fc2ブログ

■レジデントは逃げろ!! 「妊婦死亡 厚労省と都が調査へ」 「全国の施設で当直医師不足」…何をいまさら?

どう考えても

現場医師、

とくにレジデントを

集中攻撃しているようにしか

思えません。




国宝級に

本当に希少価値の

彼ら

「救急に携わる産婦人科医」

を、

これほどまでに

マスコミが叩くことは

「東京都から産婦人科救急を廃絶」

という目的でやっているようにしか思えません。








>厚生労働省は、当時の診療態勢やベッドの空き状況、それにほかの診療科との連携などについて病院から詳しく聞き取り、原因の解明を進める方針です。


こんなことして、

「一番悪いのは

医師は足りている、って言い続けた

自分たち厚労省の

医療政策です」

なんて回答が

出てくるわけではありません(笑)。





結局は現場の、

とくに今回はレジデントなんかが

血祭りに上げられて、

システムには切り込まれず、

「レジデントでも、ど根性で

患者を受け入れろ」

と院長に言われるのが関の山(笑)。








昨日の朝日新聞なんか、

社説で、

「妊婦+脳内出血でも

なんでとりあえず一般救急で受けなかったのか?」


なんて、

脳内麻薬が出まくりの

お花畑を演出して

医療関係者の

爆笑を買っています(笑)。




「そんな患者さん、一般救急で受けられるか、ボケ」

という感じです。






だからこそ、

産婦人科の搬送しようとした病院も

”超専門施設”を探していたのですから。






>厚生労働省の指針は、夜間も産科を担当する医師が2人以上勤務していることが望ましいとしていますが、


別に法律違反じゃあるまいし、

指針に書いたらなんでも

そのとおりにしないと問題?




…いや、問題でしょうけど。

ぼけた役人が書いた

現実無視の基準に

現場が合わせなくちゃ

これほどまでに叩かれる、



医療関係者は改めて知ったんじゃないですか…?





実際に少ない人数で

救急を回しているのは事実ですし、

その上、数人で365日対応していること自体、

労働基準法的に

違反行為なんですけどね。




現場が悪いような書き方ですが、

一番悪いのは

国と地方自治体の

医療行政がこのような状況を

医療機関に押し付けている、

ということです。





だから現場から

医師がいなくなるのです。










妊婦死亡 厚労省と都が調査へ


NHKニュース 2008年10月24日 7時22分
http://www3.nhk.or.jp/news/t10014928841000.html


脳内出血を起こした妊娠中の女性が東京都内の8つの病院から受け入れを断られたあと死亡した問題で、厚生労働省は24日から東京都と合同で本格的な調査を始めることになりました。受け入れを断った病院から当時の状況を詳しく聞き取り、原因の解明を進める方針です。

この問題は、東京に住む36歳の妊娠中の女性が、今月4日、脳内出血を起こし、都内の8つの病院から次々と受け入れを断られたあと3日後に死亡したものです。

事態を重くみた厚生労働省は、24日から東京都と合同で、受け入れを断った8つの病院に担当の職員を派遣し、本格的な調査を始めることになりました。

これまでの調査で、最初に受け入れを断った都立墨東病院は、リスクの高い妊婦を受け入れる総合周産期母子医療センターに指定されているにもかかわらず、常勤の医師はわずか4人で、週末の当直には1人しか充てられなかったことがわかっています。

また、ほかの病院も、新生児の集中治療室に空きがなかったり、当直の医師が別の患者の対応中だったりして、受け入れを断っていたということです。

このため厚生労働省は、当時の診療態勢やベッドの空き状況、それにほかの診療科との連携などについて病院から詳しく聞き取り、原因の解明を進める方針です。

厚生労働省が直接、医療機関から事情を聞くのは異例のことで、今後、原因を分析し再発防止策を検討することにしています。










全国の施設で当直医師不足


NHKニュース 2008年10月24日 5時41分
http://www3.nhk.or.jp/news/t10014928861000.html

脳内出血を起こした妊娠中の女性が東京都内の8つの病院から受け入れを断られたあと死亡した問題で、NHKが全国の「総合周産期母子医療センター」を調べたところ、3分の1以上に当たる26施設で、医師不足などが原因で当直の医師が1人になるケースのあることがわかりました。

この問題で、受け入れを断った東京都内の8つの病院の中には、お産前後の周産期にリスクの高い医療に対応する「総合周産期母子医療センター」が3施設含まれていました。

このため、NHKは全国に74ある「総合周産期母子医療センター」を対象に患者の受け入れ態勢を調査し、71施設から回答が寄せられました。

この中で、夜間、何人の医師が当直しているか尋ねたところ、全体の37%にあたる26施設が、医師が1人で当直することがあると答えています。

厚生労働省の指針は、夜間も産科を担当する医師が2人以上勤務していることが望ましいとしていますが、ほとんどの病院では、医師不足で配置できないとか、緊急のときには呼び出しで対応すると答えています。

問題の再発を防ぐため何が必要か尋ねたところ、26施設が「医師不足の解消」をあげました。

このほかには、救急の患者を必ず受け入れる病院を地域ごとに設けるべきだという意見や、産科が脳神経外科などほかの診療科と連携して母親の病気に対応するべきだという意見が多くなっています。







>妊婦死亡 厚労省と都が調査へ

っていうことは、

厚労省や都が悪者にはならない結果が出る、

ということです。





残念ながら。

ほぼ100%そうでしょう。








では、

だれが”悪役”

になるんでしょう?





当然、

レジデントと、

上級医と、

病院

でしょう。







今回も

電話を断っただけで

多くの産婦人科医師が

国や都に徹底的に調べられて、

「受け入れられたんじゃないですか?

どうなんですか?」

と詰め寄られ、

正直な医師は

「不可能ではなかったです」

なんて答えて、

”有罪”決定になるわけです。






そして、

産婦人科医師は

改めて悟るわけです。





「この国で産科救急をやったら

いけない、

そう、国も都も、マスコミも、国民も

みんなそう考えているんだ」









このような「異端審問」によって

多くの現場を離れた産科医、

中途挫折した産科志望医が

通ってきた、

今流行りの

気付きの法則

というか

完璧な神の啓示

を得て

医師は救急や産科を去るのです。











関連記事

コメント

今どき

産婦人科を希望する4年目のレジデント、って聞いた時点で、そんなゲテモノ食い放っておけよと言いたくなりますが・・・

さすがに今回の件で、「これ食ったらさすがに腹こわすんじゃまいか」と気がつくことでしょう。
てか、既にあたって糞尿まみれの状態なわけかw

墨東病院の場合、当直医(シニアレジデント)一人ではもちろん受け入れができず、上級医を呼び出す必要がある。そうなると時間がかかるので、他所の受け入れがあるのなら(特に何と言っても「東京都」ですから)そちらに行ってもらった方が速い、という判断ではなかったかと愚考します。

だから、2度目の依頼の後、速やかに受け入れが実施されたのではないかと思うのですが。

でも、そろそろ「不可能ではなかった」と「可能である」という言葉の間に空いた深い深い溝を理解しないものでしょうか。

そこまでに医療というものは従事者の「重労働」を当たり前のものとしているのでしょうか。

東京も崩壊した

わけですね。どこに複数の産科医を当直させられる医療機関があるのでしょう(爆笑)

厚生労働省が直接、医療機関から事情を聞くのは異例だそうです。
いままでどうやって医療政策の方針を決めていたのでしょうか?(棒読み)
まあ、指針どおり夜間に産婦人科医二人を勤務(当直じゃないですよね)させられない病院は撤収すればいいだけのことです。
ところで、NHKは当直医の人数は調査したのに、夜勤医の人数は調べなかったのか?違いの分からない奴だ。

認定施設のうそ

総合周産期母子医療センター 名前はかっこよいが実情は伴っていなかったようです。
似たようななんちゃって認定施設は多いと思います。
うちの○○認定施設ですが、医師不足そのほかで認定施設を返上しようとしました。墨東もそうしたかもしれません。
しかし、役所は返上を受けいれません。
かえってきた返事は、返上するなら、過去にさかのぼって補助金を返還してもらう必要がある、という半ば脅しでした。
経営の厳しい病院に返還能力はありません。
さらに、そちらの地域ではほかに○○認定施設はありませんので・・・という飴を与えられ、結局返上しませんでした。
一度認定されると、よほどの覚悟がないと、返せません。
問題があって取り消されのは簡単ですが。

oldDr さま

似たような話をよそで聞いたことがありますが、本当にひどい話ですね。こういう見てくればかり取り繕う行政の態度こそ、マスコミが問題にすべきなのに。
(補助金を過去にさかのぼって返済する義務なんて、法的根拠があるのだろうか。担当官の個人的な嫌がらせなら、恐喝罪で訴えることだって可能でしょうに)

> oldDr様
つまり医療過疎地域と認めたくないということですね。それは、所轄保健所が認定医療機関がないと貧弱な医療保健行政圏とみられることを嫌うからでしょう。
例えば、救急医療、小児医療、へき地医療、がん拠点病院に代表される4疾病5事業関連施策など、国が進めている医療保健行政関連の認定は特に形だけでもやっているフリの傾向が著明であると思います。

公務員としての上層への阿りや住人が離れていくという自治体の恐怖に根ざしているのではないでしょうか。

> 公務員としての上層への阿りや住人が離れていくという自治体の恐怖に根ざしているのではないでしょうか。

単なる「不作為」じゃないでしょうかね。新たな認定施設を探して認定するのが面倒くせえなあ、という意識。佐藤優氏の本に、役人の行動の深層にあるそういう不作為の心理がたくさん紹介されています。やると叩かれる、やらなければ問題なし、そういう意識と風潮が、もう到るところに蔓延している感じ。

外務省と厚労省の違いはあるにせよ、本質は同じじゃないかと勘ぐってしまいます。で、それを国民に気付かれないようにするためにマスコミを使って情報操作する、と。そっちの方は面倒くさがらず熱心かつ細心にやるらしい。
(勘ぐり過ぎかもしれないが、最近すっかり疑心暗鬼になっています)

REX様と同じく

>厚生労働省が直接、医療機関から事情を聞くのは異例のことで、

ここにはまってしまいました。
これまで医療機関とは話もせず、現場を見もせず、伝聞と憶測で霞ヶ関に閉じこもったまま通達を出していたわけね。道理で現実離れした施策ばかりというのがこれでガッテンです。

 医療の本質も、医療現場の実態も知らないような人たちがいろいろ非難していますね。ポピュリズムの一種でしょうか?非難すればするほど、医療現場から立ち去るのではないでしょうか。医師個人の責任にしても何も解決しません。
 まず、世界の医療費と同等以上の財政的措置と世界の標準的な法律体系を作ってからそれでも悪ければ、非難してもらいたいものです。日本は、いつから恥の文化がなくなったのでしょうか?それにしても、非難ゴウゴウのなかでテレビを見ていたら、東京都知事だけは、医者はよくやっているというような趣旨の発現をされていましたね。

お昼の番組でも たらいまわしたらいまわしたらいまわし・・と叫んでいましたよ。コメンテーターが「もう一度 医師の倫理観、使命感を」と発言すれば 「町医者も連携を」と司会者が言い、「一生懸命やっている医者とそうでない医者の差がありすぎる」うんぬん言っていました。そんなことしか言えない奴はテレビに出ないでほしい。我が家は「町医者」ですがね 本当に仕事から解放される休日なんて皆無です。知りもしないくせに無責任なこと言うなっ!とテレビに向かって毒づいていました。使命感のない医者は 今は現場にいません。使命感のみで頑張っている姿をちゃんと見ろー!!

あ~ぁ

あちこちのニュースやバラエティで今回のことを題材に言いたい放題。偏ってたり、実情をしらなさすぎる発言が多すぎ。逃散を加速させるだけなのに。。。
普段偉そうにコメントしている人たちまで皆、○カに見えてきました。。。

悪口がカネになる職業

国民が苦しいとしたら、医者のせいだ、病院のせいだ、と言っていれば、マスコミの記者、テレビ文化人(笑)、政治家たちはカネが貰えるのですから、ラクなものです。悪口を言っていれば生活できるという職業の人は、気楽なものです。

  おそらくは精神的に多大な負荷を感じておられるであろうレジデントの先生に、まずは謹んで哀悼の意を。
  でも、マダマダ方向性を変えられる時期に『気付き』を得られた(ムリクリ与えられた)ので、ソレはソレで良かったのじゃないかナ?とも思う今日この頃。 私も危うく過労死しかけて、ヘコんで、周りにツツかれて、いろいろとあったケド、今はソレで良かったとシミジミと感じています。 あのママ死んでいたら、本当に犬死(と言うのも10年ドロッポ様いわく『謝れ、犬に謝れ!』的な無駄死に)でした。
  ・・・声は届かないかもしれないし、いつまでも覚醒せず奴隷道マッシグラかもしれませんが。 病院のほかにも広い世界があり、太陽は明るく、季節の花も咲けば、空に虹もかかる。 病院なんかで働かなくても、究極医者なんかしなくても、生きていけます。 今の株や為替でで、逆張りに失敗したようなモンですが、命まではとられていない。 ホントに、ソウ思います。

うろうろドクターさんのブログをご存知でしょうか?うろうろドクターさんのブログに先日の「読売新聞」の医師を奴隷にする社説についての意見や舛添さんの見解がありました。ここに来る方々なら知っていると思いますがご存知ない方は検索してみてください。

10年ドロッポ様、おだまき様へ
おふたかたに、多くの点で御意です。

安全域に退くのは動物の生きる道です。人としてええのか、とかなんとかいわれている(いっている)前に、ヒトとして危険を察知する能力のあるものは危険域を退くのは至極当然の行動です。

医師の使命感ってなんですか。使命感は正しく評価されてこその使命感ですからね。評価されていると本当に思いますか?今、<使命感>(とやら)で仕事している同業者は回天乗員ですよ。奉仕精神とやらでがんばれといっているひとのもとにいること自体、生存本能が足りません罠。

奉仕精神で頑張れ!と特攻を命じたおえらいさんたちが一緒に特攻したという事実はほとんど残ってませんからねぇ。

まさに最前線で戦っているヤン・ウェンリーを査問会に呼びつけて非公開でいじめまくるのと同じ構図ですね。

ここはやはり「じゃあどうすればよかったんですか!」と「患者を後遺症も残さず治療できたはずの正解」を要求しましょう

北海道医師求人コンサルタント A企画 サマでコンナ情報を見かけました。 いつも有難うございます。
  レジデントつながりで投稿します。

臨床研修1年に短縮検討を 舛添氏「大学教育と重複」

 舛添要一厚生労働相は16日、医師の臨床研修制度見直しに関する厚労、文部科学両省の合同検討会で、臨床研修期間を現在の2年から1年に短縮することを検討するべきだとの考えを示した。
 舛添氏は「卒業前の医学部教育と、卒業後の臨床研修の教育内容が重複して無駄だという声もうかがった。思い切って1年に短縮したらどうなのか」と述べた。
 その上で「プラス、マイナスがあると思うので議論してほしい」と合同検討会に要請した。
(共同通信社)
http://www.toonippo.co.jp/news_kyo/news/20081016010007241.asp

日本の医療

医療=患者が主役=恩恵を受けるだけ(税金払っているから)という発想しかない国では、いくら医療崩壊を叫んでも、何も変わらないように思います。患者が主役で結構ですが、疾患に立ち向かう自覚が生まれない限り、いくら予算をつけても、医師を増員しても同じですよ。野良妊婦増加の件なんて、その典型ですよね。

もう、新臨床研修制度、やめましょうよ。
昔みたいに希望者はスーパーローテートできるようにしておいて、原則ストレート入局に戻しましょう。

2年ですら、いろんな科を回ったところで、なんでもできるような気がするだけでほとんど何もできない状態になっちゃってるのに、これを1年に短縮って、「しない方がまし」になってしまいますよ。
「総合医」だなんて夢を見るからこんなことになる。
そんなスーパーマンみたいなやつは少なくとも大量生産できないことは重々思い知ったことでしょう。
量産型エヴァは結局やられメカでしかない。

どうせ1年に短縮して、専門領域研修にはいることで早々に僻地に飛ばしたり、当直バイトで人手不足をカバーしよう、なんてバラ色の用途を考えていそうですが。

トヨタ自動車幹部必読の書とされる山本七平著"日本はなぜ敗れるのか 敗因21カ条"

角川から出ている山本七平著"日本はなぜ敗れるのか 敗因21カ条"をお読みになった方も多いでしょう。その21カ条の多くの項目はちょっと言葉を入れ替えるだけでいまの医療崩壊を説明するものになるでしょう。

ここであげておきます。
一.精兵主義の軍隊に精兵がいなかった事。然るに作戦その他で兵に要求される事は、総て精兵でなければできない仕事ばかりだった。武器も与えずに。米国は物量に物言わせ、未訓練兵でもできる作戦をやってきた。
二.物量、物資、資源、総て米国に比べ問題にならなかった。
三.日本の不合理性、米国の合理性。
四.将兵の素質低下(精兵は満州、支那事変と緒戦で大部分は死んでしまった)
五.精神的に弱かった(一枚看板の大和魂も戦い不利となるとさっぱり威力なし)
六.日本の学問は実用化せず、米国の学問は実用化する。
七.基礎科学の研究をしなかった事。
八.電波兵器の劣等(物理学貧弱)。
九.克己心の欠如。
一〇.反省力なき事。
一一.個人として修養していない事。
一二.陸海軍の不協力。
一三.一人よがりで同情心がない事。
十四.兵器の劣悪を自覚し、負け癖がついた事。
十五.バアーシー海峡の損害と、戦意喪失
十六.思想的に徹底したものがなかった事。
十七.国民が戦いに飽きていた。
十八.日本文化の確立なき為。
十九.日本は人命を粗末にし、米国は大切にした。
二〇.日本文化に普遍性なき為。
二一.指導者に生物学的常識がなかった事。


医療に置き換えてみました

一.24時間対応の医療が看板の病院に夜勤医がいなかった事。然るに救急その他で当直医に要求される事は、総て夜勤医でなければしてはならない軽症の救急外来対応ばかりだった。夜勤手当も与えずに。米国は交代制、チーム医療をやってきた。
二.診療報酬、スタッフ数、事務員の仕事量、総て米国に比べ問題にならなかった。
三.事務方の不合理性、医師の合理性。
四.医師の士気低下(名医は訴訟とDQN患者のせいで心が折れた)
五.精神的に弱かった(日本人の美徳とされる譲り合いの精神も自分の病気となるとさっぱり威力なし)
六.医師の仕事は増やし、事務の仕事は削減する。
七.一般人への家庭医療教育を怠った事。
八.期待権の乱用(法的貧弱)。
九.患者の義務の欠如。
一〇.(マスコミの)反省力なき事。
一一.(マスコミの)個人として修養していない事。
一二.地元有力者の横暴。
一三.一人よがりで同情心がない事。
十四.司法の劣悪を自覚し、防衛医療癖がついた事。
十五.大野、大淀事件の衝撃と、戦意喪失
十六.医療の限界を知ろうとしなかった事。
十七.国民が生活の不満のはけ口を医師に向けた。
十八.医療ビジョンの確立なき為。
十九.公立病院は医師の待遇を粗末にし、民間は大切にした。
二〇.日本文化に普遍性なき為。
二一.政治家、マスコミに生物学的常識がなかった事。

>Seisan さま
>これを1年に短縮って、「しない方がまし」になってしまいますよ。

全く同感です。
それこそ、ポリクリの延長、足して二で割った折衷案ではろくな成果を望めないと思います。
さっさと、医局に入るなら入って進む方向を示してくれたらよい。(いまさら、研修制度を戻しても、医局には入らないかもしれませんけどね)

この新研修医制度の最大の失敗は指導医のモチベーションを削いでしまったことです。
バミュ先生のこのエントリでは、
http://ameblo.jp/sanfujinka/entry-10155614601.html
魔法使いが去ることで、魔法が伝承されなくなっていますが
自分の感覚(自分は産科医ではありませんが)では、魔法を覚える気のないブラウニー達の相手をすることに魔法使いが疲れ果ててしまい、モチベーションが保てなくなったのです。

指導医のモチベーションがどうやったら上がるのか?
自分の場合は、
"同じ医局のこいつを指導したら、将来きっと役に立つ、何かの時には助けてくれるはず"
という未来への自分なりの(不純な)投資でした。

この研修医を指導したら、地域(日本)の医療、市民の健康を守ってくれる。
なんて、悟りきった純粋な人類愛ではないのです。
わたしゃ、俗な人間ですから。

PS 他科からのスーパーローテを指導しないということはないですよ。その科の医師に知っていて欲しい事をしっかり指導してたつもりです。自分の医局員に知っていて欲しい(やや専門的)な知識と、他科の人間に知っていて欲しい(専門医に紹介するのに必要な)知識はそもそも違うわけですし。

呑みながら書いているので、ちょっと文章がおかしいかも知れませんがご容赦を。

初期研修

いっそ全部やめたらどうですか?そうすれば、16000人の医師が一気に増えます
人気のある大学や科は、3年分の入局が一気にきて、どこも崩壊しますから一石二鳥でしょう。

> こんたさま
ああ同感ですね。

医師は知識と技術を同時に動員する職ですから、やはり伝承を重視しますね。
同じ道を行く者には、内容と理論を同時に時間をかけて指導しますね。他の科にいく人にはやはり、他科からみてどのタイミングで私の科にコンサルトするかという観点をもってもらえるように指導します。

10年ドロッポ様になぞらえれば、私「7年ドロッポ」ですから、私の魔力はもうすぐ使えなくなりそうです。それはほかの人にはわからないようですけどね。その前に一人でも多くの指導はしたいものです。ただし、前線はもう結構です。

そういった意味では、ストレート研修に回帰するほうがいいですね。ただ、大学も市中も100円皿か300円皿か500円皿かの違いで、同じ回転寿司で回っていますけどねえ。

私は今でも現役大学非常勤講師ですが、週1回では技術の継承も進まず、後継者が育たないため、当分やめれる見込みはなさそうです(涙)

でも、学生に講義している内容を当科を希望していない前期研修医にぶつけてみても、同じような回答しか返ってこないから、どう考えても役に立ってないよなぁ…
予防接種の知識なんて、内科でも外科でも持ってた方がいいのにね
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -