FC2ブログ

■ブログやめますか? 差別表現、名誉毀損について 「差別表現 ブロガーも問われる責任と人権感覚」

「ブログをはじめよう」

というテーマで

ブログが無くなるお話(笑)。






でも、

ブロガーは表現者ですので

(自覚はなくとも(爆))

注意が必要です。






どのような形にせよ、

何らかの意見を公表する方には

注意して欲しいことがあります。





「差別表現、名誉毀損」です。





場合によっては、

「ブログ消滅」

の憂き目をみます。







まずは、

「勤務医 開業つれづれ日記」

当ブログでのお話。



■<厚労省>医師ら34人処分 4人免許取り消し(1)

という記事があります。






先日、

以下の

御連絡をいただきました。





『通知
行政処分の期間を終えた人の名前を掲示し続けるのは、名誉毀損です。私の名前を、ただちに、削除してください。○○○○』



ご本人からの通知か…。




自分としては

「行政処分の期間後は人格が回復される」

ということをうろ覚えしてましたので、

とりあえず、

個人名を削除させてもらいました。





一応、ネット上を検索すると、

『ブログに行政処分された医師名を載せると名誉毀損になるのでしょうか?』

という質問もあったりして(2)、

色々と参考にさせてもらいました。



(こちらはブロガーの方は

参考にするといいと思います)







ふと、色々なことを考えました。





うちのブログは

結構、めちゃくちゃなことを

言っているようですが(笑)、

意外とクレームは少ないです。




多分、少ないんじゃないのかな(笑)?









でも、

場合によっては

その対応で、

ブログそのものが

「消滅」することもあるのです。






うちも、実は、

記事が消去されたのは

3回あります(笑)。





ヲイヲイ、って言う方も

いるかもしれませんが、

こんなスタイルでやっていると

この程度でも”軽傷”だと

思えてきます(笑)。








削除の一回は覚悟の上で(笑)。

っていうか、

そんなことやるな(爆)。

いわずと知れたドラえもん最終話です(3)。

リンク先が消されております。





あとの2回は

色々あって(笑)。

秘密です(笑)。







でも、

今までブログが無事だったのは

本当にラッキーでした。

ヘンな人は時々いますので(笑)。






一度といわず、

何度もブログを

やめようと思ったことはあります(笑)。





その大きな原因になるのは

「クレーム」です。

私は正直に謝って、

訂正して、

そして改めてスタートするようにしています。





それでも、

クレームはありますし、

ヘンな方はいます。



なるべくクレームは少なく。


そして、楽しく(笑)。


ブログを続けていく秘訣は

こんな単純なところにあると思います。








以下は、

関連した

”ブログでの差別表現”

についての記事です。




ブロガーの方は

十分お気をつけ下さい。





自分が一番気をつけろ、

という事かもしれませんが(笑)。



















差別表現 ブロガーも問われる責任と人権感覚
6月9日15時30分配信 ITmediaニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080609-00000054-zdn_n-sci





 ブログやSNSが普及し、個人が自分の考えをネット上で表現する機会が増えている。その一方で、差別表現を知らずに書き込んでしまい、他人を深く傷つける可能性も増している。これまでブログが“炎上”したケースでも、差別意識を露呈した表現が問題視されたことが多い。



 「ブログの発展が一番恐い。これまでテレビや映画、新聞が差別を拡大再生産させてきたが、もっとひどいことが起きてしまうのでは」――小学館で差別表現問題に取り組み、多くの実例を集めた「改訂版 実例・差別表現」(ソフトバンククリエイティブ)を出版したジャーナリストの堀田貢得さんはそう危ぐする。

●差別表現とは

 同書によると差別表現とは「他者の人権を侵害し、人間性を深く傷つけ、苦しめ悲しませるような表現」。誰もが持つ基本的人権――自由と平等の権利や人間らしく幸福になる権利――を侵害するような表現だ。

 差別意識が向けられるのは「弱い」人たち。日本では被差別部落出身の人々や、さまざまな障害のある人、在日外国人、アイヌ民族、女性、老人、子どもなど。世界に目を向ければ、少数先住民族や黒人などが、いわれのない差別の対象になってきた。

 出版やテレビ業界は、差別表現について、1960年代から人権団体の激しい糾弾を受けてきた。人権団体が番組や記事、広告などで差別表現を見つけると、責任者を呼んで糾弾会を開き、根底にある差別意識を厳しく問いただす。場合によっては謝罪広告を出したり、書籍や雑誌の場合は絶版になるなど、経営的にも痛手を受けることになる。

 糾弾の経験を経て学習したマスメディアでは、自主規制が進んだ。堀田さんが小学館在籍当時にいた部署も、自主規制の最前線。差別表現に関するレクチャーを開いたり、編集者からの差別表現に関する問い合わせに対応し、「なぜその言葉がダメなのか」を、納得するまで説明していたという。

