FC2ブログ

■国民はコンビニ受診の大合唱 「救急医療体制の整備は国民の意識改革とともに」

>(年末年始)患者・家族は病院職員に対して医療スタッフが休暇をとっていることを批判

医療費は削減しろ、

でも年末年始に休みは取るな、

救急はどんどん診ろ、

でも、待たせるな、

金は払いたくない



患者さんではなく、

カスタマー(顧客)としてみた場合、

他業種に置き換えてみると、

とんでもない”クレーマー”のような方々が

あまりに多いのです。





同じ方が、銀行窓口で

同じようなことを言っているでしょうか?

同じ方が、

コンビニの店員に食って掛かっているでしょうか?




病院だから、

医療業種だから、

文句を言って当たり前、

そんな風潮にはなっていないでしょうか?





-------------------------------------
救急医療体制の整備は国民の意識改革とともに
大都市圏の救急搬送の再構築が急務


Japan Medicine 2008.3.19
http://www.japan-medicine.com/shiten/shiten2.html

 日本の勤務医不足は、小児科や産科に続き、救急医療現場でも深刻化している。

 救急医療の患者数は、中等症および重症以上の患者で増加傾向にある。もっとも、首都圏・近畿圏などの大都市では、重症以上の救急車搬送率が低いにもかかわらず、その受け入れ先の医療機関を探すための照会回数が多くなっている。つまり、重症以外の患者搬送が救急医療現場を疲弊させているわけだ。

 自治体が所管する1次・2次救急医療の充実が、救急医療の再構築への重要な鍵となり、行政・医療機関・住民が一緒に取り組むことが期待される。

◎ 救急医療への国民の考えはさまざま

 先の専門学会で久しぶりに再会した臨床医が、「私の母は80歳になる。最近のたらい回し報道を見て、自分が倒れても救急車を呼ばないでと言い出したんだよ」と、話していた。その臨床医は、最終的に「おかあさん、分かったよ」と答えたそうだ。

 臨床医である自分がその場にいれば、救急処置ができるだろうという自信があり、またその場にいなかった場合でも、信頼できるかかりつけ医との連携で不測の事態に対応できると考えたからだという。その臨床医の話から、一連のたらい回し報道に心を痛め、自らの身の処し方を考える国民がいることを実感した。

 その一方で、関東圏の民間病院に、年末年始の救急患者が例年の予測数を大幅に超えて来院する事態が発生。近隣の病院が救急医療から撤退したため、当該病院に救急患者が一極集中してしまったのだ。その時、患者・家族は病院職員に対して医療スタッフが休暇をとっていることを批判したという。
 患者・家族の待たされるつらさもわかるが、それ以上に年末年始に職員を休ませると批判される病院側のつらさはもっと深刻だ。患者の権利は、担保されないといけないが、医療者のことを思いやる気持ちが欲しい。

◎ 現場の苦境に理解求める好機に

 こうした中で、軽症患者の救急車の利用が後を絶たないのも事実だ。軽症患者の搬送を続ければ、救急現場のスタッフの疲労感は緩和されない。

 ただ、軽症に見えても重篤な疾患をかかえていることもあり、医療者は気が抜けない。それだけに、救急医療の機能分化に合わせた患者の適切なアクセスを啓発し、理解してもらうことが必要だ。

 地域の2次救急までを預かる都道府県が、各地域の救急医療の現状を踏まえ、救急医療確保に向けたPR作戦を展開する好機ともいえる。根気強く市民、県民に救急医療の厳しい現状を訴えてもらいたい。新聞、テレビなどを駆使して救急医療機関の医療スタッフの負担軽減を進めてもらいたい。

 今回の診療報酬改定では、救急医を含めた勤務医の負担軽減策が盛り込まれた。ただ、救命救急センターに搬送される重症患者の7%が、現場滞在時間30分を超えている。これを考えると、新設のrt―PA療法の算定要件である脳梗塞発症後、3時間以内の治療開始は、難しそうだ。

 今の救急医療現場の厳しさを国民に訴え、救急車搬送が必要な患者が利用できる救急医療体制にする広報戦略が、今こそ急務となっている。たらい回し報道も必要かもしれないが、照会回数をあげつらう前に、まず国民に救急医療の現状を知らせ、理解してもらう。

 それが、今後の救急医療にとって必要なのではないだろうか。また、救急医療の問題に限らず医療機関は、これまで制度改定や診療報酬改定などで患者への説明責任を負わされてきた。その説明責任を国、自治体と機能分担すべき時期に来ているのではないか。

◎ たらい回しの定義など検討する時期に

 特に、救急搬送におけるたらい回しの定義は、受け入れ医療機関の照会回数の多さを根拠に論じられることが多い。しかし、照会回数は都市部であればあるほど医療機関数が多いため、照会のチャンスも多く、必然的に増えていく側面を持つ。そのため照会回数は意味がないとの見方も根強い。せめて当該地域で時系列で比較するのであれば、一定の指標になるかもしれないといわれている。(伊藤 淑)


