FC2ブログ

■「産婦人科残酷物語Ⅱ」 終了?エープリルフール?

さてさて、

バミュ先生の

ブログ 産婦人科残酷物語Ⅱ

いつも楽しく読ませていただいてますが、









…あれ、

終わっちゃうの…?







感謝
http://ameblo.jp/sanfujinka/entry-10084642878.html



大量に付いているコメント内は、

「エープリルフール、乙」

みたいな内容ですけど(笑)、

一部には

「泣いて存続を訴える」

みたいなのもあったりして…。








エープリルフールなのか、

本気なのか…(笑)。






いつも人気ブログランキングでは

ぶっちぎりのトップで

JBA2008  ジャパンブログアワード 趣味生活部門

なんかも受賞されております。




話、出たついでに(笑)↓
人気ブログランキングへ

うちのランキングは

いつも産婦人科残酷物語Ⅱ

の後ろをついて歩いてます(笑)。

お暇なときにでも押してください。


-------------------------------------

今チェックしてみたら、

ブログタイトル変わってるし! (笑)



毒舌ドクターBermudaの三角形な気持ち
産婦人科残酷物語Ⅲ
http://ameblo.jp/sanfujinka/


そっか、

ⅡからⅢになりましたか…、









って、

終わってねーじゃん(笑)。








とりあえずめでたし、

ってことで、

バミュ先生、

これからもよろしくお願いいたします!!






関連記事

コメント

すいません。
今後ともぞよろしくお願いいたします。

ひゃー、バミュ先生ご本人に降臨していただきました!

いつもお世話になっております。勤務医 開業つれづれ日記・2の中間管理職です、って知ってるか(笑)。ここがそうです(笑)。

いつも読ませていただいております。パート3になってからも、よろしくお願いいたします!!

いつも

毎日どちらも拝見しているファンです☆

いつも携帯からの拝見ですが、ここ最近、中間管理職さんのブログの背景がかわいらしくなっているなぁと思いながら読んでいます。
応援しておりますので、お体無理をなさらないよう、楽しく毎日を送ってください。(お医者さんの大変さを見ていたら頑張ってくださいp(^^)qなんて言えないよぉ。。)

お~

うわっバミュ先生と中間管理職様の夢のコラボですね
謹んで書き込みの方を(いそいそ)
新米医師はまだオリエンテーションだけでわらわらしております

国立がんセンター:麻酔医、相次ぎ退職 10人が5人に、手術にも支障

 おはようございます。やっぱーいです。汗。去年の春は「国循」でしたが、今度は「築地」が萌えますた・・・汗

http://mainichi.jp/select/science/news/20080403ddm041040106000c.html

国立がんセンター:麻酔医、相次ぎ退職 10人が5人に、手術にも支障
 ◇厚遇求めて転籍

 国立がんセンター中央病院(東京都中央区、土屋了介院長、病床数600)で、10人いた常勤麻酔医のうち5人が昨年末から先月までに相次いで退職し、1日の手術件数が2割減る異常事態になった。より待遇の良い病院への転籍などが退職理由で、「がん制圧のための中核機関」を理念に掲げる日本のがん治療の“総本山”に、全国的な医師不足が波及した形だ。【須田桃子】

 がんセンター中央病院は常勤医師約150人、1日当たりの外来患者約1000人と、国内でも最大級のがん治療専門施設。これまでは、1日当たり約20件の外科手術をしてきたが、術中の麻酔管理を担当する麻酔科医が半減したことで、3月末から1日約15件しかできなくなった。

 手術までの待ち時間も今後、長引くことが予想されるため、特に急ぐ必要のある病状の患者に対しては、都内や患者の自宅周辺の病院の紹介を始めた。院内にも、麻酔医の不足を知らせるお知らせを掲示し、患者に理解を求めている。

 関連学会や各地の病院を通じ、麻酔医確保を図っているが、「すぐには解決のめどがついていない」(土屋院長)のが実情だ。

 土屋院長によると、退職の主な理由は、待遇の良い民間病院や都立・県立病院への転籍だ。同病院の職員は国家公務員で、30代の中堅医師の場合、給与は年間700万~800万円程度。一方、都立や県立病院は1000万円台、民間病院なら1000万円半ばから数千万円になるという。

 日本麻酔科学会が05年にまとめた提言によると、日本では約4000施設で全身麻酔が実施されているが、同学会の会員が常勤でいる病院は約半分にとどまる。手術中の患者の麻酔管理に加え、患者の痛みを除く「ペインクリニック」や「緩和ケア」などに麻酔科医の担当領域が広がっており、全国的な需要も高まっている。

 がんセンター中央病院も、「緩和ケア」研修を09年度から全研修医に義務付けることを決めたばかりだった。

 土屋院長は「中央病院は、医師が勉強する環境は十分整っているが給料は並以下で、施設の努力で確保するには限界がある。医師の絶対数を増やす政策が不可欠だ」と話す。

 乳がん患者団体「ブーゲンビリア」の内田絵子理事長は「国立がんセンターは全国の患者の精神的なよりどころでもあり、医師不足で手術件数が減ることは、患者にとって不安を駆り立てられる話だ。麻酔医不足は、緩和ケアの充実にも悪影響を及ぼす」と懸念する。
 ◇医療崩壊のサイン--医師不足問題に詳しい本田宏・医療制度研究会副理事長の話

 がん患者にとって最後のとりでとも言える国立がんセンターにまで医師不足の波が押し寄せた。大変憂えるべき状況で、医療崩壊が日本に起こりつつあるというサインだ。

毎日新聞 2008年4月3日 東京朝刊

フォントの問題

毎日拝見しております。医療の現場からの貴重な情報発信、これからもがんばってください。

さて、新ブログはフォントの大きさがマチマチで、ちょっと読みにくいです。強調したいリンク先が小さいのですが、これは太字にすると発生する現象でしょうか。また、引用文では急に小さくなる部分がありますよね。これはバグ? 細かいことですが、読者としての感想でした。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -