スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■逆に考えるんだ! 「がん10年生存率58% 定期的受診の指針に初のデータ」 治らないガンでも長期生存

 

ガンの10年生存率が出ました。

報道を見ていると、

なんだか分かったような

分かっていないような報道です。

「ガンは5年までの生存率で見ていましたが、

今回初めて10年生存率が出ました」


ふーん。

って感じです。





もちろん、

発表している先生方は本音のことなんか言えません。

建前論になってしまいます。


じゃあ、本音は?というと

「治らないガンはやっぱりある」

「でも、治ってなくても長期生存できるようになってきた」

ということではないでしょうか。







がん10年生存率58% 定期的受診の指針に初のデータ

毎日新聞2016年1月20日 00時00分(最終更新 1月20日 10時39分)
http://mainichi.jp/articles/20160120/k00/00m/040/144000c

 全国32のがん専門病院でつくる「全国がん(成人病)センター協議会」(全がん協)は、1999〜2002年にがんと診断され治療を受けた人の10年後の生存率が58.2%だったとする初の集計結果をまとめた。肝がんや乳がんなどは、治癒の目安とされる5年目以降も生存率が下がっており、長期にわたる定期的な受診が必要とされることがデータで示された。

 10年生存率は16施設の約3万5000の症例を基に算出。部位別の1〜10年目の経過や、ステージ(病期)ごとのデータも示した。
010e841f9e7f7a3127ff953f59d095965201bcb6.jpg

 部位別の10年生存率は▽食道29.7%▽胃69.0%▽大腸69.8%▽肝臓15.3%▽膵臓(すいぞう)4.9%▽肺33.2%▽乳房80.4%▽子宮頸(けい)部73.6%−−など。国内患者数が多い「5大がん」を見ると、胃がんや大腸がんは診断から5〜10年目の生存率が約70%で変わらず、5年後以降の再発の危険は低かった。

 一方、乳がんは5年後が約90%、10年後が80%と、直線的に下がっていた。千葉県がんセンターの三上春夫・がん予防センター部長は「何年しても再発の可能性があり、定期的な受診が大事」と解説する。肝がんも5〜10年の間で生存率が約3割から2割以下、肺がんも約4割から3割強に低下していた。ただ、これらは10年以上前の患者のデータで「今は治療法の選択肢も増えており、改善する可能性もある」(国立がん研究センター)という。
(以下略)






まずは、5年生存率と10年生存率が

あまり変わらないガン。

>胃がんや大腸がんは診断から5〜10年目の生存率が約70%で変わらず

これは

治るガンです。

言い方は悪いかもしれませんが、

「ガンで亡くなる人は5年まで」

丸5年でガンから卒業です。

おめでとう、患者さんたち!!

5年目以降での再発はほとんどありません。





では、

5年目から10年目で生存率が下がるガンは

>乳がんは5年後が約90%、10年後が80%と、直線的に下がっていた

>肝がんも5〜10年の間で生存率が約3割から2割以下

>肺がんも約4割から3割強に低下


これらのガンは、残念ながら今でもまだ治らないガンなのです。

治療が終了してガンが全く見えなくなっても

ずっとガンである可能性が消えません。

場合によってはガンが残ったまま長期に治療を行っている人も

大勢います。





今までは5年生存率で十分でした。

なぜならガンで5年生きることも大変だったからです。



数十年前までは

ガンは不治の病であり、

5年以上生存するなんて

かなり難しい状況だったのです。


「第3次対がん10か年総合戦略」について
厚生労働省HP
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2003/07/h0725-3.html
h0725-3e.gif


1960年代のガンの5年生存率は

惨惨たる有様です。

ほぼ全てのガンが現在の難治性ガンと

同じぐらいの生存率しかありません。



簡単に言うと、

当時は一部のガンをのぞいて

やはり「ガンは死の病」だったのです。



ガンの5年生存率は

特に1980年代以降に

ぐんぐん改善してきたわけです。



ガンの5年生存率の改善には2つの要素があります。

1) ガンを治療して治す

2) ガンが残っていても治療で押さえ込む



5年以上長生きしたら

ガンがあろうとなかろうと

5年生存率は改善するわけです。



この2つの要素が両方とも改善したので

5年生存率は改善したのです。



でも、2)の場合は

ガンが残っています。

治療で根治しない場合は

いつかガンに追いつかれます。



そのため5年で亡くなられるのではなく、

ガンになってから10年でガンで亡くなることが

起きるようになってきたのです。




だから、

難治ガンの場合は

ガンが残ってある状態(担癌状態)で

長期生存できるようになってきたのです。




本当に治るガンと、

治らないけど長く生きることが出来る可能性のあるガン

そんなことを10年生存率は教えてくれるのです。




私の身内は若くしてガンになり

2年と持ちませんでしたが、

それでも昔から比べると

かなり長く頑張ることが出来ました。

医療技術の進歩は目覚ましいものがあります。





それなのに代替医療は

今でもいろいろと取り上げられています。

代替医療を希望される方は、

グラフの一番左端の1960年代か

それより悪い医療を選択しているわけです。





十分に理解して、納得して

現代医療を捨て去って

迷信に飛び込まれるのなら良いのですが、

そうでない人も大勢いるようです。

よくよくお考えください。




クリックするとAmazonに飛びます。

代替医療の光と闇 ― 魔法を信じるかい?







ご参考になりましたら幸いです。

↓1日1回、クリックお願いします!↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ














関連記事

コメント

柔整師による不正請求

今記事には関係ありませんが、昨年、11月7日記事にコメントした者です。
私がいつも面倒を見ている近所のお婆さんの家に、もう10年もマッサージに来ている柔整師がいます。毎月数千円を支払っていますが、領収書がないことを不審に思った別居家族がレセプト請求しました。家族と親しいため、見せてもらいました。
びっくり仰天。ありえない怪我や捻挫をしたことになっているし、全部保険請求しているのに、負担額の倍の金額をお婆さんから取っていました。
しかも、いつも身体一つ手ぶらできてマッサージするだけなのに「電気療法」だの「冷庵法」だのも保険請求していました。
家族が、保険者や厚生局に相談したそうですが、非常に切れが悪く、後ろ向きに積極的で、問題にはしようとしなかったそうです。

この国の政治家、官僚は、柔整師と何か黒い繋がりがあるのではないか?とご家族が言っておりました。

社会保障費増大を問題にするなら、薬価を下げるより、接骨院の不正請求を何とかしてほしいですね。

知り合いは、交通事故でむち打ちになったと言って、今も接骨院に通っていますが、ぴんぴんしていますよ。これも闇がありそうです。

知り合いのジャーナリストに話したら、
「柔整師と政治家、暴力団は繋がっているから、あまり騒ぐと命を狙われるから気をつけたほうがいい」
と言われました。

怖いですね。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。