FC2ブログ

■集約化された”周産期センター” 「周産期センター指定辞退」

ネタ元は、ssd’s Diary

夜郎辞退

http://ssd.dyndns.info/Diary/?p=2692

です。

いつも大変お世話になっております(笑)。







ついに

周産期センター終了

ということも

おき始めております。




本来、医療資源の集約化の

起点となるべき

周産期センター自体が

リストラ食らった状態(笑)。





まあ、

ssd’s Diaryでも

書かれているように、

”巨額の税金を費やして

せっかく作った道路、

せっせと運べばいいじゃん”。





こういうことのために

作ったんでしょ?

道路。








周産期センター指定辞退 高リスク出産 東予に対応機関なし
新居浜の住友別子病院

2008年12月5日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ehime/news/20081204-OYT8T00700.htm

 東予地方の地域周産期母子医療センターに指定されていた住友別子病院(新居浜市)が医師不足から産婦人科診療を休止し、同センターの指定を辞退していたことが分かった。15日から県立新居浜病院(同)が産科診療を始めるものの対象は正常出産に限られ、慢性的な医師不足のため新たなセンター指定の見通しは立っていない。リスクの高い出産に対応できる医療機関の“空白”が生じた形で、地元の開業医や妊婦らから懸念の声が出ている。

 周産期母子医療センターは、産科と小児科の両方を備え、24時間受け入れなど充実した体制で異常分娩(ぶんべん)などに対応する。県内では、地域センターに愛媛大医学部付属(松山市)、松山赤十字(同)、市立宇和島(宇和島市)、住友別子の4病院が指定され、より重篤な患者を扱う総合センターには県立中央病院(松山市)が指定された。

 しかし、住友別子病院は、岡山大から派遣されていた医師が大学に戻るなどしたため、今年9月末に産婦人科診療を休止。県にセンターの指定辞退を申し出て、了承された。

 今年4月に産婦人科を新設した県立新居浜病院は、12月15日に産科診療を始めることになったが、当面、超未熟児の出産などは扱わない。常勤の産婦人科医は2人で、センター指定の基準となる24時間対応は難しいという。

 東予地方にハイリスク出産の患者が出た場合、県立中央病院や、香川県善通寺市の香川小児病院などに搬送せざるを得ない。県健康増進課は「できるだけ早く別の病院をセンターに指定したいが、医師不足が解消しなければ根本的な解決にはならない」と頭を痛める。

 病院に受け入れを断られて妊婦や胎児が死亡する例が全国で相次いでおり、新居浜市内で開業する産婦人科医は「松山市や善通寺市まで搬送するには時間がかかる。手に負えないケースはいつ発生するか分からず、近くで対応してほしいのだが」と話している。





産科の先生は

絶滅危惧種だと

ようやく世間的に

認知されてきましたが、

いまだにマスコミは

叩きまくっております。






こんな国内DV状態なら

まるで

産科医療根絶運動をしているように

思えてきます。








周産期センターのさらに上の

周産期スーパーセンター

とかいうのを

作ろうという動きもあります。




でも、これって、

昔の日本が戦艦大和、武蔵を作った時の、

「生産能力ではアメリカにかなわないから、

少数精鋭で、一つでもずば抜けたものを作って対抗する」

という思想に何ら変わりありません。






結局、

現場ではある程度の質と量の

両方が必要なのですから。





挙句に、

スーパーセンターも

結局DQNとマスコミの集中砲火で

コンビニ級あつかいされて、

片道燃料だけ積んで

死地に赴き

集約化されたりしてね。






集約化されたセンター、

情けなすぎますが、

国が公立病院つぶしを

行う限り、

全国で出てくることでしょう。


関連記事

コメント

毎度おなじみ久坂部くん

今回も香ばしさ全開ですw
【断 久坂部羊】医師に「社会的常識」はあるか
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/081206/acd0812060234001-n1.htm
>しかし、医師は国家試験に通ればすぐに「先生」と呼ばれ、いきなり一定のステータスを獲得する。周囲には患者や看護師や技師など、自分より立場の弱い人間ばかりしかいないし、事務員や業者に気を遣(つか)う必要もない。
>収入面でも恵まれているし、失業の心配はほぼないし、人前では職業を名乗るだけで、表面上の敬意を得ることもできる。
>病気や障害という人の不幸を多く目の当たりにしながら、常に安全な場所にいることの多い医師は、ある種、人格形成には恵まれない職業である。


・・・(゚д゚)ハァ?

