スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■アレグラ、国内初のオーソライズドジェネリックへ「日医工 抗アレルギー薬アレグラのGE 先発企業サノフィの許諾受け6月発売へ」

 



ジェネリックがいろいろと取り上げられていますが、

日本でもオーソライズドジェネリックが発売されるようです。



抗アレルギー剤のアレグラです。

サノフィと提携で日医工が、

ぶっちゃけ、

「全く同じ製品をジェネリックで出す」

ということです。






日医工 抗アレルギー薬アレグラのGE 先発企業サノフィの許諾受け6月発売へ
公開日時 2013/04/23 05:01

日医工と、日医工とサノフィの合弁会社「日医工サノフィ」は4月22日、日医工サノフィが製造販売承認を取得した抗アレルギー薬アレグラ(一般名・フェキソフェナジン塩酸塩)のジェネリックを日医工が独占販売することで、サノフィと16日に合意したと発表した。製品名はフェキソフェナジン塩酸塩30mg「SANIK」と同60mgで、日医工は6月に発売を予定している。同剤は、先発品アレグラを販売するサノフィから特許権などの許諾を受けた国内初のオーソライズドジェネリック(AG)となる。

フェキソフェナジン塩酸塩「SANIK」の場合、フル効能で発売可能なだけでなく、原薬、添加物、製法まで先発品と同一であることが最大の特徴

AGは一般的に、先発企業が小会社などに販売権を与えて他のGEメーカーより先行して販売させることで、先発企業の利益を守るために用いられる。サノフィは本誌取材に、AGを認めた理由やねらいについて、「市場動向や、アレグラの製品価値最大化のために、いろいろ鑑みた結果」とコメントした。

サノフィは12年10月、アレグラGEの承認を同年8月に取得したエルメッドエーザイ、小林化工、大正薬品工業の3社に対し、特許侵害訴訟を東京地裁に提起した(エルメッドエーザイと小林化工は発売中)。用途特許が侵害されているというもので、サノフィは、「アレルギー性鼻炎」と「じんましん」は14年3月まで、「皮膚疾患に伴う掻痒」は15年9月まで有効と主張している。しかし、サノフィから特許権の許諾を受けたフェキソフェナジン塩酸塩「SANIK」は発売当初からフル効能で使用できる。

日医工は本誌取材に、「フェキソフェナジン塩酸塩「SANIK」は特許侵害訴訟を起こされるリスクがなく、市場から消えるということはない。安心して使っていただける」とコメントし、発売後の訴求ポイントのひとつと説明した。また、原薬なども先発品と「同一」であることも明らかにした。






ひどいジェネリックの会社だと

大量に作って、作ったきりで売り切って終了、

という薬すらあります。

「この薬、いいですね」と患者さんが言っても、

「もう、この薬無くなりました」

なんてことが起こりえます。




さらには訴訟問題で、

フェキソフェナジン(アレグラ)は

大正が販売を見合わせています。








以上のような心配がない、オーソライズドジェネリック。

しかも、オリジナルと同一薬品です。



このような形態の薬品なら

医療関係者は導入を

十分に検討する価値があるのではないでしょうか。



どうやら6月中旬に

日医工のフェキソフェナジンも

薬価収載になるようです。



ご参考になりましたら幸いです。


クリックするとAmazonに飛びます。

鼻アレルギー診療ガイドライン―通年性鼻炎と花粉症〈2013年版〉鼻アレルギー診療ガイドライン―通年性鼻炎と花粉症〈2013年版〉
(2013/01)
鼻アレルギー診療ガイドライン作成委員会

商品詳細を見る


食物アレルギー診療ガイドライン 2012食物アレルギー診療ガイドライン 2012
(2011/10)
宇理須厚雄、近藤直実 他

商品詳細を見る



↓1日1回、クリックお願いします!↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ












関連記事

コメント

NoTitle

どうやらサノフィは近々アレグラの小児用ドライシロップを出すようで、こちらで利益が確保できるから(ほんとかな?)、錠剤はGEに移行させてもいいと考えているようですね。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。