スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:さらばダーゼン 「武田薬品 ダーゼン自主回収 40年前の薬剤の有効性検証難しく 薬物療法進化で」




ダーゼンが自主回収になりました。

ひとつの時代が終わった感じがします。








でも、

いまのところは

ダーゼンは自主回収、

ジェネリックはOKって

変ですよね。






人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ







武田薬品 ダーゼン自主回収 40年前の薬剤の有効性検証難しく 薬物療法進化で

ミクスonline 2011/02/22 05:01

http://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/40392/Default.aspx

武田薬品は2月21日、有効性の検証が求められていた消炎酵素製剤「ダーゼン5mg錠」「同10mg錠」「同顆粒1%」(一般名:セラペプターゼ)を同日から自主回収すると発表した。厚生労働省の薬食審・医薬品再評価部会から「医療現場の使用実態に即した有効性の検証」が求められていたが、40 年以上前から販売しているダーゼンの有効性を、現在の新薬をベースとする薬物療法の中で検証することが困難と判断した。現在の薬物療法の中でダーゼンの役割が終えたことを意味する。今後、薬価削除、経過措置期間を経た後に承認整理(自主的な承認取消し)の手続きをとる。

例えば、現在のベース薬とダーゼンによる併用療法と、ベース薬とプラセボによる併用療法を比較してもダーゼンのみの有効性を検証することは難しく、また、現在のベース薬を外して試験デザインを組むことも生命倫理上の課題が生じる。ダーゼンが上市された1968年と現在とでは薬物療法が進化していることが背景にあり、同社は、「(再評価部会の指摘にもとづいて)臨床試験デザインを見直した上で再試験を実施することで、ダーゼンの有効性を証明できるものと考えていたが、最終的には再試験の実施は困難との結論に至った」とコメントした。

同社はこれまでにダーゼンの再評価指定に向けた二重盲検比較試験を実施したが、同剤はプラセボとの間で有意差を示すことができなかった。この結果は1月 19日の再評価部会に提示され、再度の再評価指定の可否と、そのために今後実施する試験内容に関して議論された。これを受けて同社は再試験の実施可能性を検討していた。

ダーゼンは気管支炎や気管支喘息などの際の痰をきったり、手術後や外傷後の腫脹の緩解に用いる。同社によると病院2000件、診療所2万1000件、調剤薬局4万6800件に納入している。2009年度の国内販売実績は67億円。








40年間も使っている薬ですら

このように再評価され

市場から退場しなくてはいけない

医療業界。







反面、ホメオパシーで

何百年も使っている砂糖玉は

昔からいままで使っている、

というだけで生き残っています(1)。

宗教と同じで自浄作用がなく

退場するシステムがありません。










われわれよりちょっと上の世代は

大量にダーゼンやニコラーゼを

処方しています。

多分、ジェネリックにシフトして、

その後、

ジェネリックも市場から消える、

という道筋をたどるのではないでしょうか。






40年間、

ご苦労様でした。









(1)
■開業つれづれ:やっと科学的な意見 「 ホメオパシーは「荒唐無稽」 学術会議が全面否定談話」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1520.html







人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ





関連記事

コメント

NoTitle

http://www.e-pharma.jp/dirbook/contents/data/seibun/3959003F2069.html

ダーゼンの薬価ってタダ同然かと思ったらそうでもないんですね。でもジェネリックの方はやっぱり・・・。

まあでも40年も稼いでくれたら今更発売中止になっても武田さんにとっては痛くも痒くもないでしょう。

それにしても、ダーゼン以外の消炎酵素剤もなんだか微妙ですよね・・・。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。