-------------------------------------

>◎ たらい回しの定義など検討する時期に



私としては、

「たらい回し」というのが

正しい日本語かどうか自体を

検討して欲しいものです(笑)。




救急車が、受け入れ可能かどうかを

電話して、「無理です」、ということが

たらい回しなら、

予約で一杯のレストランに

予約を入れられないことも

”たらい回し”と書くべきでしょうし、

GWで満室のホテルに部屋を取れないことも

”たらい回し”と定義すべきでしょう。




病院を叩け、叩いていい

という風潮はマスコミと厚労省が

意図的に作り上げています。



病院が悪者になったほうが、

マスコミは面白いですし、

厚労省は改革と言う名の医療費削減を

しやすいですから。




その結果、現場が疲労して

医療崩壊へと結びついています。





もう、医療現場、とくに救急は

いろいろ言われても

全く状況が変わっていませんので、

撤退時期ではないでしょうか…。



少なくとも私は燃え尽きています…(笑)。







関連記事

コメント

救急車到着8.1分 全国上回り「危険状態

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-130477-storytopic-1.html
安直な救急車の利用が増えたおかげで、ポンプ車までが、出動(火事ぢゃないよ)するはめになっとります。たかだか30万人の地方都市那覇の市立病院の救急外来数は全国トップテン入りですわ。天下の中部病院もはるかに凌ぐ有様。
http://www.e-resident.jp/ranking/kyukyu.php
医療者にばかり「ゆいまーる精神」要求されてもねぇ。

ちなみに「ゆいまーる」は互いに助け合うことを表します。

こんにちわ。

こんにちは。liveinhillsです。そのせつはありがとうございました。
残念ながら10万部はダメでした(当たり前か?!)。

でも、新しい目標ができました
「ミリオンセラー」でなくてもいいんですが
「10万部売れる本を書いてやる」です。

medさんの引越しは残念ですが、fc2ちょくちょく拝読させてもらいます。
医療問題、けっこう騒がれているところですし。

でわ

77病院が分娩休止・制限、うち「近隣で対応困難」7か所

読売新聞より、こんな記事が出ていました。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080325-OYT1T00338.htm

 全国で産科医不足が深刻化している問題で、舛添厚生労働相は25日の閣議後記者会見で、分娩(ぶんべん)の休止や制限を予定している医療機関が今年1月以降、全国で77か所に上り、この中の7か所は地域内での医師の確保が困難な見通しであることを公表した。

 うち長野県の伊那中央病院と飯田市立病院については、厚労省が調整した結果、信州大学から4月以降、医師の派遣を受け、分娩を継続できる見込みとなった。その他の医療機関も医師の派遣で妊婦健診は続ける見通し。

 厚労省の調査によると、分娩の休止を予定しているのは45か所、分娩制限は32か所。70か所は医療機関の集約化による廃止など、近隣自治体に代替できる医療機関があるケースだったが、残り7か所は、近隣自治体での対応が困難であることがわかった。

 このうち4月から分娩を休止するのは、福島県の県立南会津病院、群馬県の富士重工業健康保険組合総合太田病院、沖縄県の公立久米島病院。静岡県の藤枝市立総合病院は6月から、長野県の国立病院機構長野病院は8月から休止する。

(2008年3月25日12時08分 読売新聞)

新たな聖地、新宮

医師確保のため、5戸で3.7億の豪華宿舎を建設するとして話題となった新宮市ですが、早くも面白いことになってきました。

新宮市議会:医師住宅に「ぜいたく」 付帯決議、工事内容見直しへ /和歌山
http://mainichi.jp/area/wakayama/news/20080325ddlk30010701000c.html

当初、市は、

「医師確保には住環境を整えた方が有利。免震構造まで採り入れるのは市民を助ける医師の命を大地震から守るため」

http://iseki77.blog65.fc2.com/blog-entry-6255.html#more
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200802290052.html(リンク切れ)

と言っておりました。それがわずか1ヶ月足らずで、

「ぜいたくではないか」
「費用がかかる免震は必要なく耐震で十分」
「免震構造は取りやめる方針で、これにより(1戸)800万~1000万円は削減できる。建築材料も見直してさらにコストを下げたい」

と早変わり。思わず噴いてしまいましたww。いやぁ、恐ろしい所ですね。
こんな所にエサに釣られてノコノコと赴任しようものなら最後、議会や市民に何を言われるか分かったもんじゃありません。

新宮市

新宮市の目的は、結局医師に「豪邸」に住まわせると見せて、市の予算を地元の土建屋に流すことが、主旨のような感じがしますよね!

和歌山県新宮市、忘れんぞw

このタイミングでやってくれるところが、厚労省より人間的w

厚労省得意の梯子外し!
今年の春もいかんなく発揮されておりますしねwww

4月から診療報酬改定、再診料「5分ルール」

あかがま先生のところで教えていただいたネタです

http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20080324-OYT8T00415.htm?from=goo

再診に5分以上かけるのは引き延ばしであり、医者のもうけ主義だそうです。
この様子ならホントに5分以上かかると患者からクレームを受けそうですね。

また、時間要件も予想通り1時間12人以上みてたら査定する、という方針のようですね。
標榜時間×12人を超えるようなら査定されるんでしょう。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -