FC2ブログ

■間違った資料でメッタ切り 「診療所の減収「年間800億円の可能性」」

800億どころか、

1500億円の削減も

されてしまうかもしれない

恐ろしい「5分ルール」外来管理加算。





厚労省は、

「200億円の削減です」

といいながら資料を出しましたが、

実は、

800億から

ひどければ

1500億もの医療費削減に

なっている、

という恐怖の愚行をしています。





しかも

その資料は

「時間外患者さんの診察時間」

要は、飛び込み急患の時間のデータ。




これを、

「普通の患者さんの再診時間」として

扱ったものだから、

大変です。






急患は、飛び込みだから時間もかかるし

人手もかかります。

だから、みんな診察に

5分以上かかってしまいます。





ところが、このデータを

「普通の診察も5分以上かかるよね(←間違い)。

かからない診察は”診察じゃない”から

外来管理加算なんか認めない」



やったものだから大変です。





普通の外来で5分以上の診察、

というと、

60分に12人(60÷5=12)、

9時から12時まで3時間で、

36人までしか

診察できないことになってしまいます。





それ以上の患者さんを

診ている病院、診療所は

自動的に

アウト

です(笑)。








特に、検査などをなかなかしずらい

小児科では

外来管理加算が

なくなったことで

大幅な減収になっています(1)。







産科、小児科を助けるための

外来管理加算の”5分ルール”が、

ぎゃくに

小児科の息の根を止めようとしています。










診療所の減収「年間800億円の可能性」

更新:2008/07/09 18:58   キャリアブレイン
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/17051.html;jsessionid=C1D496A321A484A3CC3D4D6380D46053

 4月の診療報酬改定で、医師が再診時に算定できる「外来管理加算」に“5分ルール”が導入されたことで、同加算の算定率が2割以上も減少し、診療所の減収が年間約800億円に及ぶ可能性のあることが、全国保険医団体連合会(保団連)の調べで明らかになった。厚生労働省が今年1月に示した減収予想の約200億円を大きく上回る試算となっており、保団連は7月8日までに、“5分ルール”の撤廃などを求める要望書を、診療報酬の改定について検討した中央社会保険医療協議会(中医協)の委員と、国会議員(厚生労働委員)に送付した。

 保団連は、“5分ルール”の影響について、診療所3402施設と、200床未満の441病院を対象に調査した。
 その結果、診療所では、今年3月に58.7%だった算定率が、4月には45.3%に減少。病院では、昨年4月に58.5%だった算定率が、今年4月には45.8%に減っている。

 診療所の減収額は、全診療科の平均で月額75411円、年間換算では90万4928円となり、これを全国の診療所数8万8679施設(今年1月現在)に当てはめると、年間約800億円に達する。
 厚労省の「2006年社会医療診療行為別調査」を基に概算した場合でも、年間の外来管理加算約2000億円、「老人外来管理加算」約1000億円の合わせて約3000億円のうち、算定率の減少幅から計算すると、約684億円の減収になると指摘している。

 一方、厚労省は、今年1月30日の中医協で、外来管理加算に“5分ルール”を導入することなどで約200億円の減収になるとの試算を報告。保団連は「約800億円と約684億円のいずれの数値を取っても、厚労省の試算を大幅に超える減収が発生することになる」と批判している。

 また、保団連は、要望書で、“5分ルール”に関して厚労省が中医協に示した参考資料が、外来管理加算の対象となる再診患者に対する診療時間の調査ではなく、厚労省が委託した業者による「時間外診療に関する実態調査結果」の数値を基に作成したことにも言及。
 保団連が「外来管理加算の時間要件(5分ルール)と別の目的に使用したのは、明らかな不正行為」とする一方、厚労省が「今後の診療報酬改定の検討資料とすることを目的に実施するとした文書を送付しており、不正流用には当たらない」と、主張が対立している問題について、各委員の判断に委ねたいなどとしている。

 さらに、厚労省が作成した参考資料では、約9割の医療機関の平均診療時間が5分以上となっているが、06年6月の中医協に示した別の資料では、約5割の診療所の再診患者の「診察時間」が5分未満になっていることを挙げ、これを基に試算すれば、マイナス額は年間約1500億円に達すると指摘。「時間要件は『おおむね5分を超える』となっており、この額までには至らないが、厚労省の試算を大幅に超える減収は起こるべくして起こった」として、“5分ルール”の即時撤回を強く求めている。

外来管理加算の5分ルール
 今年4月の診療報酬改定で、外来管理加算の算定要件として「おおむね5分を超える」診察が加わった。同加算(52点、1点は10円)は、診療所と200床未満の病院で、外来での再診の際、処置や検査、リハビリ、精神科療法などがなく、診察、指導、投薬のみであった場合、医師が再診料(診療所71点、病院60点)に加えて算定できる診療報酬。






沈黙を保ち続ける厚労省。




おバカなことばかりを繰り返し、

結局は

医療崩壊をさらに推し進めているとしか

思えません。




データの流用で

1500億円もの

医療費を削減させる…。




国がこんなことをしていて、

医療が崩壊しないはずが

ありません。







(1)
■データ流用、偽りの5分ルールで医療科崩壊 「診療報酬:開業医、月平均7万5千円減 5分ルール導入で」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-242.html

■5分ルールが小児科の息の根を止める 「診療報酬改定で小児科など打撃」 「医療機関への調査で「異なる使用目的」-厚労省」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-222.html






関連記事

コメント

この外来管理加算改訂が
s20年3月の東京大空襲 と考えて良いのでしょうか?

少子化政策

と言うのが日本の国是ですからw

いつも見てます。
ランキング押しておきました☆

内科系開業医の場合、外来管理加算は老人では57点から52点に減額されています。また、心電図では150点が
130点へ、血液学的検査判断料は、135点より125点へとのきなみ医師の技術料というべきところが大幅に下げられています。今回は、2重の仕掛けがあると思われ、外来管理加算による大幅な減収プラスその他の技術料による減収と言うことになります。財政規模の拡大なくしては、内科系医師はなり手がなくなるのではないでしょうか?そういえば、どこかの国の話で、医学部まででたけど、最終的には医師ではなく他学部へ転学したということがのっていましたね。

>データの流用で
>1500億円もの
>医療費を削減させる…。
この功績によりくだんのH医療課長は
将来の事務次官ですね

だめです。キャリア事務官ではないですから、この医療課長は次官になれません。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -