スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■”100万回のハグよりも、2回のはしかワクチンを”はしかが広がるのは世界的な恥!ワクチンのない病気を防げるわけない!!

 



まず、何よりもはしかが流行する、

ということは

国として恥ずかしいことである、

という認識が必要です。




はしかは、世界的には

麻疹制圧(control)から

集団発生予防(outbreak prevention)、

排除(elimination)にむけ目標が設定され、

さらには根絶(eradication)に関する議論



がなされています。




つまり、天然痘のように撲滅が可能な病気なのです。

なのに、先進国である日本が

はしかの集団発生をしている、

ということは、

予防接種行政においては世界の三流国である、

ということなのです。







ジャスティン・ビーバーのライブに

はしかの患者がまぎれこみ、

関空の職員も発症し、

搬送した医師や医療関係者にも

感染が広がっています。





私がアメリカの大学で働いていたとき、

はしかの予防接種は必須でした。



子供もアメリカの小学校に行ってましたが、

はしかの予防接種の記録がないと

学校に行くことができませんでした。



一方、日本では反ワクチン運動がめちゃめちゃ盛んで、

狂ったような活動をしております。



ワクチンを打たないことで

周りにも感染が広がってしまう、

そして今回のように

激しいマスコミの反ワクチン運動で

26~39歳の予防接種の比率が下がってしまっています。



ワクチンを徹底することができないのは

予防できる病気を蔓延させることになります。










3d96e91134404695c86efa1bcbdb71ad.jpg



はしか流行、ワクチン不徹底世代が絶対に注意すべきこと 26〜39歳は特に危険

あなたは、はしか予防接種を2回受けていますか?
posted on 2016/09/06 12:08

はしか流行を軽視できない、これだけの理由

「はしか(麻疹)」が、再び流行の兆しを見せている。予防接種で防げる病気なのに、なぜ日本で流行するのか?

「潜在的に流行の危険性が常にあります。特に26歳〜39歳、国際標準にあたる2度の予防接種を受ける機会がなかった世代が残っています。いつ流行してもおかしくないのです」

ため息混じりにこう話すのは、国立国際医療研究センターで、感染症対策に取り組む看護師の堀成美さんだ。堀さんの専門は感染症看護。一般向けの啓発活動にも積極的に取り組んできた。

「今回のはしか流行は、大学生の間に流行した2007年や過去の流行に比べると、数は多くはありません。しかし、1週間で30人超が感染しています。今後、さらに感染が拡大すること恐れはある」
そもそもの経緯は……

今回の流行の発端はこうだ。7月下旬に関西国際空港を利用した人のなかに、はしかの感染者がいた。その一人、兵庫県在住の19歳の男性は、8月14日に幕張メッセであった人気歌手、ジャスティン・ビーバーのライブに参加した。このライブの観客にも、はしかの感染者がでた。

さらに深刻なのは関西空港だ。従業員30人超に感染者が拡大、搬送した医師や救急隊員にも感染者が出ている。感染者が移動した場所にいた人も、注意が必要だ。
そもそも、はしかが危険な理由

専門家がはしかを危険視するのは、その感染力が他の感染症と比べ、圧倒的に強く、発症後の免疫力が低下するためだ。肺炎や脳炎といった合併症につながることもあり、命に直結する。

麻疹に伴ってさまざまな合併症がみられ、全体では30%にも達するとされます。その約半数が肺炎で、頻度は低いものの脳炎の合併例もあり、特にこの二つの合併症は麻疹による二大死因となり、注意が必要です。麻疹の合併症には以下のものがあります。(国立感染症研究所)

「ウイルスに感染した際の発症率は95%と言われています。潜伏期間は、10日から最大で2週間前後。マスクや手洗いでも予防できません。インフルエンザと比べても、感染力は段違いです。重症化するケースも低いとは言えない。軽視するような病気ではありません」
医師ですら感染 学ばれなかった過去の教訓

堀さんが、今回のケースを問題視するのは数以上に、前々から対策をとるべきとされていた人たちの間で、感染が拡大したという事実だ。過去の教訓から学べていないことに問題がある、とみる。

「問題は数だけではなく、不特定多数が利用する空港で感染が拡大したこと。そもそも医師にまで感染者が出ているという事実です。これがどれだけ危ないか、という話があまり伝わっていない」

「そもそも、今回発症した病院の医師、空港といった場所に勤める人は、かねてから要注意であると言われていました。こうした職業は、流行の発信源になりやすく、過去の流行時に、対策を強化しようという声がありました。それにもかかわらず、実は対策が取れていないことが露呈した。非常に深刻なのです」

26歳〜39歳が気をつけないといけない理由

はしかは2回の予防接種を受けることで、ほぼ完全に防げる病気。なのに、なぜ日本では流行が起きるのか。ワクチン接種が行き届いない世代があるためだ。

「いまの26歳〜39歳は当時の国の方針で、1度しかワクチンを受ける機会がなかった。しかも、やっかいなことに1度の接種ですら、受け漏らしている人がいる」

「接種0回は大問題。1度のワクチンで、抗体がつく人がほとんどなのですが、中には、十分につかない人もいるし、接種を忘れる人もいます。それが誰にあたるのかが、わからない。しかも、年齢を重ねるごとに抗体が弱ってきます。個人差はありますが、2度目の接種を受けることが望ましいのは間違いないのです」

2度の予防接種を本当に受けている?

自分が2度の接種を受けたかどうか、確認する方法はあるのか。

「まず自分の母子手帳を確認する。流行期でないときは、各自治体や病院でやっている抗体検査で確認ができます。流行期は抗体検査の結果を待っている間に感染する可能性もあるので、すぐにワクチンを打つことも一つの手段です。これは26歳〜39歳に限った話ではありません。その上の世代、下の世代でも確認すべきことです」

堀さんは続ける。「ただし、自分で進んで行く人ばかりではありません」

そして、いざ、予防接種を受けようと思っても課題は多い。

「ワクチンのストック数も十分とはいえない。過去にも、流行期にはワクチンの在庫が切れたときもある。だからこそ、流行前もしくは、流行の初期段階で対処する必要があるのです」

それ以外の世代にもいる、2度接種をしていない人たち

26歳以下の世代は、ワクチン接種の方針が代わり2度の接種を受けることが推奨された。もちろん、無料で受けることができる。しかし、接種はあくまで推奨。親によっては、子供にワクチンを受けさせていないという考えの人、うっかり受けさせるのを忘れていたという人も残っている。

「いまの子供世代でも、2度の接種を受けているのは90%前後です。テストで90点ならいいのですが、100万人いたら10万人は受けていない。10万人が10年たまったら、100万人。接種率がさらに低い世代が混ざっていたら……。流行の危険性は常に隣り合わせです」

堀さんはこう強調する。

「いまの目標は接種率95%です。ワクチンをどうしても受けたくないという人を0にすることはできませんから。日本でも2度の接種が推奨され、WHOに2015年に『はしかは排除状態』と認定されました。ワクチン接種を奨励することは、有効な対策なのです」

はしかが防げない日本で、水際対策?

感染症対策で本当に問われていることは何か。堀さんはこんな事例をあげながら、説明してくれた。

「日本では、新型インフルエンザや、エボラ出血熱やSARSといった感染症が騒がれるたびに水際対策が叫ばれ、社会的に不安が増しますね。これらはワクチンすらない病気です。はしかはワクチンで防げる」

「アメリカでは保育所や小学校、大学に入る際には接種証明書が必要です。(ワクチン接種は)個人だけでなく集団や社会を守るためでもあります」

「ワクチンで完全に防げるはしかを予防できない国で、ワクチンすらない感染症が本当に防げるのか。これこそ、問われるべき課題です」





ワクチンを強力に反対して、

ワクチン接種率を下げるのは

地域や日本の安全を脅かしているように

思えてなりません。



強力なマスコミの「反ワクチン運動」や

執拗なワクチン反対派は

世界的にも奇異な目で見られています(2)。



このような強烈な

マスコミをあげての反ワクチン運動は日本だけの現象であり、

WHOも注目するような科学的な根拠のないものです。





今回のジャスティン・ビーバーのライブでの

感染拡大は、

格好のバイオテロのモデルケースになってしまっています。



マスコミや一部団体による強力なワクチン反対運動



ワクチンを打つのは反対!という保護者が増える



日本政府がワクチンを強くすすめられなくなる
(アメリカではワクチンを打たないと小学校に入れないくらい徹底している)



世代的にはしかに免疫がなくなる人が増える



コンサートや空港など密集地で感染発生



瞬く間に広がる



これ、実際に想定されているバイオテロの一例と同じです。

誰が得をするのでしょう?

少なくとも

ワクチン接種をしないで日本人は得をしません。



ワクチンで予防できる病気ですら

コントロールできないのに

ワクチンがない病気を日本はコントロールできるのでしょうか?



今まで以上に非科学的でヒステリックなマスコミに

日本は対応できるのでしょうか?







アメリカで民主党のヒラリー・クリントンは、

「地球は丸いし、空は青い。ワクチンは有効で、我々は全ての子どもを守らなくてはならない」

こう述べています(3)。




いいですか、

日本以外では

はしかは撲滅可能な病気になってきています。

はしか(麻疹)をすべて天然痘に置き換えてみてください。

いかにワクチン反対派がおかしなことをやっているか

理解できると思います。




日本は科学的に考えるべき時にきています。

このままのワクチン行政では

江戸時代となんら変わりありません。



警告を発している、感染症領域で有名な先生の2009年の本です。

麻疹が流行する国で新型インフルエンザは防げるのか

同じ先生の著書です。医療関係者は必読。

予防接種は「効く」のか? ワクチン嫌いを考える (光文社新書)

ご存じ「もやしもん」の石川先生とコラボしているのもこの先生です。

絵でわかる感染症 with もやしもん (KS絵でわかるシリーズ)

当ブログ参考記事

(1)麻疹の現状と今後の麻疹対策について - 国立感染症研究所

(2)■クララがいっぱい!子宮頸がんワクチン一斉提訴 「子宮頸がんワクチン問題――積極勧奨の中止から3年、原告少女が必死の訴え」→「 「いずれもこの年齢の少女たちによく見られる症例ですね」口に出せなくなった大多数のまっとうな医師たちの考え」

(3)はしかの流行が暴露したアメリカの予防接種の実態





ご参考になりましたら幸いです。





台風10号・北海道被害 関連記事

【台風10号・北海道被害】 義援金募集、やっときた 日本赤十字!地方自治体の緊急寄付、赤い羽根共同募金も!!
【台風10号・北海道被害】いまだ断水8000世帯以上!岐阜県よりでかい十勝、酪農被害も甚大!!
【台風10号・北海道被害】日本の畑の12%、畜産の中心、十勝がまずい!食料自給率1,100%の十勝に大打撃!!
【台風10号・北海道被害】十勝被害、ポテチ生産停止は全国トップ報道!深刻なカラムーチョ不足に!!
【台風10号・北海道被害】日勝峠壊滅!北の大動脈、国道274号がめちゃくちゃになってるけど、誰も報道しない自由を発動中!!
【台風10号・北海道被害】南富良野ボランティア、たった30人!壊滅の十勝はボランティアそのものが存在しない様子!!
【台風10号・北海道被害】 北海道 道東地区 十勝地方 いまだに北海道が分断中 浸水続出、車3台転落
【台風10号・北海道被害】 道東地区 十勝地方で、JR石勝線、根室線が壊滅 1カ月先まで急行チケット発売ストップ!: 追記あり
【台風10号・北海道被害】道東地区 十勝地方が孤立しているのに情報なさすぎて笑った!: 追記、再追記あり




当ブログ オススメ記事
■[随時更新]読み放題!キンドルアンリミテッドKindle Unlimited オススメまんがを見つけよう!![読み放題]

■[随時更新]1巻で完結するオススメ漫画[一巻完結]

■[随時更新]3巻以内に完結するオススメ漫画[二、三巻完結]

■[随時更新]12巻以内に完結するオススメ漫画[十二巻以内・完結]



【勤務医開業つれづれ日記・2 はじめての方はこちら】


当ブログ人気記事

■肝内胆管癌について「“とんでもない医者”との出会いも……川島なお美、がん手術決意するまでの葛藤明かす」「川島なお美さん、手術後は抗がん剤治療拒み民間療法」

↓1日1回、クリックお願いします!↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ










関連記事

コメント

非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。