fc2ブログ

■シニアレジデントが犠牲に 「妊婦死亡:墨東病院当直は研修医1人 2人体制維持できず」

脳内出血の妊婦の受け入れ病院。

実は

最初に断ったのは「シニアレジデント」

のようです…。





産婦人科に進むつもりだったのでしょうか?







今回の報道で、

日本全国の

シニアレジデントは

当直することが

できなくなるかもしれません。







マスコミは

「電話を受け取った医師が”悪人”」

という姿勢で報道していますから、

シニアレジデントが電話を断っただけで

このような状況になっているのです。






…初期研修、後期研修中の方々、

どう思いますか?

電話を取って

「レジデントなので受けられません」

と言ったら、この有様…。






こんな怖い環境が

現在の日本医療なのです。








レジデントに頼っていた

産婦人科医の当直体制が

またさらに

厳しいものになるでしょう。








妊婦死亡:墨東病院当直は研修医1人 2人体制維持できず

毎日新聞 2008年10月23日 15時00分

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081023k0000e040072000c.html

 妊娠中に脳内出血を起こした東京都内の女性(36)が7病院に受け入れを断られた後に死亡した問題で、最初に受け入れを断った都立墨東病院(墨田区)の当直医は「シニアレジデント」と呼ばれる研修医だったことが分かった。10月は研修医が1人で当直する日が4日あったという。墨東病院は6月、シニアレジデント当直の場合は「原則として母体搬送の受け入れを制限する」と関連団体などに文書で通知していた。

 経営する都病院経営本部によると、墨東病院の産科は6月末に医師1人が退職したことから、当直2人体制を維持できなくなった。このため関係者に対し、7月からの土・日曜と祝日の当直体制について「1人当直である上に、シニアレジデント当直の場合もありますので、ハイリスク分娩(ぶんべん)への対応は困難」と、受け入れ制限を文書で伝えていた。

 シニアレジデントは2年間の初期臨床研修を終え、専門医を目指してさらに研修中の後期臨床研修医。都によると、今回受け入れを拒否した医師は免許取得から4年だった。

 こうした状況は今回の問題が発覚した後も変わっていないといい、都病院経営本部の谷田治・経営戦略担当課長は「何かしなければいけないが、これという改善策は現段階で思い浮かばない」と話している。【須山勉】







レジデントの先生、

もう、救急はやれませんね、

こんな経験したなら…。


>「1人当直である上に、シニアレジデント当直の場合もありますので、ハイリスク分娩(ぶんべん)への対応は困難」と、受け入れ制限を文書で伝えていた。



こんな状況なのに、

「レジデントなので受けられません」

っていう状況なのに、

マスコミの叩くこと、叩くこと…。








ここまでひどい日本医療の

状況が分かっているのに、

こんな叩き方をしたら、

だれも救急医療をやるような

後期研修医がいなくなってしまいます。









マスコミは

このように狂った論調を繰り広げています。




「妊婦死亡―救急医療にもっと連携を」 朝日新聞社説

http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-462.html


「妊婦死亡:拠点病院なのに… 産科医不足、また悲劇」 毎日新聞

http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-460.html


「それでも指定医療機関か」 スポニチ

http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-459.html




>それでも指定医療機関か
>それでも指定医療機関か
>それでも指定医療機関か
>それでも指定医療機関か
>それでも指定医療機関か






…実情は医師がいなくて

研修医に頼った当直体制で、

レジデントが

電話を断ったら

「たらい回し」と

「それでも指定医療機関か」

と叩かれる…





そして、

この状況は決して

この病院だけではありません。




大都市の多くがすでに

そうなっているのです。




全国的な医療崩壊。

いよいよ大都市医療がつぶれます。





潰すのは

国と、

市民と、

そして

マスコミです。








関連記事

コメント

そんなに彼が悪いのか?

