スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「医師ら疲労深く 泊まり込みで不眠不休、家族とまだ連絡取れず」




震災の現場医療スタッフが

燃え尽きないことを

切に願います。








医師ら疲労深く 泊まり込みで不眠不休、家族とまだ連絡取れず

2011.3.22 06:52
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110322/dst11032206540010-n1.htm

 東日本大震災による大勢の負傷者への緊急対応や、津波や福島第1原発事故で避難生活を強いられ体調を崩した住民に対するケア。不自由な生活を強いられている住民はもちろんだが、被災地の医療施設で不眠不休で働いている医療関係者らも疲労を深めている。

 事故が相次ぐ福島第1原発がある福島県。県立医大病院(福島市)では、断水が長く続き、手術や人工透析、検査などに大きな支障が出た。水道は19日に復旧したが、今も一部医薬品の供給が滞っている。外来患者が病院の建物に入る際は、放射性物質の有無を調べるスクリーニングを実施している。同病院で物資調達を担当する井出孝利さんは「うちは地域の拠点として重い患者を受け入れる3次救急病院。早く通常の診療体制に戻したいが、ガソリン不足で物流が回復しないのが悩みだ」と話す。

 福島県沿岸部のいわき市立総合磐城共立病院によると、原発事故の影響で市内の多くの薬局が休業。薬を求めて訪れる市民が多く、1カ月分を2週間分にするなど処方量を減らしてしのいでいる。

 被災したり、ガソリン不足で通勤できないなどの理由でスタッフは通常の半分程度。100人以上が病院に泊まり込み、震災後からほぼ全員が休みなく働いている。担当者は「せめて1日でも休みが取れるようにしないと、医師も看護師も職員もいつか倒れる」。


 宮城県女川町の女川町立病院は高さ16メートルの高台に位置するが、それでも1階まで津波が押し寄せた。難を逃れた入院患者や隣接するデイケア施設から移った高齢者計約80人を抱える上、外来患者は通常の3倍を超す1日300人以上だ。

 もともと深刻な医師不足で常勤医はわずか4人。4月から公設民営化を予定していたことが幸いし、委託先の地域医療振興協会を通じて関東の複数の民間病院が急遽(きゅうきょ)、ヘリコプターで医師や看護師を送り込んでくれた。おかげで周辺避難所に医療スタッフを派遣し、来院できない被災者のケアにも当たれるようになった。だが、家や家族を失ったり、家族といまだに連絡が取れないスタッフも多い。阿部敏彦事務長は「みんな見た目は気丈に、一生懸命働いているが、抱えているであろう心の傷が気掛かりだ」と話した。





一方、

中にはこんな御仁もいるようです。

医師でもいるんだから

一版の方にも

後先考えずに

突っ込んでくる人がいるんでしょうね。




こういうことが

美談になると

いろいろな人が

現場に食料もガソリンも持たずに

突っ込んでいって

逆に現場の足かせになりそう。








東日本大震災 東京から単身バイクでふるさとの被災地に駆けつけた医師に密着しました。

フジテレビ系(FNN) 2011年3月21日(月)19時37分配信
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00195721.html

東日本大震災の被災地に、東京から駆けつけた医師団に密着取材しました。
まさに野戦病院のような現場で懸命の治療。即席の手術台で緊急手術が行われました。

国内史上最大の被害をもたらした未曽有の大震災。
甚大な被害を受けた地域の1つ、宮城・気仙沼市には、人知を超えた災害の大きなつめ跡が残されていた。
気仙沼市立病院には、地震発生直後からけが人や病人たちの姿が後を絶たない。
ソファを合わせて作ったベッドも次々と埋まった。
ライフラインもギリギリの状態で、医師は「(電気が)まだ不安定で、ついたり消えたりしていますし。それこそ、内視鏡をやっている時に切れると、真っ暗になっちゃいますし、危ない」と語った。
非常な事態が続く中での医療だが、職員たちも被災者だった。
看護師は「わたしもうちがなくなったりしてるんですけど、でも本当に片付けにも行けないし、家族にも会いにも行けないしという状態。ですけど、やっぱりここはここで、わたしたちが頑張らないとだめなので。お米とか食べ物も本当に少なくなっているので、本当にそういうのは救援お願いしたい」と語った。
そして、薬の処方対応が不可能という状態になっている。
そんな危機的な医療状態の気仙沼市に、東京都医療救護班が到着した。
てきぱきと患者の搬送順を指示する救護班のリーダー。
病院だけでなく緊急に設置された診療所にも薬やスタッフを送り込んだ。
およそ1,800人が避難している気仙沼市総合体育館では、病院で対応ができなかった大勢の患者が待っていた。
不安の連続だった生活に小さな光が差した。
医療救護班は、専門的な治療が必要な患者から順番に診察していった。
13年前から寝たきりだという女性。
被災者は「13年前に脳内出血で左の手足がまひした。だから自由に動けないの。家も全部(流されて)。着の身着のままで。お金も1円もないし」と語った。
親戚の人が迎えに来るまでここで過ごすという。
医師と看護師必死の救護活動は、休みなく続けられていた。
その医師の中に、黒い皮パンツにひげという、ちょっと気になるいでたちの医師の姿があった。
この久保幸祐医師(50)は医師団ではなく、テレビで震災の惨状を見て、自らの意志で単身東京からバイクで駆けつけた。
久保医師は、参加初日から休むまもなく診察にあたった。
久保医師は院東京武蔵村山病で内科を担当し、外科や救急救命の経験もあるという。
久保医師は「自分も医療者で、気仙沼で生まれ育ちましたから。少しでも何かできればと思って来たんですけど」と語った。
所属する病院の院長らの支援もあり、バッグいっぱいに医薬品を詰め込み、気仙沼まで11時間かけてきたという。
久保医師は「(震災発生から)やっと3日目になって、医療が足りないだの、ボランティアの医療チームが結成されるとか、いろいろあったんですけど。自分としては、気仙沼に行って、気仙沼を救いたいとう気持ちしかなかったので、自分で来ました」と語った。
到着以来、拠点としている実家と避難所の往復で、いまだ故郷の惨状をはっきりと目にしていないという。
この日、バイクでその現場へと向かった。
高校を出る18歳まで気仙沼で過ごし、友人も多く住んでいるという。
初めて目の当たりにした故郷の惨状に、久保医師は「すごいねぇ。船、あんな(陸に)あがっちゃってもう...。壊滅的だね」と語った。
久保医師は「夏は海水浴で、冬は雪もちょっと降って、雪だるま作って遊んだりとか。本当にいろいろ四季を通じて楽しめる場所だったので、大好きだったんですよね。なんか...もったいないというか、こんなになっちゃって...。この冷たい海に流された人たちのことを考えると、胸が痛みますね」と語った。
愛する故郷の変わり果てた姿。
想像を絶するありさまに、久保医師は悲痛な表情を浮かべた。
久保医師は「本当、自然の脅威はすごいと思うし、亡くなられた方のご冥福を祈るとともに、早く街が復興してくれればいいなと思います。それしかないですよね」と語った。
医療で復興の手助けをしたい。
あらためて抱いた強い思いを胸に秘め、再び診療所へ戻った久保医師のもとに、緊急手術の依頼が舞い込んだ。
看護師が診察台を2つ重ね合わせ、即席の手術台を準備した。
患者は、震災の際、津波で流され手が大きく裂けてしまったという男性。
応急手当をしたものの、化膿(かのう)がひどく、あらためて手術をすることになった。
化膿した部分を取り除くために各所に局部麻酔を注射。
患部を洗い流すための受け皿となるのはスーパーの袋、傷口の縫合の際に患部を照らすのは懐中電灯、そして患部に包帯を巻く際も、支えに使われたのはピンクのぬいぐるみ。
物資の足りない災害医療の現場では、身の回りのものが手術道具になる。
そんな極限状態での手術は無事に成功した。
しかし、突然自宅を飛び出してきた久保医師。
家族のことは心配じゃないのだろうか。
東京にある久保医師の自宅では、妻・愛美さんと高校2年と中学3年の娘2人が、心配そうにテレビの地震情報を眺めていた。
愛美さんは、久保医師について「少し情熱的なところもありまして、一直線に進んでいってしまうところがあるので」と語った。
震災当日の夜、すぐさま被災地で医療活動をしたいと相談があったという。
愛美さんは「わたしと姉でちょっと止めまして、『そんなにすぐ行かないで』って」と語った。
次女・英恵さんは「人の姿が助かるんだったら、行ってもらいたかったんですけど、やっぱり心配は心配」と語った。
1人でも多くの命を救いたいという医師としての情熱。
結局、夫の思いを受け止めた妻・愛美さん。
愛美さんは「主人の肩を押すような気持ちで、行ってらっしゃいという感じで、わたしたち3人、荷造りとかも手伝って」と語った。
しかし、東京を飛び出して以来、なかなか連絡がつかないという。
この日、ようやく2回目の電話があった。
久保医師の元気そうな様子に安堵(あんど)した家族。
被災地から自宅の地震の心配をする家族思いの久保医師。
英恵さんは「安心しました、久しぶりですね。長くはないけど、落ち着いて電話ができた」と語った。
遠く気仙沼で奮闘する父を誇りに思うという久保さん一家。
英恵さんは「今は、気をつけて帰ってきてもらいたいということしか願いません」と語った。
久保医師は、医療活動を開始してから3日目、避難所に設けられたプレールームをのぞきに来た。
中には、家だけでなく家族をも失った子どもたちもいるというのに、明るく元気にはしゃぐ姿を見て、あらためて復興への思いを強くしたという。
久保医師は「医療設備もないところで、また医療を始めていかなきゃいけないのが今の現状。一言で言えば大変なんですけど、なんとか乗り切っていかなきゃいけない」と語った。
限られた設備と物資の中、連日休むまもなく医療活動を続ける医療班たち。
被災地医療現場での奮闘はまだまだ続く。

最終更新:3月21日(月)19時37分

Fuji News Network






50歳で

この突っ込みよう。

どうしたらいいのでしょうね。


ここの病院にいらっしゃるようですが。

http://www.yamatokai.or.jp/musasimurayama/guide/doc_profile/intmed.html#staff2


なんだか。

内科なのに外科認定医を

持っているんですね。

というか、それしか持っていない様子。






同僚の内科に

ホメオパシーの方もいらっしゃいますが、

そっち関連だったら

どん引きですね。






人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ








関連記事

コメント

つーかこのセンセイ、東京のご自分の担当患者はほったらかしっすよねえ?

「自分の国で苦しんでいる人がいるのに他の国の人間を助けようとする人は、 他人によく思われたいだけの偽善者である」
「大切なことは、遠くにある人や、大きなことではなく、目の前にある人に対して、愛を持って接することだ」
マザー・テレサ

「自分の国」だし、やらない善よりやる偽善、とも言いますが…ねえ?

自分とよく似た人みっけ。

確かに自分の患者をほったらかすのは良くないですねえ。
他人が騒ぐと脳内エンドルフィンがすっと収まるんです。

素晴らしいと思います。

故郷気仙沼に急いで駆け付ける姿は、とても感動しました。普通の人間は行きたくても行けない。ただご自分の資格を生かし、一人でも多くの方の力になれるということは、素晴らしいです。医師免許を持っていても、評論することはして、なにもしない医者よりかは、よほどましでしょう。
またご両親ご家族が大変な時には、天災でなくても自分の患者おいて会いにゆくでしょう。ふつう。
この徒然ブログの方医者だとしたら、相当冷酷人間ですね。
私はそんな医者より単身バイクで駆け付けた情熱的な医者にみてもらいたいものです。
町の中でもかなりの人気がある方みたいですね。やはり情熱的で素敵な方なのでしょう。

行動する医師

私もたこやきさんに同感です。

自分の故郷が被災したら、すぐにでも救援に向かいたい気持ちになるのが、人の情ではないでしょうか?

