スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■「緑」と判定された人が腹を立て… 「「トリアージ」進まぬ周知 災害、事故時の治療優先順位付け 医師「人命救助 協力を」」


民度が低いとこうなります。

トリアージもみんなで札を引きちぎられたら

意味ないです。





でも、札を引きちぎるぐらいだから

十分「緑」なんですけどね。




…自分で引きちぎって「黒」にしたりして。





「トリアージ」進まぬ周知 災害、事故時の治療優先順位付け 医師「人命救助 協力を」

2009/03/21付 西日本新聞朝刊
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/84439



 大規模災害や事故の際、負傷者の治療の優先順位を決める「トリアージ」が九州でも浸透しつつある。2005年の福岡沖地震や大分市の造船所で26人が死傷した1月のタラップ落下事故では、駆けつけた医師らが行った。だが、市民の多くは「『避けられる災害死』を出さない」という意義を知らず、「早く診ろ」と判定に不服を訴えることも。医師は「市民の協力なしには救える命が救えない」と理解を求めるが、容易ではない。

 「選別」を意味するトリアージは、医師たちが負傷者を救命不可能の「黒」、緊急を要する「赤」、治療を遅らせても影響がない「黄」、緊急処置が不要な「緑」に色分けし、札を付ける。効率よく、多くの命を救うための取り組みだ。

 大分市の南日本造船大在工場での1月の事故。大分三愛メディカルセンター(同市)の玉井文洋医師は現場に急行、負傷者の搬送順位を決めるトリアージをした。死者2人と重軽傷者24人が次々と病院へ運ばれた。

 「ショックが大きすぎたのか、負傷者が叫ぶこともなく静かだった」。こう振り返る玉井医師だが、一方で、救急隊が「何で何もしないのか」と責められる声を聞いた。

 救急隊はトリアージで、死亡した男性に黒色の札を付けた。「黒」と判定されれば、医師たちは別の負傷者を診る。しかし、同僚がシートに寝かされたままの姿を見た作業員は「助かるやつを優先するんだ…」とやりきれない思いを口にした。

 福岡沖地震では福岡市内の病院で行われたが、
「緑」と判定された人が腹を立て、札をちぎり、再び判定を求めるケースもあった。
判定に従わない負傷者が増えれば混乱は避けられず、市民への周知は欠かせない。だが、現状では医療者でさえ正確に理解していないこともあるという。

 大分県内の医療者や消防職員向けに毎月、学習会を開く玉井医師は、市民向けの啓発は今後の課題と指摘する。ただ「周知しすぎると、負傷者が重傷を装って『演技』する恐れもあって悩ましい」とも打ち明ける。

 災害医療に詳しい九州医療センター(福岡市)の小林良三救急部長は「多くの人に意義を知ってもらうため、行政との連携が必要」と訴えるが、手付かずの状態という。

 (社会部・田中伸幸)







トリアージと言えば、

千葉県ではなんだか

変な雑誌を刊行しているようです。


情報誌「トリアージ」


…おいおい。

「千葉の医療はもう「赤」です」

「いえいえ、「黒」になりました」

みたいな?







千葉県健康福祉部健康福祉政策課

「医療・福祉の職場への就職を目指す学生に向けての情報誌(Triage:トリアージ)」の発刊について

―「医療、福祉の道を志すあなたへ!」―

http://www.pref.chiba.lg.jp/syozoku/c_kenfuku/johoshi/hakkou.html






雑誌名は「トリアージ」だし

表紙はサーファーだし、

サブタイトルは

「自分を選ぶ。明日を選ぶ。ちばを選ぶ。」

…そっか、選んじゃうんだね。トリアージで。





トリアージの名前だけが

ひとり浮いている感じがします。

本来必要なトリアージという概念が

県主導で

どんどんゆがんで受け止められていくのは

いかがなものかと思います。







日本という国は

概念を変形させて

自国の文化にしてしまう力が

とっても強いと思います。

時にいいこともありますが、

時に本来の目的すら果たせなくなる変形は

いかがなものでしょう?






災害時に医療関係者が

十分に働けるような

整備がいま必要になっています。








トリアージ関連記事

■秋葉原無差別殺人 救急医療の対応は 「惨劇のアキバ、救命最前線は…搬送順位、迫られた選別」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-199.html








関連記事

コメント

早く診てもらいたいがゆえに本人あるいはついている人が札を引きちぎってより重症にしてしまうのであれば、間違えて引きちぎりすぎて「黒札」にしてしまう可能性もあるということですね。
いっそのことトリアージ札を逆にすればいいんですよ。黒>赤>黄色>緑の順に、ちぎっていく。
大丈夫な人は3枚ちぎって緑にする。
もし、大丈夫だと思っても悪化する人にはもう一度札をつけなおせばいい。

民度の低さには根性の悪さで対抗するしかないでしょう。
が、これも、最悪「他人の札を奪う」という技で対抗できるんですけどね…

開業医分断作戦発動?

