スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ: 海外4億、国内150万。一体何の値段だ? 「米の小児心臓移植、日本人患者に高額請求…4億円前払いも」


さて問題です。

国内では150万円しかかかりませんが、

海外では1億から4億円程度かかるものはなんでしょう?









心臓移植。




150万円と4億円。

あまりに違いすぎて、

たとえようもありません。











米の小児心臓移植、日本人患者に高額請求…4億円前払いも



2009年6月18日03時03分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090618-OYT1T00016.htm

 日本人の心臓移植希望者を唯一受け入れている米国で、日本の小児患者が移植費用として、1億6000万円を請求される症例が昨年あったことが17日、わかった。


 今年3月には、医療機関へ事前に支払うデポジット(前払い金)として、別の小児患者が4億円を求められた。値上げの理由について、医療機関は明らかにしていないが、米国でも臓器不足は深刻なため、外国人の医療費を値上げすることで自国の待機患者の不満を解消するなどの意図があるとみられる。

 調査したのは、国立成育医療センター研究所の絵野沢伸室長。米国と今年3月に新規受け入れを中止したドイツで、1998年~2008年に心臓、肝臓などを移植した日本人患者66人を対象に、集めた募金額や医療費などを分析した。

 このうち、医療費が他の臓器よりもともと高かった心臓移植を受けたのは42人。うち、米国で07年までに移植し、費用明細が判明した23人の医療費は、集中治療室(ICU)に入った重症患者など3人(99年~04年)を除くと、すべての症例が3000万~7000万円台で推移していた。これに対し、08年は4人すべてが8000万円を超え、うち南部の小児病院と西海岸の大学病院で移植を受けた2人は、1億6000万円と1億2000万円を請求された。

 米国に次ぐ数の日本人が渡航していたドイツでは費用明細がわかった8人の平均額が約3900万円で済んでいた。

 4億円のデポジットを請求したのは西海岸の大学病院。デポジットは患者の医療費支払い能力を確認するため、医療機関が請求する。額は医療機関の裁量で決まり、値上げ理由は示されないことが多い。安く済んだ場合、残金は返済されるが、追加請求される症例の方が多い。

 渡航移植には渡航費、付き添い家族の滞在費などもかかる。絵野沢室長は「医療費は今後も上がる可能性があり、国内で移植を完結できる体制を整えるべきだ」と指摘している。







診療報酬では

K605 移植用心採取術 49300点 (=約50万円) 

組織適合試験はこの中に含まれる

K605-2 同種心移植術 104100点(=約100万円)

ということになっています。

あわせて150万円也

(ほかに麻酔、集中治療などのコストがかかりますが)。






どう考えても

4億と150万では

日本で普及するはずがありません。




心臓移植をやっているのは

日本では医師の義務感と正義感で

無給で働いているからです。




心臓移植に伴う部分に全くお金をかけていないから

当然のように普及しないわけです。





デポジットをあげるだけで

患者さんを実質締め出すのは

市場主義のアメリカ医療ならでは。






現状の心臓移植150万円は

とてもじゃないがどうにかしてほしいレヴェルの

値段です。


そして、

日本の診療報酬ではこんな値段ばかりなのです。

国が決めた激安プライスで

日本医療機関は大半が赤字になっています。





診療報酬を上げろ、

ということが

間違っているのなら、

日本医療はつぶれろ、

と言われているのと同じことです。



このままなら赤字ですから、

絶対に潰れます。





なぜこれほどの差を

国際比較しないのでしょう?

あれほど

経済では国際比較するマスコミが

医療に関しては全く比較をしません。






儲けているのは誰だ?

当然、

4億を150万円に抑え込んでいる

日本政府が一番、

笑いが止まらないでしょう。























関連記事

コメント

No title

いつもROMさせていただいてます.

臓器移植法改正案(A案)が衆議院で可決され,
メディアでは喜ぶ患者家族の姿が映されていましたが,
どれもこどもの心臓移植のケースばかり.
法案が通れば,神の手を持つ心臓外科医と
優秀な移植チームが降って湧いて出るとでも
思っているのでしょうか.
移植後の生命予後はどうでしょうか?

ドナーとなりえる小児が
どのような状況で「脳死」判定されるのか,
その時に「日本人」である遺族は
どのような反応を示すであろうか?

もちろん,移植対象となる臓器は心臓だけではありません.

一般の方々はもちろん,
国会議員の皆さまは
どれくらい理解しているのでしょうか?