患者さんの件にしても久保医師は勤務先の病院に許可を得ているので、問題ないと思います。

あなたはPCの前でこの方の行動力に僻み、妬んでいるのですね。

マスコミは美談として取り上げてますが、彼はそんな事を望んでいないと思います。ご自分の出来る限りの事をしているのでしょう。

ふつう

善なる行いは
絶対に 他人に知られぬように
ひっそりと 為されるもの かと

例え髪の毛一本たりとも、他人の為には犠牲にしない

>またご両親ご家族が大変な時には、天災でなくても自分の患者おいて会いにゆくでしょう。ふつう。

ご両親ご家族ならね。このセンセイの場合、ご家族はほっぽらかしなわけで…。

>この徒然ブログの方医者だとしたら、相当冷酷人間ですね。

ブログ主様の事だとしたら以下を100回読み返す事をお奨めします。

>こういうことが
美談になると
いろいろな人が
現場に食料もガソリンも持たずに
突っ込んでいって
逆に現場の足かせになりそう。

ちなみにブログ主様は相当額寄付されたようですが貴殿は如何ほど?私は寄付やボランティアの類は一切やらんことにしてますんで0円ですがw

>私はそんな医者より単身バイクで駆け付けた情熱的な医者にみてもらいたいものです。

私だったら冷酷非情な人間のクズでも技量が確かでなおかついきなり不在になって治療に支障来たしたりしないような医師を選択しますね2択なら…。まあ日本はフリーアクセスですし、選択の余地がない被災地在住でない限りは好きになさればよろしいかと。
*このセンセイが薮だと断じてるわけではありませんよ、念のため。ただ、常識的に考えて、このテのアツいセンセイと腰をすえて日々、地味に研鑽を重ねている医師、どちらが医師として有能な可能性が高いと思います?

>あなたはPCの前でこの方の行動力に僻み、妬んでいるのですね。

例えば私は海外釣行行き捲くってますが、釣りに興味がない人は特に僻んだり妬んだりはしないんじゃないかなあ…。

>マスコミは美談として取り上げてますが、彼はそんな事を望んでいないと思います。

うん、だったら取材に応じなきゃいいと思うなw

一緒にボランティアしてました。

先日気仙沼にて、一緒に救援していたものです。
久保医師はご自分のご家族が気仙沼にいる中、ケイウェイブにて毎日100人以上診察していました。薬はゾロ品ばかり。そんな中子供から、大人まで選ばず診察していました。なので…下記のようなことは、ないと思われます。東京にいるご家族は
大丈夫だからこれたのではないでしょうか?

>ご両親ご家族ならね。このセンセイの場合、ご家族はほっぽらかしなわけで…。


>こういうことが
美談になると
いろいろな人が
現場に食料もガソリンも持たずに
突っ込んでいって
逆に現場の足かせになりそう。
 



久保医師は、自分の病院から、いろいろな物品もあらかじめ準備してきていました。また食べ物なども、自分の持ってきたものを被災の方にあげていました。
なので足かせにはならなかったです。みなが喜んでいました。
皆が感謝しています。知らない人間にいろいろ言われたくないです。少なくとも数日一緒にボランティアした仲間だから言えます。

尊敬します。

私は久保医師の働く病院の、いち職員です。
先生が気仙沼に行かれている間、患者をほっておいたわけではありません。この方は、周りにたくさんの先生がいらして
その方達にお願いしていたようでした。先生が被災にいかれている間、東京は計画停電まっただ中だったので、患者さん自体もあまり外来には来ていませんでした。

また院長はじめ、いろいろな方の応援があって行けたのです。
決して自分勝手に、行ったわけではありません。どのような気持ちで行かれたのかもう一度考えてから、メッセージを入れたら、いいのではないでしょうか?何も知らないのに、誹謗・中傷は
良くないと思います。
ちなみにこの医師・患者様からも大変人気で、患者様ご自身が亡くなられても、その家族、子供・親など家族ぐるみで診察されている方も多く
いらっしゃいます。職員の家族なども、久保先生に診察してもらいたいと言って、外来に訪ねてきていますよ。
個人的にいろいろ思うのは自由ですが、誹謗・中傷ならば、わざわざ書き込みしなくても…いまこのような世の中なのに、
このように喜べない、人間がたくさんいると思うと悲しくなりますね。義援金などは、個人のことで、あえて口にされないほうが良いと、思います。気持ですから。
医療をされる方なら、もうすこし優しい気持ちで、お願いします。人を悪く言うことしかできない、人間はおそらく自分の患者の悪口も言っているのでしょう。もうすこし広い視野で見てくださいね。気が付いたら、患者が回りからいなくなりますよ。きっと…
どうしてもUpされたいようなら、これだけ、義援金したなど、アピールしたらいいのではないですか?
さみしい人ですね。

つらかった

もともと、医療班で手分けして、救援に取り組む中、この医師が来てくれたおかげで非常に助かった。
決して突っ込んでいないです。あの辛い中一人でも多くの医師が来てくれて本当に私たちは助かった。今は看護師も足りなくて困っています。この医師に心より感謝しています。
燃え尽きる前にこの方のおかげで私たち医療班は助かりました。きっと現地の住民も同じ気持ちだと思います。
本当にありがとうございました。

ああ、気仙沼にもご家族がおられるんですか。

そういえば記事中に、「拠点としている実家と避難所の往復で、」と、ありますね。見落としておりました。大変失礼。

で、ご実家はご無事だったんですよね?ご無事でないのにボランティアに勤しんでおられるとしたら正直如何なものかとと思われますがwまあ拠点に出来るくらいだからきっとご無事で下種の勘ぐりなんでしょうね。

>東京にいるご家族は大丈夫だから

でも東京のご家族はとても心配しておられるようですよ?
家族に心配かけてまでアカの他人に尽くさなくても…、って私は思うんですよ。

>久保医師は、自分の病院から、いろいろな物品もあらかじめ準備してきていました。また食べ物なども、自分の持ってきたものを被災の方にあげていました。
なので足かせにはならなかったです。

ブログ主様は久保先生ご本人をどうこう言ってるわけではなく、マスゴミが安易に取り上げる事によって、無鉄砲で安易な準備不足のフォロワーが続出するのを危惧しておられるのではないかと。

おおっと、入れ違いで見落としていました。

いちご様、
私宛てっぽいのでレスさせて頂きます。

>先生が気仙沼に行かれている間、患者をほっておいたわけではありません。この方は、周りにたくさんの先生がいらしてその方達にお願いしていたようでした。

他医の患者診るのってストレスなんですよね…。カルテが汚くて判読不能とか(オレだw)、そもそも主治医の脳内にしか記載がないとか…(それもオレだww)。
ただでさえ忙しいのに、そのストレスフルな業務を快く引き受けて下さる先生が周りにたくさんおられるなんて、先生のご人徳が偲ばれます。

>先生が被災にいかれている間、東京は計画停電まっただ中だったので、患者さん自体もあまり外来には来ていませんでした。

それはあくまでも結果論かと。

>何も知らないのに、誹謗・中傷は 良くないと思います。

私は奴隷医の頃のPTSDで、ボランティア=ただ働き=奴隷or労働ダンピング、との図式が脳内に強固に出来上がっているので、悪意がコメントにおのずと滲み出ている可能性は否定しませんw。が、でもあくまでも、主観的にはw誹謗・中傷ではなく批判、とゆーか、物事には何事も両面があり世の中には100パーセントの美談はない、と言いたいだけです。
*もちろん1から10までの策略もないでしょうけど

>ちなみにこの医師・患者様からも大変人気で、患者様ご自身が亡くなられても、その家族、子供・親など家族ぐるみで診察されている方も多くいらっしゃいます。職員の家族なども、久保先生に診察してもらいたいと言って、外来に訪ねてきていますよ。

だったら尚の事、先生を慕っておられるご自分の担当患者に専念されるべきでは?

>義援金などは、個人のことで、あえて口にされないほうが良いと、思います。

先に他人を冷酷呼ばわりしたのはたこやきさんの方ですが?

>気持ですから。

ホリエモンの至言
「いろんな人といろんなビジネスしてきたけど、お金が全てではないという人が実は一番お金に汚い」

>医療をされる方なら、もうすこし優しい気持ちで、お願いします。

あいにく私はもう「医療をされる方」じゃ、ないんで。
優しい気持ちとやらで4年間、散々労働搾取されましたんでもうおなかいっぱいです。

>さみしい人ですね。

余計なお世話ですw

久保幸祐先生におかれましては、やはり東京のご自分の患者の治療に専念すべきかと愚考致します。

豚に真珠すぎwww
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1300599338/l50
486 :卵の名無しさん:2011/04/09(土) 00:20:53.95 ID:blzE6E9hO
気仙沼市立本吉病院。医師が体調不良で撤退。とNHKで報道後Twitterで町民が「給料泥棒のヤブ医者」と叫び始めたw
辞めた時点で給料は出ないのだから給料泥棒ではないよな。

やっぱり田舎者の脳は理解不能だ。
とりあえずここはナイな。

490 :卵の名無しさん:2011/04/09(土) 01:38:18.59 ID:blzE6E9hO
>>489
Twitterで本吉病院と検索かけたら出た。
自然災害板の気仙沼スレでは医師の実名晒しまでやっているよ。

医師は地元出身でない可能性があるから、体調を崩して故郷に帰っても不思議ではない罠。
それすら許されないって、僻地で勤務したら僻地に墓を作れってこと?
地元に地縁血縁がなければ、被災して体調崩してどうやって生きていけと?
心の僻地だね。

491 :卵の名無しさん:2011/04/09(土) 01:54:55.74 ID:blzE6E9hO
あ、間違った。自然災害板ではなくて地震板。

しかし、ぶん殴ってやりたいとか非国民とか、ひでーな。
これでマジで医師が病気になっての辞職だったらどう謝るの?
逃げられて当然の田舎脳クォリティwww
無医村フラグ立ちまくり。

496 :卵の名無しさん:2011/04/09(土) 08:08:56.47 ID:GMEBXZVP0
>>486
院長・副院長が不眠不休でぶっ倒れて辞めて、
看護師だけで支えてるけど医師がいないから廃院かもって
NHKが夜9時の全国ニュースで流してた所?
看護師偉い、医師は逃げやがたって感じの報道だった。

497 :卵の名無しさん:2011/04/09(土) 09:22:51.34 ID:MS0E4uCp0
# @mizuiro68 近所の病院です!本当に有り得ないです!逃げるとかマジ許せません!
約14時間前
Keitai Webから mizuiro68宛

# 地元気仙沼市本吉の本吉病院の医者が地震後に逃げました!体調不良って言ってるけど、
自宅にちょっと帰るって言ってから、二度と帰って来なかった!給料泥棒のやぶ医者が!!!
約14時間前 Keitai Webから

# 地元の本吉病院の医者は地震後に逃げました!マジ有り得ない!
自宅にちょっと帰るって言った以来、帰って来なかった模様!体調不良で病院に来ないとか、
ただ給料泥棒のやぶ医者やん!
約14時間前 Keitai Webから

# @rin_moesyan 挙げ句の果てに路駐して緊急車両の邪魔してるって!
今度見かけたら、ただじゃ置かねーし! 約15時間前
Keitai Webから rin_moesyan宛

498 :卵の名無しさん:2011/04/09(土) 09:27:03.80 ID:MS0E4uCp0
# @kalt1987 バカ過ぎるほど、無責任。しかも、二人同時に逃げやがったからね。
本吉病院しか無いから通院してる人、多いしね。
約13時間前 twitbeam[ツイットビーム]から kalt1987宛

# 会社の人もメッチャ怒ってた。名前は忘れたけど、人として終わってる。
RT @kalt1987 地元気仙沼市本吉の本吉病院の医者が地震後に逃げました!
体調不良って言ってるけど、自宅にちょっと帰るって言ってから、二度と帰って来なかった!
給料泥棒のやぶ医者が!!!
約13時間前 twitbeam[ツイットビーム]から

499 :卵の名無しさん:2011/04/09(土) 09:30:39.21 ID:4I/xpCCz0
こんな所で一度でも働くというのは、一体どういう情弱だよ。

500 :卵の名無しさん:2011/04/09(土) 09:46:44.82 ID:OS3JkY2z0
常勤2名で公立病院!!!って、存在してはいけない存在だ
当直義務をこなすだけでも無理

501 :卵の名無しさん:2011/04/09(土) 09:48:10.03 ID:6oNaWEm90
すげえ民度だな。今まで不眠不休であることは無視か、、、
1週間休んで良いから、また戻ってきて下さい、と嘘でも良いから言わないと、
当人も別の後任も絶対に来ないという現実さえ分からない無能地区。

