療や手術もしてるんですよね?
ここを増やさないと現場の疲弊も、新人の技術向上もどちらもダメダメになるんじゃあ・・・
マスゴミはもう国内で医療を受けないでいただきたいですね!

>CCT さま

様々な解説ありがとうございます。

JACCTは専門医が約240名、指導医が約210名(重複するかは知りませんが)いるようですね。こちらは自動移行するのでしょうか?

そう考えると
>そのための「指導医」資格でしょう。専門医になりたい人はXXX例経験するために指導医の「奴○」になる?

などが良く理解できました。

心カテ専門医を目指すには
国民の奴○、病院の奴○の上さらに、指導医の奴○ にならねばならないというわけですね。

No title

耶馬苦痢陰弔様

銀河英雄伝説に例えるなら

帝国軍=司法
フェザーン=財務省
同盟市民=一般国民
同盟政府=マスゴミ
憂国騎士団=プロ市民

と、ここまで書いて
ヤン艦隊がいないことに気づいて愕然としています
日本の医師はまるで、捕虜になったリンチ少将のようですね
努力が報われず、いわれのない誹謗中傷を受けている...
ヤン・ウェンリーどころか、第13艦隊の士官もいない

でも、伊達と酔狂で医療をしてる医者は多いんだよなぁw

No title

追加

地球教=経団連(総大主教=奥田、ド・ヴィリエ大主教=宮内)
ヨブ・トリューニヒト=小泉
オリベイラ学長=八代

あまりにもハマりすぎ…というかほとんどそのまんまですね。
まともな人物については全然思い浮かばないのが悲しい。

No title

 銀英ネタ、ずいぶんと出遅れましたが。
 奴隷医 = オフレッサー上級大将、 というのはいかが?
 そのココロは、「勇者だ。 ・・・ただし石器時代の、な」
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。