 堀田さんが心配するのは、そういった経験のない一般個人が、ブログなどを通じて、自由に情報発信するようになった現状だ。SNSの日記やケータイ小説、バナー広告の宣伝文句――ネットが広げた表現手段すべてに、差別表現の危険がひそむ。

 「テレビでも雑誌でもネットも同じ。表現者は、何が特定の人を傷つけるかに思いをはせ、表現するための知識を持たなくてはならない。それを全く意識せずに発信している人がいるとしたら、強い危ぐを感じる」

●ブロガーも糾弾のターゲットに

 人権団体は最近、ネットを注視しているという。
「人権団体はネットを“難しいメディア”ととらえ、真剣にウォッチし、ターゲットにしている。差別表現や問題のある記述は、発見される可能性が高い」

 以前は文書で郵送されていた抗議文がメールで来るケースが増えるなど、差別表現の指摘にもネットが使われ始めた。例えば、週刊誌に掲載された漫画で、ホームレスに対する差別表現があったケース。一般読者名でメールで抗議文が来たが、「編集長が木で鼻をくくるような回答をしてしまった結果、相手を怒らせ、話がこじれてしまった」。

 問題を最小限にとどめるには、メールで指摘が来た場合でも、直接会って話すことが大切という。この週刊誌の場合は、メール対応の後、ホームレスを支援するNPOなどの連名で抗議文が届き、担当編集者、漫画家、編集長を交えて何度か協議。雑誌とWebサイトに謝罪文を出すことなどで決着したしたという。

 糾弾の対象は企業だけではない。作家の発言や、一般人が公的な場で発言した内容が問題になり、糾弾会が開かれたこともある。ブロガー個人が糾弾の対象になる可能性は、決してないとは言えない。

●「人権感覚」を醸成するには

 どうすれば差別表現のないブログを書くことができるだろうか。「この言葉はOK」「この言葉はダメ」というマニュアルがあれば便利のようにも思えるが、堀田さんは「マニュアルには意味がない」と指摘する。「マニュアルを作り、言葉を言い換えるだけでは、人権感覚は醸成されない」

 単なる言葉の言い換えで満足するのはなく、差別とは何かを理解・整理し、差別による不幸を認識し、人権感覚を醸成する必要があると堀田さんは指摘。そのための良書として、島崎藤村「破戒」を推奨する。

 破戒は、被差別部落出身の若者を主人公にした小説。発表と同時に差別文書として水平社から批判を受けたが、歴史的事実と差別問題に関する詳細な解説を入れて出版するという妥協点を見い出した。解説と併せて読むことで、差別問題を根本から学ぶことができるという。

●差別は人間を不幸にする

 編集者が作家に差別表現を指摘し、修正を求めると、「言葉狩り」と反発したり、「表現の自由」を盾に修正に応じない人も多い。だが堀田さんは、井上ひさしさんの発言を引いて言う。

 「井上ひさしさんは『表現の自由はあくまで、権力に対する表現の自由。弱者に対しては、担保されていない』と指摘した。差別は人間を不幸にする。表現者は、差別とそれによる不幸を認識し、言葉による痛みを和らげる配慮を持つべきだ」





クリックするとアマゾンに飛びます。

改訂版 実例・差別表現 あらゆる情報発信者のためのケーススタディ改訂版 実例・差別表現 あらゆる情報発信者のためのケーススタディ
(2008/05/17)
堀田 貢得

商品詳細を見る








つまりは、

「自分のブログは大事にしないと

差別用語なんか調子に乗って

使うと大変な目に会いますよ」

という事でしょう。





私自身、これからも

注意したいと思って

記事にさせてもらいました。











いきなり

「勤務医 開業つれづれ日記」が

なくなっていたらゴメンなさい(爆)。











いつもブログが

消滅しないことを

祈っています(笑)。






毎日、皆さんも祈りましょう。

”ああ、明日もブログがありますように!!!”(笑)










(1)

■<厚労省>医師ら34人処分 4人免許取り消し: 訂正アリ

http://ameblo.jp/med/entry-10105641800.html

(2)
OKWave
ブログに行政処分された医師名を載せると名誉毀損になるのでしょうか?
http://okwave.jp/qa4092321.html

(3)
■「ドラえもん 最終回」とは 注: 高確率で泣きますのでご注意(笑)
http://ameblo.jp/med/entry-10067106535.html

注:削除はリンク先で、これより先にはつながりません。










関連記事

コメント

差別、差別といって逆差別するやつ、
差別してくれないと困る人たち・・たくさんいますね。利権がらみが多いです。人権というものを取り上げて闇の法案を通過させようとしています。人権擁護法案絶対反対!!!在日外国人参政権絶対反対!!

お前って、やっぱり汚らしい人間だなあ。
 お前、生きてる価値ないよ。
 呼吸やめてくれよ。俺からのお願いだよ。
 なあ、頼むよ、なあ?

 恥ずかしくないみたいだなあ。
 なぜなら、お前、去年俺からのコメント、載せなかったじゃないかよ。
 やましかったからだろ?
 お前は人間として駄目だよ。

 そうして、こんな人間のブログにベンチャラコメントしたり、ベンチャラリンクしたりしてる馬鹿医者ブログにも、これからダガシが殴り込むぜ。
 お前らみたいな、人間としてどうしようもない人間は、すぐ医者を辞めてくれ!

こんにちは

読ませていただきました。ありがとうございます。

NoTitle

発達障害者が不利なのは今に始まった事じゃないようですよ。
http://www.egawashoko.com/c006/000150.html
>広汎性発達障害は知能の高さにかかわらず、こういう行動を起こしてしまうかもしれない脳の障害

そんなアブナイ奴はあらかじめ檻に入れとけよ!、ってつい思っちゃいますね私は。いや法理論とかそんなのはモトケンさんとこである程度理解はしてるつもりではあるんですが被害者には何の関係もない話ですからねえ…。それに、発達障害者とか精神病患者へのヌルイ判決は彼らへの差別感情を助長し、結果的には大部分の人畜無害な発達障害者や精神病患者への偏見、不利益に繋がるわけで…。言葉は悪いですが、「見せしめ」は必要だと思います。
posted by 10年前にドロッポしました。 URL 2009.11/10 17:24分 [Edit]


差別事象
>そんなアブナイ奴はあらかじめ檻に入れとけよ!

釣りといっても、公共の場における障害者に対する差別的発言であることには違いありません。
posted by URL 2009.11/13 08:26分 [Edit]

浜の真砂は尽きるとも

ユスリとタカリは無くならないよ

「人権擁護」 「差別反対」等々
正義は我にありです

記事の引用

>編集者が作家に差別表現を指摘し、修正を求める
>と、「言葉狩り」と反発したり、「表現の自由」
>を盾に修正に応じない人も多い。だが堀田さん
>は、井上ひさしさんの発言を引いて言う。
>「井上ひさしさんは『表現の自由はあくまで、権
>力に対する表現の自由。弱者に対しては、担保さ
>れていない』と指摘した。差別は人間を不幸にす
>る。表現者は、差別とそれによる不幸を認識し、
>言葉による痛みを和らげる配慮を持つべきだ」

差別書込みに関する情報提供について

大阪府人権室でも受け付けています

http://www.pref.osaka.jp/jinken/talk/it-sabetu.html

人権問題でお悩みの方

下記までご一報ください。
###-893-315
お悩みをお金に替えて差し上げます。

インターネットと人権

「インターネットを利用するに当たって人権侵害を起こさないために、次のような点に気をつけましょう。

(1) 相手の立場を考え、表現にも気をつける。
 インターネットであっても、他人とコミュニケーションをとっていることに変わりはありません。実社会と同様に、常に相手、読み手に配慮しつつインターネットを利用することが重要です。相手と直に話しているつもりで書き込みを行い、表現や言い回しも気をつけましょう。

(2) 差別的なことは書き込まない。
 差別的なことを書き込むことは、現実の社会と同様に、許されることではありません。特に、インターネットの掲示板は匿名で書き込めますが、このことを利用して差別的なことを書き込むことは許されません。

(3) うそや不確かなことは書き込まない。
 本当ではないことを書き込むことは、もちろん許されません。また、不確かな情報やうわさを書き込んだ場合、その情報が独り歩きをして、正しいものとしてインターネット上に広まってしまい、想像もしなかったような結果を招いてしまうおそれがあります。

(4) 個人情報は書き込まない。
 特定の個人の氏名や住所、電話番号などを書き込んだり、写真を掲載することは、プライバシーの侵害にあたります。また、書き込んだことにより、それらの情報が悪用され、書き込まれた人に予想もしない影響が生じることも考えられます。」

東京都総務局HPより
http://www.soumu.metro.tokyo.jp/10jinken/tobira/internet/internet.htm

インターネットだけじゃないでしょう?

>(3) うそや不確かなことは書き込まない。
 本当ではないことを書き込むことは、もちろん許されません。また、不確かな情報やうわさを書き込んだ場合、その情報が独り歩きをして、正しいものとしてインターネット上に広まってしまい、想像もしなかったような結果を招いてしまうおそれがあります。

→朝日○○や毎日○○、岩崎K1といった実例には事欠きませんので、とても納得がいきます。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -