スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■「腹腔鏡手術、5病院で高い死亡率…10例に問題」「死亡率8%超2病院、「高難度」認定更新認めず」

 
「腹腔鏡手術、5病院で高い死亡率…10例に問題」

「死亡率8%超2病院、「高難度」認定更新認めず」

これって実は問題をはらんでいます。

日本の医療機関は真面目だから

大部分の医療機関は、

「きちんと患者さんに対応して、

その上で治療成績を上げていこう」

と考えるはずです。


でも、

「頑張って難易度が高い手術しても

患者さんが死んで

病院の施設認定問題が起きるなら、

安全な患者さんだけ手術で成績かせいで、

手術する患者さんの基準をちょっとだけ厳しめにしようか」

という病院が出てきてもおかしくないです。






腹腔鏡手術、5病院で高い死亡率…10例に問題
読売新聞 2015年11月28日 06時23分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20151127-OYT1T50201.html

 群馬大学病院で肝臓の腹腔鏡手術後に患者の死亡が相次いだ問題を受け、日本肝胆膵外科学会が、全国の主な病院で行われた肝臓と膵臓の腹腔鏡手術の成績を調べたところ、死亡率が4%以上と高率の病院が五つあることが27日、わかった。

 5病院の死亡例10例の診療経過にいずれも何らかの問題があったことから、同学会は各症例をさらに精査し必要があれば指導を行う方針で、年内に結論を出す。

 群馬大の問題発覚後、同学会は昨年11月~今年1月、肝胆膵分野の高度な手術を担う病院として学会が認定している全国約210病院を対象にアンケートを実施した。2011年から4年間に行われた肝臓と膵臓の腹腔鏡手術の死亡率などを調査。死亡率が5%前後と群馬大の死亡率(8・7%)に近い高率と考えられる5病院に対し、死亡例の診療経過に関する詳細な報告を求めた。





腹腔鏡手術

群馬大の死亡率(8・7%)

ということらしいです。



死亡率8%超2病院、「高難度」認定更新認めず
読売新聞 2015年11月28日 06時27分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20151127-OYT1T50202.html

 日本肝胆膵(かんたんすい)外科学会が、開腹も含めた肝臓と膵臓の高難度手術で死亡率が8%を超える2病院に対し、肝胆膵分野の高度な手術を担う病院としての認定更新を認めなかったことがわかった。

 この2病院ほどではないものの、死亡率が5%を超えた病院も6病院あり、今後、指導を検討する。うち2病院は、腹腔鏡手術の死亡率が4%以上と高率の5病院にも含まれていた。

 同学会の認定病院は毎年度、開腹か腹腔鏡かといった手術方法を問わず高難度手術の成績を学会に報告しているが、群馬大の問題を受け、同学会は、改めて12~14年度の各病院の報告を調査していた。その結果、2病院は死亡率が8%を超え、死亡例の診療内容にも問題があった。

 群馬大での開腹及び腹腔鏡による手術の死亡率は10%を超えていた。問題を受け、群馬大と、同様の問題が起きた千葉県がんセンターは認定が取り消されている。





開腹手術を含めると、

群馬大での開腹及び腹腔鏡による手術の死亡率は10%を超えていた。

ということです。



これはかなりまずい感じだと思います。






肝臓がん手術などで認定の2機関 死亡率4倍
NHK 2015年11月28日 5時00分
www3.nhk.or.jp/news/html/20151128/k10010322331000.html
肝臓がんやすい臓がんの難しい手術を安全に行えるとして専門の学会から認定を受けていた大学病院など2つの医療機関が、実際には死亡率が平均の4倍にのぼり、手術の技量などが十分ではなかったとして日本肝胆膵外科学会から認定を取り消されていたことが分かりました。

肝臓がんやすい臓がんなどが専門の医師でつくる日本肝胆膵外科学会は、難易度の高い手術を安全に行える施設として、全国210余りの医療機関を認定していて、専門外の医師らが、患者をどこに紹介すべきか判断する際の重要な材料となっています。ところが、認定施設だった群馬大学附属病院千葉県がんセンターで手術直後に患者が死亡するケースが相次ぎ、手術の技量不足が指摘されるなど大きな問題となりました。

このため学会が改めて調査したところ関東地方の大学病院東海地方の市民病院で過去3年間の手術の死亡率が8%以上と認定施設の平均の4倍にのぼり、手術中の出血量が多いなど技量も十分ではなかったなどとして認定を取り消していたことが分かりました。学会は、これらの医療機関の名前を明らかにしていませんが、このほかにも死亡率が5%以上と平均の2倍以上になっている医療機関が6つあり手術に問題がなかったか、認定の取り消しも含めて検討を進めています。

日本肝胆膵外科学会の宮崎勝理事長は「認定施設は患者が病院を選ぶ基準にもなるために、厳しく調査した。肝臓やすい臓の手術は難しいものが多いため、質の担保につとめたい」と話しています。



NHKの報道では、

手術中の出血量が多いなど技量も十分ではなかった

単純な死亡率だけではなく、

出血量なども加味されているようで

ある程度妥当な判断だと思います。



ただ、

なにごとも過ぎたるはなお及ばざるがごとしで、

やり過ぎると萎縮医療につながりかねません。

患者さんのデメリットが大きくなりすぎては

本末転倒になってしまいます。


なかなかに難しい問題です。









ご参考になりましたら幸いです。

↓1日1回、クリックお願いします!↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ








関連記事

コメント

以前の川島なお美さんの記事、とてもわかりやすい説明で、少しだけ理解でき勉強になりました。今日、ソフトバンクのネットニュースで、また川島なお美さんの、セカンドオピニオンの事で取り上げられていました。近藤医師の判断は、記事の通りの状況であれば、アリだと思いましたが、鎧塚氏も記者も、医師を批判してあり、違和感を覚えました。よければ、ニュース記事を見て欲しいです。記事のアドレスなどを載せる技術が私になくて申し訳ないです。

訂正します
ソフトバンクニュースじゃなく、ライブドアニュースでした。
変なコメントしてすみません。
こちらのブログ記事での説明が、とてもわかりやすかったので、ガン治療といっても、ケースバイケースで、対処の仕方が違うんだということ。そして、こちらの記事に書かれていたようなわかりやすい説明があれば、素人でも、いばらの道しかないけど、直ぐに切るべきかもって思えるだろうなって思いました。上手く表現できませんが、お医者さんは、知識と経験があるから患者さんを想えばこそ、伝えたいことがあっても、上手く伝わらないことがたくさんあるんだろうなと感じました。長々とごめんなさい。コメント消したかったけど消せなくてこんな感じになりまして申し訳ないです。こちらのブログは、私みたいな素人にも目からウロコな記事でありがたいです。応援してます。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。