スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「妊娠学ぶ“妊活”のイベント」 37歳の女性:「妊娠に適齢期があるなど知らないことだらけでした」

最初、ネタかと思いました。


>37歳の女性

>妊娠に適齢期があるなど知らないことだらけでした。





…いったい自分の体が

どんな風になっていると思ったんでしょう?



いままで、

当ブログをはじめとして

医療関係者がいろいろとお話をしてきましたが、

これでは

あまりにも状況がひどすぎます。













妊娠学ぶ“妊活”のイベント

NHK 2011年7月31日 18時57分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110731/t10014593751000.html

結婚や出産する年齢が高齢化する中で妊娠についての正しい知識を身につけてもらおうと、“婚活”ならぬ“妊活”と銘打ったイベントが東京で開かれました。

このイベントは出版社などが開いたもので、東京・港区の会場には20代から40代の男女300人が参加しました。はじめに国立成育医療研究センターの齊藤英和医師が、30代後半になると流産する割合が高くなることなどを説明し、「若いうちから妊娠・出産を含めた人生設計を考えてほしい」と呼びかけました。イギリスの大学が世界18か国で行った調査では

「女性の妊娠能力は40代では30代より低下する」ことを知っている人が、日本は46%

にとどまるなど、

正しい妊娠の知識を持つ人が欧米に比べて少なくなっています。

イベントでは妊娠について正しい知識を身につけることを“妊活”と銘打って、妊娠の基本的な知識をクイズ形式で学んでもらったり、専門の医師が質問に答えたりしました。4か月前に結婚したという

37歳の女性は「妊娠に適齢期があるなど知らないことだらけでした。

仕事をバリバリやりたいが、今は家族を作りたい気持ちが強いので、“妊活”に本気で取り組みたい」と話していました。主催した講談社の川良咲子副編集長は「“妊活”という言葉を通じて後悔しない知識を身につけてもらうとともに、社会や企業にも出産と仕事が両立ができる仕組みを考えてほしい」と話していました。







野良妊婦やら

院内暴力やら

無料救急車のめちゃくちゃな使用状況とか

いろいろとお話ししてきましたが、

>女性の妊娠能力は40代では30代より低下する」ことを知っている人が、

>日本は46%




…おい。

日本人の50%以上の人が

40歳台でも30歳代と同様に妊娠できる

って思っているんでしょうか。





40歳台なら30歳代と同様に妊娠できない

と思っている人は半分以下のようです。






日本の教育は

基礎の基礎から

やり直した方が良いように思えます。




簡単で良いので

ぜひ、基本的な家庭医学を含めた

教育を行うべきです。




人間はだれでも病気や怪我をします。

残念ながら、

人間の致死率は100%です。

だれも永遠の命は持つことができません。




医学の進歩はめざましく、

それなのに医学に関して

一般の方の知識不足は

あまりにひどく、

医療関係者と一般人の会話は

まるで翻訳作業です。





このように、あふれる情報に

知識の軸がないために

おかしな砂糖玉とか宗教に

のめり込む人が後を絶ちません。





>37歳の女性

>妊娠に適齢期があるなど知らないことだらけでした。






つまりハイリスク群として

”40代でも普通に妊娠して

普通に出産できて当たり前”

と考えている方々が続々と

産婦人科を訪れているわけです。




もちろん、

さらに超ハイリスクの自称”自然派”の人々は

病院などには目もくれず、

大変な状況に陥ってから

搬送されたりする人々もいます。





日本では

医学について無知な人々を

大量生産して、

やれ

「医療崩壊だ」

「医師は説明不足だ」

などと言っているのが現状です。






これでは

どれだけ誠実に仕事をしても

お互いの理解などにはほど遠いということです。





なぜかしら、

こういうことを書くと

ネットでは叩かれるのですが、

平均して50歳で女性は生物学的に

生殖機能はなくなります。







日本人女性の平均では

50歳になると閉経をむかえます。

報告では、

喫煙していると早く閉経し、

教育年数が長いと閉経は遅くなります。






40歳代で安全な出産が

20-30歳代と同じ確率で

できると誰が思うでしょう。




でも、

日本人の半分は

そうは思っていないようです。






>37歳の女性

>妊娠に適齢期があるなど知らないことだらけでした。







”自分に寿命があるとは思ってませんでした”

に匹敵するぐらい

とてつもなく恥ずかしいことを

言っていますが、

本人にはその自覚がないように思えます。







約50%の日本人が

そう思っているわけですから、

これが日本人の平均的な姿なのかもしれません。





関連記事

コメント

NoTitle

Reproductive health rightなど虚しく聞こえますね

NoTitle

40代妊娠でも、もし先天異常があろうものなら、今なら間違いなく「放射能のせいだ」といいそうですね。こういう人たち。

もちろん、高齢初産はハイリスクだからと言っても聞く耳を持たず経膣分娩を希望されるのでしょうが。

おじさんの創作に熱くなってどうすんのw
ネタをネタだとry

最も困難なことは?

「自分自身を知ることだ」

最も容易なことは?
「他人に忠告することだ」

最善の生き方とは?
「他人を非難せずに生きることだ」

そして 言う 
「生と死は少しも違わないこと」だと

柳広司 『最初の哲学者』より

放置医

どうせまたマスゴミの捏造じゃないかという気もしますが、ほんとならただただ呆れるのみ。

ホントにいます

私は子供がいますが、職場には30代後半独身女性がぞろぞろ。「出産を焦らないのか」と聞いたところ、「今は医学が進歩してるから40代でも産める時代なんですよ~」とアホな事を言われました。卵子が老化する心配など全くしてないようですよ!

気が若いからってねぇ

お肌の老化には敏感なのにね(笑)
見えるとこしか気が回らないんですかねぇ。
でも毎月くるものからも老化って感じません?
私は若い頃は苦労知らずでしたけど、30半ばから結構しんどくなりました。
調べたら筋腫が結構なことになってたり。
最近多いみたいですよね・・・

人のことは言えませんが、結婚する気があるなら早いに越した事はないなって思います。
仮に幸運にも40代で出産しても、その後の育児が大変ですよ。(子守でも雇えりゃいいけど)
それに10年もすれば更年期突入ですよ(笑)

Bugsy

今の女性って見かけは随分若くなりました。しかし内臓や妊娠や分娩に必要な臓器が若返ってるわkではありません。

どうも日本人は老化と言う事に無頓着になったようです。
気分だけは若いのです。モラトリアムというか社会に組み込まれるのを嫌がる人間が増え 自分たちはずっと若いつもりなんでしょう。

今の日本には、高齢出産以外に道はない!

HINAKAです。

中間管理職

また門外漢が、失礼致します。
ちょうど、全く関係無いのにTVアニメ『ゆるゆり』と、『教師と生徒の恋愛問題』という無茶な構成で記事を書きましたので、トラック・バックさせていただきます。
個人の結論的には、現在の少子高齢化社会で、女性の立場が変わらないのであれば、無知による低年齢出産か、承知の上での高齢出産しか道はない!と、言う事です。

ですが、日本人と日本社会は、無知な若者に妊娠出産の問題と、愛情があっての結婚生活でも、クリアする事はほぼ不可能だと思います。
残るは、高齢出産ですが……おそらくそう遠くない時代に、この国はこの国自前の国民だけでは、どうにもならない事になると思います。

それでは、また。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

中学高校の保健の授業

たしか、20歳までは身体能力等が成長で
そこまで、とにかく頑張って御飯食べたり、スポーツしたりして体づくりをして
20歳をピークに徐々に下がっていくって話だったと思います
20歳より、30歳
30歳より、40歳
どんどんつらくなっていきます
スポーツ選手で20歳がピークではないのは
駆け引きや技能的な単純でないノウハウの習得・披露が要因ではないでしょうか?

残念ながら、誰もがいつかは死にますし
年齢を重ねると肉体的には劣る状況になっていきます
それをした上での健康づくりや、日々の生活をどうするのか
生き方はどうするのかを考えなきゃいけないのにね
もっと思慮深く生きていかなきゃって反面教師にしたいと思います
非公開コメント

トラックバック

TVアニメ『ゆるゆり』で、思い出したこと。J-CASTニュース『教師が女子高生と性的関係 事情斟酌なく必ず「懲戒免職」』

『教師が女子高生と性的関係 事情斟酌なく必ず「懲戒免職」』 J-CASTニュース 2011年07月29日・18時33分  未成年と性的関係を持ったとして問題化するケースが相次ぐなか、山形県の42歳の男性教諭が、顧問を務める部活動の女子生徒と関係を持ってい?...

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。