fc2ブログ

■…バカ発見、と思ったら、また同じ人だった… 「【断 久坂部羊】医療保険の免責制度のすすめ」

ネタ元は

Seisanさん

http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-217.html#comment1430

です。いつもありがとうございます。







またバカが発生している、

と思ったら

同じ人でした…(笑)。







いい加減、この方が

情報発信するのを

誰か止めてもらえないでしょうか?







本当に。







医師でありながら

医療制度の不勉強さは

目に余るものがあります。





このような方の文章が、

「医師の代表的な意見」

と一般の方に思われるだけで

寒気がします。





>医療保険の免責制度のすすめ



あのね、

本気で勧めているんですか?






国際的に

日本の医療費が少ないのは

ご存知でしょうか?




これは、日本医療では

フリーアクセス、

国民皆保険という

2つの大きな特徴があり、

「簡単に病院にかかれるから

軽症の方が多く病院にきて、

軽度のうちに対応できるから」

と考えられています。




しかも、

8割の軽度の方は

医療費の2割しか使っていません(1)。




つまり、

この久坂部羊とかいう人は、

「2割の医療費を削るために
8割の医療機関にかかる軽症の人は
医療費を自費払いにしろ」


と主張しているわけです。




そもそも

「8割の人が使えない保険」

って一体何なのでしょう?





なぜこの方は

明らかな間違いで、真正面から否定されるような意見ばかり

新聞に載せるのでしょう(笑)?

ネタ(爆)?







【断 久坂部羊】医療保険の免責制度のすすめ

2008.6.19 02:19
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/080619/acd0806190221001-n1.htm

 医療保険の免責制度が以前から議論されている。自動車保険の免責と同じく、一定額を自己負担とし、それを超える部分にのみ保険を適応するというものだ。

 この制度が導入されると、安易な受診が減って、無駄な医療費が削減される効果が期待できるだろう。しかし、根強い反対もある。

 たとえば、低所得者や、頻繁に受診が必要な患者に負担が重くなって、医療保険の根幹が崩れるという批判。

 正論だが、それを声高に主張する医療界の本音は、別のところにあるのではないか。すなわち、安易な受診が減ると、自分たちの収益が減ってしまうということだ。

 患者側からも反対があるだろう。とにかく病気は心配だから、いつでも何でも安く受診できる状況にしておいてほしいと。

 しかし、不要な診療にまで医療費をかけていては、かつての「医療費亡国論」が復活しかねない。そうなれば医療側も困るはずだ。

 実際、診察をしていて、これくらいなら受診しなくてもいいのにと思う患者も少なくない。しかし、出来高払いの診療報酬制度では、患者が来ないことには医療側は収益を上げられない。だから、経営難のクリニックや、金儲(もう)け主義の医者は、どんな軽症でも「受診しなくていい」とは、口が裂けても言わない。

 医療保険の免責制度は、そういう状況に少しは歯止めをかけるのではないか。医療も限られた資源であるという視点に立てば、“安心”にも優先順位をつける必要がある。(医師・作家)





「軽症の患者には全額を負担させて

アクセスを制限させよ」

というのは

医療経済学的には

間違っています。







アクセス制限によって

逆に疾病の重症化を招き

医療費の上昇を招くというのが

アメリカ型医療の”反省点”

なのです。






しかも、

この方の意見に従えば、

現在病院にかかっている8割の人は

自費払いになり、

しかも

そこに関係ある医療費は

たったの2割しかありません。






多くの患者さんが

重症化して結果的には

全体の医療費を引き上げる。



>医療保険の免責制度のすすめ

ほんとうに

この人は勧めているんですか?

どのような根拠があって

推進しているのでしょう?







理屈なしに

フィーリングで文章を書き、

医師の肩書きを持って

新聞に載せる…。








このような文章は

あまりに医療問題を語るに

次元が低すぎます。





非常に恥ずかしい行為ですし、

ご本人は

無知だと自覚すべきです。













(1)
■理屈はないが、それでも高齢者を切り捨てる 「医療クライシス:脱「医療費亡国論」/1 かさむ費用」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-205.html
より引用。

>風邪など軽い病気は保険の対象から外し、重い病気に財源を回すべきだとの意見もある。二木教授は「患者の8割は軽い病気だが、使っている医療費は全体の2割にすぎず、医療費削減効果は小さい。何より8割の患者が使えない保険では意味がない」と語る。

(2)
■はあ? 「医師に労基法はそぐわない」 久坂部羊は狂ったか(笑)
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-42.html




関連記事

コメント

この人は国民皆保険の意味を全く分かってないですね。

「軽症と思われる状態」を有料にしてしまったら、誰がまじめに保険料を払うのでしょう。不払いが増えるだけで、健康保険のシステム自体が崩壊するでしょうし、8割の人が「払った費用の分の医療を受けていない」という事実を分かってない。
さらに、受診時点で「3割負担」をしており、費用面での免責があり、昔に比べて十分に「受診抑制」になっていることを知らないんですね。

もし、この人の言うとおりにしたら、たぶんこの人が真っ先に首を切られるでしょうが(笑)。

個人の問題より

もはやこの人の医療制度に対する無理解はどうしようもありません。
それよりも、あえてこういう人を利用してデタラメな記事を掲載し続ける産経新聞の方が、確信犯的で悪質に思えます。

この人のように頭が沸いてる方はどうしようもないですよ。
こういったかたのコラムを掲載する新聞社も同上。

新潮の櫻井よしこ氏の「後期高齢者制度は必要」とかと併せて読むと、文筆業に資格は要らないなあと強く思いますね。
最近特に充実著しい医師系Blogのレベルについて来れるプロってどのくらい居るのかねえと、つい考えてしまいます。

おそらく産経新聞本体の意向・思想・政財界からの圧力などが絡み合って、これに沿った形でのコラムを求められて、「医者」という肩書をもって書かされて(喜んで書いて)いるのでしょうね。
つまり、本人の思想ではないですよ、これ多分
少なくとも自分で言ってる「臨床の現場」を知ってるならでないはずの意見ですもの。
それかよっぽど「薮」さんか。

「免責」っつーから、

てっきり事故調の方かと…閣下のクセにマトモな事言うやん、とかカンチガイしちゃいましたよw。

私はとっても困るんですけどw

Seisan様、
>もし、この人の言うとおりにしたら、たぶんこの人が真っ先に首を切られるでしょうが(笑)。

そのような私事、国家百年の計の前には閣下にとっては些少な事です。
…もしかして文筆業一本で食っていける目処がついたおつもりのかなw?閣下は御自分を客観視出来ないお方ですからなあww。

暇なので(涙)、もうちょっとツっこんでみます

「実際、診察をしていて、これくらいなら受診しなくてもいいのにと思う患者も少なくない。」

なら、あなたが患者にはっきりそう言えばいい。診察時に。思うだけで、自分は「医療費削減に有効と信じている手段」を実行してないではないか。
これで「国が方針を決めればいい」などとチャンチャラおかしいわ。
私は「これくらいならもう少し様子を見てても大丈夫だよ」と患者にはっきりいいますよ。時間外でそれやって投書されたこともありますが。

ふと思った。開業医が入る「医師国保」、入っていても軽傷疾患ではまず使えない(使う暇がない&自分で何とかしちゃう。だって自分が休みのときはよそも休みだもん)から、もしかしたらこのおっさんの言ってることを実現しているカモ(笑)
そうか、それを地道に払い続けている私はもしかしたら相当な間抜けかも・・・(爆)

医師国保、大黒字ですよ。だって使えないんですもん。(笑)
自己負担金0割でもやって行けるそうですが、どっかのバカマスゴミが、医師国保は優遇されていてけしからんと騒いだせいで、さらに収入が増えたという・・(笑)

これからは、国民が自分で診断して自分で治療すれば、医療費不足なんかたちどころに改善しますね。(笑)

管理者による永久削除

管理者による永久削除。

>当局さん

コメントありがとうございます!

当局さん、

一市民さん
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-226.html#comment1526
”管理者による削除 ”

なんて文章を書いた”一市民”さんと”当局”さんのIPアドレスが同じなんですが、どうしたらいいでしょう(笑)。

”一市民”=”当局”って…?

あんまり色々な記事におかしなコメントを出されますと困るんですが、こちらも、うちの顧問弁護士と相談したほうがいいでしょうか。それとも”訴状”とやらを、待ったほうがいいでしょうか(笑)。

今後ともよろしくお願いいたします。

当初、「当局」さんの名前のところにメールリンクが張ってあり、どうやら産経新聞のお客様センター宛?っぽいアドレスだったのですが、これは管理人様がお直しになったのでしょうか。

ど素人に、「この書き込みまずい」と思わセようとしたのかもしれませんね。そんなのでビビるほど、うぶではありませんが。

記事書きました

私はコメントを一切書き直しておりません。

っていうか、そんなことめんどくさくて(笑)。

真正面から記事にしてみました!


■当ブログに、”当局”さんから”名誉毀損”で”訴状”が届くそうです!!
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-233.html

ご参考にしてください。

当局さんはこちらへご連絡下さい。書込もこちらへお願いいたします。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -