スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■カリウム、ボーラス注入「薬剤を希釈せず投与 88歳患者、当日死亡 沼津」

 


忙しすぎても

やってはいけないことはあります。



以前は、胃管に入れる薬剤を

点滴に入れてしまう医療事故が

起こっていましたが、

最近では注射器の口が

胃管用と点滴用とで

別になっており、

物理的に接続できなくなりました。




カリウムもボーラスで投与できないような

システムをなにか考えた方が良いのではないでしょうか。



薬剤を希釈せず投与 88歳患者、当日死亡 沼津

@S[アットエス] by 静岡新聞 2014年11月20日(木)14時9分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141120-00000037-at_s-l22

 沼津市立病院は20日、男性看護師(28)が女性患者=当時(88)=に薬剤を誤った方法で投与する医療事故があったことを市議会民生病院委員会に報告した。事故が起きたのは10月3日で、女性は投与後すぐに死亡した。病院は医療事故によって女性が死亡した可能性はほぼ間違いないと、説明している。
 病院側の説明によると、看護師が医師の指示を受けて、利尿剤の副作用などで不足した体内のカリウムを補う薬剤「カリウム製剤」を投与する際、本来は希釈して濃度を薄める必要があったにもかかわらず、希釈せずに女性の静脈に注入したという。
 病院は外部の医師や弁護士、院内の医師らでつくる事故調査委員会を設置し、当時の記録や状況などから医療事故によって女性が死亡した可能性が高いと判断した。沼津署にも事故発生後すぐに連絡したという。
 医師から看護師への指示書には「(点滴の)ボトル内に混注する」といった希釈の意味を示す記載があり、看護師は「危険な薬ということは知っていた。次の用事があって急いでいた」と話しているという。
 病院は「あってはならないミス。危険性の高い薬の取り扱いに関する教育を充実させるなどの再発防止策を決め、職員に周知した」としている。




ご参考までに、

側管から注入できないタイプの

カリウム製剤をご紹介します。



カリウム(K)製剤の誤投与について
医薬品医療機器総合機構
http://www.info.pmda.go.jp/anzen_pmda/file/iryo_anzen19.pdf


20141120 カリウム


以前から繰り返されてきた

カリウムのボーラス投与。

致死的なミスだけに、

個人の努力ではなく

根本的なシステム変更が

必要なのではないでしょうか。




そして、

システムが変わるまでの間、

医療関係者はとにかく

細心の注意を払ってください。





万全ではない状況で、

ヘロヘロでもうろうとしているとき、

大量の仕事が残っているとき、

予想もつかないミスが起こります。




その時に患者さんも、

医療関係者自身も致命傷を負わないように

出来るだけ気をつけてください。






クリックするとAmazonに飛びます。
写真とイラストでよくわかる!注射・採血法―適切な進め方と,安全管理のポイント (ビジュアル基本手技 4)写真とイラストでよくわかる!注射・採血法―適切な進め方と,安全管理のポイント (ビジュアル基本手技 4)
(2012/02/22)
菅野 敬之

商品詳細を見る






ご参考になりましたら幸いです。

↓1日1回、クリックお願いします!↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ






関連記事

コメント

非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。