スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■立つな、座るな! 「新型インフル 医療現場大混乱 発熱外来はパンク状態」



よく考えてほしいのですが、

新型インフルエンザって、

「インフルエンザ」なんです。





まるで

インフルエンザにかかったら罪で、

病院で感染しようものなら

訴えられる勢いでマスコミ報道が進んでいます。




ワクチンもない

「インフルエンザ」を

どうやって

フリーで受け入れ、かつ

感染させるな、

ということを成り立たせればいいのでしょう?




マスコミ流「立つな、座るな」

という医療機関への要求は

医療崩壊の救急受入れ時に

「全例受け入れろ」



「すべて専門の医師が最高の医療をしろ」

という二律背反を

平気で言っているのと同じ理論です。












新型インフル 医療現場大混乱 発熱外来はパンク状態

5月18日22時29分配信 産経新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090518-00000652-san-soci

 新型インフルエンザの感染拡大で、医療現場に混乱が広がっている。大阪府や兵庫県では確認された感染者を入院させる、
「発熱外来」の病床が“パンク”状態
となっている。感染地以外では医療機関が発熱患者を診療拒否するといった問題も出ている。

 「患者数が増えると、発熱相談センターや発熱外来だけでは対応しにくい。国から的確な指導をいただきたい」。18日に厚生労働省を訪れた兵庫県の井戸敏三知事は、舛添要一厚労相と会談後、現在置かれている苦難の状況を語った。

 発熱外来は新型インフルエンザに感染した患者と、一般患者が接触することで感染が広がらないように感染症指定医療機関などに設置されている。感染が疑われる患者は、医療機関を受診する前に発熱相談センターに相談した上で受診することになっている。

 しかし、急速に患者が拡大していることから、兵庫県では発熱外来の受け入れ能力が限界に近づいているのだという。県内で入院できるベッド数は52床。すでに感染者は100人に迫る勢いだ。

 神戸市や大阪府では、軽症者については発熱外来で入院措置を取らずに自宅療養を求めることを決めた。

 全国各地の医療現場ではすでに新型インフルエンザを巡り、診察を拒否するなどの問題も起きている。

 東京都によると、都内の医療機関では2日~7日までに212件の診察拒否が確認された。都では「医療現場の理解が十分でなく、症状だけで拒否していた」と説明する。

 国は、発熱などの症状に加え、感染者発生国への海外渡航歴がある場合に限り、新型への感染の可能性があることから、直接医療機関に行かないように要請している。しかし、海外渡航歴などがない患者についても、病院側が診察を拒否してしまったという。誤解が原因だが、医療不信にもつながりかねない。

 診療拒否など医療現場がナーバスになるのには、致し方ない理由もある。

 現場の医師は、訪れた患者が新型インフルエンザの可能性を排除しきれない以上、他の外来患者や入院患者に感染を拡大させる危険性を心配しないわけにはいかないからだ。

 医療ジャーナリストの和田努氏は「入院患者は免疫力が落ちており、重症化する可能性が高い。そうなれば、病院や医師の責任は免れない」と語る。開業医であれば、病院の休診などにもつながりかねない。

 群馬県では、インフルエンザ診察にあたった医師を公務員の身分扱いにする措置も導入されつつある。万が一の時に、公務員としての補償ができるからだ。

 日本医師会では、患者の診察により医師や病院が休業した場合の補償制度の創設などを求めている。しかし、厚労省は「どういった対応ができるか検討している」と述べるのみで、医療現場の不安を打ち消すまでにはいたっていないのが現実だ。



最終更新:5月18日23時20分






>海外渡航歴などがない患者についても、病院側が診察を拒否してしまったという。
>誤解が原因だが


ええと、

何を言っているんでしょうね、

この記者は?




国内発生がこれほどある状況では、

インフルエンザ発症と海外渡航歴とは全く関係ない

ということが

明らかすぎるほど明らかで、

誤解が原因ではなく、

正しい対応だった可能性すらあります。




>入院患者は免疫力が落ちており、重症化する可能性が高い。そうなれば、病院や医師の責任は免れない

医療ジャーナリストが

そういう患者さんが出る前から

”入院患者感染になったら叩きますよ”

と宣言しているわけです。




でもね、

「インフルエンザ」

なんですよ。

出来るものなら

「いつものインフルエンザ流行」を

抑止してみてほしいものです。




マスコミが

手ぐすねひいて

”病院がこける”のを

待っているのに、

厚労省は黙っているし、

結局は現場丸投げということです。






「患者さんは診ろ」

「感染はさせるな」

の両方を成り立たせるのは

あまりに現場に酷というものです。




マスコミにはおいしいでしょうけどね。







関連記事

コメント

この時期の発熱患者に対して、「いちど相談センターに電話してください」という「厚労省がそうするように指導している」案内をしたらマスコミに「診療拒否」と言われます。
既に海外渡航歴を問題にする時期は過ぎております。大阪では、軽症例であれば、一般医療機関が受け入れをせざるを得なくなりつつあります。
もちろん、検査キットも、タミフルもお上の統制下にあり、末端医療機関には入手困難です。いや、それどころかマスクの入手すら(自治体は医療機関の責任とコスト負担で患者に配れと強弁してますが)おぼつかなくなってます。

この騒ぎが収まり、今後の強毒インフルエンザに向かっての検証を行うと、厚労省の判断の遅さ、現状認識の悪さ、そして、不必要な統制など、どう考えても国家国民衛生を指導する厚労省への不信しか残りません。

まあ、東京にはまだ感染患者が発生してない(認定されていないだけだと思いますが)から、単なる「他人事」にしか感じてないんでしょうが。

厚労省のお役人様、そしてマスコミの皆様、大阪・兵庫は遠い国ではありませんよ?
パスポートもいらず、新幹線で3時間、その気になれば歩いてでもいけるところですからね。そして、東京と同じシステムで統治されているんですよ?
そのへんわかってますでしょうか。

