スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:医学的に正しいニュースを 「“飲み水ない場合 水道水を”」

医学的に正しいけれども

全然報道されないニュース。





たぶん、

マスコミの方々には

理解できないんじゃないのかな?



もともと、

>牛乳やほうれん草には、元々50 Bq/kg、200 Bq(ベクレル)/kgの放射能が含まれています



>私たちの身体には必須元素として体重1 kg当たり2 gのカリウムが存在しますが、その0.01%はβ線を出すカリウム-40です。

>ですから、体重60 kgの人では1秒間に3,600 Bqに相当する放射線を出しています





もう一回言おう。

人間では体重60kgで

"毎秒"3600ベクレル相当の

放射線が体内から自然に出ている。




あと、ベクレルとシーベルトが

ごちゃごちゃになっているのも

いっぱい見受けられるので、

(4)を読むべし。





まずは、

世界の片隅で

すぐに消えたニュース。





“飲み水ない場合 水道水を”

NHK 2011年3月26日 5時38分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110326/t10014912891000.html


福島をはじめ、東京など各地の水道水で乳児の摂取制限の指標を上回る放射性ヨウ素が検出されている問題で、日本小児科学会など3つの学会は保護者らに対し、飲み水が確保できない場合は水道水を使うよう呼びかける共同見解をまとめました。

日本小児科学会と日本周産期・新生児医学会、それに日本未熟児新生児学会の3つの学会は、乳児のいる家庭や保育所、それに病院などで、水道水を巡って大きな混乱が起きているとして、共同で見解をまとめました。見解では、国の指標は月、または年単位の摂取を前提に設定されたものだとして、指標を上回っていても、水道水が短期間で乳児の健康に影響を及ぼす可能性は極めて低いとしています。一方で、汗をかきやすい乳児は、水分が不足すると重大な健康障害を起こすと指摘し、保護者らに対し、ほかに飲み水が確保できない場合は水道水を使うよう呼びかけています。また、ミネラル分の多い一部のミネラルウオーターは乳児の腎臓に負担をかけるおそれがあり、水道水を使ったほうが安全だとしています。3つの学会では「赤ちゃんに水分を摂取させることを一番に考え、過剰に心配せずに水道水を使ってほしい」と話しています。







全然報道されないけど

正しいのが(1)から(3)までの

各学会の声明など。





マスコミさんには

きっと読んでもわからないんでしょう。

でもね、

本当に必要な情報は

こういうところにあるんじゃないんでしょうか?







「食品衛生法に基づく乳児の飲用に関する暫定的な指標値100Bq/キログラムを超過する濃度の放射性ヨウ素が測定された水道水摂取」に関する、日本小児科学会、日本周産期・新生児医学会、日本未熟児新生児学会の共同見解(1)

って、タイトル長すぎ。








(1)3月24日 「食品衛生法に基づく乳児の飲用に関する暫定的な指標値100Bq/キログラムを超過する濃度の放射性ヨウ素が測定された水道水摂取」に関する、日本小児科学会、日本周産期・新生児医学会、日本未熟児新生児学会の共同見解

http://www.jpeds.or.jp/pdf/touhoku_6.pdf

以下全文


「食品衛生法に基づく乳児の飲用に関する暫定的な指標値100Bq/キログラムを超過する濃度の放射性ヨウ素が測定された水道水摂取」に関する、日本小児科学会、日本周産期・新生児医学会、日本未熟児新生児学会の共同見解


平成23 年3 月24 日
日本小児科学会
会長 五十嵐 隆
日本周産期・新生児医学会
理事長 田村正徳
日本未熟児新生児学会
理事長 戸苅 創

「乳児による水道水の摂取に係る対応について[平成23 年3 月21 日健水発第2 号厚生労働省健康局水道課長通知])」に基づき、乳児による水道水の摂取を控えるように各自治体から呼び掛けが行われています。そのため、各地域で、乳児のいる家庭、乳児を預かる保育所、乳児が入院する病院等で大きな混乱が起きています。しかしながら、この指標値は月あるいは年単位で摂取した場合に設定されたものです。したがって、短期間の摂取では、乳児であっても、健康に影響を及ぼす可能性は極めて低いと言えます。一方、乳児の水分摂取必要量は成人に比べて多いため、短期間であっても、水分摂取不足は重大な健康障害を起こします。このため、飲用水が確保できない場合には、水分摂取を優先させて下さい。なお、学会としては、当面の対応として以下のようなことを推奨します。

1)母乳栄養の児では、母親は制限なく食事を摂取し、母乳栄養を続けてください。

2)人工栄養の児では、ミネラルウォータを使用してミルクを調整することは可能ですが、煮沸し適温にしてから使用します。一部の硬水では、粉乳が十分に溶解しないことがあります。また、硬水には多くのミネラルが含まれており、乳児に過剰な負担を与える可能性があります。この場合には、水道水を用いる方が安全です。

3)離乳食を摂取している乳児では、水分摂取は離乳食からも可能なので、人工乳の量を減らすことは問題ありません。

4)人工乳のみを摂取している児で、代用水が確保できない場合には、通常通り水道水を使用して下さい。


(2)
3月25日 日本核医学会 「微量に放射能汚染された飲食物の長期摂取に関して」
http://www.jsnm.org/japanese/11-03-25
以下全文

微量に放射能汚染された飲食物の長期摂取に関して

 国民の皆様におかれましては、東北地方太平洋沖地震に伴う福島原子力発電所事故による放射性物質に由来する健康への影響をご心配のことと思います。特に、放射性物質に汚染された飲食物摂取による身体への影響に関して、ご懸念のことと存じます。

先日来、国の関連機関から、原乳、野菜、上水道などへの放射性物質の混入が報告されています。これに伴い、国により、飲食物に含まれる放射性物質に関する暫定規制値が設定され、これを上回る飲食物の摂取制限がなされております。暫定基準を下回る飲食物については安全性が強調されておりますが、これらの飲食物の摂取に不安を感じておられる方も多いと思います。そのような方々への情報として、このアナウンスをお出しする次第です。

まず、このような原子力発電所事故がなくても、我々が普段口にしているすべての飲食物には放射性物質が含まれていることを理解する必要があります(日本アイソトープ協会HPより:出典:文部科学省パンフレット)。たとえば、牛乳やほうれん草には、元々50 Bq/kg、200 Bq(ベクレル)/kgの放射能が含まれています。もともと私たちは微量の放射能に囲まれて生活しているのです。さらに、私たちの身体には必須元素として体重1 kg当たり2 gのカリウムが存在しますが、その0.01%はβ線を出すカリウム-40です。ですから、体重60 kgの人では1秒間に3,600 Bqに相当する放射線を出しています。このように、私たちは、生まれてから生涯、放射線を出す様々な環境の下で生活していることをご理解下さい。

さて、都内では平成23年3月23日に水道水に放射性ヨウ素210 Bq/kgの混入が認められたため、乳児が水道水を飲むのを控えるよう通達がなされました。平成23年3月17日の政府通知では、成人・小児の放射性ヨウ素に関する暫定規制値を、飲料水300 Bq/kg、牛乳・乳製品300 Bq/kg、野菜類(根菜類は除く)2,000 Bq/kgとしています。また、同通知では、特に乳児については飲料水の暫定規制値を100 Bq/kgとしています。これは乳児への影響は大人より3倍程度高いことが知られているためです。なお一部の報道に、「乳児の甲状腺が発達途上でヨウ素が取り込まれやすい」という説明がされていますが、取り込みの力に年齢差はありません

皆様方の健康への影響を、もっとも影響を受けやすいと考えられる乳児を例に考えてみます。乳児については、飲料水に含まれる放射性ヨウ素に関する暫定規制値の上限は100 Bq/kgとなっています(上述のようにこれが最も厳しい上限設定です)。この飲料水で調整したミルクを1回200 ml、1日5回飲んだとします。1日1,000 mlですから体内に約100 Bqの放射性ヨウ素が乳児体内に入ることになります。仮に1 年間飲んだとして、100x365 Bqつまり36,500 Bqです。国際放射線防護委員会ICRP報告にあるとおり、約120,000 Bqの放射性ヨードが体内に入った状態(甲状腺線量0.020Gy程度)でも子供達の甲状腺癌発生が増加する危険はありませんので(平成23年3月18日の本学会アナウンスをご覧ください)、このような条件であっても、子供達には影響はでないことがおわかりいただけると思います。

また、年長児が、暫定規制値の上限に該当する牛乳(300Bq/kg)を毎日コップ1杯(約200 ml)1年間飲んだと仮定しても、300x0.2x365 Bq、21,900 Bqの量に相当します。これも発癌の危険が発生する量にはなりません。
野菜などの放射能汚染の大部分は表面に付着したものですから、日常の調理と同様にきちんと洗って用いれば、ほとんど洗い流され、体内には入りません。放射性セシウムも検出されていますが、報告されている量は総じて放射性ヨウ素よりも少ない量であり、同様の対応をとっていただければよろしいと思います。
実際には、長期にわたるこのような微量の放射線被ばくにおいては、影響を受けた細胞には修復の働きがあるため、発癌の危険はこの試算よりもずっと低くなります。また、上記試算は、年間を通して一定量の放射性物質の混入が同じ量持続すると仮定して計算していますが、今後原子力発電所の状況が改善していくならば、環境中に放出される放射性物質の量が減ることに加えて、一旦環境中に出た放射性物質も徐々に減少していきますので、放射線被ばくは試算よりもさらに大幅に少なくなります。事実、平成23年3月24日午前6時の測定で水道水中の放射性ヨウ素が100 Bq/kgを下回ったため、東京都は摂取自粛要請を取りやめました。

以上のことから、発出されている政府の指示を守れば、最も放射線に対する影響を考慮しなければならない子供達でも問題とならないことがおわかりいただけますでしょうか。放射線の影響がずっと低い大人では、さらに影響を及ぼすことはないと考えて差し支えありません。

現在種々の風評が流れていますが、国民の皆様におかれましては、流言に惑わされることなく、政府や関連機関の指示にしたがって行動してくださいますよう、お願い申し上げます。

平成23年3月25日
改訂第2稿:平成23年3月25日


(3)3月24日 日本産科婦人科学会 「水道水について心配しておられる妊娠・授乳中女性へのご案内」

http://www.jsog.or.jp/news/pdf/announce_20110324.pdf
以下全文


水道水について心配しておられる妊娠・授乳中女性へのご案内

平成23 年3 月24 日
日本産科婦人科学会

平成23 年3 月23 日(水曜日)東京都の金町浄水場の水道水に1kg(1.0 リットルあるいは1000 ミリリットルに同じ)当たり210 ベクレルの放射性物質が含まれていると発表されました。以下に、1kg 当たり200 ベクレル前後の放射性物質を含む水道水(軽度汚染水道水と表現します)を長期にわたって飲んだ場合の健康への影響について学会の見解を示します。

1. 軽度汚染水道水を妊娠期間中(最終月経開始日より分娩まで)毎日(計280日間)1.0 リットル(1,000 ミリリットル)飲むと仮定した場合、妊娠女性がその間に軽度汚染水道水から受ける総被曝量は1,232 マイクロシーベルト(1.232 ミリシーベルト)と計算されます。おおよその母体被曝量は以下のように算出されます。総被曝量(マイクロシーベルト)=(摂取ベクレル総量)×2.2÷100例えば、500 ベクレル/kg の水を1 日1.0 リットルずつ365 日飲むと500×365×2.2÷100=4,015 マイクロシーベルト(約4.0 ミリシーベルト)となります。

2. お腹の中の赤ちゃん(胎児)に悪影響が出るのは、赤ちゃんの被曝量が50,000 マイクロシーベルト(50 ミリシーベルト)以上の場合と考えられています。なお、日本産科婦人科学会では放射線被曝安全限界については米国産婦人科学会の推奨に基づいて50 ミリシーベルトとしてきております。一方、これら問題に関する国際委員会の勧告、ICRP (InternationalCommission on Radiological Protection) 84 等に基づいて安全限界を100,000 マイクロシーベルト(100 ミリシーベルト)とする意見もあります。この違いは他の多くの安全性指標と同様、安全域をどこまで見込むかという考え方の違いによるものです。なお、赤ちゃん(胎児)の被曝量は、母体の被曝量に比べて少ないとされています。胎児が100,000~500,000 マイクロシーベルト(100~500 ミリシーベルト)の被曝を受けても胎児の形態異常は増加しないとの研究報告もあり、ICRP84 は「100 ミリシーベルト未満の胎児被曝量は妊娠継続をあきらめる理由とはならない」と勧告しています。

3. 母乳中に分泌される(出てくる)放射能活性を持ったヨウ素は母体が摂取した量の4 分の1 程度と推測されますが、確定的なことはわかっていません。

4. これらを総合すると、現時点では妊娠中・授乳中女性が軽度汚染水道水を連日飲んでも、母体ならびに赤ちゃん(胎児)に健康被害は起こらないと推定されます。また、授乳を持続しても乳幼児に健康被害は起こらないと推定されます。

5. しかし、胎児・乳幼児は成人に比べ被曝の影響を受けやすいとされており、被曝は少ないほど安心です。したがって、軽度汚染水道水以外の飲み水を利用できる場合には、それらを飲用することをお勧めします。

6. 妊娠中女性は脱水(体の中の水分が不足すること)には特に注意する必要があります。したがって、のどがかわいた場合は決してがまんせず、水分を取る必要があります。のどがかわいた場合には、スポーツドリンク、ミネラルウォーター(軟水のもの)、ジュース、牛乳などがお勧めです。

7. 今後も水道水の放射性物質汚染(ベクレル値)には注意して下さい。今回お示しした式を使用して、野菜などからの被曝も計算できます(野菜何グラム当たりのベクレルかに注意が必要です。1.0 キログラムは1,000 グラムと同じです)。

(4)
ベクレルとシーベルト 

2011/03/20 19:05 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011032001000527.html

 福島第1原発の事故で、周辺地域の農産物や水道水、雨などの降下物から放射性のヨウ素やセシウムといった放射性物質が検出された。

 Q 「ベクレル9 件」って言葉を聞くけど何?

 A 放射性物質は原子が崩壊して放射線を出します。放射線を出す能力を放射能といいますが、放射能の強さや量を表す単位が「ベクレル」です。1秒間に原子一つが崩壊すると、1ベクレルといいます。

 Q 1ベクレルってどのくらいの量なの?

 A ラジウム温泉1リットルでおよそ10万ベクレル、人も体内に放射性物質を含むため、人体全体で約6千~7千ベクレル、たばこの灰1グラムで約5・9ベクレルといった具合です。

 Q 「シーベルト」という単位もあるけど、どう違うの?

 A 「シーベルト」は人間が放射線を浴びたときの影響を表すのに使う単位です。放射性物質が出す放射線にはアルファ線やガンマ線などいろいろな種類があり、その種類や物質からの距離によって人体への影響が異なります。

 日本人は自然状態で年間約2・4ミリシーベルト浴びています。これ以外に、人工的には年間1ミリシーベルト(千マイクロシーベルト)が一般人の許容限度とされていますが、CTスキャンなど明確な利益や理由がある場合は、許容限度とは別に考えることになっています。職業で放射線作業をする人には別の基準があります。

 Q 「ベクレル」と「シーベルト」の違いがいまひとつ分からない。

 A 電球に例えると、光の強さそのものに相当するのがベクレル、距離によって異なる明るさに相当するのがシーベルトだと説明する専門家もいます。

 Q 食品での基準は?

 A 食品衛生法による暫定的な規制値として、放射性ヨウ素については飲料水や牛乳で1キロ当たり300ベクレル9 件、野菜類は同2千ベクレル、放射性セシウムについては飲料水や牛乳は1キロ当たり200ベクレル、野菜や穀類、肉、卵などでは同500ベクレル以下と9 件定められ、これを超える食品は食用に回らないように自治体などに求めています。







>電球に例えると、光の強さそのものに相当するのがベクレル、

>距離によって異なる明るさに相当するのがシーベルト






本当の意味ではちょっと違うけど、

なかなかわかりやすい説明ではないでしょうか。









放射線に関して、

医師がへんな風評の元にならないように

正しい知識が必要とされています。







今一度、

マスコミに惑わされず、

必要で精確な情報を

患者さんや一般の方々に

伝えるようにしましょう。









ご参考になりましたら幸いです。








人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ













関連記事

コメント

NoTitle

確かに提示されたデータからは、水も食料も
短期的には安全です。

しかし、基本となるデータの出所である
政府・東電・マスゴミが大嘘まみれなので、
実際のところはよく分からないと思います。

これはすごく大事な情報だと思います

実際、今の水の量だと、放射線の量としてほぼ害がないレベルだと思います。
むしろ黄砂に含まれている有毒物質のほうがよっぽど危険です。
不安を煽られるよりより冷静な判断をというところだと思います

NoTitle

そうですね。母の友人が東京から福岡に子供、孫まで連れて逃げたみたいなんですが、かえってお孫さんが喘息なんかにならないといいですね。

嘘を吐こうにも…

>政府・東電・マスゴミが大嘘まみれなので、

政府・東電・マスゴミが状況を把握してるとでも思ってるんでつかw?

多少の間違いはあるでしょうが

政府、東電側も混乱があるので若干の間違いはあるでしょうが、情報操作はしてないと思いますよ。
陰謀論を言い始めるとどの情報も信じられなくなります。

Bugsy

>陰謀論を言い始めるとどの情報も信じられなくなります。
それをパニックと呼びます。気をつけましょう。

一般国民が放射能なんて測定しようがないのです。米軍が測定してるでしょうが 政府の測定値と大幅に違っていたなんて情報も今のところはありませんからね。

親父に転送

親が千葉在住で放射能について不安がってたので記事の内容を転送しておき、心配するなと伝えました。戦争体験世代で長崎出身なので放射能というと無条件で怖くなるようです。
 せっかくネットが発達しているのですから有用な情報を選択する能力がこれから必要ですね。

はい隠蔽隠蔽

こんな話がありますね。
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110330-00000084-jij-soci

採取翌日には、結果が分かってるはずなのに、
何で30日まで発表しないんですかね。
この期に及んで、隠蔽隠蔽。正しいデータがないに等しいので、
医師も安全安全言わない方がいいと思います。

NoTitle

具体的な根拠が無く不安ばっかり煽られ続けていると脳がメルトダウンしちゃう人がいっぱい出てくる様です。どんなに説明されても理解できない人っていますしね。

ちょっとだけ

たまたま発表が遅れただけでは?最終的に発表していますし、28日には検出されなかったんで別に気にするほどのことではないのでは?基準値をちょっと超えててもペットボトルの水で半分に割ればあら、不思議基準値以下になりますが。
あんまり陰謀厨かまってこちらが荒れると困るのでこのヘンにしときまーす。暇だから細かいことを気に病むのよね。がんがんお仕事しましょう!

NoTitle

28日に値が下がったから、発表したのでしょう。では、値が下がらなかったら、どうするつもりだったのか? 今後もしずっと下がらなかったら、どうするつもりだったのか? と想像しなければなりません。
値の高低が問題なのではありません。隠蔽していること自体が問題なのです。普通に発表すればいいのにわざわざ隠蔽する、当然後になってばれる、だから不安が生じるのです。

政府は、隠蔽します。いままでの(隠蔽)実績も、十分です。これは事実で、前提条件にするしかないのです。その上で、冷静な判断をするしかないのです。

もちろん、不安が生じてきます。しかし、だからといって、信用に値しないものを信用するのは、危険で有害です。その不安を克服する心を持つべきである、という、当たり前のことを言いたいだけです。

一時の心の安定を求めて、信用に値しないものを信用する、というのは、ホメオパシー信者のようなものです。

NoTitle

>政府・東電・マスゴミが大嘘まみれ
>政府は、隠蔽します。
のはずなのに何故か自治体発通信社(マスゴミ)経由の情報は信じてしまうって・・・不思議だ。

NoTitle

仰るとおりで、もちろん、提示の記事が嘘や捏造である可能性はありますね。ただ、そうだとしても、政府が信用ならない事実は、変わりません。

提示の記事は、丁度タイミング良く出てきた一事象に過ぎません。これからも、耳を塞ぎたくなるような情報が沢山出てきますので、心の準備が必要ですね。

NoTitle

↑でわ28日に下がったと言うのも信用できないのでわ。
結局全部の情報は信用できないのでつね。
ちなみに今回の震災や原発事故はニートやヒッキーの免罪符にはならんよ。

NoTitle

ん~、煽りなんでしょうが、あえてマジレス(笑)

>結局全部の情報は信用できないのでつね。
当たり前ですが、世間には多量の情報があり、ネットでその多くを入手することが出来ます。各々の情報は、正しいものから大嘘まで様々で、かつ、自分自身で正誤を確認できる情報は、少ないです。この条件の中、この非常時に、如何に真実に近い情報を拾い上げることが出来るか、個人個人の知性が試されていますね。
う~ん、当たり前すぎて、書いてて馬鹿馬鹿しくなってきた・・・。釣られちゃったなあ(笑)

>ちなみに今回の震災や原発事故はニートやヒッキーの免罪符にはならんよ。
申し訳ありませんが、この後半部分については、貴方が何を言いたいのか、サッパリ分かりません。

レスは煽り目的でなく、議論に値するようなものを付けて頂きたいものです。
・・・おまけとして、クラウゼヴィッツ「戦争論」の一節を、コピペしておきますね。
「情報は、相互に矛盾したものが多く、さらにより多くが間違っており、大部分が不確実なものだ。そこで物事と人間に関する知識、常識から判断の基準を持たなければならない。そして結局は見込みに基づいて判断しなければならない」(1編1章より)
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。