スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■「「中国発:遺伝子工学的に「賢い」子どもたちが作れるようになる可能性」

 





史上最悪の大虐殺である

文化大革命で

高IQの知識人を根こそぎ

粛正した中国。





今度は遺伝子工学的に

高IQの子供を希望中。









中国発:遺伝子工学的に「賢い」子どもたちが作れるようになる可能性
International Business Times 2013年3月27日 08時14分 更新
http://jp.ibtimes.com/articles/42165/20130327/204987.htm

ある中国企業が、世界でもトップクラスの知性を誇る人々のDNA中に共通する対立遺伝子を突き止めようとしている。発見されれば、両親は「もっとも賢い」DNAを持つ胚を選択し、IQを15ポイント引き上げることができるようになる可能性があるという。

Vice(デジタルメディア)によれば、遺伝子工学のプロジェクトに携わってきた広東省深セン(訂正)のBGI Shenzhen社が、「天才のDNA」に共通する対立遺伝子の究明に王手をかけているという。

進歩的心理学者のジェフリー・ミラー(Geoffrey Miller)氏は、このプロジェクトにDNAを提供した2,000人の一人だ。Viceのインタビューで同氏は、研究の狙いと、中国が遺伝子研究において先端的な理由について、より詳細に語っている。

ミラー氏いわく、1世代で上がるIQがわずかに見えても、より優秀な子孫が増える可能性は増大し、すべての領域で社会が良くなる可能性があるという。「平均的に5ポイントのIQを上げるだけでも、経済の生産性や国の競争力、特許の取得数、ビジネスのやり方、経済の革新性は大きく違ってきます」と同氏は指摘する。

議論の多い問題ではあるが、中国の優生学研究の歴史が、遺伝学の分野で同国がトップを走る基礎となっている。1970-80年代、小平時代の中国では、人口の急激な増加への対応が優先課題であった。一人っ子政策によって一度しか子どもを持つことができない親たちのあいだでは、先天異常の有無や性別などの出生前検査が一般的となった。性別選択のための中絶は同国では違法とされているにもかかわらず、女の子なら止めておくという親が後を絶たなかった。

BGI社によれば、このプロジェクトは出生前検査に着想を得ているが、遺伝子工学や新しい遺伝子を加えるといったものとは一線を画しているという。「子どもが受け継ぐのは、自然の状態と同じく両親がすでに持っている遺伝子なのですが、その両親が100人の子どもをもうけたなら、その中で一番賢い子となるということです」とミラー氏は言う。

中国で遺伝子研究が発達するのは、西洋のようにそれにブレーキをかける宗教的な文化がないからだとミラー氏は言う。「『これはまずい、自然を弄んではならない、神の領域に手を出してはならない』というイデオロギーを、(西洋の)我々は持っているのです」とした。

しかし多くの中国人は、遺伝子工学の赤ちゃんに抵抗がないようだとミラー氏は言う。「『遺伝学的により健康で、幸福で、賢い赤ん坊を作るべきなのは当然だ!』という人もいるでしょう」と同氏はみている。






人民の頭が良くなったら、

・中国に人がいなくなる

・中国共産党が独裁できなくなる

頭のいい悪人が増える

というイメージなのかな。




国際的な取り決めとか、

倫理とか無視して

何が何でも成績がいい子供を作る!!

と、近視眼的な展開になるのが

目に浮かびます。






自分の子供を魔改造したら

取り返しのつかないことになりそうです。












クリックするとAmazonに飛びます。

毛沢東の大飢饉  史上最も悲惨で破壊的な人災 1958-1962毛沢東の大飢饉 史上最も悲惨で破壊的な人災 1958-1962
(2011/07/23)
フランク・ディケーター

商品詳細を見る







↓1日1回、クリックお願いします!↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ










関連記事

コメント

魔改造…

管理人さん、魔改造って…。
意味違うかも。
いや、わざと使っているならいいのですが。

NoTitle

中国にはあらゆる面でタブーというものがありませんね。
自然に対する畏敬とか、他人に対する気遣いとか、全くないように見えます。
「俺がよければそれでよし」
という雰囲気が漂ってます。

ただ、これは、大陸で侵略をしたりされたり、支配者がコロコロと入れ替わり、という歴史と無縁ではないそうです。

そのうち、本当に仮面ライダーとかを生み出したりしそうですね(笑)

NoTitle

そのうち超古代人類の遺伝子を抽出して強力なエスパーを作ったり、サイボーグを作ったり、クローニングで兵隊を増やしたりとかしそうで怖いですね(笑)

行きつく先はナチス的優性人種論かなぁ。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。