スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■2015年 佐野氏、東京五輪エンブレムデザイン問題 時系列まとめ

 

現時点までの

時系列まとめてみました。


小保方氏と比べてみると、

小保方氏「STAP細胞はあります」

という主張に対して、

科学関係者「証明しろ」「同類に見られるのはきわめて迷惑」

と総額8千万以上使ってSTAP細胞をほぼ否定しました。


一方、佐野氏問題は

佐野氏「模倣、盗作ではありません」

デザイン業界「そうだそうだ」「ある程度の模倣ないとデザインはできない」「一般国民にはデザイン分からんだろ」「これでデザインを引っ込めたらごね得になる」

→結局、大炎上、取り下げ。

という流れです。

ほかの分野を批難するわけではありません。

ただ、デザイン業界はこのように対応しています、

ということです。

そして、その対応は”一般国民には分かるまい”という姿勢から

ネット上で大炎上しており

いまだに収まる気配がありません。




私はデザイン業界について

専門家ではありませんが、

解決策は2つあると思います。

一つは「科学的あるいは論理的にオリジナルを証明できる」

どうやってもオリジナルだ、という基準を作らないと

みんな納得できないですよね。

オリジナルかどうか、基準がないところに問題があります。



二つ目は「もともとオリジナルなんてない」というスタンスになる。

完全にパクリし放題。パクったらその分、使用料を払う。

もともと「完全なオリジナルなんてない」ってデザイン業界の人が言っているのですから、

ないんでしょうね、オリジナル。

じゃあ、オリジナルがない方向で「はじめっからオリジナルなんて期待するな」

というスタンスで仕事をされたらどうでしょう?




プロがプロだということを証明できなければ

プロではない訳でして、

実際に医師はアマチュアみたいなことをしたら

ネットでも現場でも散々に叩かれます。




デザイン業界も

プロだね、想像を超えているね

っていう仕事をするのがプロだと思いますし、

そういう方向の才能がない私は、

デザイン見ても、美術品見てもすごいなー、

と思うのです。



デザイン業界の方々は

いったいこの問題をどのように考えているのでしょうか?



2015年佐野五輪デザイン問題 時系列

AS20150901005446_comm.jpg

7月24日:東京五輪のエンブレム発表 佐野研二郎さんデザイン
http://www.asahi.com/articles/ASH7S6JJPH7SUTQP02X.html



7月24日:ベルギーリエージュとスペインロゴに酷似しているとの指摘
佐野研二郎事務所MR.DESIGNのネームサーバーがzyappu(ジャップ)であることが発覚



7月27日:ベルギーリエージュロゴを作ったオリビエ・ドビ氏が法的措置を検討しはじめる
7月29日似てる? 東京五輪エンブレムとベルギーの劇場ロゴ
http://www.asahi.com/articles/ASH7Y636HH7YUTQP034.html


7月30日:東京五輪エンブレム、またソックリ指摘 今度はスペイン
http://www.asahi.com/articles/ASH7Z64CVH7ZUHBI023.html



7月31日:佐野氏「報道されている海外作品については、まったく知らないものです」とコメント
五輪エンブレム制作の佐野氏、海外ロゴからの着想を否定
http://www.asahi.com/articles/ASH704SK2H70UTQP01D.html



7月31日:TBSのひるおび!で佐野研二郎擁護
五輪ロゴ盗作問題「売名でしょ?」指摘にベルギー激怒! もみ消しの裏にうごめく大手広告代理店の闇
日刊サイゾー 2015年8月14日 13時0分
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20150814/Cyzo_201508_post_18830.html



8月1日:エンブレム選考が、博報堂の身内選考でないかとの指摘



8月3日:リエージュ劇場ドビ氏、JOCにエンブレムの使用差し止めを求める文書
東京五輪エンブレム、劇場側から使用差し止め要求文届く
http://www.asahi.com/articles/ASH836W4VH83UTQP027.html



8月5日:佐野研二郎本人、記者会見
五輪エンブレム制作者「全く似ていない」 記者会見
http://www.asahi.com/articles/ASH852QD6H85UTIL005.html



8月5日:サントリーのトートバッグキャンペーンなど、サノケンの過去作品の検証画像が広まる



8月6日:ドビ氏が佐野氏の主張に反論する声明
五輪エンブレム、ベルギー側が反論 「説明できてない」
http://www.asahi.com/articles/ASH866K24H86UHBI024.html



8月13日:サントリートートバッグ、佐野氏申出により中止
佐野氏デザイン景品一部取り下げ サントリーが発送中止
http://www.asahi.com/articles/ASH8F5K87H8FULFA015.html



8月14日:ベルギーデザイナーが正式に提訴(リエージュ民事裁判所)
http://www.asahi.com/articles/ASH8G6SRPH8GUHBI02B.html



8月14日:エンブレム使用問題なし、20年大会組織委員会広報
佐野氏エンブレム使用「問題ない」 五輪組織委再び強調
http://www.asahi.com/articles/ASH8G56XVH8GUTQP01R.html



8月15日:佐野氏、トートバッグは部下がトレースしたと事務所のホームページで声明。
東京五輪のエンブレムはスタッフとの共同制作でなく、個人応募だったと強調。
佐野氏謝罪「スタッフが第三者デザイン写す」 景品問題
http://www.asahi.com/articles/ASH8G7WBRH8GUTQP02S.html



8月16日:BEACHデザインのベンザリコー氏が佐野研二郎に挑戦



8月17日:ザリコー氏の東京エンブレム案が公開・評判はいまいち



8月18日:佐野氏の東山動植物園シンボルマーク、コスタリカ国立博物館と類似指摘
佐野氏事務所作成のシンボルマーク調査へ 東山動植物園
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20150814/Cyzo_201508_post_18830.html



8月18日:佐野研二郎夫妻、京都で講演会
ピンタレストの登録問題も、この日に話題



8月21日:セブンのおでんエンブレムが話題に



8月23日:太田市ロゴ盗作問題について佐野研二郎が反論



8月26日:審査委員代表の永井一正が釈明。原案から修正していたと主張
五輪エンブレム当初案「劇場ロゴと似てない」 審査委員
http://www.asahi.com/articles/ASH8T5VXCH8TPLZU005.html



8月28日:原案・修正案が公開される
五輪エンブレム原案初公表 組織委「オリジナルと確信」
http://www.asahi.com/articles/ASH8X64CMH8XUTIL032.html



9月1日:
五輪エンブレムの使用例、無断転用か 他サイトに類似

http://www.asahi.com/articles/ASH804RT1H80UTIL01R.html



9月1日:
佐野氏原案、展覧会のポスターとも類似 ネット上で指摘

http://www.asahi.com/articles/ASH805QCNH80UCLV00Z.html



9月1日:東京五輪エンブレム、使用中止
東京五輪エンブレム使用中止 組織委方針 佐野氏が制作
http://www.asahi.com/articles/ASH9146LWH91UTQP00W.html



9月1日:ドビ氏、使用中止は歓迎、盗作認めないため裁判は継続
五輪エンブレム、ベルギー側「盗作認めず納得できない」
http://www.asahi.com/articles/ASH9161NDH91UHBI01Q.html



9月1日:佐野氏事務所のホームページで声明、デザイン以外の不手際だった。模倣や盗作ではない。
佐野研二郎氏がコメント発表 「模倣や盗作断じてない」
http://www.asahi.com/articles/ASH917J0ZH91UTIL077.html



9月1~2日:秋田県横手市のうちわ展のチラシをパクっている疑惑が浮上する



9月2日:五輪組織委・武藤事務総長、”ノーパンしゃぶしゃぶ事件”
白紙撤回会見の五輪組織委・武藤事務総長の“無責任”は昔から! あのノーパンしゃぶしゃぶ事件でも…
http://lite-ra.com/2015/09/post-1444.html

ce85da6b.png








一方的に袋だたきにするのもなんなので、

一応、買いました、佐野氏の著書。

7日でできる思考のダイエット (magazinehouse pocket)


こちらは小保方氏のまとめ的記事です。



「STAP」問題小保方氏、論文掲載費用60万円を返還も...
サンデー毎日 2015年7月26日号
http://mainichibooks.com/sundaymainichi/society/2015/07/26/post-200.html

 STAP細胞の研究不正問題で理化学研究所は7月7日、元研究員の小保方晴子氏(31)の論文を英科学誌『ネイチャー』に掲載するためにかかった費用約60万円が同氏から返還されたと発表した。理研が3月に返還を求めていた。
 大半の研究費用については「研究自体はなされているので、請求は見送った」としている。理研によると本人とは連絡が取れず、代理人の三木秀夫弁護士も「理研の調査内容には納得していないが、係争にかかる負担の大きさからこれ以上の争いを避けた」とコメントを出しただけだった。
 とはいえ、60万円はあくまでもネイチャー誌関連の費用にすぎず、疑惑発覚後もSTAP細胞関連では膨大な費用がかかっている。
 報道によると、STAP細胞が存在するかどうかの再実験関連でも法律家への相談費2820万円、検証実験費1560万円などを含め、不正の調査や実験にかけた金額は計8360万円に上る。
「彼女を迎え入れた際、壁をムーミンの図柄にするなど部屋の模様替えに1000万円もかけるなど、一研究員に対する処遇とは思えない。彼女から返還されたカネも理研に戻るだけで、税金で好き放題してきた理研の責任は問われない。理研は関連費用全額を国庫に戻すべきだ」(神戸市の医療関係者)など組織の体質を巡る批判はいまだに根強い。
 一連の問題で理研は「STAP細胞由来とされた細胞や組織は既存の万能細胞・ES細胞(胚性幹細胞)からできていた」と結論づけ、既に退職していた小保方氏は懲戒解雇相当、と判断された。理研は刑事告訴も検討したが、「ES細胞を故意に混入させたことを証明できない」として見送っている。
 今回の返還を受け、理研は「特にコメントはない。不正防止に努めたい」(広報室)。失ったカネ以上に、損なわれた科学への信用をどう取り戻すのか。
(粟野仁雄)





デザイン業界の大きな転換点になるのではないでしょうか。

このままデザイン業界は「パクリ」イメージとともに

進むことになるのか、

あるいはデザインはオリジナリティと一体という

精神を前面に押し出せるのか。


科学は2位じゃダメなのです。

もちろん検証実験やそれに連なる実験はとても重要ですが、

その最初の源泉を掘り当てた人は

尊敬と名誉を勝ち得ます。




デザインはどのようなスタンスで時代を彩るのでしょう?

オリジナリティなんてなくて当然、

かっこよければパクッても仕方ない、

という姿勢か、

あるいはデザインは

オリジナリティが最優先される。

模倣は一切許さない、

というスタンスになるのか。





デザインの最先端をになう人が

こんな疑いをボロボロかけられることがあること自体、

問題だと思いますが、

さらに、それを擁護する方が一杯同業にいるということが

デザイン業界の問題だと思います。



擁護するなら、

「デザイン業界はこういう世界で、佐野氏のやっていることが世界標準」

ということをはっきり表明したらいいと思います。








ご参考になりましたら幸いです。

↓1日1回、クリックお願いします!↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ










関連記事

コメント

非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。