スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:医療機関?賠償の対象外だよ「県、賠償請求範囲の独自調査開始へ」




あはは、

やっぱり!?





原発の賠償って声がでかい人が

いっぱいもらえる印象があったんですが、

原発被害の医療機関は指針にすら盛り込まれていない

ですね。






原子力損害賠償紛争審査会、

ひいては国と東電にとって

医療機関は、

勝手に患者さんを助けて

勝手に全国からボランティアが来て

勝手に再生して

勝手につぶれて

勝手に責任取ってくれる

大変便利な存在。




震災医療や被災した

医療機関になんか

一銭も出しません、

というのが

国の方針のようです。




どこまで日本って国は

医療をコケにしているんでしょう。







県、賠償請求範囲の独自調査開始へ

福島放送 2011年05月04日 09時26分配信

http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=201105044


福島第一原発事故で、県は国や東電に賠償を求める範囲を風評以外の被害まで広げる。
市町村や法人、協会などの団体が事故対応でかかった人件費、従業員の避難で企業が受けた営業損失などの被害実態を調査し、国や東電に賠償を求める。
9日に開く原子力損害に関する関係団体連絡会議の幹事会で、被害リスト作りをスタートさせる。
県が国などに賠償を求めるのは、避難所に保健師を派遣したり、職員に超過勤務をさせたりして人件費が増大している市町村、医師や看護師らが避難し、事実上運営できなくなった医療機関などの損害などを想定
こうした被害は原子力損害賠償紛争審査会の第一次指針に盛り込まれておらず、県は独自に調査する必要があると判断した。
県が新たに作成するリストには県内の社会福祉法人や医療法人、協会、組合など各団体の被害が盛り込まれる予定。
企業については商工関係団体を通じて実態を把握する。
県はリストを基に関係省庁や国会議員に本県の実情を訴える。






完全に医療機関は

救済のかやの外です。






ま、やっぱり福島で医療をすることは

間違いである、

というのが再確認できました。







国も

警察も

電気会社ですらも

医療機関は使い捨てで

お金を出さずに便利な存在、

なにかあったら責任は個人で取ってもらう、

という状況です。










こんなことやっていたら

災害医療は無料で可能

というのが日本の常識になってしまいます。





災害医療を

こんなシステムにしていいのですか?

ボランティア精神込みの無料システムでは

いつか

絶対に対応できなくなります。











>医師や看護師らが避難し、事実上運営できなくなった医療機関などの損害
>こうした被害は原子力損害賠償紛争審査会の第一次指針に盛り込まれておらず


医療機関は

つぶれようが

廃墟になろうが

被害でもなければ

賠償の対象でもないって、

ようは

医療機関は使い捨て

ってことですか?







全て

この調子なのが

日本の医療政策なのです。




人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ














関連記事

コメント

今更?

ミンスに行政能力はありません。
基本的にサヨクは口先のみ、批判のみです。
何かに責任を持ち行うということが出来ないやつらで、だから反対派は皆殺し。

しかし、そんなミンスに投票や支持したのは日本人+医師会なんだから、きちんと自らの選択結果を引き受けるべきでしょう。

今、ミンスは批判マスコミの抑制案を閣議決定したり、外国人参政権にじゃまな憲法を改正するために向けて動いています。ミンスによる日本破壊は医療どころではなく、むしろ奴らに医療を関わらせない方が良いくらいです。

なにそれこわい

民ス「原発被害の医療機関への賠償は対象外です」
医者「えっ」
民ス「えっ」

NoTitle

福島県で医療をやる人は消滅しますねww

NoTitle

福島人は放射能で頭やられているんです。
そんなところで医療なんかできません。

東電は債務超過です。

8兆円資産があるとのことですけど。
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/gendai-000145390/1.htm
 実質は債務超過でしょう。関東東北の農産物はEUには輸出できなくなります。暫定基準値も見直せば賠償額は10兆円では納まりませんよ。確実に法的整理が必要です。
 会社は売却、株券は紙くずに、銀行融資は減免、社債の元利償還も減額、東電の消費者も料金値上げ。これで福島県民とバランスがとれようというものです。法的整理ですから誰も文句言いません(笑)

経済界はパニクるでしょうが自業自得です。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。