スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■「臨時 vol 71 「医師に関するウワサ(3)」~卒後臨床研修制度の必修化によって地域医療は崩壊した?~」

いつも参考にさせていただいておりますMRICです。

今回はうわさシリーズ。

とても参考になりますので、ぜひウワサ(1)、(2)も

読んでみてください。






われわれ医師が直感的に感じている、

「新臨床研修制度は単なる引き金で、

医療崩壊はもっとシステム的なものだ」

ということがよくわかると思います。





研修医を都市部から引きはがすと、

都市部医療が崩壊することになるでしょう。






臨時 vol 71 「医師に関するウワサ(3)」

~卒後臨床研修制度の必修化によって地域医療は崩壊した?~
MRIC 2009年4月1日発行


http://mric.tanaka.md/2009/04/01/_vol_71_2.html#more


北海道大学大学院医学研究科
医療システム学分野 助教
中村利仁


 医師と医療を巡る都市伝説のいくつかを、公開されている統計データによって検証して行こうという連載の最終回です。お付き合い下さい。

 第1回では、年齢別の病院勤務医師の割合がこの10年間まったくと言って良いほどに変わらず(第1回・図2)、近年の若手医師の開業医志向というウワサには根も葉もないことを明らかにしました。前回の第2回では、都市部の人口当たり若年層医師数はむしろ減少してきており(第2回・図9)、若手医師の都市部志向というウワサにもやはり根拠のないことを明らかにしました。

 今回は「卒後臨床研修制度の必修化によって地域医療は崩壊した」、つまり(ちょっと長いのですが)スーパーローテート式の臨床研修制度導入の影響で、大学病院からの研修医離れによる人手不足の補完と、それでも居残った研修医達の教育とのために中堅層の医師が地域医療を離れ、大学病院に集中したという伝説を検討します。

 使用するデータは、主としてやはり医師調査です。

(図10)http://mric.tanaka.md/%E5%9B%B310.pdf

 図10は、大学病院ではない、いわゆる市中病院の医師数の5歳階級別医師数の年次推移です。

 特徴的なことは、医師数として35~39歳層、40~44歳層、30~34歳層が多く、主として研修医が属する25~29歳層よりも多いということです。25~29歳層の占める割合は、平成8年で14.3%であり、その後、実数は15,353人から16,104人へと全国で751人増えているにも拘わらず、平成18年末ではさらに低下して13%に過ぎません。

 また、30~34歳層、35~39歳層は臨床研修制度が変わる遙か前の平成10年頃から既に減少傾向となっています。40~44歳層は平成16年までは増加傾向にありましたがその後は減少に転じています。

 平成8年から平成18年までの10年間で、30~34歳層は19,567人から17,644人へと1,921人の減少、35~39歳層は20,548人から19,022へと1,526人の減少が見られます。

 40~44歳層は16,226人から18,050人へとまだ1,824人の増加が見られていますが、既に天井を打った状況にあります。もう増えないのです。

 ただし
この変化は、医学部入学定員の削減によるもの
であって、臨床研修制度によるものではありません。

 また、医学部の入学定員の急増した頃の影響が、45~49歳層、50~54歳層、55~59歳層の増加という形で見て取れます。これら年齢層の増加の影響が強く出て、市中病院全体の医師数は107,036人から123,639人へと16,603人(16%)の増加が見られています。

 市中病院の年齢階級別医師数と年齢構成には、臨床研修制度の影響は観察されません。

(図11)http://mric.tanaka.md/%E5%9B%B311.pdf

 次に大学病院の5歳階級別医師数の推移です。やはりまず29歳以下層の減少が目につきます。やはり、この傾向は平成10年には既に生じている傾向です。平成14年では一時的に増加に転じていますが、むしろこの年だけが例外です。29歳以下層の大学病院離れは、臨床研修制度変更前からの長いトレンドであると言うべきでしょう。この10年間に拡げて見れば、純減は1924人です。しかも、25~29歳層の占める割合が多く、平成8年で26.7%と4分の一を超えていたのが減ったとは言え、平成18年でも20%と五分の一を占めます。

 減ったとは言え、大学病院は20歳台をはじめとする若年層の占める割合の大きい状況に変わりがありません。

 また、35~39歳層だけは、それまでの減少傾向が平成14年で底を打ち、その後は増加に転じています。ただし、平成14年から18年にかけての増加分は、全国で674人に過ぎません。

 現在、医師数として大きいのは30~34歳層です。しかしながら、ここではやはり、臨床研修制度の方向性が定まっていなかった平成10年から既に増加が始まっていることに注目すべきでしょう。

結局、臨床研修制度変更の影響が見受けられるのは、35~39歳層の700人足らずだけであると言えそうです。他の年代層の動きはより長期的傾向に過ぎず、臨床研修制度変更の影響ではありません。

 最後にもう一度見直してみれば、平成8年度には(数の極めて少ない24歳を除けば)若い人が多く、加齢と共に少なくなるというきれいなピラミッド型の年齢構成であったものが、平成12年の時点で既に25~29歳層と30~34歳層が逆転しているということにも注意が必要と思います。

 さらに考えれば、それでも25~29歳層の占める割合は市中病院の1.5倍です。指導医達の負担もまた市中病院の1.5倍であると考えるのが順当です。まともな初期・後期研修制度を考えるならば、市中病院であれば事務職員がやっているような仕事を研修医や中堅層以下の常勤・非常勤医師に押しつけるのはもうやめて、研修医も今の三分の二程度までもっとずっと減らす必要があるでしょう

 さて、では、大学病院の二つの傾向、すなわち臨床研修制度変更による35~39歳層の増員と、それ以前からの20歳代の減少、30~34歳層の増員は何を説明し、何に由来するものなのでしょうか。

(図12)http://mric.tanaka.md/nakamura12.pdf

 これは病院報告(厚生労働省大臣官房統計情報部)の平成9年から18年までの各年データから、大学病院と市中病院(その他の病院)の年間退院患者数をグラフ化したものです。縦軸は左側が大学病院、右側が市中病院であり、市中病院の軸が大学病院のそれの十倍となっています。

 大学病院の退院患者数は、10年間で955,939人から1,490,396人へと、56%増えました市中病院の方でも患者は減ったわけではなく、11,031,290人から12,833,381人へと16%増えています

 市中病院では、一見、全体として患者数が増えたのとほぼおなじだけの医師数増がえられているようにも見えますが、それはウィークデイの昼間に限った話です。夜や休日の病棟と外来を担当する医師数は、30~34歳層で10%の純減、35~39歳層では7.4%の純減となっており、患者増を考えると各々2割以上の業務負担増となっています。

 大学病院はとなると、ほぼ同じ時期の10年間では全体でも8.6%増ですし、30~34歳層でも16%、35~39歳層では2%しか増えて居らず、そもそも患者増に全く追いついていません。

 他のことを全て度外視したとしても、市中病院でも大学病院でも、医師達の窮状は容易に想像がつくと言えるでしょう。

 ただし、医師一人当たりの退院患者数で見れば、平成18年の大学病院の医師一人当たり退院患者数は33.4人、市中病院のそれは103.8人です。実に3倍の開きがあります。やっている医療の内容が違うということも考えられますから一概には言えませんが、市中病院と大学病院の医師の業務内容の見直しは必要不可欠でしょう。やり方を変えねば、持ち堪えられません。


 さて、もう一度、医師数の話をまとめれば、大学病院と市中病院の数字を見比べると、大学病院側で臨床研修制度の影響が伺われる35~39歳層の平成14年から18年にかけての約700人の増員は、市中病院側では19,591人から19022人への569人の減員と相対します。

 また、25~29歳層の配分変更は同じ時期に大学病院で1,444人の減、市中病院側で1,307人の増ということになります。が、しかし、これは少なくとも大学病院側の長期低落傾向の一部を切り取っただけのことであって、おそらく大半は臨床研修制度の影響ではありません。

 もし臨床研修制度によって地域医療が崩壊したと主張するなら、それは35~39歳層の全国で(敢えて言いますが)たった700人の移動によるものであるということになります。

 臨床研修制度の影響が4年間で700人という、ただこれだけのものであるならば、大学病院の長期低落傾向の影響による配分変更は10年でおよそ1,400人前後であり、医学部入学定員削減の影響による純減は10年間で3,000人です。何が主因であり、その次が何であるのかは言うまでもないだろうと思います。

 医師不足による地域医療の崩壊は、臨床研修制度の影響があったとしてもごくわずかであろうということが分かっていただけたかと思います。


 対策としては、現在はまだ医療界の外にいる30歳代の人々およそ3.700人に、いますぐ、最短期間で医師となる道を提供しなければなりません。

 また、こうしてみると、特に大学病院が考えるべきなのは、なぜ自分たちが卒後まもない若い医師達から見放されたかであって、如何にして強権を以て縛り付けるかではないと考えます。

 院内での医師の業務を分析して役割分担を見直し、いま手許にいる30~34歳層、35~34歳層にまで見放される前に必要な制度変更を整える必要があります。そうでない限り、研修医からは見放され、忙しいばかりで臨床決断の経験に乏しい医師を市中病院での戦力とすることもできずに、大量に抱え込むことにしかなりません。

 効率化の余地は、おそらく大学病院の医療にこそあるのではないでしょうか。人間は無限の資源であるが、無駄遣いするとすぐ足りなくなると言われます。選択と決断が必要と考えます。


 厚生労働省は研修医をはじめとする若年層の医師の計画配置ということを主張しています。しかしながら、それは見当違いです。そもそも都市部から引き剥がすことのできる若い医師などいないからです。(第2回参照)

 やはり患者の増え続けている夜間と休日の市中病院から引き剥がすことのできる医師もまた、30歳代以下の年齢層には最早いないのです。

 もし、このまま厚生労働省の施策が強行されれば、それこそ都市部でもその他の市部・郡部でも地域医療が急速に崩壊することとなるでしょう。止めるべきです。もし、このまま予想通りの結果が出た場合には、この政策を推進している特定数人の官僚の責任は厳しく問われる必要があるだろうと思います。政治家の責任は言うまでもありません。






マスコミが荒れ狂うように

「新臨床研修制度が医療を崩壊させた」

と報道し、われわれ医療関係者も

だんだんと洗脳されてきています。




しかし、データにあるように、

長期トレンドとして医師不足は深刻であり、

大量の患者さんの増加に対して

医療費減額と人件費抑制で

なんとか対応しているのが日本の現状です。




すでに、

現場医師には超過重で激安医療を提供することが

義務付けられています。





新臨床研修制度がこのまま改定され

都市部の医師制限が入ると

都市医療は崩壊し、

また新人医師の士気は大いに下がることでしょう。






このような医師の動きについての

データすら厚労省は持っていないのでしょうか?

持っていても見えないのでしょうか?

それとも天下り先として

医師の適正配置を行う組織を作るのが一番大切なのでしょうか?




…こんなレヴェルの低い話で

日本の医療は崩壊していくわけです。












関連記事

コメント

death marchの話で例えると、
今までロバがたくさん担いでいた荷物が、それまでの度重なる医療費削減や政府・国民からの費用無視の要求であって、臨床研修制度はロバの足を折った最後に積んだ荷物だったわけです。

厚労省自身が出している統計データなんですね。
よっぽど分析能力がないか、分析する気がないか、自分たちに都合のいいように曲解しているのか、ということですね。

どちらにしろ崩壊一直線の日本医療。
研修医制度なんか全く関係なく、強いて言うなら、研修制度の変化によって、崩壊過程に地域格差が出ただけだったのですね。
たしかに、新研修制度以前から、普通に出身大学に残る率は地方や私大では低かったですから、直接的な医師不足の原因ではない、というのは非常に説得力があるように感じます。

狙い通りじゃないですか

日本医療を壊滅させるための手順は着実に実行されていた、と。

いつも拝見させていただいています。
昨年、厚労省の医療技官の話を聞く機会があったのですが、新臨床研修制度は医療崩壊の引き金に過ぎないと断言されてましたよ(だから新臨床研修制度はやめませんよという内容の講演でしたが)。彼らは現状を認識したうえで、政策をすすめています。医療崩壊はやはり国策ではないでしょうか。

なるようにしか・・

そりゃ日本の医療をつかさどっている厚労省が
自分たちの出した政策のせいでこの国の医療が
崩壊しましたとはとても言える筈はありません。

確かに新臨床研修医制度が現在の医療崩壊の
一番の原因ではないでしょうが、ギリギリで
がけっぷちに立っていた日本医療の背中を
蹴とばしたぐらいの勢いはあったでしょう。
本来ならば、厚労省がこれをきっかけに
新たな日本医療の再構築をする勇気があれば
よかったのですがあまりの反動の大きさに
すくんでしまったというのが本音ではないでしょうか?
今になって文科省に手助けを頼んだことからも明らかなような気がします。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。