このレジデントの先生、最初の要請のあとに
上級医に連絡とって、その他の科の都合も確認して
約1時間後には受け入れ態勢整えていたわけだから
かなりのファインプレイだとおもうのですけどね。

まあ、こんな状況で産科にいること自体がポジショニングのミスで、
しなくていいファインプレイをすることになった、とも言えなくはないですが

推測される話の流れとしては

搬送依頼があった
    ↓
シニアレジデント一人での当直なので受け入れができない(おそらく勝手に受けることを許されていない)ことを伝え、ネットワークを用いて受け入れ可能になっている病院を紹介する
    ↓
上級医に「こういう依頼があった」と連絡したところ、「再度依頼があるようなら受けなさい」と当直医に指導
    ↓
再度依頼あり、上級医の指示通り搬送受諾、ERグループにも連絡し、受入れ体制を整える
    ↓
上級医も到着し、受入れを行う

こんな流れじゃなかったのかなぁ。
(あくまでレジデントに当直させたらこんな感じだろうという脳内妄想です。現実の経過ではありませんからね)

だとしたら、当直医も上級医も十分に「可能な限りのことを行った」範囲だと思いますが。

問題は、都の病院局(?)の事務職が「そんなに深刻な状態だとは思えなかった」などと勝手なことを言っちゃったこと。ホントに現場の搬送依頼を受けた医師がこう証言したのか、という真偽のほうがよほど問題かと。

産科の未来を摘み取るマスゴミ

たらい回しだとか、受け入れ拒否だとか未だに寝言を言っているマスゴミ。現場の若手医師の努力を無視して、売れてなんぼの感覚で自分たちの利益しか生み出さないゴミ情報を世間に垂れ流すのは単なる公害です。

今回受け入れを断った各病院はこれまで無理を重ねて受け入れてきたのをやめたに過ぎません。その事実がどうしてもわからないほど取材力・理解力が乏しいのか、意図的に無視しているのかどちらなのでしょう。

無理をせずに救急を確実に受け入れるためには、救急病院に空ベッドがあることと手を空けて待機できる医療スタッフが常時確保できることが必須です。病床稼働率が90%こえても赤字になるので空きベッドはほとんどなく、夜勤体制を全く考慮せず管理当直の人員配置で計算された診療報酬制度なわけですから24時間救急体制をとるのは最初から無理な話です。国が制度を改めるか、病院が現場で無理を重ねるか、医療の質を落とすことを国民が受け入れるかのいずれかが解決の方法です。

病院に無理させる?労働基準法違反の過酷な労働を国が強制するのは人権蹂躙の憲法違反ですね。要求を受け入れるべく無理を重ねれば労働基準法無視のサービス残業で過労状態、過労の状態でさらに無理してミスから事故が起これば刑事告訴、高額の損害賠償では誰も無理しなくなって当然でしょう。

制度を改めるにしても、これまでの医療政策のように雀の涙の増額で「報酬あげましたよ」というポーズだけでは現実の解決にはつながりません。金融危機で公的資金を投入する場合、ケチって何千万円程度ではお賽銭にしかならず何兆円単位で投入しなければ効果がないようですが、医療については有効な資金投入を考えるつもりは毛頭ないのでしょうか。

公的な支出による有効な投資について「医者は儲けすぎだからこれ以上金を出す必要はない」と国民の大多数が認めないのであれば、医療崩壊と医療の質の低下を受け入れるしかないように思います。

ぴのさん、申し訳ありません

ぴの:■シニアレジデントが犠牲に 「妊婦死亡:墨東病院当直は研修医1人 2人体制維持できず」 (10/24)

のコメントをいただき、ありがとうございます。二重投稿になっておりましたので、一方のコメントを削除したところ、もう一方のコメントも削除されてしまいました。

誠に申し訳ありません。

2日前からブログの挙動が変で、管理画面上、大量のブログ記事のコピーができたり、おかしい状況です。

今回は大変ご迷惑をおかけして申し訳ありません。今後ともよろしくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

搬送依頼した病院って

HPをみてみたら、3人の常勤医のうち、院長を含めて2人が墨東出身なんですね。Q&Aでも提携病院としても(名前が同じ不妊治療クリニックを除くと)最初に名前が書いてある。墨東の状況を知らないはずがない。
以下、妄想
搬送元「またいつも通りよろしく」
墨東「僕、研修医なんで無理です」
なんて会話が・・・

不幸な出来事として報道

後ろから撃つ

っていう図式なんですかね。古い関係を振りかざして、自分の思い通り入院を受けなければ機嫌を損ねるOBってどこにでもいるし。
その辺の事情に詳しい方、いませんかね?
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -