スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マイコプラズマ肺炎が大流行 過去最高、8割は子ども」

 


マイコプラズマ。

流行っております。



マイコプラズマ肺炎が大流行 過去最高、8割は子ども

朝日新聞デジタル 2012年10月31日(水)1時56分配信


 子どもの感染が多いマイコプラズマ肺炎の流行がおさまらない。今年は大流行だった昨年1年間の患者数をすでに超え、過去最高を記録。例年は、12月から1月ごろにかけてピークを迎えるため、専門家は注意を呼びかけている。

 マイコプラズマ肺炎は患者のくしゃみやせきを通して感染する。患者の8割が子どもで、保育園や学校など子どもが多く集まる施設で広まる。熱や頭痛などに加え熱が下がった後もせきが約1カ月続くのが特徴。重い肺炎にかかることもある。

 昨年は統計のある1999年以降で患者数が最多で、その状況が続いたまま今年も高水準で流行している。国立感染症研究所感染症情報センターによると、全国の指定医療機関から報告された患者数は最新の1週間(10月15~21日)に600人。これまでに計1万7949人の感染報告があり、昨年1年間の報告人数を1293人上回った。

 大流行の理由について、感染研の見理(けんり)剛氏は「従来の薬が効かない耐性菌に感染する患者が増えていることが影響している可能性がある」と指摘する。感染研が今年2月に5府県約30人の入院患者が感染した菌を調べたところ、8割が耐性菌だった。ただ、耐性菌が少ない海外でも流行が見られるため明らかな原因かどうかは分かっていない。

 耐性菌で発症した場合でも、従来の薬を飲めば熱は2日程度長引くが、効果はあるという。耐性菌に効く薬もあるが副作用が強い。予防策は風邪やインフルエンザと同じでマスクの着用や手洗いが有効だという。(森本未紀)





必読は(1)になるかと思います。

ほかに、今年10月になってから

厚生労働省も新たに

マイコプラズマ肺炎に関するQ&Aを

出しております(2)。




厚生労働省が出してる、

っていうことは

結構、本格的流行だということです。





感染症の知識については

日進月歩ですから

どんどん新しい知識を入れていかなくては

いけないと思っています。




患者さんやスタッフから聞かれて

よく分からなかったら

恥ずかしいですよね。




また、ネット情報では

変なHPの変な情報を

引っかける可能性がありますので、

情報の確認には

かなり注意が必要だと思います。











ご参考になりましたら幸いです。





(1)
感染症の話「マイコプラズマ肺炎」(国立感染症研究所 感染症情報センターホームページ)
http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k03/k03_09.html

(2)
マイコプラズマ肺炎に関するQ&A(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou30/index.html

(3)
感染症発生動向調査週報 2012年39週「マイコプラズマ肺炎」(国立感染症研究所 感染症情報センターホームページ)
http://www.nih.go.jp/niid/ja/mycoplasma-pneumonia-m/mycoplasma-pneumonia-idwrc/2735-idwrc-1239.html

病原微生物検出情報「マイコプラズマ肺炎」(国立感染症研究所 感染症情報センターホームページ)
http://www.nih.go.jp/niid/ja/mycoplasma-pneumonia-m/mycoplasma-pneumonia-iasrtpc/2703-tpc392-j.html

<速報>小児におけるマクロライド高度耐性・肺炎マイコプラズマの大流行(国立感染症研究所 感染症情報センターホームページ)
http://idsc.nih.go.jp/iasr/rapid/pr3814.html
   







↓励みになっております。1日1回、クリックお願いします↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ














関連記事

コメント

No title

うちでも確かに夏以降ずーっと多いです。
ちょっと怪しいやつのXpを撮ると、しっかり影ができてる。
熱がなくても影がある、というのもごろごろしてます。

CAMだと抑えきれないことが多いんですが、15㎎/㎏まで増やすと何とかなりそうです。まあ、飲んでくれればですが。
小児の場合、味による服薬コンプライアンスが一番問題です。

AZMはことマイコに関しては原則使わないようになりました。
時期的にはこれがマクロライド耐性化を進めた根源の可能性がありますから。

No title

ジスロマック細粒小児用は大人が飲んでも
すごく苦みが残ってだめです。
まちがってヨーグルトに混ぜようものなら
とんでもないことになります。
小児が一番飲みやすい抗生剤って何でしょう?
ファロムは割と飲んでくれるみたいですが。

No title

ちなみに当方は皮膚科で
「とびひ」に対してファロムを使うこと有りです。
マイコには手を出してません。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。