スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「モロッコ海軍、「人工妊娠中絶船」の入港阻止」 ついでにオランダ王子安楽死議論について

 





宗教観も含めて

難しい問題です。



でも、「人工妊娠中絶船」て

発想がすごいです。





モロッコ海軍、「人工妊娠中絶船」の入港阻止

CNN 2012.10.05 Fri posted at 12:53 JST
http://www.cnn.co.jp/world/35022702.html


(CNN) 女性に人工妊娠中絶手術を受けさせる目的でモロッコに入港しようとした船が、港への入港を阻まれ、海軍の先導で出航させられた。同船を運航する団体「ウィミン・オン・ウェーブ」の活動家が明らかにした。

モロッコでは人工妊娠中絶が禁止されており、同国厚生相は、同船の入港や、非居住の医師による処置は許可しないとの声明を発表している。

ウィミン・オン・ウェーブはオランダの医師が1999年に設立した団体。中絶が禁止されている国の女性を船に乗せて国際水域に行き、そこで中絶手術を行っている

しかしモロッコでは船内を捜索され、出航を命じられたという。港では激しい抗議活動も展開され、警察も出動した。同船は近海にとどまり、次の戦略を検討するとしている。

同船に乗船している産婦人科医は、モロッコでは不法な妊娠中絶手術のために年間約90人の女性が死亡していると話し、安全な中絶手術を受けられるようにしなければならないと訴えている。

同船はこれまでにもアイルランド、ポーランド、ポルトガル、スペインを訪問しているが、イスラム教国で中絶手術の提供を試みたのは初めてだった。





出張中絶も

すごいですが、

オランダ安楽死も凄い。




オランダでは

安楽死合法化など

過激ともいうべき

一面があります。





一方で、

自国オランダには25歳以上の重症脳損傷患者の

治療機関がないため。、

今年、オランダ王子が雪崩による

重度の脳障害を負った時は

イギリスに搬送されて治療されています(1、英語のみ)。





その王子を

オランダに連れ帰って

安楽死させよう、

という議論まで起きています(2,英語のみ)。







極端だね。






2007年のNEJMを

挙げておきます。


http://www.nankodo.co.jp/yosyo/xforeign/nejm/356/356may/xf356-19-1957.htm

より




オランダにおける安楽死法下の終末期医療
End-of-Life Practices in the Netherlands under the Euthanasia Act

A. van der Heide and others

背 景
2002 年,耐えがたい苦痛を有する患者の要請で,医師による終末期介入の規制に関する法令がオランダで発効した.2005 年に,安楽死,医師による自殺幇助,およびその他の終末期医療に関する追跡調査を実施した.

方 法
死亡診断書で同定した死亡 6,860 件に立ち会った医師に質問票を郵送した.回答率は 77.8%であった.

結 果
2005 年のオランダにおける全死亡のうち,1.7%は安楽死によるものであり,0.1%は医師による自殺幇助によるものであった.これらの割合は,2001 年と比較して有意に低かった(2001 年の安楽死による死亡は全死亡の 2.6%,医師による自殺幇助による死亡は 0.2%).全死亡の 0.4%は,患者の明確な要請のない状態で死に介入したことによるものであった.持続的な深いセデーションは,2005 年の全死亡の 7.1%で,死期を早める可能性のある方法と併用して用いられた(2001 年の 5.6%から有意に増加).2005 年における安楽死または医師による自殺幇助の全症例のうち,73.9%は神経筋弛緩薬やバルビツール酸の使用により死を迎えた.オピオイドが使用されたのは症例の 16.2%であった.また,2005 年には,安楽死または医師による自殺幇助の全症例のうち,80.2%が報告された.医師が終末期医療を報告する可能性は,自身がそうした行為を安楽死や自殺幇助と見なした場合にもっとも高かった.ただし,オピオイドが使用された場合に医師がそのように見なすことはほとんどなかった.

結 論
オランダ安楽死法の施行により,安楽死や医師による自殺幇助の割合が若干減少した.こうした減少は,緩和的鎮静のような他の終末期医療の適用が増加したことによる可能性がある.

(N Engl J Med 2007; 356 : 1957 - 65 : Special Article.)








その王子の奥さんが

かなりなビッチだということは

検索かけてみてください。




ご参考になりましたら幸いです。



(1)
Questions asked about euthanasia for brain-damaged Dutch prince
by Michael Cook | 3 Mar 2012
http://www.bioedge.org/index.php/bioethics/bioethics_article/9958

(2)
Dutch coma prince 'should leave UK so he can die' in Netherlands

The Evening Standard 31 August 2012
http://www.standard.co.uk/news/london/dutch-coma-prince-should-leave-uk-so-he-can-die-in-netherlands-8099209.html

A Dutch politician has reopened the “right to die” debate by calling for the country’s prince to be brought home from the London hospital where he is in a coma so his life support machine can be switched off.

Prince Friso, 43, has been in a coma for six months after he was caught in an avalanche while skiing in the Austrian resort of Lech. His wife Princess Mabel has been keeping a vigil at his bedside at the Wellington Hospital in St John’s Wood with his mother Queen Beatrice flying to London almost every weekend to be at his bedside.

Netherlands senator Heleen Dupuis said: “It’s questionable whether the prince will ever have a normal life again. Had the prince been sent to a Dutch hospital, doctors would probably have turned off the life support systems because there is such a slim possibility that he will ever recover.”

The Netherlands has had a “euthanasia law” since 2002 allowing doctors to end treatment if a victim’s suffering is deemed to be “interminable and unbearable”. But there are many restrictions to the legislation and the country has been embroiled in a debate over the issue similar to that in Britain.

The most recent case involved locked-in-syndrome sufferer Tony Nicklinson, who lost his legal battle to allow assisted suicide but died last week.

Prince Friso and Princess Mabel live in Kew with their daughters Luana and Zaria. He is a former Goldman Sachs banker and was working for a uranium enrichment company at the time of his accident.

It is believed the royal family want to bring the prince home. If doctors switch off his life support he would become the highest-profile patient to die under the euthanasia reforms.

Dutch royal watcher Ary van der Waay said: “If the prince dies you can expect emotional scenes in the Netherlands of the kind that followed the death of Princess Diana in the UK.”






↓励みになっております。1日1回、クリックお願いします↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ










関連記事

コメント

非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。