スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「医療ミスで肝炎を発症」死亡患者の遺族が阪大を提訴 大阪地裁

 



ちょっとこれは

阪大かわいそう。




70歳男性

平成21年 11月 悪性リンパ腫 
     12月 リツキサン使用

平成23年 09月 肝炎
     11月 肝不全にて死亡




この経過で

大学を訴えるって

よっぽど大学が変なことをしたか、

書いていないトラブルがあったか、

あるいは医療的に訴えられる事では無いことが

訴訟になったか、

ということではないでしょうか。







「医療ミスで肝炎を発症」死亡患者の遺族が阪大を提訴 大阪地裁

産経新聞 2012年11月19日(月)20時23分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121119-00000580-san-soci

 B型肝炎ウイルスに感染していた大阪大学付属病院の入院患者の男性=当時(70)=が死亡したのは、副作用のある薬剤を使ったのに適切に経過観察しなかったためなどとして、男性の遺族4人が19日、大阪大学に計約1億円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。

 訴状によると、男性は平成21年11月悪性リンパ腫の治療で同病院に入院。検査で同ウイルスに感染していることが判明した。病院は12月から、ウイルスを活性化させる副作用がある抗がん剤「リツキシマブ(商品名リツキサン)」の投与を開始。悪性リンパ腫は快方に向かったが、23年9月に肝炎を発症、同年11月に肝不全で死亡した。

 原告側は、定期的なウイルス検査など適切な措置をとらなかったなどとして、「明らかな医療ミスだ」と訴えている。同病院は「訴状を確認していないのでコメントは差し控える」としている。

 厚生労働省は、この抗がん剤を投与された同ウイルスの感染者が劇症肝炎などで死亡した事例があることや、十分に観察して必要なら抗ウイルス剤を使用することなどを、商品に明記するよう製薬会社に求めている。






リンパ腫の治療をしていると

劇症肝炎になって

救命できない場合が

稀ですけど、あります。




リツキサンに限らず

抗がん剤の治療を行っていると

避けられないリスクです。




ただ、

今回の場合はリツキサン投与から

2年を経過しているので

「明らかな医療ミスだ」

といえる状況ではない気がします。




この言い分が通ると、

B型肝炎のキャリアの方には

1.リツキサンを使用できない

2.最低でも2年以上の肝炎ウイルス検査の義務づけ

あるいは

3.血液内科を辞める

の選択になってしまうでしょう。




残念ながら、

3.を選んでしまう可能性が大

な気がします。




血液内かは本当に大変な業種で、

無理ゲーです。

詳細が不明ではありますが、

不可避な肝炎の結果なら、

自分にこんな裁判されたら

血液内科を辞めちゃいますね。





血液の先生方、

WHOL分類とか好きな

生真面目な人ばっかりですから。







こうやって、

大阪では

数少ない血液内科医を

無駄に消費するのでした。




おしまい。





クリックするとアマゾンに飛びます。
造血器腫瘍取扱い規約造血器腫瘍取扱い規約
(2010/04)
日本血液学会、日本リンパ網内系学会 他

商品詳細を見る

若手医師のためのリンパ腫セミナー―エキスパートによる講義録若手医師のためのリンパ腫セミナー―エキスパートによる講義録
(2012/06)
日本リンパ網内系学会

商品詳細を見る



↓励みになっております。1日1回、クリックお願いします↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

















関連記事

コメント

鶏が先か卵が先か

>不可避な肝炎の結果なら、
自分にこんな裁判されたら
血液内科を辞めちゃいますね。

逆に考えるんだ!辞めないからこんな裁判を起こされるんだとAAry

10さん

いつもお世話になっております。

>逆に考えるんだ!辞めないからこんな裁判を起こされるんだとAAry

医療版に行ってきた。
誰も驚いていないのに驚いた。

こういうのって、
「リンパ腫はこういう訴訟でリツキサンが使えません」とか、
「胸痛は、心筋梗塞の判決で3次救急以外診れません」とか
ちゃんと張り出したら患者さんに親切かも。

…そうしたら出来る医療が無くなっちゃうか。

今後ともよろしくお願いいたします。

de novo肝炎でも問題になっているのに、ましてやキャリアなら尚更ウイルスチェックはすべきだったのではないかとおもうのですが、どうでしょうか?
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。