きっとこの方はこの通りの人生を歩んできたんですね。
だからこれほど非常識な文章を書けるのでしょう。
ご自分に関して言えば、あながち間違いとは言えないご指摘ですねw



わははははははっ

爆笑する文章ですね。
今時事務員や業者にも気配りできないような医師は周りからも嫌われてしまうし、絶対伸びませんが。
なんか、中世の専制国家の貴族のお話みたい。
昭和の時代ならそう言うシーンもありましたが、いまどきの若手の意識は全く違いますよ。
自分の時代そのままだと思ってるんですね。

だいたい「常に安全な場所にいる」ってどうよ。
物理的には常に病原微生物にまみれ、過重労働に苦しみ、精神的には、わずかなミスもとがめられて犯罪者扱いされる可能性にビビりながら日々の診療をしていますが、それって「安全な場所」なのでしょうか。
現在、患者の安全を担保するため、医師の安全がどれほど犠牲になってるか知らないんでしょうね。

Seisan先生

久坂部羊氏が医師になられたのは年齢から逆算すると約30年前。それに在外公館等で勤務されたらしいので、今の勤務医の先生方のご苦労は微塵も経験なさってないのではないでしょうか。

久坂部羊氏自身の経験と思いつきで書いた「随筆」ですね。
「端くれ」は端くれらしく謙虚であってほしいもんです。
患者の命を助けるために日夜苦労をいとわず励んでいる
かつての同業者を思いつきで切り捨てる発言をすることこそ、
「社会的常識」がない者のすることでは?

脳内大学

この久坂部羊氏の文章はおかしいでしょう。

社会的常識に欠けている教授がいらっしゃる「大学」で、研修医として働いていれば、明らかにコメや事務より下の扱いでした。
士農工商研修医とぼやいたものです。

「周囲には患者や看護師や技師など、自分より立場の弱い人間ばかりしかいない」大学なんてあるんかいな? 彼の脳内以外に...

おまけ

>病気や障害という人の不幸を多く目の当たりにしながら、常に安全な場所にいることの多い医師

医者だって、病気もすれば、怪我もするって普通の人と同様にね。この人、自分の命は永遠って思ってるんかねぇ

おまけのおまけ

>病気や障害という人の不幸を多く目の当たりにしながら、常に安全な場所にいることの多い医師

救急や訴訟という激務や不幸を身近に聞きながら、常に安全な場所にいる医師、それが久坂部羊氏と言えるのではないですかね。

多分、彼の頭の中では「白い巨塔」から大学などの医療現場は変わってないんですよ。大学の勤務医よりもはるかに高給なMRが出入りしてるなんて思ってない。

で、今やってる(と思われる)お年寄りの訪問診療なんかだったら、お年寄りの方は「先生、先生」とかしずいてくれてるもんだから、勘違いが補正されていない。

勝手に言ってろな話ではあるが、それによって世間様の誤解が広がるのはとっても迷惑ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>常勤の産婦人科医は2人で

いつ寝るの?
それで人生幸せ?
はやくやめれば良いのに。

同じ産婦人科医が数人いる病院に移り、
せめて当直(夜勤ですな)が、
せめて週一回になるよう、
自分をいたわりましょうよ。

このままじゃ、過労死だよ。
何の為にやっているの?

莫迦は死ななきゃ治らないんですよ。

ドロッポ医様、
>このままじゃ、過労死だよ。
何の為にやっているの?

自分の常識の外で幸せな人なんかほっときましょうや。

久坂部羊キタ!

  この文章を書いた方が、『医師』・作家を名乗って仕事をしているのですから、(医師の肩書きがなければ、どの程度仕事が来るだろう?)、確かに人格を磨くのには適していない職業かもしれません。

このままじゃ、過労死だよ。 何の為にやっているの?
⇒ この意味で、『社会的常識に欠ける』というのであれば、大いに肯けます。

  研修医と話をしていて感じたのですが、・・・青い青すぎる。 何歳までにどれだけ資産がないとヤバイか?とか、ぜんぜん考えていません。 勿論、給料と時給を聞いてみると、目を覆わんばかり・・・。 自分がアマリに安く買い叩かれていること、そのことに気がつかないと、便利に使いまわされてオワリです。 かく言う私も、医師になって2.3年は全然分かっていなかったので、ナンですが。 でも、指摘するとムキになって噛みついてくる事もあり、最近はワタクシも『勝手にしてくれ』モードです。 自分を護れるのは、自分しかいない。 その為に、多くを学ぶ必要を痛感しています。

バカだねえ この人・・久坂部洋?! こんなのが医師なんだ?大学病院でのナースの強さを知らないなんて(笑)私が大学病院にいた時 研修医は「先生」とはいえ謙虚でしたよ。雑用から何から何まで研修医がやっていました。ナースや技師や事務が立場弱いなんてありえない話。上の医師たちも とても丁寧だったしね。そりゃ勿論社会的常識ない医師はいましたよ。でも常識ないのはナースにも事務にも患者にもいましたよ。どの職種にもそういう人がいるのは当たり前。私はナースだから交代で帰宅できたし 時間外貰えたし それは事務も技師も同じ。でも 医師は研修医もオーベンも 連日連夜病院で必死でしたよ。患者の命に寄り添い、白衣はいつも血と汗にまみれていた。医師が安全な場所にいるって? 恥ずかしい人ですね 久坂部洋。現場を知らない浦島太郎医師はこれだから困るわ。 医師と名乗って自分の小さな器にしか入ってない経験を発信しないで欲しいわ。

○○・医師

作家・医師とかタレント・医師といった肩書きは、勘弁してほしいですね。片手落ちの人間が、中途半端な知識・経験で物事を語ると、真面目にやっている人間まで誤解を受けます。

このサイトはいつからか
改行で見かけ上の字数稼ぐ+引用(丸写し)
になってることに気付いた・・・

昔はもうちょっと管理人の意見もあったような。
今は本来なら1行2行ですむところを改行しまくってカサ増ししてるだけのブログに成り下がってる感じがする。確かに改行することによってインパクトは強まりますが常に改行しているのでそういう文体なのでしょうか。

5~10文字での改行をやめるとか引用をURL表示のみにとどめるとかしたら寂しい記事が多発しますね。

忙しいのかな・・・

国籍法改正案

定額給付金1万2千円、終了のお知らせです。
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org24763.jpg

テレビのフィリピンの子供は、裁判をしなくても日本国籍が取れてました。
今どうでもいい報道の影で、汚染米輸入よりひどい法律が作られかけています。
血がつながってるかどうか判らない海外の子供(30歳)を、定額給付金で養いますか?

718万人が見てる国籍法改正案まとめサイト
http://www19.atwiki.jp/kokuseki/pages/30.html
クチコミで知った人の県別マップ
http://kokuseki.xrea.jp/db/map
国籍法第八条四 日本で生まれ、かつ、出生の時から国籍を有しない者でその時から引き続き三年以上日本に住所を有するもの

味方の政治家さんも動いてくれてます。
日本語が一文字も読めない人間に選挙権を与えますか?
あの時みんなが反対すれば、汚染米も入って来なかったと思いませんか?
国民主権を使えるのは、今しかないかもしれません!

大切に育てられたブログにコメントさせて頂き感謝します。

わらえる

http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/081206/acd0812060234001-n1.htm

あの人の作文が"academic"だってんだから 大笑いだ
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -