FC2ブログ

■エクアドルより 「なぜ、私が毎日新聞の記事を危惧するのか。」

ネタ元は

エビさん

http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-261.html#comment1745

です。いつもお世話になっております。


南瞑

というブログでエクアドル在住の方が

毎日新聞変態記事問題について書かれています。


毎日問題
http://nanmei.at.webry.info/200807/article_1.html

なぜ、私が毎日新聞の記事を危惧するのか。
http://nanmei.at.webry.info/200807/article_2.html

私たちは、この毎日新聞の記事により、それでなくても、上記のような治安状況の国で、さらにもう一つの危険、それも発生したなら、ほぼ100%命に関わる危険を背負い込む事になったのです。

(本文より引用)




ぜひ本文を読んでください。




そして

医療を崩壊させたのと

同じ図式が繰り返されていることを

認識してください。





これで、

毎日新聞が

「ジャーナリスト大賞」にでも

表彰されたら

本当に奈良妊婦問題と同じ

ですね(笑)。





われわれ医療関係者は、

それと同じ感じで

毎日新聞の受賞を見ていました(1)。





以下、本文を引用させていただきます。




毎日問題
http://nanmei.at.webry.info/200807/article_1.html
<< 作成日時 : 2008/07/04 10:45 >>

トラックバック 23 / コメント 154

すみません、今回は続きの更新じゃありません。ちょっと私たちにとって見過ごせない問題が起きたので、それについて、書きます。

すでに、2ちゃんなどを見てる方はご承知でしょうが、毎日新聞のweb版コラムで、低俗極まりない虚偽情報を足掛け9年にも亘って英文で世界に発信していた、という事が報じられました。すでに毎日新聞社はこれについての謝罪文を掲載、関係者の処分を行ったと発表しています。しかし、忘れている事があります。すでに発信してしまった情報の処置です。すでにコラムは閉鎖、発信された情報のアーカイブも削除されていますが、世界を駆け巡る情報は、毎日新聞の手を離れ、世界の様々な処で、「毎日新聞発」という権威付けをされて、残存しています。

ところで、その発信された虚偽情報の中に「エクアドルで日本人が子供をジャングルに放し、それを銃で狩る」というものがありました。これについて、ネット上に存在するキャッシュを添付、毎日新聞社宛、問い合わせのメールを致しました。毎日新聞の問い合わせフォームを使い、丁寧に確認をお願いした次第ですが、残念ながら三日という余裕を提示したにも関わらず、その三日を過ぎても返信を戴けませんでした。以下に、私が問い合わせをしたメールを全文公開致します。

謹啓

御社益々ご清栄の段、お喜び申し上げます。
さて、今般、世情で話題になっております、御社配信の英語記事に以下の記述があると友人より知らされました。以下の英文に付き、御社配信の記事に相違ないか、確認致したく存じます。ご多忙中とは存じますが、何卒ご助力願えれば幸いです。

以下友人より知らされました英文です。
2003年7月5日配信

http://mdn.mainichi-msn.co.jp/waiwai/archive/news/2003/07/20030705p2g00m0dm999000c.html

Outbound travel has been hit hard this year by such factors as the war on Iraq and the SARS outbreak, but plenty of Japanese have headed overseas on underground tours involving sex, slavery and savagery, according to Tokusatsu Shinsengumi.

For Japanese men sick of plying professionals, there are always the rape brokers of Vietnam - touts who'll apparently drag a woman off the streets so a Japanese man can violate her.

In Ecuador, Japanese can, according to the men's weekly, hunt for children in a different manner as they are armed with a rifle and permitted to track down a youth let loose in the jungle. About 10 Japanese have so far taken part in the tours, with only three getting a shot off at their target and no fatalities reported.

Japanese are tapping into the underground in European countries, too. Belarus attracts a monthly gathering of people from all over the world for its sickening slave auctions.

