スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■「『医療危機 ’09ふくしまの現場から』― 敬遠される専門外 ―」

マスコミがあおり立てた

医療不信と専門医志向。




こんな状況では、

怖くて救急なんてやってられません。





救急で診なければ

絶対に死んでしまう患者さんもいるのですが、

それを理解できずに、

「救急で死んだから病院の責任」

「専門医でなかったからベストの治療でなかった」

といわれて医療訴訟になれば

その時点で医師生命は終了です。





結果として

医師は怖くて救急をやれない状況に

追い込まれています。






『医療危機 ’09ふくしまの現場から』
― 敬遠される専門外 ―  


福島民友 2009.03.17
http://www.minyu-net.com/serial/iryou/0317/iryou2.html

 昨年2月、太田西ノ内病院救命救急センター(郡山市)など同市内の5病院で受け入れを断られた女性が別の搬送先で死亡した問題。救命の「最後のとりで」となる同センターまでもが受け入れできなかったことが、救急医療のもろさを浮き彫りにした。

 同センターの篠原一彰所長(46)は「昨年の受け入れ患者数は、12年前の約2倍だが、センターの医師数は変わらない」と語る。県医療計画によると、県全体の救急搬送は2006(平成18)年までの10年間で約1.4倍の増加で、同センターの受け入れ患者数の急増ぶりが際立つ。昨年2月に女性の搬送を要請された際も、満床で処置室にも患者がいた。

 命にかかわる重症患者が増加したわけではない。篠原所長は、患者の専門医志向が背景にあると考える。患者は、夜間や休日でも症状に応じた専門医による診療を求める。各病院の医師も呼応するように、救急で専門外の患者を診ることを敬遠するようになった。結果として「どんな症状でも診る」(篠原所長)という同センターに患者が集中する。

 専門医志向は救急病床の確保も難しくしている。患者、家族は高度な医療機器が整っている救急病床を専門的な治療が受けられる最上の環境と認識、症状が改善しても転院を嫌う。篠原所長は「次の患者のために、土下座でお願いして移ってもらったこともある」。

 急病という非常事態で、患者、家族が最上の診療を求めるのは必然-。篠原所長はそう理解しているが「本県の医療資源が限られていることは分かってほしい」と言う。救急を敬遠しがちな医師にも「専門外であっても救急患者は診る心構えが必要」と苦言を。日本救急医学会は昨年12月にまとめた国への提言で「専門外への対応について責任範囲を明確に定め、医師が救急医療に参画しやすい体制をつくる」ことを求めた。

 篠原所長は患者、医師に警鐘を鳴らす。「双方が現状を理解して意識を変えないと、受け入れできずに患者を死なせる悲劇が、また起こる」






…これは実はすでに”裁判で”決まっています。

>日本救急医学会は昨年12月にまとめた国への提言で「専門外への対応について責任範囲を明確に定め、医師が救急医療に参画しやすい体制をつくる」ことを求めた。






救急をやる以上、

専門レヴェルの医療ができないといけない、

現実問題として、受け入れた時点で

専門でなければ敗訴決定

という極めて厳しい判決が

加古川病院の心筋梗塞訴訟で出され、

しかも確定しています(1)。






…ここまで判決で決められていて、

しかも警察、検察は

「本来はガンガン裁くんだけど、

”謙抑的”に大目に見といてやる」

という姿勢で医療を見ています。




救急医療に対して、

医師が患者さんを背中にも両手にも抱えて

綱を渡りながら治療を続け、

傍でみている司法と警察、検察は

「落ちたら即、医師は有罪。行政も司法も救ってやれないし、その気もない」

と言っているわけです。






こんな状況で

だれが、綱を渡ろうとするでしょう?







専門家として、

これほどの冷遇にあっているのに

何も言わずに救急を黙々とがんばる医師には

頭が下がります。



ただ、決してこの状況は長くは続かないでしょう。

このままでは、いつかはこの国から

救急医療は無くなるに違いありません。











(1)
新小児科医のつぶやき
2007-04-23 加古川心筋梗塞賠償訴訟
http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20070423












関連記事

コメント

医師が患者さんを背中にも両手にも抱えて綱を渡りながら治療を続け
⇒ 現代版『炮烙(ほうらく)の刑』ですね。 留まるも地獄、進むも地獄。 司法と警察、国民は高みの見物。 ・・・自主的に志願する方がいる点は異なりますが。
  スレ違いですが、ランキング一位おめでとうございます。

  炮烙(ほうらく)は、中国の伝承的な処刑方法の1つである。猛火の上に多量の油を塗った銅製の丸太を渡し、その熱された丸太のうえを罪人に裸足で渡らせ、渡りきれば免罪、釈放するというものである。罪人は焼けた丸太を必死の形相で渡るが、油で滑って転落しそうなる。丸太にしがみつき、熱くてたまらず、ついには耐え切れずに猛火へ落ちて焼け死んでしまう。 (ウィキペディア より) (焼けた銅の柱に縛り付けるとの説も有ります)

現在の救急医療は火事場の消防士にガソリンタンクを背負わせて消火活動をしているに近いといった状態です。そして、ガソリンに火が付いた時には司法も行政も『そんな恰好をしているお前が悪い』と言います。送り出した消防署はどうなのかというと消防署長は知らんぷり。大野病院では配属先の署長はかばってくれず、消防署にも『お前が悪い』と突き放され、元上司であったよその消防署長がかばってくれたおかげで、大やけどを負った医師がなんとか生一命を取り留めたというところです。

せめて職場と上司ぐらいは最大限の加護をすべきではないかと、それだけで兵隊は意気に感ずるような気がするのは私だけでしょうか。

あっちでもこっちでもドギャザ~ばやりですな。救急搬入口で医師が揃って、レッツドギャザ~すれば搬入拒否が搬入不可能になりますかねぇ(笑

専門医診療を望む国民と総合診療を進める厚労省。はざまの医師は戦線離脱がデフォとなっていますw

「専門外であっても救急患者は診る心構えが必要」
とおっしゃる以上、行政・司法に対する直接的な働きかけはしておられるんですよね?
もしかして救急医学会の提言だけ?
こんなの、「そんなもの相手にする必要なし」とほとんど無視されてますけど。

患者を救おうとして、犯罪者にされてしまう可能性を考えたら、たとえ病人が死んでも、自分の身を守る方を考えるのがおかしいんでしょうかね。身内ですらかばってくれないのが明らかなのに。いくらヒポクラテスの誓いを押したてられても、「死ぬときは死にます」という最低限の理解がない以上救急医療なんてできません。

完全に崩壊しないとわかりませんねw

「専門外であっても救急患者は診る心構えが必要」

わはは、誰が何騙ってんのさ

眼科医が気胸見落として警察に取り調べ受けたという事実は忘れませんが

完全に崩壊してから皆様 後悔するのでしょうよ

自業自得でしょ

診ぬが勝ち

今のご時勢、救急やるほうが変でしょ。

精神論では、将来にはつながらない。

もうとっくに遅いとは思いますが、
国民全員が、今一度考えないとね。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。