医療従事者が感染したら、厚生労働省に陳情に行けばいいのではないでしょうか。もちろん、面会拒否は言語道断です。

来ちゃった

 発熱外来や入院受け入れ能力の限界どころか、発熱相談センターや保健所への電話すらつながらない状態だそうです。そして困惑され不安を募らせた患者さんたちは・・・・・・・・「来ちゃった」って病院の玄関に立ってました。

 ううむ、恋愛小説と違って、うれしくないぞう。

本日、医師会を通じて、抗インフルエンザ薬の在庫状況及び、検査キットの保有数を問い合わせるFAXが来ました。
どうやら、一般医療機関に患者を向かわせるカウントダウンが始まったようです。

でも、キットも薬も、回ってきません。
とくに薬は難しいです。
押し付けるんなら、早く統制をはずしてくれ。

本当だ!!

先ほど開業の先生から
『サージカルマスクも手に入らない。少し分けてくれ!』だって。
こんなところまで準パニック状態のようです。
こちらは首都圏なんですけどね。
これって、どう考えても意図して作られたパニックとも言えそうな気がします。

今回のH1N1を、いずれ来るかもしれないH5N1の予行だという意見がありますが
予行は大失敗ですね^^;


H5N1だと、軽症例や無症候病原体保有者はもっと少なく、水際の検疫にもう少し意義があったのかもしれませんけど。

全うな検証と、それに堪えうるデータの蓄積を望みます

大徳で新型インフルのワクチン開発に成功
忠南大のソ・サンヒ教授チーム、世界で初めて
http://www.hellodd.com/japan/news/news_view.asp?t=dd_jp_news&menu=&mark=2093

ほほぉ と思ったら


忠南大ソ・サンヒ教授、新型インフルのワクチン開発に着手
WHO標準ウイルスを受け取り5月4日から開始
http://www.hellodd.com/japan/news/news_view.asp?t=dd_jp_news&mark=2086

ワクチン株って、そんなに短期間で出来るものなんですね。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/sites/entrez?db=pubmed&cmd=DetailsSearch&term=Seo+SH+and+influenza&log$=activity

ヤフオクが…

さっきヤフオクのぞいたら、マスクがすごい価格になっていた。
オークションだから「足元を見る」わけではないだろうけど、(自分たちで価格を付けているわけだから)マスクを抱えていたら大儲けできたんだorz
いいのかなぁこの現象・・・

産経新聞社説

【主張】新型インフル どこでも治療を受けたい
2009.5.19 03:13
http://sankei.jp.msn.com/life/body/090519/bdy0905190313005-n1.htm
 国内の新型インフルエンザの流行が広がっている。関西では、学校の一斉休校も実施された。もちろん油断はできないのだが、病原体は弱毒性のウイルスであり、かかった人の症状も毎年冬に流行する季節性インフルエンザと同程度だという。対策はこの点を基本にして進めなければ、無用の混乱を招いてしまう。

 新たな感染症の流行は未知の部分が多いことから、社会の対応も通常の季節性インフルエンザとはおのずと異なってくる。

 しかし、「念のために」という意識のあまり、対策が少しずつ過剰になっていくと、その集積で、社会機能が停止してしまう事態にもなりかねない。「過ぎたるは、なお及ばざるがごとし」である。行政機関や企業には、過剰な対策を自粛する見識も必要だろう。

 感染症との闘いは、感染した人や感染リスクの高い人の排除を意図した手法をとると失敗する。これは疾病対策の歴史がしばしば教えていることである。

 水際作戦や患者と接触した人への「積極的疫学調査」なども、排除ではなく、治療の提供が大前提だろう。体調がすぐれない人が安心して検査や治療を受けられるのでなければ、うっかり熱も出せないといった気分が社会に広がる。これは避けたい。

 その点、現在の発熱外来を通した診療は、サプライサイド(供給者側)の都合が優先され、医療を受ける患者には利用しにくい。

 まず、発熱相談センターに電話で「相談」し、近くに診療所があるのに、わざわざ遠く離れた指定医療機関まで出かけていかざるを得ない。熱を出した人には大きな負担ではないか。小さな子供が熱を出したら、お母さんは途方に暮れてしまうだろう。

 新型とはいえ、病原性は通常のインフルエンザと同程度、しかも治療薬も有効ということなら、近くの診療所で治療が受けられるようにした方が医療態勢として自然である。そもそも検疫や発熱外来による患者の仕分けといった対策は、流行の拡大を遅らせる「時間稼ぎ」策の色彩が強い。

 「稼いだ時間」は、何に使うのか。ひとつはワクチン開発の準備、そしてもうひとつは、過剰な恐怖や不安を取り除いて治療の提供態勢を整え、それを感染の拡大防止策につなげることだろう。考えてみれば、冬場にはいつも、行われていることである。

お見事!

ここまで言えると清々しいです

「手のひらは返すためにある」 by 3K新聞

せめて、記事を書く前にWHOのHPくらい読め。
英語くらい読めるだろう。大新聞の記者様なんだからな。
世界中で「拡大遅延」に必死になってるのに、「そんなの意味ないじゃん」って、お前だけ否定しても、誰も賛成しないぞ。>産経新聞

新型インフルエンザを一般診療所で見れるようにする、というのは「拡大阻止をあきらめた」ということだけでなく、ちゃんと活動できる医療機関がどんどん減っていくということでもあるんだから。

まあ、休校になった高校生がカラオケボックスにたむろするのを「仕方ない」と見送るような新聞だから、こんなことを書くんだろうが。

素人なら素人らしく、デマを流さず、黙ってろ>産経新聞
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。