No title

海外なら4億請求されても文句は出ませんが、仮に日本の医療機関が移植手術に1000万を請求すれば、たちどころに
「医者は金で動くのか!?モラルはないのか!?」
「命を盾に金を要求するのか!?この守銭奴どもめ!」
「鬼、悪魔、クサレ外道!」
等々、ありとあらゆる罵詈雑言を浴びせられます。
国としても医療費を抑えたいから、こうした声をバックに爆安の診療報酬を押しつけるでしょう。
また、海外の医療機関はなかなか訴えにくいですが、国内の医療機関や医師には容赦がありません。成功して当然であり、合併症でも起こそうものなら、医療ミスと騒ぎ立てられ、高額の損害賠償請求や刑事裁判が待っています。たとえ臓器移植法が成立しても、海外と比較して報酬は1/100、責任は100倍、こんなんで一体だれが国内で移植手術に手を出すというのでしょうか?

法律は整っても手術する医師がいなければ無意味ですよね。

No title

小児の脳死は、いまだ診断基準が示されていないから「診断」できません。たとえ、15歳未満の脳死移植が認められたとしても、「脳死」の基準がいまだ出されていない以上、脳死移植は行われないでしょうね。

実際、複数例の「事実上脳死」の患者を診た経験がありますが、いずれの親も、「もしかしたら回復するのかも」という一縷の望みにかけておられました。
現状の日本のコモンセンスでは、小児の脳死移植はドナー側を考えればかなり難しいとしか言えません。

個人的には移植によって、自分の子供の一部が生きながらえる、という意識の醸成が必要なのでしょうが、そういったものは全く考慮されていませんね。

あと、アメリカで自費で莫大な費用を払ってでも移植をするのなら、日本国内でも同様に自費にすればいいんですよ。混合診療とかを考えなければいい。
アメリカで億の金を払うのなら、日本で3000万円くらいですればいい。
自由診療を希望すれば、待機順位を上げる。保険診療なら、待ってもらう。
それくらいはしてもいいんじゃないですかね。
日本では、術前術後も含めて300万円程度しか払われない(それも高額療養で自己負担は6-7万円程度)という事実を誰も報道しませんけどね。
ま、こんな「どこをどうコストダウンしようが大赤字」な移植術を引き受けるような医療機関は、赤字なら廃院という圧力のもとで殆どないのではないでしょうかね。
ああ、〇淵先生あたりなら、もちろんボランティアでしてくれますかね。

No title

海外にいって1億払っても良いって言ってる親も、今後は格安を主張するんですかねぇ。
なーんか変!
つか、色々言われながらも募金が結構集まるんだから、自腹でもいいと思いますよ。
うまくマスゴミ使って募金集めしてくださいな。
だって、今までは国内では不可能だったのが可能になっただけで十分でしょう?

No title

今回の国内法案は、単なるWHOで勧告が出たからでしょう。
元々、国内の患者の脳死を認めていない国の人間が、海外でならば良いというのは極めておかしな話。それならば日本人の海外での移植も禁じないとおかしい。それを10年以上クレイジーマスコミ 間違えた マスゴミ が邪魔をしていて、何も進歩できなかったんでしょう。
まあ、よほど功名心に燃えた医師以外は、マスコミでたたかれるのが怖くて誰も手を出さないでしょうね、脳死の判定とそこからの臓器摘出に関しては。そしてその人が失敗すれば、再び移植暗黒時代に突入しますかね 札幌医大事件のように。

No title

 『安利はこれに就き、危害はこれを去る、これ人の情なり』
  安全な利益に近づき、危険で有害なものからは遠ざかる。 これが人のあり方だ。(韓非子)
 『人、いずくんぞ安利の道を去って、危害の処につかんや』
  何が悲しゅうて、わざわざ危険なことをせなアカンのや?

  『危険で利益の少ないことを、他人が喜んでやらないことがケシカラン!』と思っているならば、その人は韓非子から精神の発達と人間観察の鋭さが、2000年以上も遅れています。
  もし仮に、喜んで、リスキーで報酬の低いことをする人がいたならば・・・、まァ、個人の嗜好でしょう。 暑苦しさを周囲に強要しなければ、周囲も巻き込んで自爆しなければ、個人的には立派なことかもしれません。
非公開コメント

トラックバック

臓器移植

15歳未満認める「A案」衆院で可決…臓器移植改正案 臓器移植法改正案は18日午後、衆院本会議で採決され、脳死を「人の死」とすることを前提に、現行では禁止されている15歳未満からの臓器提供を可能とすることを柱としたA案が賛成多数で可決された。  審議の舞

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。