スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「公共事業に1兆3000億円=医療費免除に1100億円-1次補正」「原発からの避難者、医療費免除拡大を検討 厚労省」


今回の震災での

医療費免除に関して

1100億円を当てるようです。




ただ、これって

患者さん側がただになるだけで、

実際のDMATや

医療機関の再建などは

全然手当てされていないのでは?






公共事業に1兆3000億円=医療費免除に1100億円-1次補正

時事ドットコム 2011/04/11-22:13
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2011041101011

 東日本大震災の復旧・復興に向けて政府・民主党が検討している2011年度第1次補正予算案の全容が11日、判明した。財政支出4兆円規模のうち、道路や港湾、上下水道などライフラインの復旧を中心に公共事業費を約1兆2900億円計上。また、被災者の医療費や介護保険料の免除などに約1100億円を充てる。同日、補正成立に協力を求める自民、公明両党に提示した。
 1次補正では、7万戸の仮設住宅整備などに約5000億円を投入するほか、がれき処理に約3000億円、学校施設や社会福祉施設の復旧に約4000億円、被災自治体に配分する特別交付税の増額に約1200億円を計上。公共事業費には、被災者が入居する公営住宅1万戸分の整備費として約1100億円を盛り込んだ。
 また、津波で甚大な被害を受けた漁船や漁場の復旧など水産業の支援のため約1600億円を充てる。資金繰りに苦しむ中小企業の金融支援策では、低利融資を担う政府系金融機関の増資のため約5000億円を用意する。原発事故に伴う電力不足への対策には、自家発電を行う事業者への補助など約180億円を盛り込む。




さて、医療費免除が

ある地域は適応されるけど、

町長、村長判断で避難しているところは

適応されないとか、

まだらになっている模様。




原発からの避難者、医療費免除拡大を検討 厚労省

日本経済新聞 2011/4/11 18:37
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819481E3E3E2E38A8DE3E3E2E6E0E2E3E39797E3E2E2E2;at=ALL


 小林正夫厚生労働政務官は11日の記者会見で、福島第1原子力発電所の事故により避難している住民の医療費免除について、対象者の一部拡大を検討していることを明らかにした。

 現在は政府が避難指示や屋内退避要請を出した原発の半径30キロ圏内の住民に対し、医療費を無料にしている。ただ、福島県浪江町、葛尾村など町村内に30キロ圏外と圏内が混在し、かつ町長や村長の判断で全住民に避難指示を出している地域では、住民の中で医療費の免除を受けられる人と受けられない人がおり不公平感が生まれている。

 小林政務官はこうした状況に「どのような対応が可能か、補正予算で検討していく」と述べた。








統一地方選挙で

こてんこてんに負けたミンス。




「ミンスになれば医療問題解決!」(1)

とか叫んで土下座した知事もいましたが(2)、

被災地になってしまって

医療機関がずたずたになった状況を

どう思っていることでしょう。














(1)
’09記者ノート:/5 知事は地域医療の現場知って /岩手

毎日新聞 2009-12-20 11:03(リンク切れ)
http://mainichi.jp/area/iwate/news/20091220ddlk03070020000c.html


 白けたムードが会場に漂った。「民主党政権が誕生すれば問題は解決する」。県立地域診療センターの無床化を受け、今年4月に一関市花泉町で開かれた住民説明会で、達増拓也知事が答えた時だ。地域医療の将来像やセンターの行方を聞こうと住民約80人が集まっていた。

 県議会で達増知事が土下座姿を見せ、全国的な注目も浴びたこの問題の取材で、地域を歩いて見えてきたのは、不安を募らせ堪える住民の姿だった。

 持病がある両親と3人で暮らす同市花泉町の農業男性(60)は、「話が違う」と憤っていた。1月に母親(84)が倒れ救急車を呼んだ時、搬送先が1時間決まらなかった。無床化の半年後、近くの女性も同じ目にあったのだ。最寄りの基幹病院は救急患者が集中していたという。

 山田町に住む男性(60)は、両親の入院先探しに気をもみ、ため息をついていた。母親(80)が以前、入院していた県立山田病院は昨年度末に内科医が県立大槌病院に異動し、常勤内科医がいない唯一の県立病院になった。こんな状況下、母親は、痛みも入院も我慢しているのだという。

 医師不足で医療態勢の維持が難しいことは、理解できる。やむを得ないこともあろう。

 残念なのは、地域医療崩壊の現場で苦しむ人々の心中をおもんばかる気持ちが、最後まで知事の言葉や態度から感じられなかったことだ。住民説明会で「受診を見直すなど住民にもできることがある」などと話す姿に、違和感はぬぐえない。日ごろ「知事の仕事は『知ること』だ」と言っていたではないか。

 山田病院から医師を集めた大槌病院は、医師1人が病気療養のため、来春から入院患者の受け入れを減らすという。【山口圭一】=つづく


(2)
■知事の土下座攻め 「知事が土下座 かばう与党 あきれる傍聴人」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-680.html














関連記事

コメント

非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。