スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■「女性ランナー輝いた…妊婦さん完走、赤ちゃんも頑張った」


妊婦さんのマラソンって

医学的にどうなんでしょう?




昨今、産婦人科不足で

いろいろ言われておりますが、

万が一、こんな状況で何かあったら

どうなったんでしょう…?








女性ランナー輝いた…妊婦さん完走、赤ちゃんも頑張った


2009年3月23日03時06分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/sports/tm/2009/news/20090323-OYT1T00168.htm



 3万5000人が都心を駆け抜けた「東京マラソン」。マラソン人気の高まりとともに、女性ランナーも急増している。妊娠7か月の妊婦、発達障害の息子を抱えた母、81歳のおばあちゃん――。風と雨に見舞われた22日、多くの女性もまた、それぞれの思いを胸にゴールを目指した。



 出産を今年7月に控えながら、完走を果たした岡田綾乃さん(36)(東京都練馬区)。3年目でようやく出場権を得て、医師と相談して「無理をしない」という条件でスタートした。

 途中、おなかが張ることもあったが、沿道では常に、夫の茂樹さん(37)が走りながら見守った。ゆっくりのジョギングを貫き、6時間13分の“長旅”だったが、茂樹さん手製の金メダルを首にかけられると、「一緒に頑張ってくれた赤ちゃんが、丈夫に生まれてきてほしい」と笑顔を見せた。

 ◆息子のため母頑張る◆

 ゴールの瞬間、神奈川県大和市の青塚美和さん(38)は涙が止まらなくなった。

 長男(8)が昨年10月、対人関係を作ることが困難な発達障害と診断された。2か月間は、走る気になれなかった。それでも出場を決意したのは、「本当に苦しんでいるのは息子。親が落ち込んでどうする」との思いから。あえてカニの帽子をかぶって仮装し、沿道の声援にも明るく応えたが、4時間24分でゴールすると、つい感極まった。

 「いつか息子と一緒に走り、この感動を分かち合いたい」。それまでは走り続けるつもりだ。

 ◆おばあちゃん強し◆

 沿道から一際大きい声援を集めたのは、81歳の田村栄子さん(杉並区)。足を痛めているため10キロの部を選んだが、ひっきりなしに続く「おばあちゃん、がんばれ」のエールに、「がんばってるわよ、って言い返しちゃった」と笑う。週2日、早朝に10キロの走り込みを続ける。マラソンの経験は豊富だが、ランニングを始めたのは50歳を過ぎてから。「昔は今ほど女性が走る時代じゃなかった」

 それだけに近年の女性のブームがうれしい。「女は男の人ほど負けず嫌いじゃない。でも、頑張り屋だから、勝負にこだわらない市民マラソンは向いてるのよ」






私には判断ができませんが、

ちょっとびっくりしてしまいました。



関連記事

コメント

これでもし・・・

妊婦さんやお腹の赤ちゃんに何か起きて、どこの病院も「受け入れ不能」なんて事態になれば、また「妊婦たらい回し」という見出しが紙面を賑わせ、「松○はすぐに助けたのになぜ妊婦は助けられないんだ!」とか言って、受け入れられなかった病院は名指しで袋叩き、出場を許可した医師も実名を晒されフルボッコになるんでしょうね。

出場を許可した医師は、

フルボッコにされてしかるべきだと思いますよ。
…もっとも、本当に「許可」したのか、かなり疑問ですが。

赤ちゃんは頑張っていませんよね
つき合わされただけです

コメントをどうぞ

とんでもない!

産婦人科医ですが、マラソンは絶対お勧めできません。妊娠中の激しい運動は、子宮に回る血流を減らすはずです。関節も痛めやすいし、まして転んで腹を打ったらどうするんですか!たとえ切迫早産がなくても、勧められない理由はこれくらいすぐ思いつきます。おそらく医師が何言っても聞く耳持たず、「もう、好きにしろ!」とさじを投げられたのを「許可してくれた」と誤解しているのでは?

まあ、何かあっても東京都にはウルトラスーペー周産期センターがありますから大丈夫ですようんたぶんきっとそうだ

ウルトラスーパー

確か今日からす。
なのでアウト(笑)

振動で下に落ちてきたりしないんでしょうか?
よくわかりませんが・・・
マラソンて酸欠とか脱水とかなりますが、本人に自覚が無くても腹の中の胎児の状態まで自覚できないと思うんですが。
お母さん余裕の笑顔でも赤ちゃん息苦しかったりしたらそれはそれで・・・
この影響があるかないかは無事産まれるまでわからないしね。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。