レセプト電子請求、例外措置拡大を検討 自民、高齢の医師など
自民党は19日、レセプト(診療報酬明細書)のオンライン請求を2011年4月から原則として完全義務化する政府方針について、例外措置を拡大する方向で検討を始めた。請求件数が少ない医療機関や高齢の医師などを例外とすることを検討する。今後、政府の規制改革会議などでの議論を踏まえ、条件を詰める。
(後略)
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20090320AT3S1902C19032009.html

例外規定を作って分断統治を狙うのは権力者の常套手段ですね。
初めのうちは例外措置の恩恵にあずかっていた医療機関も、いずれじわじわと真綿で首を絞められるのは目に見えています。
第一、件数や年齢で例外を設けるなんて、どう考えても理にかないません。




あくまでオンライン化に必要な費用の補助とかは考慮しないんですね。
自分たちが天下る先(支払基金)には補助金をたっぷりつけたくせに。

はじめまして。いつも拝見させていただいています。

>自分で引きちぎって「黒」にしたりして。

知り合いの先生がとある小児病院でトリアージの訓練をやったとき、みんな遊びで引きちぎって、黒ばっかりになったそうです。

子供へのトリアージでの対応は考えないといけません。欧米ではどうしているのでしょう・・・

小さな事例ですけど

今年のクレーマー事例

①喘息発作で受診しに来た患者がやばそうなので、
先に呼んで点滴してたら、
ドアの外で、怒鳴り声が。

②インフルらしい患者を先に呼んで、
とりあえず検査のため、鼻を綿棒でごにょごにょしてたら、
受付のほうで、怒鳴り声が。


カルテには、しっかり書いてありますよ。

人の心が無いのかい?
死んでいいよ、オマエタチ。

知り合いの先生がとある小児病院でトリアージの訓練をやったとき、みんな遊びで引きちぎって、黒ばっかりになったそうです。
⇒ 訓練として、実に有意義な形ではないでしょうか。 日本で訓練をする時には、いつも時間どうり予定どうりに落ち着けようとします。 実際の現場は何が起こるかわからないし、えてして予想外の事態が重大な結果を招きます。 特に防災の訓練などは、思いつく限りの邪魔をして対応を検討すべきだと(それが許されるべきだと)かねがね思っています。

>「周知しすぎると、負傷者が重傷を装って『演技』する恐れもあって悩ましい」とも打ち明ける。
周知徹底した結果、「演技」したって良いじゃないですか

モラル、道徳心の問題ですし
周知徹底出来ずに、もめるよりもずっとマシです

私達が心痛めていてもきりがないと思います

千葉県健康福祉部健康福祉政策課は、自分でタグを引きちぎって黒タグにしているわけですね。

映画「ジェネラルルージュの凱旋」で、「緑」のおばちゃんが札をちぎって治療の優先度を上げようとしてナースにたしなめられるという一幕があり、笑いました。芸が細かく作られています。もっとも、並行して「黒」のご主人の治療を求めてヒロインに迫る奥さんも描かれ、複雑な思いを抱きました。

tama様:


>欧米ではどうしているのでしょう・・・

たしか、欧米のトリアージタグは日本とは反対だったと思います。

経済有識者会合での日野原氏

経済有識者会合:「84の知恵」反映未知数 首相肝いり、発言数分ずつ
http://mainichi.jp/life/today/news/20090322ddm002020118000c.html

政府が各界の意見を聞く「経済危機克服のための有識者会合」は21日、社会保障など5分野の会合を行い、5日間の日程を終えた。「オールジャパンで英知を集める」(麻生太郎首相)のが狙いで、10分野の有識者計84人を招く異例の会合だった。

(中略)
 会合では狙い通りに大胆な提案も飛び出した。一橋大の中谷巌名誉教授は、中高所得者層から低所得者層への所得移転を狙い、消費税を20%に引き上げ、定額給付金を1人当たり20万円支払うことを主張。聖路加国際病院の日野原重明理事長は小児、産科などの医師不足対策として、看護師が医療行為を行えるようにすべきだと訴えた。

非公開コメント

トラックバック

救急トリアージにおける限界ならびに陥穽

(1)トリアージ (triage) は、人材・資源の制約の著しい災害医療等において、最善の救命効果を得るために、多数の傷病者を重症度と緊急性によ...

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。