スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■「医療紛争、裁判外で 千葉、医師や弁護士会が共同機関」 「医療紛争相談センター」という名のぼったくりバー

ネタ元は

耶馬苦痢陰弔さん

http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-738.html#comment5805

です。いつもありがとうございます。




千葉の「医療紛争相談センター」とやらは、

>ADRでは非公開で中立的な第三者が助言や和解案を提示し、患者と医療側双方に円満で迅速な解決を目指す。

だそうです。





でも、

>解決時には、損害賠償額の1割程度を成功報酬としてセンターが受け取る。




…バカだ…。

問題を解決してくれる組織が、

「損害賠償額に比例した成功報酬を得る」

のだとしたら、

医療者側から搾取する機関です。







医療機関としては

ヤクザの事務所の中で

丸腰で正論を叫ぶようなものです。

相手は、医療機関を

身ぐるみはがそうとしているわけです。




医療機関にとっての

ぼったくりバーが開設される、

ということです。
















医療紛争、裁判外で 千葉、医師や弁護士会が共同機関

asahi.com 2009年4月3日9時19分

http://www.asahi.com/national/update/0331/TKY200903310166.html




 裁判によらない医療紛争の解決を目指そうと、千葉県で医療関係者と弁護士、法学研究者が共同の解決機関を立ち上げ、4月から業務を始める。医師会や弁護士会といった単独の業界がADR(裁判外紛争解決手続き)に取り組む例はあるが、共同での取り組みは全国初という。医療紛争での医師の負担を軽くすることで、深刻化する医療崩壊を食い止める狙いもある。

 千葉大医学部や法経学部の教官、医師や弁護士が03年7月に設立した医事紛争研究会(会長、植木哲・千葉大教授)が、医療分野でのADR設置に向けて研究を進め、千葉市中央区で「医療紛争相談センター」を始める。

 植木教授によると、これまで医療行為をめぐるトラブルの解決手段は裁判が一般的だった。しかし、時間や金銭面で当事者の負担は大きい。ADRでは非公開で中立的な第三者が助言や和解案を提示し、患者と医療側双方に円満で迅速な解決を目指す。

 相談は、患者側、医療機関側の、いずれからもでき、あっせんや調停が適切だと判断すれば、申し立てを受ける。医療側が応諾すれば、専門分野の医師、弁護士、学識経験者の3人で委員会が設置される。紛争の原因や因果関係を検証して損害賠償額を決め、3カ月から半年をめどに和解案を示す。

 調停に入る際、申立料として、患者側2万1千円、医療機関側4万2千円を支払う。
解決時には、損害賠償額の1割程度を成功報酬としてセンターが受け取る。
(及川綾子)






病院の言い分を聞いていて損害賠償がゼロになれば、

この千葉の「医療紛争相談センター」は

収入がゼロになり

赤字になるのです。





つまり、医療機関からの

「損害賠償額が大きいことが組織的に正しい」

となることでしょう。




結局、

「医療機関を何らかの形で”悪者”にすることを

基本的に運命づけられている組織」

ということです。







こんなところに問題を持ち込む病院は

真正のマゾか、

医療リテラシーが一部欠損している

先天性性善説論者かもしれません。







”病院の言っていることが100%理屈にあって正しいけれど、

そんなこと言っていたら

「医療紛争相談センター」が赤字になって

大変なことになっちゃうし、

患者さんだって、マスコミだって大騒ぎするだろうから

適当なところで、病院に泥をかぶってもらおう”、


…という目的で作られた機関。










医療機関が100%正しくて、

損害賠償金額がゼロであってもいいのか、

組織が存続するのか、伺いたいものです。










そうでなければ

中立、公平が事実上不可能な

歪みのある機関なのです。






多量の弁護士あまりが決定している日本では、

医療相手に「医療紛争相談センター」が

大変”おいしい機関”に育つ予感がします。






病院の7割が赤字であり(1)、

さらに”落ち武者狩り”のように

医療トラブルに大量の弁護士が参戦予定…。



どうやって医療機関が

おいしく料理されちゃうのか、

管理人はあきらめモードで注目しております。












(1)
■ベット1床月12万円赤字ナリ 「医業収支:病院の赤字、過去最大 100床当たり月1261万円--08年調査」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-737.html







関連記事

コメント

すごいですねぇ。「和解」という名のカツアゲ。
これなら、身内が死んだら、どんな原因であってもここに申立てよう、というやつらが激増しますね。
「第三者機関」とやらが「自らの利益」のため、申し立て患者に代わって「病院のあらさがし」をしてくれるようになるんですね。

病院でお亡くなりになるとき、あらゆる角度から見ると病院側に全く落ち度がない、というのは実はあまり多くありません。
ルート確保に失敗したとか、ご臨終に主治医が間に合わなかったとか、たいていどこかつつくところは見つかります。そのほとんどは結局死亡に因果関係がないんですが、金をむしり取る理由にはされそうですね。

よくこんな訴訟を起こしたなあ、という医療裁判が 増えていますよね。金儲け主義の悪徳弁護士が増えているということですね。世の中の権利主義の成れの果てでしょうか。命は必ず終わるという自然に対して悪を仕立て上げ金儲け。人死ねば弁護士儲かる。

こんな営利団体に頼むくらいなら
裁判のほうがマシじゃん

コメントをどうぞ

この機関は、支払い能力があるのにごねて払わない患者についても対応・調停してくれるのでしょうかね。
(やってくれないとしたら病院をaccuseするだけの一方的な機関ということになりますから、最初から病院に悪意を持つ機関と考えざるを得ませんよね)

それにADRって聞こえはいいけれど実際にはけっこう大変そうですね。うんと時間がかかるだろうし。きちんと対応できるほど千葉には法医の医者が十分にいるのだろうか?病理については、学会HPによると75人と東京の五分の一なんですが。

弁護士のお仕事

>病院でお亡くなりになるとき、あらゆる角度から見ると病院側に全く落ち度がない

先生がおっしゃるのは、落ち度ではないでしょう。診療の不確実性とか、勤務体制の限界だと思います。

因縁をつけるところはいくつかあるでしょうから、カツアゲ行為には、断固とした対応が必要です。

まずは、弁護士さん達は、労働基準法遵守方面をお願いします。
専門分野でしょう。

裁判を避けるコツは裁判を怖れない事

>こんな営利団体に頼むくらいなら
裁判のほうがマシじゃん

ですなあ。裁判所はタダだもんなあ。

 アメリカのジョークだそうですが、
 交通事故を見て、走って駆け寄るのは弁護士、走って逃げるのは医師。
 救急車の後ろには、弁護士の車が付いてくる。
  日本ではこれが「医療紛争相談センター」になるワケですかね。 今後、救急車は第一報をココに入れて、キックバックを貰うようになるカモ?

絶句!
争う一方から報酬を受け取るものが中立的とはね~。
なんか千葉の崩壊へのラストスパートがハンパないですね。

知人が弁護士と式を挙げました。相手側挨拶では、司法試験を何回受けたか、自分が何回目に合格したか、勤務した事務所が如何に有名か、などの内輪ネタばかりで、法曹界には交われないとかんじました。二次会では、未婚女性への差別的発言が笑いのネタで、絶望が深まりました

アメリカンジョークもう一発。
病院の待合室には、実は患者より弁護士のほうが多い。

で、大きい音をたてて患者が診察室から出てくると、ダッシュで近寄ってきて、「なにかありましたか?裁判しますか?」と営業をかけてくるそうな

しかしまあ

交通事故で警察ごとにしたくない連中がいます。

こんな時に出てくるのが「取立屋」
被害者加害者両方からむしります。とてもそっくり。

この組織の方向として損害賠償額が増えるか、訴訟の数が増えてほしいとは なりますわな。

善意の第三者ぶってるけど 医師側が裁判になったらまったく無過失であろうはずが「医療紛争相談センター」の仲裁となると かっちり1割むしられると 理解しました。

コメントが医療従事者の方ばかりなので一言。

センターは賠償額からお金をもらう→センターは賠償額を上げようとする
というのは、ある施術の診療報酬を上げればその施術が増える、と同じくらい幼稚な(そして医者らしい)考えです。

医療事故被害者はわけもわからないうちに「第三者」で「中立」な医療紛争相談センターに集められ、医者の常識に従った仲裁案を示され、被害者は「個人で資金力も人手ある相手と裁判か、「第三者」機関が判断してくれたことに満足するか」を選択させられる。たとえ裁判になれば数億円の賠償になるかもしれない案件も、センターの仲裁で「医者は謝罪する、そのかわり賠償金はゼロ」で決着することになるでしょう。

そもそも組織というのは、金を払っている人のためではなく、人事権を持っている者のために動くんです。医療紛争相談センターを作ったのは、「千葉大医学部」や法経学部の教官……はい、医学部入っています。センターはここの教授たちの方を向いて仕事をするはずです。

> 「医療紛争相談センター」が赤字になって
税金から補助金が出るから大丈夫です。税金を引っ張ってくるために第三者機関にしたんでしょ? そうでなければ、日本医師会があの膨大な広告費を削減し、余った費用で自前の相談窓口を作るはずです。パナソニックとか東芝とかって、お客様センターが必ずありますよね。医者にお客様センターはどうしてないんでしょうね。

> 「医療機関を何らかの形で”悪者”にすることを
> ”病院の言っていることが100%理屈にあって正しいけれど、
そもそも裁判沙汰になる時点で、医者の方が間違っているとは思わないのでしょうか。私の業界なんてすごいですよ。10年前に作った電化製品(当然整備などされていない)がボヤを起こしただけで裁判、メーカーの敗訴です。お客様は神様というのがこの業界、ていうか民間一般の常識です。

このブログを読むと、率直に「医者は甘い商売だよな」と思えてなりません。
「患者のために頑張っている……」。いや、それ一般社会じゃあたりまえですから。
「医者は赤字に苦しんでいる……」。一般社会じゃ首斬りですから。雇用が確保されているなんてどんだけ天国。

釣られて

>「患者のために頑張っている……」

吹いたww

ドンペリ飲む?ハロペリ飲む?ww

めちゃくちゃな論理

いちいち反論するのもばからしいけど

> そもそも裁判沙汰になる時点で、医者の方が間違っているとは思わないのでしょうか。私の業界なんてすごいですよ。10年前に作った電化製品(当然整備などされていない)がボヤを起こしただけで裁判、メーカーの敗訴です。

なにがすごいんだか。
訴えられたら即自分の間違いだというんでしょうか?
じゃ、裁判なんかしなければいいだけのことです。相手の求めるように賠償金を払ったら良いです。それで会社が成り立つならそれこそ甘い業界でしょう。

> お客様は神様というのがこの業界、ていうか民間一般の常識です。

裁判を受けてたったということはお客様の言い分に不服があったということですね。ww

釣られちった

うちの業界が不条理だから、お前のところも不条理でなきゃイヤ
ってことですね。

>「医者は赤字に苦しんでいる……」。一般社会じゃ首斬りですから。雇用が確保されているなんてどんだけ天国。

千葉県の銚子ってところでは、医者を首にした市長がなぜかリコールにあってますが?

この社員が

>10年前に作った電化製品(当然整備などされていない)がボヤを起こしただけで裁判、メーカーの敗訴です。

10年使ったくらいでボヤ起こすなんて威張られてもねえw
何とかタイマーみたいにボヤ起こす前に壊れるように設計できないとダメでしょ。

この記事の扇風機なんか30年持ってるし


扇風機が炎上・死亡事故。あなたが使う扇風機は大丈夫?
http://news.livedoor.com/article/detail/3281034/

電気製品と人間の体を

いっしょにしてる時点でもうアレですな。



テレビ発火損害賠償請求事件

判決は、この種の事件における過失の考え方につき「専門的知識、高度な技術をもって商品を製造している多くの製造者は、自己の製造する商品の物理的、科学的性質等を最も良く理解しているのが通常であって、商品の欠陥から消費者の生命、身体、財産に対し通常生じ得る損害を予見し得る知識を有していることは、当裁判所において顕著てある。

医療裁判なら

医療死亡事故損害賠償請求事件

判決は、この種の事件における過失の考え方につき「専門的知識、高度な技術をもって医療を提供している多くの医師は、自己の治療する人体の物理的、科学的性質等を最も良く理解しているのが通常であって、医療の欠陥から消費者の生命、身体、財産に対し通常生じ得る損害を予見し得る知識を有していることは、当裁判所において顕著てある。

よーく考えてごらん

医療事故被害者はわけもわからないうちに「第三者」で「中立」な医療紛争相談センターに集められ、医者の常識に従った仲裁案を示され≫

な~んにも知らない素人の思惑通りの結論を出すなんて、そりゃ暴挙でしょ。
裁判では医療の常識に従った判決が出るべきなのは当然です! あったり前です。
医療紛争相談センターであっても同じでなければ困ります。
素人が自分の思い通りにならなかったからって起こした裁判を、素人の言い分どおりの判決を出したらそれこそ世の中おかしなことになるんじゃあないの?本人が医療事故被害者だと思ってるだけで実際には被害者でもなんでもないクレーマーに近い訴訟提起者が多いのは数々の裁判の判例からも明らかです。

電気製品だろうが医療だろうが実際に従事するプロの目で見て納得できる結論が出るのであれば裁判だろうが、○○センターによる仲裁だろうが一向に構いません。

>10年前に作った電化製品(当然整備などされていない)がボヤを起こしただけで裁判、メーカーの敗訴です。

人間なんて80年持たなかったと裁判、医師の敗訴ですから。10年持たないからといって負けても仕方ないでしょうな。

消費者センターもメーカーからの和解金で運営されてるんなら文句を言われても仕方ないですが、違いましたよね、たしか。
あそこは結構厳正中立に「クレーマー」に対処してくれますが、やはり100%税金で運用されているからでしょう。
自らの運営資金(要するに給料)が補償金から払われる、となったら、何があってもメーカーが悪い、となることでしょう。

税金で運用されてる仲裁機関って

裁判所のことではありませんかw

>「医者は赤字に苦しんでいる……」。一般社会じゃ首斬りですから。雇用が確保されているなんてどんだけ天国。

赤字を理由に医師をクビにしたら誰が利益を生み出すのかと(笑)
あ!非医療者ですよ~。

訴訟費用>>医療費だから、そこにつけこんだ商売が出来上がるのです。
アメリカのように医療費>>訴訟費用となれば民間保険会社がお客様窓口の代わりをやってくれます。

私はこの機関を利用します。

医療ミスをしても決して謝らない横柄な態度の医者。
病院ぐるみで証拠隠滅や専門的知識がないと、これまで太刀打ち出来なかったし、裁判の時間や費用を考えて、泣き寝入りしている患者は多数居るのだから。
どんどんやって頂きたいです。
スキルの無い医者は、医者を辞めて欲しいです。

NoTitle

ねねね、あなた馬鹿???ブログは勝手ですが、きちんとお勉強して、調べて、意見を書きましょうね。さもなくば、無知の独り言になりますからね。おバカだと思われますからね。
非公開コメント

トラックバック

NPO法人によるADR

4/3付Asahi.comより、 医療紛争、裁判外で 千葉、医師や弁護士会が共同機関  裁判によらない医療紛争の解決を目指そうと、千葉県で医療関係者と弁護士、法学研究者が共同の解決機関を立ち上げ、4月から業務を始める。医師会や弁護士会といった単独の業界がADR(裁判外

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。