スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あら?「アマゾン、低価格商品の無料配送を終了--「あわせ買い」必要に」

 


あらら?

これって一体どうよ?




アマゾン、低価格商品の無料配送を終了--「あわせ買い」必要に

CNET Japan 2013/1/7 12:31
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20130107-35026544-cnetj-nb

 アマゾン ジャパンは、「Amazon.co.jp」の一部の低価格商品について、単品での販売および無料配送を終了した。今後は対象商品の合計金額が2500円以上であれば購入できる「あわせ買いプログラム」を適用して販売する。

 同社は2010年11月から全商品を送料無料にしていたが、今回の低価格商品の単品販売終了については「配送コストの都合」と説明している。

 あわせ買いプログラムの対象商品には、検索画面や商品詳細ページ、注文確定画面に「あわせ買い対象」と記載されたアイコンが表示される。これらの商品を購入するには、Amazon.co.jpが発送する商品の合計額を税込み2500円以上にして注文する必要がある。対象商品以外の商品と組み合わせた形でも問題ないという。

 なお、同プログラムはAmazonプライム会員(年会費3900円)も対象となる。



合計2500円以下の注文では

別途送料がかかるのではなく、

対象商品の場合は

必ず2500円以上注文する必要がある、

ということのようです。



めんどくせー。



いよいよAmazonは本格的に

利益追求になってきたのでしょうか。

Amazon利用者としては

便利さが減ってしまうので

ちょっとショック。




Amazonの場合、

法人税も日本にあまり払われていないという

話も聞きますし、

受け取った消費税もどうなっていることやら。

Amazon
アマゾンは日本に税金払っていますか?
http://www.amazon.co.jp/gp/forum/cd/discussion.html?ie=UTF8&cdForum=FxZTT4YJL1WD7D&cdThread=Tx4ILD109S0HOH




「Amazonプライムの利用者から不満の声」

そりゃそうです。

年間3900円払うメリットが

ほとんどなくなっている状況です。



Amazon.co.jp 「送料無料」の方針変更、低価格商品は合計2500円以上の「あわせ買い」必要に
http://bizmash.jp/articles/38338.html

Amazon.co.jpが、「送料無料」の方針を変更したという話題が年末年始から注目を集めている。低価格商品の一部について、一度に合計2500円以上の買い物をしないと注文できない「あわせ買いプログラム」を導入した。有料サービス「Amazonプライム」利用者も含めて対象になる。

Amazon.co.jpは低価格商品を単品で購入しても大掛かりな梱包で届くうえ、送料が無料なことで知られてきたが、2012年末からこうした体制を改めることにしたようだ。

商品ごとの詳細情報ページや検索結果の商品一覧で「あわせ買い対象」と表記のある場合はカートに入れることはできても単品では注文を確定できず、複数の商品とまとめて、合計2500円以上になるようにして購入する必要がある。

Amazonプライムの利用者から不満の声

年会費3900円を支払っているAmazonプライム利用者にとって不当な変更だとして批判の声もある。

Amazonプライムはもともと低価格の商品を単品で買った場合も含め送料が無料というのが大きな特典の1つだったが、Amazon.co.jpが2010年に楽天ブックスなどとのキャンペーン合戦のすえ一般利用者にも全商品を送料無料にすると宣言(関連記事)して以来、その利点はやや薄れ、通常は追加料金がかかる速達サービス「お急ぎ便」「当日お急ぎ便」、受け取り日時指定サービス「お届け日時指定便」が無料で使えるといった程度のものになっていた。

送料無料の方針変更である「あわせ買いプログラム」がAmazonプライム利用者も対象にしたことで、同サービスの意味をあらためて問う声が出ている。

低価格商品の品ぞろえ拡充に期待も

一方、Amazon.co.jpにとって配送コストの問題が改善することで、取り扱う低価格商品が拡大するとの期待もある。

Amazon.co.jpもこの点を強調し、あわせ買いプログラムのヘルプページでは「このプログラムによって、低価格帯商品の品ぞろえが拡大し、よりバラエティに富んだ商品をご購入いただけるようになりました」と説明している。

実際にあわせ買い対象の商品を検索してみると、当面は砂糖などの食料品や、かみそりなどの日用品、ビスなどの大工道具、鉛筆などの文具といったものを少量パッケージにしたものが見つかる。今後こうした商品は分野、種類をさらに広げていくと見られる。






Amazonのデチューン(性能を下げる処理)

にはちょっとびっくりしましたが、

今後、ネット業界も

いろいろと変化が来そうな予感です。



↓励みになっております。1日1回、クリックお願いします↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ






関連記事

コメント

私もプライム会員ですが、やめよっかなぁ。
どうせタダだし、そんなに急いで配送してもらうようなものは買わないしね。
(急ぎの事務系用品ならアスクルの方が速いし)
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。