"Customers are looking for something different these days, right? Eastern Europeans or South Americans just aren't good enough any more. So, I decided to get myself some black women. A coordinator I know told me about the slave auctions in Africa and asked if I was interested in taking part. The coordinator's job is to bring foreign women to Japan. He said he was going to the auction again. I thought it looked interesting, so decided to tag along with him," the operator of an Osaka bordello tells Tokusatsu Shinsengumi. "It was held in Kenya. They brought out over a dozen young men and women and lined 'em all up in front of us like they were products. I asked who they were and was told they were all people badly in debt. Just looking at what was going on, I couldn't possibly buy anybody. I came home empty handed, but I've heard of sex businesses in Japan that use slaves. If they ever got picked up, there'd be an almighty uproar."

この英文のうち、エクアドルに関する記述につきまして、是非とも御社ご配信の記事であるか、ご確認願いたく存じます。ご多忙中大変恐縮ですが、記載致しましたEメールアドレスまで、ご確認、ご返信いただければ幸甚です。

ご理解願えるかと存じますが、私はエクアドルに在住する日本人でございます。仮にこれが本当に御社により配信されたものであるとしましたならば、場合によっては当地在住の全ての日本人及びその家族に「生命の危険」がございます。何卒、事情ご賢察の上、早急にご返答願えれば幸甚です。

現在のご事情は当方でも理解致します故、本日より三日間ご返答をお待ち申し上げます。もし、それ以降ご返答がありませんようでしたなら、当方、これが実際に配信されたものとして扱わせて戴き、しかるべき対策、対処を致させて戴く事になります。
もう一度申し上げますが、これが「新聞等」によって配信されたものだとしますと、当地在住の日本人及びその家族に「生命の危険」がございます。この国では子供を相当な事情無く殺害等致した者には、司法の外での処断がなされる事が多々ございます。従いまして、御社へのご確認は非常に真摯なものとお考えいただければ幸甚至極でございます。何卒よろしくお願い申し上げます。

敬具

この問い合わせに返信出来ない、なにか特別な理由があるのでしょうか?
すでに三日が経ちましたので、メールに記載の通り、この英文は毎日新聞社がそのオーソライズの上で新聞紙上(含むweb版)に発表したものとして扱わせて頂きます。この問い合わせは、私の実名、実住所、実電話番号を記載して行っております。私のエクアドルにおける移民ビザは当初日本のエクアドル大使館にて発行されたものですので、国際電話の必要すら無く、東京23区内料金で確認可能です。それでも、返信がなされないのは何故でしょうか?

さて、エクアドルに在住する日本人であるところの私たちは、この毎日新聞社の発信した記事で将来の可能性も含めて、大変な一般生活上での危険を背負い込む事になりました。エクアドルの現状の治安状態を考慮すれば、相当に由々しき問題と言えます。この件は毎日新聞社が国内、国外に謝罪しただけでは済みません。エクアドルという国名を挙げ、そして、日本人と国籍を特定して、「子供を銃で撃っている」と書いたのです。これをエクアドル人が知ったなら、どういう反応をするでしょうか?その程度の想像力もこの新聞社の従業員には欠如しているのでしょうか?

このエクアドルには、少なからぬ日本人が住んで、それぞれに安寧な生活基盤を築き、平和に生活しています。毎日新聞社は、一体、どんな資格、権利をもって、私たちエクアドル在住の日本人の安全を毀損したのでしょうか?仮にこの記事の内容が事実だったとしても、それをもって、この国に在住する全ての日本人の安全を毀損して良いのでしょうか?ましてや、この記事に書かれた内容は、まったく信憑性のかけらすら無い、ゴシップとすら言えない「妄想」に近いものです。このようなもので、私たちエクアドル在住日本人が、その生命を危険に晒されなければならない正当な理由を、毎日新聞社は私たちに開示出来るのでしょうか?

毎日新聞社の社員の方が、誹謗、中傷された、訴訟だ、と安全な日本で騒いでいる、今、この時にも、私たちエクアドルに住む日本人は、毎日新聞社の記事によって生命を失う危険に直面しています。毎日新聞社がどうであろうと、このような危機に私たちは自分たちの力で対処していかなければなりません。
しかし、私たちも手をこまねいている訳には行きません。なにしろ、自分の命のみならず、家族の生命も危機に晒されているのですから。

すでに、私は駐エクアドル日本大使館に連絡を致しました。安全保障担当の領事とお会いし、状況は伝えました。また、現地の日本人会会長にも連絡を致しております。すでにこちらでは安全確保のための動きは始まっています。また、周辺各国の在外公館にも周知をお願い致しました。幸いにもいまだに、日本人が何らかの行為を為された話はありませんが、まだまだ安心してはいられません。
毎日新聞社は一刻も早く、世界各国に対して、その発信した記事が虚偽であり、記事を掲載した事自体が誤りであったと、公式に表明しなければなりません。それも、あらゆる媒体を用いて、世界の隅々に行き渡るまで、繰り返し、表明しなければなりません。それがなされてすら、私たちの安全が100%確保できたとは言えないのですから。

最後にエクアドル人の名誉の為に書いておきます。
エクアドルは決して裕福な国とは言えませんが、それでも、自分の子供を「銃の的」に売るような親は存在しません。貧しい人々がいるのは事実です。子供が過酷な労働や、路上生活、物乞いなどをしているのも事実です。しかし、自分の子供を殺される為に売るような人々でない事は断言します。
この記事を書いた豪州国籍と言われる記者、そして毎日新聞は恥を知りなさい。エクアドルには人間が住んでいるのです。あなたがたのような、人間の形をした何かではないのですよ。

読んで頂いている皆様へ:
これについては、適時続報致します。現在までの段階では、可能ならば毎日新聞社相手の訴訟まで考えております。また、こちらの様々な「団体」とも連絡を取るつもりです。ええ、毎日さんとまったく同じ行動ですよ。その結果に対する責任も、毎日さんと同じ。私は淡々と事実のみ伝えるだけです。




なぜ、私が毎日新聞の記事を危惧するのか。
http://nanmei.at.webry.info/200807/article_2.html
<< 作成日時 : 2008/07/05 13:56

トラックバック 13 / コメント 43

なんか前のエントリーのコメントでやけにエクアドルに詳しい人が涌いたんで、なぜ、毎日の記事を「生命の危機」と受け取るのか、少し書いてみたいと思います。

まず前提として、エクアドルの治安を知って戴く為に、新聞記事を紹介します。
http://www.extra.ec/noticias.asp?codigo=2008070416038
これは、現在、エクアドルで最大の発行部数を誇る新聞の本日の記事です。
倒れているのは、アイスクリーム売りの男性ですでに死亡しています。この男性は記事によれば二人組の強盗に撃たれました。理由は抵抗したため。アイスクリーム売りは、一生懸命売っても、一日$10稼ぐのは大変です。そんな小銭を盗るために人を殺しています。

私たちが住んでいるのはこういう国です。これでも今日は平穏な日です。死体の数がたった2体だけですからね。
お断りしておきますが、これはエクアドルを貶める為に紹介しているのではありません。現実をみなさんにお知らせするために紹介しています。エクアドルには素晴らしい自然があり、親切な人々が住んでいますが、それでも裏側にはこういう現実が存在します。

ここで重要なのは、この強盗殺人が銃によって行われた事です。この国では銃器は非常に簡単に入手できます。私はこの国の身分証明を持っていますから、明日、銃砲店で9mm口径の拳銃を買い、それを自宅に置く事が可能です。(持ち歩くには別途許可が必要)実際に私の家には、拳銃と散弾銃が常備してあります。もちろん、正式な許可を受けてですが。

このような国で、国名を特定し、国籍を明示して、「狩りとして子供を銃で撃つ」という行為している、という記事を、その真偽に関わらず、「新聞」と言う権威付けが行われた状態で一般に発信した場合、どうなると思いますか?おそらく、大半の人は、自分の経験に照らして、そんな事がこの国で行われているはずが無い、とすぐに気付くでしょう。しかし、ごく一部かも知れませんが、この記事を鵜呑みに信じてしまう人たちがいます。
この、ごく少数かも知れない人たちでも、銃器は所持できます。もちろん実弾が入った状態で。

多分、それが強盗だったなら、助かるかも知れません。強盗の目的はカネです。カネさえ盗れば、それで満足して撃たないかも知れません。でもそれが、意図して「日本人を撃つ」ためだったらどうでしょう。必ず撃たれます。この記事の問題は、「意図して日本人を撃つ」動機を与える事にあるのです。そして、その日本人とは、この記事に書かれた「ツアーで子供を撃った」日本人ではありませんし、記事を書いた豪州人でもなく、毎日新聞の記者でもありません。

2003年にこの記事が掲載されて以来、幸いな事に明らかにこの記事が動機となって殺された日本人はこの国では知られていません。それは幸運な事に、この記事をスペイン語に翻訳したものが無かったというのも理由でしょう。私が検索した限りでは、簡単に検索にかかるサイトでこの記事をスペイン語で書いたものはありませんでした。しかし、それは僥倖です。いつまでも僥倖に頼る訳には行きません。明日、この記事のスペイン語訳が新聞やwebサイトに現れたらどうなるのでしょうか?そして英語だからと安心するわけにも行かないのです。この国ではまともな学校へ通える子供達は6歳から英語を習うのですから。

ところで、私が大使館の安全保障担当領事とお会いした時、双方で一致したのは、「おそらく、何も起きないだろう」という点でした。しかし、同時にこれも一致した見解は「もし、起きたなら、重大事件以外ありえない。」でした。ここでの重大事件とは、日本人が殺害される、という以下の意味はありません。これがどう言う意味を持つのかお判りでしょうか?「何も起きない」という予測は、「危険が無い」ではありません。危険はあっても、様々な要素から「何も起きない」と予測しただけであって、その予測により危険が取り除かれたわけでは無いのです。つまり、私たちは、この毎日新聞の記事により、それでなくても、上記のような治安状況の国で、さらにもう一つの危険、それも発生したなら、ほぼ100%命に関わる危険を背負い込む事になったのです。

これが私たちの置かれた今の状況です。それでも私たちは、毎日新聞と敢えて喧嘩したいわけでは無いのです。少なくとも先のエントリーで行った「問い合わせ」に真摯に答えて戴くだけで良かった。それなら話し合いの余地はあったのです。先の問い合わせに非難や糾弾をしている部分はありません。
でも無視したわけです。私たちにとっては、無用な危険を背負わされた上で、無視までされている。毎日新聞さん、何か申し開きありますか?





(1)
恥の上塗り 今度は坂田賞受賞… 毎日新聞 「奈良・妊婦死亡事件」
http://ameblo.jp/med/entry-10028517832.html

毎日新聞 「奈良・大淀病院妊婦死亡事件」 第11回新聞労連ジャーナリスト大賞特別賞
http://ameblo.jp/med/entry-10023368487.html



(2)毎日新聞 変態記事問題

■「毎日jp」が自社広告だらけに、ネット上に深いつめ跡残る
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-261.html

■「母国を侮蔑する新聞はもういらない」 「毎日新聞の英語版サイトがひどすぎるまとめ」が登場 (06/24)
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-217.html















関連記事

コメント

Thank you so much!

早速取り上げて下さり、ありがとうございます。

bamboo先生のところでも書きましたが、変態嫌ーねと女性として思っていたのですが、国際問題は元より、人命に危険を及ぼす可能性があったとは…と驚き、悲しくなったのです。
お産が出来なくなったり人命を危ぶめたり、とてもいけないことです。

そして、このエクアドルの方のコメント欄で中間管理職先生がこの方を励まされていらしているのを拝見し、先生のご迅速なnoble-minededに尊敬の念をまた一つ重ねたところです(^-^)

as a token of my gratitude

早速、また中間管理職先生のこの記事URLを引用させて戴いて、記事を書きましたhttp://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?unm=ebi-vow&articleId=10115915471&amebaId=ebi-vow&sessionId=4djk4siweb50831

いつも力いっぱいの希望の光をありがとうございます(^-^)

このことをもっと周囲の人たちに知らせたいと思います。中間管理職さま 引用させてください。よろしくお願いします。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -