スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■「誰でも救急車で運んでもらえ、誰でも診てもらえる国が持つか?」

 




書き出しはこうである。

日本のお医者さんに感謝である。

……うわぁ。

医療側は罵倒されてばかりで、

こういうこと書かれる事に

慣れてないのでびっくり。




ただ、なにか2,3周、すでに遅れている

感じがします。








誰でも救急車で運んでもらえ、誰でも診てもらえる国が持つか?

田村 耕太郎
アゴラ 2013年07月12日12:00

http://agora-web.jp/archives/1547368.html


日本のお医者さんに感謝である。連日の猛暑で、熱中症で多くの方が救急車で運ばれ処置を受けていらっしゃるが、こういう対応をしてもらえる国は稀でわれわれは感謝の気持ちを持たないといけない。同意にこれだけの医療体制は維持の限界にまで来ていることも自覚すべきだと思う。
日本では医療費の増大が問題だと常に報じられるが、対GDPの医療費は8%で先進国の中では最も低い。これはシーリングがかかっているからだが、そこで負担を一手に引き受けているのが実は日本の医師なのだ。時給にしたら決して高くない賃金で長時間の要求の高い仕事をこなしているのだ。これから高齢者が増えればさらに彼らの負担は大きくなる。

週末を過ごした京都のホテルで、手首と手の平の間あたりにひどい痛みがあり、その夜は睡眠不足。最近ワークアウトし過ぎたせいかもしれない。そのせいで長い文章をタイピングすることが不可能になり、かなり困った。

京都に来た目的である、グロービスのあすか会議のパネリストを気合でやりきる。万全の状態もいいが、ハンディが有る時も開き直っていいパフォーマンスとなる時がある。

しかし、その後手首は腫れ上がり、そういう日に限ってたくさんの知人が握手を求めてきてうれしいが右手で握り合うたびにさらに激痛が走る。あまりの痛み耐えられず、京都から自宅を戻った後、病院に直行。レントゲンも撮ったが、今のところ骨折ではなく、捻挫ではないかとのこと。それにしても、足の捻挫なんか比べ物にならないくらいの手首のひどい痛さ。医師によると手首の痛みの方が足首の痛みに数倍ひどいらしい。痛み止めの薬を頂き服用。

痛みが治まった後改めて感心したのは日本の医療制度を支える医師の皆さんの献身的態度だ。その病院の救急にはその日もたくさんの患者でごった返していた。暑い日だったので、熱中症っぽい人も何人かいた。私と同時に、ライブで盛り上がり過ぎて足をくじいた若者が救急に来ていたが、かれは病院に連絡もせず救急に飛び込んできていた。なので、受付含めて正式な手続きをする必要があるのだが、それにいらだち「これがたらい回しってやつか」と毒づく。この若者は知らないだろうが、休日で連絡なくても少し待てば確実に診てもらえる医療が存在する国は世界でかなり稀有なのだ。日本人は「医は仁術」とか「医者は何があろうが患者を診て当たり前」と思っているが、そんなことを言っている国は日本以外にはない!

外国にいて、お金のない人、保険に入っていない人、こういう人がまともに救急車にも乗せてもらえない実情をこの目で見てきた。治療費だってべらぼうに高い。盲腸の手術でアメリカなら300万円だ。

日本の「待てば誰でも必ず安価に見てもらえる」というこの医療制度が、日本の医師の長時間労働にどれだけ支えられていることか?もっとわれわれは認識せねばならない。もう医師は限界までくたびれている。医師の長時間労働にこれだけ依存しながら、少しのミスも許さず医療訴訟を起こしまくるモンスターペイシェントも増えている。

そういう現実をみてしまった医学生のうち医師にならない人も出てきている。医学部に入ったものの医師に現実を見てコンサルや金融に行く人も後を絶たない。医学部に入るくらい勉強して頑張ってきた人間にはほかの選択肢はいくらでもあるのだ。医師に無理させればさせるほど医師は少なくなりわれわれは望む医療を手に入れられなくなるだろう。医師を長時間働かせてこきつかって文句を言えば確実に自分に唾を吐く行為になるのだ。

痛み止めのおかげで少し手首が楽になった私は献身的に休みの日に私を診てくれて医師の皆さんに感謝の気持ちを強く持った。診察の結果、手のひらの筋肉の肉離れという非常に珍しい症状だった。肉離れの痛さは半端ないので、どうりであの痛さになったわけだ。

でも自分が医師だったら休みの日でもここまであらゆる方々に献身的にできるだろうか?政治家も忙しいが、必ず具体的な結果を続けて出さないといけない医師とはプレッシャーが違う。本当にありがとうございました。

今回は詳述しないがこの素晴らしい医療体制は財政的にも限界がきている。今の国民負担ではもたない。医者と将来へのツケ回しで持っているこの医療体制についてわれわれはもっと知り議論していくべきではなかろうか?






医療崩壊や新臨床研修、大学改革などで

すでに医療現場は変わりつつあります。



私も開業の身ながら、

毎年医学部6年の実習を行っております。

そのなかで地域枠で入った学生さんの

苦悩などを見聞きしております。



若い医師の卵から

国内の他の病院で研修させる自由を奪い、

基礎研究する自由を奪い、

海外での研修をする自由を奪って

地元の僻地病院に行かせるシステムです。




簡単に言うと、

入学させてお金で縛って

若い優秀な医師の将来を

人材を超青田刈するわけです。





青田刈りされた医師の中には、

研究をしたら凄い発見をしたかもしれない可能性や

臨床を極めたら名医になるような可能性を

僻地病院で埋もれさせる人も一杯出て来るはずです。




地方自治体は

人材をとにかく固定しようとしています。

しかし

人材の流動性がなければ

医師の技量は上がりません。

基礎研究に携わる医師が少なくなっていきます。





医療崩壊から一息ついているとしたら、

このように

若い医師の芽を摘むことで

地域の医療を何とかつないでいる実態があることを

理解しなくてはいけません。



短期的に見たら

良いことかもしれませんが

長期的に見て日本の医学にとっては

マイナスの効果が大きい気がします。










ご参考になりましたら幸いです。

↓1日1回、クリックお願いします!↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ





関連記事

コメント

非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。