スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ: 2千の病院、5千の薬局をぶっつぶせ 「レセプトオンライン化の猶予対象を毎月調査」

レセプトオンライン化

前哨戦が始まりました。



厚労省の基本方針は、

金は出さないけど、

システムは勝手に導入してね、

レセコンに300万円以上かかる?

知ったことではありません、

古い事務員がPCを使えない?

とっとと辞めさせなさい、

ということらしいです。





さらには

現場には1円も金を出しませんが、

保険者側にはかなりの優遇をしているようです。







医者の金を使って、

医療機器メーカーに

大量需要を発生させるって、

いったいどうよ…?







レセプトオンライン化の猶予対象を毎月調査


更新:2009/05/22 22:55   キャリアブレイン
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/22182.html



 社会保険診療報酬支払基金はこのほど、4月からのレセプトのオンライン請求義務化を猶予されている病院と調剤薬局に対し、オンライン化の準備の進ちょく状況などの実態調査を毎月実施することを明らかにした。


 厚生労働省は5月8日に省令を改正し、4月の診療分からオンライン請求を義務付けている400床未満の病院とレセプトコンピューターを導入している薬局のうち、準備体制が整っていない病院と薬局に対して、最大1年間の猶予期間を与えている。

 社会保険診療報酬支払基金は、猶予期間を与えられている病院と調剤薬局に対して、5月からオンライン請求化の準備状況などを聞く調査を実施。5月分は、同基金が取りまとめて28日までに厚労省に報告する見通しだ。6月以降は、毎月10日までに対象の病院と薬局が報告書を同基金に提出する。
 同基金によると、オンライン請求の義務があるにもかかわらず、4月の診療分をオンライン請求していなかったのは2256病院と5027薬局。2256病院のうち、電子媒体(フロッピーディスクなど)で請求を行ったのは459病院で、
紙で行ったのは1797病院
だった。






結果的に2千以上の病院、

5千以上の薬局が

つぶれる可能性があるということです。






現時点で

紙レセやっている病院に

いきなり

「1年後、オンライン化ね」

って、

無茶もいいところ。






レヴェルとしては

そろばんはじいている駄菓子屋さんに

コンビニ並みの会計システムを

自腹でそろえなさい、

国の会計のきまりですから

みたいな状況です。





喜ぶのはレセコン作っている業者さんと

医療事務派遣会社だけですね。

タダでも赤字の病院に

自分には何のメリットもない

レセプトオンライン化。






逆に言うと、

オンライン化できなければ

医療費は一切払わないと言っているわけです。

国は、

「自腹でオンライン化できない病院は死ね!」

ということですよね。







はっ!?

もしかして、

2千の病院と5千の薬局は

国民皆保険を離脱して

自由診療による独立を目指している!?






まあ、

このまま行けば、

大量の病院が赤字にまみれて

レセプトオンライン化できずに

ぼろぼろと廃院することになるでしょう。





そして次のターゲットは、診療所です。



関連記事

コメント

社会保険診療報酬支払基金は、自分たちは国からちゃっかり補助金をもらっておいて、医療機関に対してはオンライン化を手助けするのではなく、監視を強化してプレッシャーをかけまくるわけですね。
ところで、彼らはどれほどの人員削減や経費節減の努力をするというのでしょうか?
ぜひその辺を明らかにしていただきたいですよね。

政管健保が移行して、天下り人員はかなり増えているようですよ。
とにかく自分たちが金を貯めこむこと以外、何も考えていないとしか思えませんね。

だいたい、オンライン請求をするハードのコストを全く無視しても、毎月の回線維持料だけで「電子化加算」が吹っ飛びます。

最近、オンライン化実装業者からのDMが複数入ってますが、大手IT企業の子会社の子会社みたいなところばかり。
こういうところに補助金を回す、という発想はないんですよねぇ。

とりあえず

とりあえず、

ご高齢の先生方(診療所)は、
この際ご引退してください。

もう十分でしょ。十分お世話になりました。

世の中も変わったのです。

これからは、ゆっくり休んでくださいませ。

実家の場合

実家は開業35年以上の開業医で、唯一の医師である父は後期高齢者です。
実家の存在は、逃散の際の保険として考えてますが、レセプトオンラインに
なるようなら、実家は廃業するとのことです。
設備投資に必要な金はあるのですが、それだけの投資をして、あと何年
できるか考えると、とても導入する気にはなれないとのこと。同じ年代の
開業医の多くも同じことを考えているとのことです。

逃散が増えるでしょ

後期高齢者の先生方いまさらオンラインシステム買わないよねw
田舎ほど一人の医者の廃業は住民にこたえますよね。
自民党の票が逃げるのはwktk

歴史は繰り返す

元寇時の幕府と御家人の関係を見ているようですね。「外敵は迎え撃て、但し幕府は恩賞を与えられないから戦費は自腹で」と

いやー この国の医療はどーなるんでしょうねぇ

今更ながらですが....

医療いらないんだろうなぁ

保険薬局は、今の60%で十分なんでしょう。

40%=5000件だとしたら、すごい!!

一気に進みますね。

近づいています

医療やせ細り 役人肥えて 国滅ぶ

マスゴミに のせられ 自分で首をくくる愚民かな

朝鮮玉入れより 命は安い 日本愚民民主主義
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。