スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■「開業医報酬下げで一致 財政審 勤務医に重点配分」


いつもお世話になっております。

新型インフルにまぎれて、

財政審、なんか言っております。





開業医報酬下げで一致 財政審 勤務医に重点配分

2009年5月19日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20090519

 財政制度等審議会(財務相の諮問機関)は18日、医療機関に支払われる診療報酬の2010年度の改定にあたり、開業医の報酬を引き下げ、病院勤務医に重点的に医療費を配分する方針で一致した。6月上旬にまとめる建議(意見書)に盛り込む考えだ。

 西室泰三会長は会議後の記者会見で、「診療報酬の配分と体系を見直し、過重労働を強いられている病院勤務医の負担軽減につなげる必要がある」と指摘した。年収が開業医の半分程度とされる病院の勤務医の待遇を改善し、病院の医師不足に対応したい考えだ。

 また西室会長は、医師の勤務地域や診療科の選択などに一定の制限がある英独など海外の例を挙げ、「日本も公的な関与が必要ではないか」と指摘した。





>英独など海外の例を挙げ、「日本も公的な関与が必要ではないか」


イギリスの例に見習って、

イギリス同様、医療を崩壊させる、

とか、

医療関係者を拘束する

海外の事例は参考にはするが、

医療関係者の待遇に関しては

海外の事例は参考にしない、

とか、

そんな都合のいいところだけつまみ食いの

シロート集団の言いっぷり。








初めて財政審に

日医の先生が呼ばれたようですが、

これもコテンコテンのようですね









診療報酬の大幅引き上げなどを財政審で提言-日医・中川常任理事


5月18日22時45分配信 医療介護CBニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090518-00000015-cbn-soci


 日本医師会の中川俊男常任理事は5月18日の財政制度等審議会の財政制度分科会財政構造改革部会で、「国民皆保険を守るための緊急提言」として、「外来における患者一部負担割合の引き下げ」「診療報酬の大幅な引き上げ」の2点を提言した。

 中川常任理事は、国民の経済的困窮からくる受診抑制、重症化への懸念を解決するために「外来における患者一部負担割合の引き下げ」を、医療資源の大幅な不足・偏在による地域医療の崩壊を食い止めるために「診療報酬の大幅な引き上げ」をそれぞれ提言した。
 
 これに対して委員からは、以前から財政審でも導入を提言している「少額医療費についての保険免責制をぜひとも導入してはどうだ」との意見が出たが、中川氏は「軽度の医療の負担割合が極端に大きくなってしまうので、皆保険制度の意義が問われる。医師会としては賛成できない」とした。
 また、診療報酬の引き上げに関して委員から、
「国民感情からすると、なぜいきなり診療報酬を引き上げるのか理解できない」
という意見が出された。「不況の下で民間の給料は下がるのに、なぜ診療報酬だけが上がるのか。議論すべきは診療報酬の推進(引き上げ)よりも、むしろ配分の問題ではないか」との意見には、「診療報酬の配分の見直しという姑息(こそく)な手段では問題は解決しない」と反論した。
 さらに、「混合診療についても前向きな議論をしてほしい」との意見に対しては、「最先端の有効な新薬については、速やかに保険診療の対象にすべきだ。混合診療を全面解禁にすると、安全性・有効性が確保できない。そういうふうな民間療法もすべて解禁されるので反対をしている」と述べた。別の委員からは、「混合診療の解禁が医師の収入を増やす突破口になるのでは」との意見も出たが、「そうは思わない」とした。

最終更新:5月18日22時45分






>国民感情からすると、なぜいきなり診療報酬を引き上げるのか理解できない

…これほど医療崩壊になって

医療がガタガタになっているのに

財政審、お前らこそ

空気読めよ。




混合診療は先行している歯科の

状況を見れば分かるように、

日本ではどうしようもないような

放置プレイになることでしょう。




現時点で医療提供のレヴェルをストップします。

あとは自分勝手に自費でやってね、

というのが歯科の現状です。




これがこのまま

医科にくるわけですから。






いずれにせよ、

これ以上診療報酬が下がれば

開業医は続々と廃業して行くことでしょう。




日本医療、

地域医療をさらに荒廃させるのは

財政審

ということになりそうです。







関連記事

コメント

>http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-722.html
診療所はさらに状況が悪く、3分の一は赤字

もっと赤字にしてやるということですね

さすが東芝会長 西室様
医療機関は
これでも
不買運動をしないと
読んでいるのでしょう


財政審は

選挙が終われば全員首の爺さん連中ですが、最後まで不快な雑音撒き散らしますねえ。

景気と関係?

>不況の下で民間の給料は下がるのに、なぜ診療報酬だけが上がるのか

まずまず好況の中でも民間の給料は「西室さんとその仲間」を除いて下がっていましたけどね。それと好況の中でもひたすら診療報酬は下がっていましたから、診療報酬は上げ下げは景気と無関係じゃないですか、西室さん。

こいつらは、自分たちが生活も医療もまったく困っていない(医療なんて最優先で最先端を受けられる権利を持ってると思いこんでる)から、他人の生活に思いをはせることをしない。
だからこそ、こんなことを平気で言えるわけですね。

おまえらこそ「国民感情」をちゃんと読め!

今の国民感情は、「医師の給料を上げろ」とはなってないけど、「医療にちゃんと金をつぎ込んで安定させろ」なんですよ?
偏在とやらも、医療崩壊も、すべて金をけちりすぎたからであって、「開業医が荒稼ぎをしている」から医療費がかさんでいるわけでも、勤務医が逃げ出しているわけでもなんでもありません。

今の勤務医は、給与はともかく、あまりに過酷な勤務状況に耐えられず、借金をしてでも開業に逃げ出すんです。でも、開業して稼いでいる開業医は実は一部です。

2chの粒クリスレ、ヤバクリスレ、読ませてみたいものですな。

財政制度等審議会という政府の御用機関は、何が何でも国民医療費の公的負担を発展途上国並に抑制したいということなのでしょう。新幹線、空港、高速道路はバラまくけど、医療費はケチるという自民党の姿勢がよく分かります。欧米諸国の医療費の対GDP比を無視して、政府・自民党にとって都合のいいところだけ紹介して日本の医師も見習え、というプロパガンダのやり方には呆れるしかありません。

そもそも、日本での診察一回当たりの報酬が、欧州の10分の一なんですけど、それは全く無視ですか?

1/10

全国医師数248611人
高額納税者15343  
医師数に占める高額納税者6.2%

勤務医と開業医の割合は4:6ぐらい?



儲かりまっか?

ぼちぼちでんな。

その高額納税者のうち、保険診療をしている開業医は何パーセントくらいなんでしょうね。

保険診療をしている開業医が稼いでいるというデータをちゃんと出してほしいですね。
あ、出してるけど無視してたんですね。そういえば。
不況の時になぜ上がるって、そりゃ、あんたらがガシガシ給料を増やして来た時もガンガン診療報酬を減らして、医療自体を維持できないレベルにしたからに決まってるじゃないですか。
景気がいいときにちゃんと診療報酬も上げてくれてたら、景気が悪くなったから下げる、と言われても仕方ないですよ。

経団連の利益誘導介入

大型医療器具納入に絡む政治への介入ですね。
こういうのこそ特捜部が動いた方がよいのでは。

東芝はダメ

爺に言われたくありませんねw
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。