FC2ブログ

■夕暮れ時に考えること

5歳ぐらいのとき、2人で

どこまでも遠くへ歩いていったことがあります。








私は

小さなとき、

海沿いの小さな町に住んでいました。





「じゃあね」

と遊んでいた友達と別れ、

夕暮れの中、

私は何を思ったか、

「あっちの方に行ってみようか?」

と、となりの子に言いました。



「…うん」

「じゃあ、行こう!」

そして私たちは家とは

逆の方向に歩いてきました。







夕暮れの町は

太陽の色に染まり、一色になっていました。

まぶしいぐらいの光です。



長い長い影が出来ます。

影を踏んだり、踏まれたりしながら

歩いていきます。





私たちはうきうきしながら、

夕凪の町を歩いていきました。











家とは逆方向に。








海のそばに住んでいると

迷子になることは

めったにありません。





なぜ?







それは、

海のそばに住んだ事がある

子どもなら知っているように(笑)、

海岸線が見えている限り

迷ったら海まで歩いて、

そこから右か左に行けば

どうにかなるのです(笑)。





かなり遠くまで歩いてきました。

でも、まだ大丈夫。

楽しい。

どこまでもいけるんじゃないだろうか。

そう思えるほどでした。






「大丈夫かな?」

その子は言いました。

「へーき、へーき。大丈夫だよ」

私はずんずん先へすすみました。








でも、私たちは何かの拍子に

すっかり迷子になってしまいました…。

どこが海か、

どこが山か、

自分がどこにいるのか

さっぱり分からない場所に

入り込んでしまったのです。







気付くと

周囲は暗く、陽はすっかり落ちていました…。




そして、

いつの間にか

一緒に歩いていた子がいません。





たった一人になってしまった私は

急に心細くなって、

泣いてしまいました。





大きな声で泣きました。







どの位泣いたか分かりません。





ふと、途方にくれていた私の前に、

一緒に歩いていた子が

警察官と一緒に小走りで

駆け寄ってくるのが見えました。







その子は警官にしっかり答えていました。

「…ええ?ずいぶん遠くまできたねえ。」







その子は、

私が悪い、

とは一言も言いませんでした。





でも、

私は罪悪感で一杯でした。





私が、行こう、って言ったからだ。

私が、大丈夫、って言ったからだ…。









警官はパトカーに乗せて

私たちを送ってくれました。






パトカーで家までつれてこられた

私たちを見て

周囲が大騒ぎになったことは

言うまでもありません(笑)。





母親は、何度も警官に頭を下げ、

そして私の頭も押さえて下げさせました。

私の目頭は泣きつかれて腫れたままでした。




そして、一段落した後、

母親にはゲンコツで、

しっかり怒られました。






あとにも先にも

パトカーに乗ったのは

このときだけです(笑)。







私は私のせいにしなかった

その子のことをとても気に入りました。







「大冒険だったね」

と私がのん気に言うと、

その子は明らかにいやそうな顔をして

「でも、とっても怒られたよ」

と言い返されました。










去年、その子が亡くなりました。






いつしか

私も、その子も大きくなり、

ともに故郷を離れていました。




そして、

その子は去年、

不治の病にかかりました。








去年は、夏休みをつぶして

育った故郷の

海沿いの町に行きました。







迷子になった道や、

さび付いた歩道橋や、

すっかり新しくなってしまった小学校や、

それでも変わらないグランドや、

取り壊されている古い病院を

いっぱい写真に収めました。












戻ってきて、

たくさんの写真を

その子にあげると

とても嬉しそうな目をして

いっぱい話をしました。







もちろん、迷子の話も。






でも、その子の中では

自分が悪くて、

警官に捕まってしまった

話になっているようでした(笑)。






「パトカーに乗せられたときは

刑務所に連れて行かれるかと思ったよ」


「…大騒ぎになったもんね、あのあと…」






2人で笑いました。









その子は十分に

がんばって、

がんばって、

それから

遠くに行ってしまいました。










お別れのとき、

私は子どもの頃と同じぐらい泣きました。

いつまでも泣きました。









夕暮れのときには、

小さかった頃、

目が腫れるまで泣いたことや

警官と一緒に走ってくるあの子のことを

時々思い出したりします。








「もう少し行けるかな?」

「へーき、へーき」








夕凪のときに思い出すのは

そんなことばかりです。











長文読んでいただきありがとうございます。


















関連記事

コメント

真夜中にふさわしいしんみりさせられるお話をありがとうございました。お友達の冥福をお祈りいたします。

ご冥福をこころからお祈りいたします。

時間を共有した友達を失うのは辛いですね。
お友達のご冥福をお祈りします。
ふと、高校時代に友人を亡くして医師を目指した昔のことを思い出しました。
日々の勤務の忙しさに、すっかり足が遠のいてしまっていましたが久しぶりにお墓参りに行ってみます。

お友達のご冥福をお祈りいたします。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -