FC2ブログ

■外来管理加算の算定要件 時間軸の導入で、1日の算定患者数に制限

むむむ。

いろいろな考え方があるんですね。




>外来患者数が多い医療機関ほど、大きな打撃を受けることになるのではないかと心配される

これが取りざたされ、

大きな問題となっております。

しかし一方、

>標榜する診療科に関係なく算定できるものであり、軽度の処置に対する点数が廃止された診療科では、算定を検討するケースもあるかもしれない。

>【改定前】 慢性疼痛疾患管理、厚生労働大臣が定める検査、リハビリテーション、精神科専門療法、処置、手術、麻酔および放射線治療を行わず、計画的な医学管理を行った場合に算定。(52点)

>【改定後】 上記に加え、患者からの聴取事項や診察所見の要点を診療録に記載。診療時間は5分を目安とする。(点数は52点のまま据え置き)


診療科に関係なく算定できるので、

軽度処置が”処置”として認められなくなった

皮膚科、眼科、耳鼻科などでは

”処置なし”となるため、

逆に新たに”外来管理加算”が

算定できる可能性がある、

ということです。








-------------------------------------

m3.com 医療維新 2008年03月19日

Vol.9◆改定詳解・外来医療と診療所 外来管理加算の算定要件
時間軸の導入で、1日の算定患者数に制限
(株)日本経営

http://www.m3.com/tools/IryoIshin/080319_2.html

 【議論の背景】

 処置、リハビリテーションなど、目に見える医療を行うよりも、指導など目に見えない医学管理を行って外来管理加算を算定する方が高い点数となることもあり、患者にとって内容が分かりにくい。それでは、懇切丁寧な説明や計画的な医学管理等に要する時間の目安を設けてはどうか。
  
 そのような議論の結果、外来管理加算についての意味付けが見直され、診察・説明等に要する時間の目安が設けられた。

 診療側が「5分という時間設定はおかしい。症状などの情報は、書面など証明となるものを発行することで・・・」との考えを示したのに対し、支払側は「丁寧な説明を受けたと患者が思うには、5分はかかる」とし、議論は平行線をたどった。

 議論の過程で、「内科診療所における患者1人当たりの平均診療時間の分布(保険局医療課調べ)」という資料が配布された。「内科を主たる標榜科とする診療所の9割以上が平均5分以上の診察をしており、6割以上が平均10分以上の診察をしている」という分析結果だった。

 これを踏まえて、「時間をかけた診療(が既にされていること)は引き続き評価」しつつ、「時間の目安を設ける」とし、下記に掲げる『提供される診療内容』の具体例を実施するには、おのずと5分はかかる、とされた。

 支払側は、「1人5分なのか、全体平均5分なのか、きちんとした基準が必要でないのか。診療側にきちんと守ってほしい」と要望したのに対し、「実際、会話に5分以上かかっている。(時間ではなく)信頼関係の問題だ」と並行線をたどった。

 結局、最終的に委員長は、「(実際にも)5分はかかる」という目安の設定で合意する、とした。

  【改定内容】

 1. 算定要件は、下記の通りに改定された。

 【改定前】 慢性疼痛疾患管理、厚生労働大臣が定める検査、リハビリテーション、精神科専門療法、処置、手術、麻酔および放射線治療を行わず、計画的な医学管理を行った場合に算定。(52点)

 【改定後】 上記に加え、患者からの聴取事項や診察所見の要点を診療録に記載。診療時間は5分を目安とする。(点数は52点のまま据え置き)

 2. 後期高齢者の外来管理加算については、診療所の評価(57点)を引き下げる一方、病院(一般病床200床未満)の評価(47点)を引き上げ、病院と診療所の点数が一本化された(52点)。

 ※ 『提供される診療内容』
 (1)問診し、患者の訴えを統括する
 (2)所見・所見に基づく医学的判断等の説明
 (3)治療経過を踏まえた、療養上の注意等の説明・指導
 (4)患者の潜在的な不安等を汲み取る取り組み

  3. 厚生労働省が、3月5日付けで出した、診療報酬の算定方法の制定等に伴う実施上の留意事項に関する通知では、次の通り明記されている。

 (1) 診察に要する時間として、医師が実際に概ね5分を超え
  て直接診察を行っている場合に算定できる。(診察室に入室し
  てから退室する間、一貫して医師が問診等を行っている時間
  に限る)
 (2) 患者からの聴取事項や診察所見の要点を診療録に記載する。
 (3) 併せて、(5分という)時間要件に該当する旨の記載をする。
 
 【影響と論点】

 ● 時間軸の導入は、「1日に診察できる患者数に上限が設けられる」ことを意味する。厚労省保険局医療課長も、5分の目安を設けることで「1日当たりの算定人数はおおよそ決る」とのコメントがあったため、大変大きな論点になった。

 ● 診療側は、初再診料の引き下げを阻止した代償として、外来管理加算の5分の目安(数量規制)を飲み込まざるを得なかった、という見方もあるかもしれない。当時は「目安」と表現されたものの、3月5日づけの通知を見れば、その解釈は明白だと言えよう。

 ● 厚労省保険局医療課長のインタビュー「外来管理加算」はあくまで「5分」が目安」では、投薬のみの診察は外来管理加算の対象とはもちろん言えないなど、かなり踏み込んだコメントが出されている。今回の診療報酬改定の特徴の一つが、時間軸の導入であるが、時間の目安の先に数量規制的な方向性があるのか、動向を注意深く見守っていく必要がある。

 ● 外来患者数が多い医療機関ほど、大きな打撃を受けることになるのではないかと心配される一方、標榜する診療科に関係なく算定できるものであり、軽度の処置に対する点数が廃止された診療科では、算定を検討するケースもあるかもしれない。

-------------------------------------


…なるほど。




熱傷処置を除いて

外来管理加算の方が52点と高いので(1)、

削られた処置の分を

カバーできるかもしれません。







-------------------------------------
(1)
■ホントに可能? 「湿布などの「処置料」を包括化」 でも、厚労省は患者にしてもらう
http://ameblo.jp/med/entry-10054661045.html
関連記事

コメント

薄利多売

薄利多売の皮膚科や耳鼻科では、一時間12人ではとても回りません。
今までも、外来管理加算よりも安価な処置の場合は、処置点はとらず、
外来管理加算を算定していました。
皮膚科といっても、開業医ですから、皮膚ばかりを見ているわけではなく、
いわゆる風邪や、糖尿病や高血圧、不眠症、軽症うつ病なども、
患者さんのご希望があれば対応しております(心療内科と東洋医学の研修は今もつづけてます)。

視診、触診、問診、真菌検査と、病気や知慮方についてのかんたんな説明を
オリジナルプリントを渡しながら医師がして(大体3~4分)、
(血液検査と)(処置と)説明の繰り返し、投薬確認を看護師さんが行なっていました(合わせて8~10分ぐらいか)。

説明が丁寧、といっていただいている当院ですが、おおむね医師二人によるニ診察制のため、それが理解されないと、ガンガン削られそうです。

夏場は2時間待ちになっていますが、5時間待ちになるとますますお叱りを受けることになるし、
医師の人件費は上がらなくても、スタッフの人件費は時給なので残業代単価で加算され、両方で首を絞めることになりそうです。

No title

医師が時計を診ながら5分以上話す努力をしたり、患者が時計を見ながら5分未満で帰ろうとしたりする光景が浮かびます。実に馬鹿げています。理路整然とした分かりやすい3分の診療よりも、何を言いたいのか分からない支離滅裂な10分の診療のほうが優れているということなんですね。そのうち「丁寧な説明を受けたと患者が思うには、10分はかかる」と言い出すかもしれませんね。

帝王切開手術ミスで死亡、産婦人科医に禁固1年求刑…福島

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080321-OYT1T00534.htm
 福島県立大野病院で2004年、帝王切開手術のミスから女性(当時29歳)を失血死させたなどとして、業務上過失致死と医師法(異状死体の届け出義務)違反の罪に問われた産婦人科医加藤克彦被告(40)の論告求刑が21日、福島地裁(鈴木信行裁判長)であった。
 検察側は「基本的注意義務に著しく反し、過失の程度は重大」として禁固1年・罰金10万円を求刑した。
 論告などによると、加藤被告は04年12月17日、同県内の女性に対する帝王切開手術で、子宮に癒着した女性の胎盤をはがして大量出血させ、約4時間後に失血死させたとされる。また、死体検案で異状を認めたにもかかわらず、24時間以内に警察に届け出なかった。
 検察側は、胎盤が子宮に癒着してはがれにくく大量出血を招く危険性があることについて、「加藤被告は遅くとも胎盤を手ではがした時点で認識していた」と主張。「癒着を認識した時点で胎盤をはがす行為を中止し、子宮摘出に移る義務があった」と指摘した。
 弁護側は「胎盤を最後まではがした方が子宮の収縮による止血が期待でき、適切な処置だった」などとして無罪を主張している。弁護側の最終弁論は、5月16日に行われる。
 日本産科婦人科学会や日本医師会などは、加藤被告が逮捕されたことに相次いで抗議声明を発表。もともと訴訟リスクの高い産婦人科医離れを加速させたとの指摘もあり、司法判断が注目されている。

No title

一応今のところ、5分診療に費やした、とカルテに記載して、それなりのことをやっておけば、人数が多いからと一方的に査定することはない「でしょう」と説明会で言ってました。ま、すぐに前言を翻すのは今に始まったことではないですが。
ただ、逆に再診患者すべてに外来管理加算を取ると、査定されるかも、とのことです。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -