スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■「医療クライシス:コストカットの現場で/4 採算取れない診療報酬体系 小児、救急「人材消える」」



毎日さんが、

>小児、救急「人材消える」

とかいわれても、

「お前が人材もやる気もふっとばしたやん」

なんて、突っ込む気にもなれない感じです。








医療クライシス:コストカットの現場で/4 採算取れない診療報酬体系

毎日新聞 2009年4月7日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/science/news/20090407ddm002040023000c.html

 ◇小児、救急「人材消える」

 会計用のレジは、インターネットオークションでスーパーの中古品を購入した。会計窓口で使うレジシステムのプログラムは院長が組んだ。院内の清掃や待合室の古くなったソファの張り替えは職員が行っている。

 埼玉県久喜市など3市9町の小児重症患者を対象にした2次救急医療を担う土屋小児病院(常勤医8人、25床)。土屋喬義(たかよし)院長は「経費はぎりぎりまで節減しているが、経営は苦しい」と語る。

 小児救急(軽症の患者を診察する1次救急と2次救急の合計)の08年の収支は、5000万円を超える赤字で、前年と比べ約5割も増えた。医師の勤務時間を短縮し、事務職の半分以上をOBやパートにするなど経費節減に努めるが、ようやく病院全体でわずかに黒字になる程度だ。

 病院経営が逼迫(ひっぱく)するのは、現在の診療報酬体系では小児医療で採算をとるのが難しいからだ。自治体からの補助金なども少ない。全国公私病院連盟と日本病院会の調査によると、全国の病院の外来患者1人1日当たりの診療収入(08年6月分)は、泌尿器科や呼吸器外科などが1万円を超える一方、小児科は7800円しかない。

 日本医師会総合政策研究機構のまとめでも、診療所の小児科の診療収入(08年4~6月)は、前年同期比で2・9%減少全国の病院で小児医療からの撤退が相次ぎ、小児専門の民間病院(20床以上)は現在、全国にわずか数カ所しかない。

 土屋院長は「病院がもうかるというのは幻想。私的病院にコストダウンの余地はない。病院が普通に経営できる程度に国などの支援がなければ、小児医療を担う人材は日本から消える」と話す。

  ■   ■

 経営が厳しいのは救急も同じだ。

 昭和大病院(東京都品川区)救命救急センター。山田哲哉・前事務次長は「07年度は2億8316万円の赤字でした」と説明する。

 同センターは命にかかわる重症患者を診る3次救急病院。常に最悪の事態を想定し、医師などを手厚く配置せざるを得ない。高価な薬剤を使ったり、薬剤使用量も多かったりする。空きベッドも確保しておく必要がある。

 その結果、収支は悪化する。同センターの07年度の収支は医療収入5億5605万円に対し、支出は8億3921万円。都からの補助金を入れても黒字にはならない。

 03年から導入されたDPC(入院費包括支払い)も影響している。従来の出来高払いは、処置や投薬など行った診療行為一つ一つの診療報酬点数を合算して請求できたが、DPCは定額制で病名ごとに1日当たりの診療報酬が決まっている。例えば、同センターに昨年10月に運ばれた敗血症患者の例。3日間の入院でDPCの請求額は12万8684円だが、出来高払いなら25万1417円分の治療をしており、12万2733円の赤字だった。

 有賀徹・同病院副院長は「救急は赤字だから補助金を出すというのが国の発想だが、診療報酬で経営できるようにするのが筋だ。これでは救急で難しい患者を診る病院はなくなる」と批判する。=つづく

==============

 ◇ご意見を
 ご意見、ご感想をお寄せください。ファクス(03・3212・0635)、Eメールt.shakaibu@mbx.mainichi.co.jp〒100-8051毎日新聞社会部「医療クライシス」係。






小児科も救急も手弁当です。

日本では、

ほとんどボランティアの世界になっています。




ようは、やれば赤字だし、

やれば医療裁判の確率はウナギ登りだし、

もうどうしようもない、

という状況です。









オリックスのPFIは契約による

売り逃げでタンマリ儲けましたが、

ほとんど詐欺状態です。

箱もの作って、契約違反だといって

違反金をとって途中撤退ですから、

医療で採算がとれる、ということは

オリックスにすらできない状況なのです。






日本の医療は不採算分野が多すぎて

ほとんどすべて、精神論でまかなわれています。

いずれ、日本の医療はなくなることでしょう。

マスコミと国が推し進めている

「医療の効率化、集約化」

がとどめを刺すことでしょう。












関連記事

コメント

×現在の診療報酬体系では小児医療で採算をとるのが難しい
○現在の診療報酬体系では全ての医療で採算をとるのが難しい

なのに政治家・役人連中は決して診療報酬を上げるのではなく、わけの分からん基金を作って対応するそうです。診療報酬を上げても彼らに何の得もないけれど、基金を作れば天下り・利権等欲しいままですものね。こういう悪知恵にかけては連中は本当に天才です。
その頭をもう少しいい方向に使えないものでしょうか?

http://blog.livedoor.jp/bonbokorin/archives/614949.html

滅びるに任せましょう

馬鹿政治家選んだ国民の自業自得です

どうでもいい一時的な補助金(しかもそれが末端の現場に届くことはない)で「医療崩壊を防ぐ」?

有賀徹先生のおっしゃることがすべてではないでしょうか。

ちなみに、小児科の診療報酬1日一人7800円というのは、薬剤費込みの価格でしょう。院外調剤なら初診は4-5千円、再診なら1500円程度です。平均したら、2500円程度のはずですね。(まあ、処置をしていればもちょっと上がりますが)

救急患者はDPCから外してくれませんかねぇ...
昔、DPC導入前、大学病院などが協力してデータを提出していましたが、その当時うちの大学には急患なんて運ばれてきませんでした。きっと、都市部にある立派な救急部を抱えた大学、大病院のシステムの整った美しいデータで、救急疾患のDPCはできてるんだろうなぁ。
と、当時しみじみ思いました。

DPCといえば、昨年こんな記事がありましたね
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/gakkai/jcs2008/200804/505954.html

とある実話

先日、知り合いの会社員が、「子供(小学生)を医者にしたいので、どうしたらなれるか教えてほしい」と言われました。ちなみにその人が勤める会社は、かなりの大企業で社宅アリ退職金アリなど手当ても充実しています。
思わず、「あなたの子供が大きくなる頃は日本の医療は崩壊しているよ」と言いかけました。
社会人としてはそんなことを言うのはやめておきましたが、まだ一般の人の中にははそんな感覚の人がいんるんですね

どうしたら医者になれるか?

勉強して医学部に入ればなれますが・・・
そのほかの方法だと○口入学とかw

○口入学しても国試に受からなければ意味なし。
お金をどぶに捨てる事になります

医師になる方法

【医学部を卒業して医師国家試験に合格する】 
 しか知りませんでした。
ほかにもあったのでしょうか?

現在の診療報酬では、医学部に入る苦労と
その後に収入として得られる物を比較した場合に
決して対価が伴っているとは思えません。
理学部に入って宇宙の・・・・・・・とか
わけのわからんことやってた方が
ず~~~~と夢があった。
人生の選択を間違えました。

歩んできた人生を後悔しています。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。