fc2ブログ

■「鹿屋方式」 とっくに終わっているのかと思っていました


テレビを見ていて

ちょっとびっくり。




「鹿屋方式」を大賞賛(1)。



まあ、

悪いことではないのですが、

開業医は完全に赤字で

やっていることを

なぜ報道しないのでしょう?





これは完全に

開業医のボランティアシステムです。




職員がいて、自分も泊って

患者さんがポツリポツリと来て、

採算が合うとでも

思っているのでしょうか?



おまけに

翌日休診したりしたら、

その分がまるまる赤字になるわけです。








さんざん医療を叩いてネタを作ってきた

マスコミは、

「叩きすぎた勤務医の次は、

開業医を血祭り」

という感じで、

夜間に救急をやらない開業医を

人でなしのように扱うでしょう。





すでに(1)にあるように

鹿屋システムは

崩壊状態だと思っていました…。










(1)
「カモカのおっちゃんシステム」と「大隅の救急医療「鹿屋方式」崩壊危機」
http://ameblo.jp/med/entry-10031956093.html


総合診療に公的資格 時代錯誤の『厚労省幹部 理想の医師は、「カモカのおっちゃん」』
http://ameblo.jp/med/entry-10031466178.html



関連記事

コメント

開業医は 経営の苦労があり 持ち出しが多く、両方経験した私たちにとって 勤務医も開業医も違った苦労があって 決して楽して儲かる仕事ではないことを明言します。開業医も疲弊しています。国の次の狙いは開業医潰しでしょうかね。開業医にとって何の報酬もない部分でもスタッフに報酬を払わなければならないことが多く、世間は思いっきり誤解しています。

鹿屋方式というのは要するに「勤務医が36時間連続勤務などボランティアのような業務をしてるんだから、開業医も自腹を切って地域住民の皆様のためにボランティアをしなさい」というシステムでしょう。

奴隷から解放されたと思ったが、新しい仕事も奴隷的労働だった。「奴隷」と呼ばれていないだけ、という奴ですね。
受療者にとっては改善であっても、医療者には改善ではなく改悪でしかない。経営的には大赤字なわけで。

昨日のZeroの報道の中で、唯一評価できたのは「時間外受診を皆が控えるようになってきた」という一言だけでしたね。

えーっと・・・

昨日のNEWS ZEROのことですね。
リアルでは見てなかったのですが、ネット配信の方で確認しました。
ご指摘の様に開業医の負担については見事にスルーでしたね。
ほんの1年ほど前にこれを報じたのは、他ならぬ読売新聞だったんですけどねぇ。OA前に何のチェックもしてなかったんでしょうか?
2007/06/22 (金) 小児救急医療体制 「鹿屋方式」崩壊の危機
http://www4.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=432979&log=20070622
(注:元記事の方はリンク切れになっておりますので、こちらを引用させていただきました)

一番痛かったのは、「これがZeroがお勧めする医療崩壊に対する解決策の一つだ!」と言いきっちゃったことかな。

ま、読売はもとから「医師奴隷化」を主筆以下積極的に進めようとしてる「政府与党に影響力の強い営利企業」ですからねぇ。

医師奴隷化よりも折糞流100兆円医療市場創設の方が彼らにとっても魅力的でしょう。嫌なら辞めろ委員会の形を変えた活動かも。

あの放送で、周辺地域からのコンビニ受診がまたもや激増。しぶとく生き残っていた鹿屋方式も遂に息の根を断たれる。なんてシナリオだったりしませんかねえ。

でも、そこまで考えてないでしょうね、きっと。

NoTitle

ちょっと意外なところで「鹿屋方式」に関する記述を見かけたので、紹介させていただきました。
非公開コメント

トラックバック

例としてはどうでしょう?

[http://blogs.yahoo.co.jp/haniho_2010/13503963.html ひとつ前の記事]で紹介した、「[http://jukugi.mext.go.jp/ 熟議カケアイ]」のサイト内で気になった内容です。 「熟議とは?」という説明のページ内にこんな記事がありました。 [http://jukugi.mext.go.jp/libra...

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -