スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■勤務医、デスマーチへ 「年収1075万円以上が対象 「残業代ゼロ」厚労省骨子案」

 


53c8bcaeb26822673c96-1024[1]







通称、「残業代ゼロ」制度の正式名称は、

「高度プロフェッショナル労働制」

らしいです。

あれ?

誤植発見?

「高度プロフェッショナル奴隷制」でしょ?




医療側のリアクションが

あまりありませんが

関係あるよね?

以下は管理人が勝手に想像で

書いてみます。








不十分な戦力しかない現段階で

医療現場に「残業代ゼロ」制度が導入されると

頑張っている医師の救いが全く無くなります。



医療現場の現状は、多分こんな感じ。

人が足りない
 ↓
労働条件が悪い
 ↓
管理者の責任
 ↓
地域や施設が、医師確保をどうにかしようとする




ところが、「残業代ゼロ」が導入されるとこうなるかもしれません。

人が足りない
 ↓
労働条件が悪い
 ↓
でも、契約した仕事はしてね。
 ↓
出来ないのは個人の能力のせいだよ。
 ↓
少ない戦力の過重労働
現場改善の上層部の責任はない
 ↓
戦力不足のまま放置状態





手術の延長も、

病棟からの時間外コールも、

当直も、

急患での呼び出しも、

ぜーんぶサービス、サービス。




しかも、

経営者ではなく

医師個人が

自分自身で管理責任をとるのです。


「そういう契約しているでしょ。

残業が多いのは医師の能力不足。

過労で死んだら自分のせい」

「患者さんがいっぱい来る?

それをこなせないのは病院ではなく君のせいだよ」

ということです。



兵站を無視した

第二次世界大戦の日本軍のようになってきました。

インパール作戦で

指揮官は悪くなくて、

行軍している連中が悪い、

という制度なわけです。




こりゃ

デスマーチってやつですね。






あっ、

今の大都市の勤務医だと

給料をこんなにもらえないのかも。



医師のみなさん、

該当すらしなければすみません……。




医師はすでに

高度プロフェッショナル奴隷

ではなく、

中程度プロフェッショナル奴隷

であって、

「残業代ゼロ」にすら引っかからない存在なのかも知れません。







年収1075万円以上が対象 「残業代ゼロ」厚労省骨子案
東京新聞 2015年1月17日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015011702000118.html

 厚生労働省は十六日、労働時間ではなく成果で評価する「残業代ゼロ」制度の報告書骨子案を労働政策審議会分科会に示した。新制度の対象者を年収千七十五万円以上の専門職と規定。長時間労働防止策と働く人の健康を守る対策も盛り込んだが、長時間労働を助長するとの立場を取る労働側は反発。年収や対策の要件をめぐり、経営側と対立する場面もあった。厚労省は今月中に分科会の了承を得て報告書を決定し、次期通常国会に関連法案を提出する考えだが、調整が難航する可能性もある。 (鈴木穣)

 骨子案によると、制度の名称は「高度プロフェッショナル労働制」。対象は高度な専門職で「金融商品の開発」など銀行、証券、情報通信、製薬などの業界を想定する。働き過ぎを防ぐため、経営側が労働時間を把握し(1)終業から始業まで一定の休息時間を設ける(2)会社にいる時間の上限を規制(3)年百四日以上の休日取得-のいずれかの対策導入を条件とした。
(以下略)






下手をすると、

この制度が出てくると

勤務している医師は

今後、二極化するかもしれません。




(1)自己防衛のためになるべく人数の多い病院で働く大病院指向

もともと大都市の有名病院で

がんがんやりたい、

という医師は多いのですが、

環境の中途半端なところは敬遠され、

十分に医師がいるところにさらに医師が集中する。




(2)仏の心で激務に身を捧げる

こういう先生が意外と多いです。

現段階でも「労働基準法?なにそれ」

という医師が多数ですが、

どんなにひどい状況でもやってしまう。

当然、過労死もしやすい。






現時点で「残業代ゼロ」をやってしまうと

激務の地域医療におもむく医師は

自ら管理責任をかぶり、鉄砲玉として

突っ込む状況になります。



あまりにひどい状況が起きてしまうと、

「立ち去り型サボタージュ」が

起きるでしょう。




医療崩壊の第二章の幕開けかもしれません。

今回はきわめて静かに

舞台の上から登場人物が減って行く事でしょう。




前回のようにマスコミが医師を叩きまくる、

という事にはならないでしょう。




「残業代ゼロ」で、労働条件の劣悪さについての

経営者の責任は無くなる訳ですから

現場を良くするインセンティブが働きません。

現場を良くしようという



気が付いたら

ごく少数の聖人クラスの医師が

最悪の現場で

ボロボロになりながら地域医療を守り、

大多数の医師は給与額と

過重労働を天秤にかけて

より望みがある現場を見つけて

一歩下がった位置で頑張る事になるでしょう。




きっと開業も増えるんでしょうね。

それも仕方ありません。




ただ一つ、

これだけは覚えておいてください。

みんな、過労死するなよ!!



クリックするとAmazonに飛びます。

医療崩壊―「立ち去り型サボタージュ」とは何か











ご参考になりましたら幸いです。

↓1日1回、クリックお願いします!↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ













関連記事

コメント

非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。