502 :卵の名無しさん:2011/04/09(土) 09:57:53.01 ID:0pcNFdHqP
どちらにしろ廃院だなあ ここは

503 :卵の名無しさん:2011/04/09(土) 10:10:21.67 ID:mYFVRzto0
>>486
有給を消化していると書かれていました。有給を取るなということのようです。

504 :卵の名無しさん:2011/04/09(土) 10:45:03.92 ID:ROF5RlWA0
さすが気仙沼w  
心の僻地すぎる

こんなところに派遣されたのが運の尽きか

505 :卵の名無しさん:2011/04/09(土) 10:57:20.62 ID:OMaTIz4i0
それに突っ込まない、どころかむしろ煽ってる
犬HKも相変わらず糞か

乞食にオニギリを与えると、1回目は心から感謝をし、2回目は塩加減に文句をつけ、
3回目はオカズは無いのかと言い始める。

新渡戸稲造の名言だそうですw

NoTitle

みんなの色々な意見だから、あんまりごちゃまぜにしないほうがいいよ。馬鹿じゃないし、子供じゃないんだから…この10年前にドロッポしました。って方精神的に問題がありそう。
人それぞれ意見が、あるからもうどうでもいいきがするけど。
思いがあってゆくのもいいし…それを良くないと思うなら、あえてブログにのせるほどのことでもないと、思う。

批判とは違うのだよ、批判とは!

この10年前にドロッポしました。って方精神的に問題がありそう。

誹謗・中傷キターwwww

いみふ

このななし、本気で言っているのか、あまりに知能が低くて自分の言っていることわかっていないのか。

ある意味、すごい。

>みんなの色々な意見だから、あんまりごちゃまぜにしないほうがいいよ。
>馬鹿じゃないし、子供じゃないんだから…

バカな子供なんじゃないですか、実際にこんなこと思っている人間が大勢いるって状況で働いてみたら?


>この10年前にドロッポしました。って方精神的に問題がありそう。

人のことを精神的に問題ありなんて、そういうことを言う人なんですね。

そして、差別や中傷を、
「いろんなこと思う人いるから真に受けない方がいいよ」なんて、いじめを受けている中学生に言う間抜けな担任教師みたいなやつだね。


>人それぞれ意見が、あるからもうどうでもいいきがするけど。
>思いがあってゆくのもいいし…

じゃあ、実際に「逃げるな、てめー。絶対に許さない」なんて周囲の人に言われている職場で「どうでもいいね」なんて言ってられるのかね。


>それを良くないと思うなら、あえてブログにのせるほどのことでもないと、思う。

じゃあ、ブログに「てめえ、精神的に狂ってるぜ」なんて書くなよ。


このバカさ加減を擁護してみろ

心臓発作を起こした院長を罵倒し続ける住民。

http://togetter.com/li/121846

「宮城県気仙沼市の市立本吉病院から逃げた医者達の名前を公表してほしい。なぜならこんな医者に診られたくないから。 」というブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/wasure_nai_koto/23896527.html

どうぞ、擁護してくださいな。

医療関係者が激怒していた「心が佐沼」、登米市佐沼のそばですから、民度もしれているかと。

■開業つれづれ:「財政は…救急医療は… 登米市の病院改革改定案に不安の声」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1264.html

心臓発作で倒れた院長をさんざんに言う場所に来てくれる医師が見つかるといいですね。

地獄への道は善意で敷き詰められている。

>じゃあ、ブログに「てめえ、精神的に狂ってるぜ」なんて書くなよ。

しかもここは他人のブログだw<オマエモナー

>医療関係者が激怒していた「心が佐沼」、登米市佐沼のそばですから、民度もしれているかと。

…納得。
まあそんな心の僻地で働いちゃう馬鹿な医者が一番悪いんですがね。

ここじゃなくて陸前高田市なんですけど、小児科勤務医の友人が被災して実家に避難してたんですが、召集がかかったとかで先日戻りました。元々縁もゆかりもない土地なんだからほっとけよ、っつたんですがね…。
院長が「自分の事はいい。医者はそういう仕事(キリッ」とか言っちゃうタイプだから当たり前のようにタダ働きさせられてるんじゃないかと心配です。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。