fc2ブログ

■世界に類を見ない悪法 「年齢で医療を差別する」 後期医療制度「〝入山料〟取る姥捨て山」 

”年齢で医療を差別するという世界に類を見ない悪法”





本当にマスコミは

どうなっているんでしょう…?




数々の医療問題から

見えてきているのは、

医療に関してマスコミは

全く情報を入手する気がなく、

思い込みとつぎはぎの

情報しか流していない、

という事実です。






恐ろしいことに、

こんなマスコミに医療は

叩き潰されようとしているのです…。







”医療の75歳以上切り捨て”

これほど大きな制度改革が

目前に迫っているのに

全く報道がないのは

どうかしています。


●年齢で医療費が制限される
●保険料が年金からの天引きされる
●>3月7日現在、制度の中止・撤回を求める署名は全国で500万筆を超え
●>意見書は全国1,800議会の3割近い530議会に達している。
●>東京では62区市町村議会の約79%に当たる49議会が採択している。






これほどまでに

強烈に反対されている制度なのに

このような状況を

全く報道せずに

放置しているのは

マスコミによる

”日本国内のチベット問題”

のような印象すらあります。



-------------------------------------
後期医療制度「〝入山料〟取る姥捨て山」

更新:2008/03/24 10:04 キャリアブレイン
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/15208.html;jsessionid=AB15F5E5D3A61F2D905283FBE1DC70E9

 4月1日から実施される「後期高齢者医療制度」の中止・撤回を求める「3・23東京大集会」(後期高齢者医療制度の中止・撤回を求める東京連絡会主催)が3月23日、東京都三鷹市の井の頭公園で開かれた。医療・介護関係や高齢者団体などから約1万2千人が参加。東京都の62区市町村議会の8割近い49議会で同制度の中止・撤回を求める意見書が採択されている状況などを踏まえ、「年齢で医療を差別するという世界に類を見ない悪法を即時に、政府・与党に中止・撤回させる」ことを確認した。

 同制度は、75歳以上の国民が加入を義務付けられるほか、生活保護世帯を除き、子どもの扶養家族となっている人や寝たきり等で障害認定を受けた65歳~74歳も対象となる。これまでは被扶養者として保険料を払っていなかった人も制度の対象となった時点で、75歳以上なら後期高齢者医療、74歳以下なら国民健康保険等に加入し保険料を支払う。

 保険料は介護保険料とともに、毎月の年金が一定額以上あれば天引きされ、医療内容も病名によって1か月の医療費が決められる「包括制」に。窓口負担は原則として掛かった医療費の1割だが、現役並みの所得があれば3割負担となる。保険料を滞納すると、国保と同様に保険証が取り上げられ「資格証明書」が発行されるなどの制裁がある。

 大集会では、八王子市の老人会からの出席者が「これまでは扶養家族となっていても、75歳以上になると独立して保険料を払わなければならなくなることには納得がいかない。1か月当たりの医療費が決められ、医者に掛かることを控えることに追いやられる。まだ制度のひどさを分かっていない人も多く、仲間を通じて周知させていきたい。撤回しかない」と主張。また、障碍(がい)者団体の発言者も「差別医療は許せない」と訴えた。

 さらに、現場の医師は「年齢によって医療を切り離す根拠は医学的に全くない。あるのは医療費の削減だけ」と批判。「例えば、お金が掛かるからという理由で75歳以上の国民を別の選挙制度、いわゆる選挙権に制限を加えることにしたら、どういうことになるだろうか。政権が吹っ飛ぶほどの大騒動になるはず。しかし、このような悪しき制度が医療で起きているということだ」などと、制度を打破する必然性を強調した。

 同制度をめぐっては、民主、共産、社民、国民新の野党4党が共同で後期高齢者を廃止する法案を国会に提出。このような対応を踏まえ、大集会では4野党の国会議員と賛同する無所属議員が連帯のあいさつを行った。
 民主党議員は「後期高齢者という名前そのものが問題で、これ自体を廃止すべき」と指摘した。野党が提出した法案については「与党(自民・公明)は全く審議を進める気配がない」と批判。政府・与党が制度の〝根拠〟としている財源の問題に対しては「『埋蔵金』という特別会計がある。これを見直せば財源はある。今、(道路特定財源などにみられる)道路か命かの闘いになっている」などと訴えた。共産党議員は
「75歳以上の特徴として、国は治療が長期化するとか、いずれ死は避けられないなどと言っているが、自分の親にこのようなことを言えるだろうか。この制度は(保険料という)入山料を取る姥(うば)捨て山だ。日本はかつて長寿を祝う社会だった。高齢者が肩身の狭い社会にしてはダメだ」
と強調した。

 続いて、大集会では「昨年の参院選で、悪政に怒った国民が自民・公明を歴史的な大敗北に追いやり、慌てた政府与党が(制度の)一部の見直しをしたが、4月実施を強行しようとしている。命は平等であり、年齢の差別は許せない。野党が提出した廃止法案の早期成立を求める」などとする決議を採択した。

 大集会を主催した連絡会によると、3月7日現在、制度の中止・撤回を求める署名は全国で500万筆を超え、意見書は全国1,800議会の3割近い530議会に達している。東京では62区市町村議会の約79%に当たる49議会が採択している。

-------------------------------------

>年齢で医療を差別するという世界に類を見ない悪法

しかし、

マスコミは沈黙したままです。





後期高齢者医療に対する

”マスコミのチベット化”

は、

無知から来るのでしょうか?

医師や医療機関が悪いという

思い込みから来るのでしょうか?

それとも国や与党による

強烈な情報操作から来るのでしょうか?





全く報道されることなく導入される

世界に類を見ない悪法

後期高齢者医療制度。



年齢で医療費を制限され、

年金から保険料を天引きされ、

>(75歳以上は)国は治療が長期化するとか、
>いずれ死は避けられないなどと言っている




…(笑)

ストレートに、国は

「75歳以上は死ね」

「75歳以上は金がかかるから、別料金制度で死んでください」

という制度です。





この問題すらも

「なんで治療しないんだ」

とクレームをつけられて

医療機関のせいにされる気がしますが(笑)、

本当の巨悪は

こんな制度を作った与党と、

全く報道しないマスコミにあります。





…マスコミさん、

チベットだけでなく、

日本の多くの虐げられた人に

目を向けるべきです。










目を覚ましてください。













関連記事

コメント

姥捨てされない生活保護

生活保護を受けておられる75歳以上の方は、
今までどおり、
年齢で医療費を制限され、ることなく、
年金ならぬ、生活保護費から、保険料を天引きされ、ることなく、
なのは、財源が違うからなんでしょうけれど、
気持ち的に納得がいきません。

本質は一緒です

>た..さん
生活保護の人も本質は一緒ですよ
医療費が包括になるので姥捨ては一緒で
姥捨て山まで自費で行くか国のお金で行くかの違いだけです

しくしくしく。。
本日よりついに強制施行・・。
しかし、私はまだあきらめていません。
廃止まで、がむばりますっ。

エイプリル・フール

http://sankei.jp.msn.com/life/welfare/080401/wlf0804011856003-n1.htm
「後期高齢者」やめます 長寿医療制度に急きょ名称変更

大笑い
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -