fc2ブログ

■「「たらい回し」「搬送拒否」は適切な言葉?」 「記者の中からも「決めつけだった」という声が」

当ブログは

マスコミの

「たらい回し」表現について

徹底的に反対しております(1)。




それでも

読売新聞をはじめとする新聞や

マスコミ各社は

「たらい回し」報道をやめません。






これって、

マスコミによる

「医療破壊活動」なんだと

心底思うようになってきました。





マスコミは

「医療が叩ければよい」。

そして

インパクトがあれば何でもよい、

という姿勢で

医療を叩き潰しにかかっています。






マスコミが

医療をつぶす、

といい、

まったく公正さに欠ける記事で

一般の方を”モンスター化”

させています。






われわれ医療関係者は

本当に、

日本医療がつぶれるしかない、

いや、むしろマスコミが

積極的に医療を潰しているんだ、

そう思えるようになってきました。










「たらい回し」「搬送拒否」は適切な言葉?All About 掲載日: 2008年 12月 03日

http://allabout.co.jp/children/birth/closeup/CU20081203A/

妊婦さんの搬送受け入れがうまくいっていないことが問題になっていますが、さて、報道で繰り返されている「たらい回し」「搬送拒否」という言葉は適切でしょうか?実は、医療関係者からは、この言葉に対する強い反発の声が聞かれます。

病院バッシング?

日本赤十字社医療センター産科部長の杉本充弘医師は「正しくは『受け入れ不能』あるいは『受け入れ困難』でしょう」と言います。「たらい回し、拒否といった否定的な言葉が出てくるのは、どこかに病院バッシングの気持ちがあるからではないでしょうか?」

最近出産したあるお母さんは、
「たらい回しという言葉を聞くと病院が何の努力もしていないように感じる」と言いました。確かに「たらい回し」「搬送拒否」という言葉には「本当は受け入れられるのに、面倒だから受け入れない」という職務怠慢・職務不履行のニュアンスが含まれます。そこが、医療者たちを「違う!本当に余裕がないんだ」と叫びたい気持ちにさせるのです。

受け入れられない場合は他の病院を紹介している

医療者たちが「自分たちがしていることは搬送の拒否ではない」と主張する理由は、ひとつには本当は「受け入れたい」と思っているということです。また、総合周産期母子医療センターは、受けられない人を、その場で投げ出してしまうわけではありません。担当地区内の発生については、他の病院をあっせん(紹介)するのがふつうです。


自分の病院ではなかなか受けられないが、ブロック内では9割を収容

日赤医療センターの場合、同病院に通院していた妊婦さんの緊急事態であれば、これは全員受け入れます。センター病院にはハイリスク妊娠が一帯から集まりますからこれだけでかなりのベッドが埋まりますが、医療センターはブロックの要になっている総合周産期母子医療センター。ですから担当地区内の緊急搬送についても責任を果たします。ブロックの中で診療所などから搬送が発生した場合は、自分の所あるいはブロック内のほかの病院(このブロックにはほかに国立東京医療センター、成育医療センターというふたつのセンター病院があります)で収容できるようにコーディネートをするのです。こうして、西南ブロックの中では9割が行き先を確保できている状況です。

重症度に応じた振り分けをしている

病院それぞれに「どれくらい小さな赤ちゃんを診られるか」「母体の治療にはどこまで対応できるか」に特徴がありますから、それらも考慮しながら、総合周産期母子医療センターは搬送先を決めています。この振り分けは、限りある高度医療のベッドを最大限有効に使うくふうでもあります。

「本当にベッドがない」という深刻な現実

残念ながら、やりくりをしても今の状況では限界はあります。日赤医療センターも、他のブロックや他県から来る搬送依頼は半数程度しか受け入れられていません。ただ、担当地区内の受け入れ責任をギリギリで果たせるか、果たせないかの瀬戸際にある病院がそれ以上のことを求められても、それは現実的ではありません。断られた人たちはみんな「たらい回しにされた」と感じているかもしれませんが、本当に受け皿が足りなくなってしまったのです。

少し良くなった赤ちゃんはNICU(新生児集中治療室)をすぐ出る・・・それでも足りない・・・

神奈川県立こども医療センターも同様でした。川滝元良・豊島勝昭両医師によると、ここも、ほとんど毎日が満床で、受け入れるのは他病院では治療出来ない赤ちゃんだけ。他の赤ちゃんはその子の重症度に合った病院を探してあっせんします。

それでも、どうしても県内にベッドがなく、県外に赤ちゃんを送らざるを得ない日もあるといいます。少しでも空きを作ろうと早期退院、転院につとめても今の状況ではそういう日が出てしまうのです。NICUを必要とする患者数と医療の供給が明らかにアンバランスだからです。

記者の中からも「決めつけだった」という声が

マスコミ関係者の中にも、表現を見直したいという気運が現れています。何名かの声をご紹介しましょう。

ある新聞記者は「受け入れ不能」という言葉がいいのではないか、と言います。「マスコミは、問題が起きた時に『本当は受けられたのに断った病院もあっただろう』と疑念を持って「たらい回し」と言い出したのでしょう。でも、現場取材に行くと、病院はこんな苦労をしてきたのかと実態がわかって、今は認識を改めつつあるところだと思う。先日の厚生省事務次官殺人事件で当初『テロ』という言葉が使われたように、マスコミは、実態がよくわからないうちに決めつけをしてしまうことがある。それは自戒しなければならないのでは」

番組の中で話し合い「たらい回し」という言葉は使用しないことに

民放TVでニュース番組を担当するあるディレクターも、現場取材をしたスタッフから「『たらい回し』という言葉は実態に合わない」という意見が出て、この言葉を番組内で使わないようになったと言います。ただ、かわりのいい言葉が見つかったわけではなく「搬送を断った」と表現することが多く、字数を節約する必要があるテロップでは「搬送拒否」となることが多いそうです。

受け入れてもらえない患者のやりきれない気持ちは、医師もわかってほしい

一方、しっかりと患者側に立った視点が大事だ、と考える報道関係者もいます。ある新聞記者はこう言います。「『たらい回し』は患者の実感そのものを表した言葉。それを『違う』と強調されると『医療者は断られた人の気持ちを理解していないのではないか』と世間から見られるだろう。『受け入れ不能』にすべきだ、という意見もあるようだが、それは個々の病院の状況を表しているだけで患者の困窮を表してはいない。『たらいまわし』という言葉を否定するには、さらなる検証をおこなうことも必要。ほとんどの医師は最大の努力をしているのだろうが、そうではない病院もあるかもしれない

お互いの立場をわかり合いたい

「たらい回し」「搬送拒否」という言葉をめぐる報道関係者の思いはさまざま。でも、ひとつの共通項があるように思われてきます。それは、医療者、マスコミ、患者の間で「相手の事情が見えない」というコミュニケーション不足が起きているということです。

NHKで報道番組に携わるあるディレクターは「医療者と私たちが話し合える場を持ちたい。私たちも、医療との間に溝のようなものがあるように感じている。まずはそれを解決したい」と言いました。

はじめのコメントをくれた記者からは、こんな声も聞かれました。「こんなに困っていたのなら、医療側からもっと早くマスコミに発信してほしかった、という気持ちはあります。医療を責める表現になってしまったのは、お互いに日頃のコミュニケーションが不足していた」

願いは同じはず

産科救急や新生児医療のベッドが不足している状態は放置しておいてよいはずはなく、少しでも早い解決を願う気持ちは誰もが同じはずです。

「たらい回し」「搬送拒否」それとも「受け入れ不能」?この議論にはそこには、立場の違う人同士が共通認識を持つことの難しさが表れています。

あなたはどう感じますか?







>記者の中からも「決めつけだった」という声が

>でも、現場取材に行くと、病院はこんな苦労をしてきたのかと実態がわかって、今は認識を改めつつあるところだと思う。


…一方的な思い込みや

取材不足、

というより

まったく取材しないまま

一方的にマスコミに医療叩きをしてる

マスコミの方が

職務怠慢ではないのですか?










しかも

現在も「たらい回し」

という言葉を

継続使用中というのは

いかがなものでしょう?



>ほとんどの医師は最大の努力をしているのだろうが、そうではない病院もあるかもしれない



>あるかもしれない
>あるかもしれない
>あるかもしれない
>あるかもしれない
>あるかもしれない








お前はバカか???



それが

マスコミの思いこみ以外の

何物でもないのに

なぜ気付かないのでしょう?





”努力もしない病院もあるかもしれないでしょ?”

って、そういう人こそ、

取材していないでしょ?

努力してないでしょ?



そんな病院、ほんとうに

あったんですか?


これこそ

マスコミの職務不履行

ではないのですか?










挙句に、

医療側が悪かったかのような

弁明には

正直反吐が出そうです。








マスコミは

いきなり殴っておきながら

「お前も大変だ、っていえばよかったのに…」

「お前だって悪いんだからな」

「知らなかったんだ」

と言い訳しているようなものです。








しかも

大手新聞では依然として

医療叩きの

「たらい回し」表現を

継続使用中ときたら、

もう、マスコミは

”日本の医療を叩き潰すのが基本方針”

としか思えません。







多くの医師が

「マスコミによる医療攻撃が医療破壊の大きな原因の一つ」

と考えています。




しかし、

どうやらまだまだ

マスコミの方向は

改まらないようです。











(1)
■<ハガキで抗議>産経新聞が繰り返す”たらい回し” マンガ さらり君 西村宗 H19.12.15
http://ameblo.jp/med2/entry-10060643108.html

■抗議文送りました ”たらい回し” 「4病院たらい回し 事故で救急搬送の女性死亡 福島」
http://ameblo.jp/med/entry-10055579286.html



関連記事

コメント

>字数を節約する必要があるテロップでは「搬送拒否」となることが多いそうです。

これはあと付けの理由ですね。
字数を節約するのが目的なら、「搬送不能」とすればいいだけのこと。
これなら同じ漢字4文字に収まるし、より現実に即した表現となります。
あえてそれをしないのは、やはり病院側を叩こうという意図があるとしか思えません。

結局

「新聞は正義の味方」って自分達だけで思い込んでるから、
思い込みで記事を書いても平気なんでしょうね。
そりゃ家族が亡くなって誰かのせいにしたい、自分の悲しみを何かに転化したい人を焚きつけて記事にする方が、地道に現在の医療の現実を記事にするより楽ですもん。
取材、ほとんど要らないし。

医療の方から、もっと大変であったことをマスコミに情報発信しろって言ったって、それは医療者の仕事ではないですよね。大体、大変だったら、そんな情報発信してる暇があったら仕事してるわ!という状況になることくらい、子供でもわかる。
そう言う状況を、「たらいまわし」と表現する前に調べるのがマスコミのお仕事ではないのでしょうか。
取材に来られたら、ちゃんとお見せしますよ。
取材に来ることもなく、「こうに違いない」と決めつけられて、「情報発信しないから」「あるかもしれない」と言われても、「馬鹿ですか?」としか言いようがない。

まあ、さすがに日本テレビのZeroだけは「たらいまわし」表現を使わなくなりましたね。まだまだ現状認識は甘いですが。
TBSの24も報道ステーションもいまだに言いたい放題です。TBSに至っては何をかいわんや。

マスコミ様、あなたたちの取材力のおかげで、現場はこうなってしまいました。現状を広く国民に伝えるのは医師の仕事ですか?マスコミの仕事ですか?

情報発信している医師の方は結構いらっしゃると思いますけど

現場を知らない「タレント医師」や「医師もどき」ばかりを取り上げるのは、マスコミの方でして

富士山

日本のマスコミ=マスゴミ!!!!!
消えて無くなれ!!!!!

いやいや、マスコミには感謝すべきでしょう。

自分がやってる事が、いかに馬鹿げた事だったか判って、無事退避できた医師が相当数いるでしょうから。

だから今更反省するフリなんぞやめてくださいね。まだ判ってない医師もいる事だし。

マスコミは全部許せないし 大嫌いだけど 一番許せないのはなんといっても割り箸事件。あんな逆切れモンスターの言うことを垂れ流して まるで医師が割り箸をわざわざ刺したような極悪人報道。無罪になったんだからマスコミは皆で謝れ!!

救急の病院検索システムって、マスゴミ流にいうと「たらい回し支援システム」だよなぁと思う今日この頃。
病院を2件以上表示するのはたらい回しの助長になると騒ぐのは何日後?

一般人の私が思うこと。。

医療者側からも発信してほしかった・・って。医療者は医療をする人でしょ。もし発信をばりばりしてる人がいたら、マスコミは医師不足だからそんなことしないで働けとか言うんだろうなぁ。
情報を収集するのはマスコミでしょ?
わたしたち市民に嘘を垂れ流さないでほしいです。

>医療側からもっと早くマスコミに発信してほしかった、という気持ちはあります

はたしてどの「記者」がそんなことを言ったのかは知りませんが、少なくとも私は産経新聞とNHKに対して、前者は2007年12月に、後者には2008年2月に抗議をしております。

私は医療関係者ではないので、職業としての「医療側」ではありませんが、意見内容は本気で地域・国のために働いている医師側のものだったはずです。

もしこのふざけた記者がNHKか産経なら、とんでもない欺瞞です。

そして、同様の抗議はNHKと産経新聞のみにあったのでしょうか?

少なくとも、大手のマスコミに対しては大抵医師側から抗議があり、そして向こうは『担当に伝えます』という『返事』をしたはずです。もちろんあの毎日新聞も含めて。(実際には伝えてない可能性は十分にありますが、それはマスコミの体質の問題であって医療側の問題ではありません)

さらに付け加えると、マスコミ以外が「もっと医療側が情報発信を」というならともかく、当のマスコミがそんな事を平気で言うのは、ジャーナリストとして論外でしょう。

All aboutの記事では、まるで医療側が何も情報を発信しなかったような論調ですが、一種の「遠回しにマスコミを擁護する記事」のように見えます。これに関しては4020番さんも指摘するところと重なりますが、All aboutの記事を書いた人は、字数制限が詭弁であることに気がつかなかったのでしょうか?もしそうなら少々無能な気もします。

マスゴミ記者はジャーナリストではありません 粗悪な広告代理店です

たらい回しはマスゴミ特有の悪意煽りでしょうが、たらい回しではなく「収容不能」、あるいは「満床御礼」でしょうか

厚労省職員にテロの危険があるならなおさら、病院を満床にしていては、厚労省職員が刺されたり巻き込まれたりして搬送されたとしても「満床御礼」だったらどうするんでしょうか


厚労省は「収容不能ゼロ」あるいは「満床ゼロキャンペーン」をすべきでしょう

それとも政治家や厚労省職員だけは特別枠のベッドがあるんでしょうか


自分たちだけ助かればいい政治家や役人が、病院を常に満床にしなければ採算取れないようにしておきながら

満床で収容不能の現状は 放置 してるのがこの問題の元凶ではないでしょうか

連投失礼します。

NHKに抗議した際、NHKに対して「ネットに『○月○日にNHKに対して以上の内容の抗議をした』って書いていいですか?(・∀・)ニヤニヤ」と言うと、非常に嫌がっていました。

邪推するつもりは絶対に(ダチョウ倶楽部的な意味で)ありませんが、抗議内容をネットに晒されると、後で「視聴者からの抗議は特にありませんでした・知りませんでした」系の言い訳をしにくくなるから、それを嫌がったのかもしれませんね。

先日聞いた話。

バリバリのメジャー医ですが、当直先に着くと真っ先に消防所に「今日は満床だから搬送しないで下さい。」と電話入れるんだそうです。その先生の当直日は看護婦(<注目!)大喜びww。
つーこって、
>そうではない病院もあるかもしれない
まあ皆無ではないでしょうなあ。ただし、統計上は無視出来るレベルの少数でしょう。何故なら、そういうアタマのいい医師は、今時救急が来るような病院では当直しないからw。

ちなみに先述の話は私より年長の開業医に聞きましたので少なくとも10年以上昔の話と思われます。

マスゴミって

マスコミなんて予めストーリーを決めてから取材し、インタビューなども思い通りに編集・改変、真面目に取材に答えるのが馬鹿らしくなります。相手が怒るような言葉を投げかけ、怒ったら「恫喝ですね」というゴロばかりです。

毎日新聞も反省するどころかまた「医療クライシス」。
医療クライシス:妊婦死亡が問うもの/上 少なすぎる医師数
http://mainichi.jp/select/science/news/20081209ddm041040075000c.html
「少なすぎる医師数」って毎日新聞が減らしたんじゃなでしょうかね?(この記事の紙面での見出しは「問われる医師の義務 体制不十分 周知の事実」。問われちゃってますよ)

毎日新聞のお友達、TBSは警察でもないのにおとり捜査してますし。
ハニートラップ? TBSの勝木容疑者取材に疑問の声
http://www.tanteifile.com/newswatch/2008/12/09_01/index.html

これ以上日本に害悪を撒き散らしてほしくないんですけどねぇ。

毎日の記事で、医療クライシスと称して、泉佐野と貝塚の分業集約を素晴らしいことのように書いていますが、貝塚から産科がなくなるときに、「地元で産めないのは不安」「なぜ市民病院から産科がなくなるの」と市民の声をさんざん報道していたのも、たしか毎日放送だったよ。
ま、どうせ毎日グループだしね。いいんだけどさ。

回送電車

コイツら学会に来ると、今度は「取材しに来てやった」気取りで実に面倒ですよ。

何故なら、そういうアタマのいい医師は、今時救急が来るような病院では当直しないからw。
⇒ バイトの紹介を見ていると、当直で2次救急の募集(しかも急募っぽい)がケッコウ有ります。 でも、『今時2時救急を標榜し続けているのもKYだし、スタッフが足りていなくて大変なんだろうなァ』と思うと、決して近づく気は起こりません。 予想される仕事量とリスク、バイト料がつりあっているとは考えがたい。

  歴史的にジャーナリズムの発生は、公開死刑の公布であったと聞いたことがあります。 歴史的に死刑は、刺激に満ちた最高の娯楽の一つだったらしいです。 統治の原則は『パンと娯楽』、ローマのコロッセウムと同様です。
  ジャーナリズム、マスコミ自体が、発生のその時から、日常における『カタルシス製造機』であったのではないか、と考えています。 医師タタキも、日常に倦んだ連中に一種の安易なカタルシスを提供していた、それダケではないでしょうか。 ゴシップ記事はいうまでもなく、当人の自覚はさておき、権力批判も、権力の監視装置として国民の利益のために戦うよりも、権力者打倒がその時における最大の娯楽だったダケなのかも。 過去に高尚な理想を持った真の『ジャーナリスト』がいた可能性は否定しませんが。

  『医師にも発信して欲しかった』 って言われても、『お宅らの仕事でしょ!』としか答えられない。 顕在化に先んじて危機を察知し、現場の悲鳴を拾い上げ、広く発信して改善につなげるコト。 ソレを出来ないならば自身の能力不足を恥じるべきだし、しようともしないならば存在意義がない。

よく理解できないのですが

当直中に救急を受けるのは法律違反なので
当直医が受け入れないことをもって最大限の努力をしていないとするのは
間違っていませんか?

患者を受け入れるためには法律違反も進んで行えということなら別ですが
どの病院も最大限の努力を行ってでも受け入れ不能が起こっているのだと思います。

マスコミも病床稼働率が90%以上でも病院が赤字になる実態を報道し
受け入れができる体制を作るように世論を盛り上げてください

搬入不能の搬送先は?

それで、議論百出ですが搬入不能の搬送先は今日も運任せでしょうか?


ボランティアでよくあるやり方ですが、
例えば開業医が他の病院へ応援に行き、その留守を預かる形の派遣やあるいは後日穴埋めの形で応援に行った時間分を急用時に応援されるといった相互扶助システムというのはありえませんでしょうか?

そんな風に、留守を預かる医師がいるのなら、その人が直接応援に行けばいいんです。問題はそう言う医師すらいない。
おまけに、もしそう言った医師に来てもらうとしても、開業医としてはバイト料を払わなければいけません。後日穴埋めに至っては、「じゃあその時は医師不在?」ということなので、残念ながらお話になりません。

要するに開業医だろうが、勤務医だろうが、急患が発生したときには通常時よりも労働力の集中が必要であり、その増加した分の労働力の供給ができないのが問題なんですね。

医療破壊は大成功

10リットルまでの水しか入らないバケツには、11リットルの水は入りきれません。

1リットルの水がこぼれてしまった事で、周囲の人間が「なんだこのクソバケツ!」と足蹴にしたら、

バケツが凹んで、10リットル入れられたはずの物が、9リットルまでしか入らなくなりました。

…っていうのが、今の日本の医療崩壊(ていうか、マスコミによる医療破壊)の現状。

教訓とかそういう以前の問題。

…。
……。
………。

…マスコミの医療破壊は大成功ですね。
http://punigo.jugem.jp/?eid=495
http://punigo.jugem.jp/?eid=491

あくまで素人の感覚ですが

言葉足らずで
わかりにくくてすみません

以前育児や介護の手助けやボランティアへの報酬を時間の貸し借りという形で 行おうという試みのニュースがあったので、
無料は論外ですが、安い報酬と時間の貸し借りということを、
お医者さん同士でも可能でしょうかというのが疑問の意図でした

例えば急用ができて一日だけクリニックに来てくれる募集をweb上に書き込み、登録している医師が手を上げるという仕組み です

(例えばオークションのように値段を上げれば魅力かもしれませんが、
そうすると金持ちしか医療が受けられない事態になりかねないためモラル的に問題)

登録したボランティア同士ではワープア程度の飯代程度と交通費で、貸した時間分の提供を優先的に受けられるという流れですが、

ただ来て欲しい日時に相手が見つかるかは運任せで、時間を貸しても返してもらうのにはこげついて機能しないなどという事態にもなりそうですが…

非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -