スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「がん:治療費が心配72% 「死」56% 1000人調査」




マスコミも

何も考えずに

だだもれ情報です。





「医療費を抑制しろ」

「医療市場は開放しろ」

「医療ツーリズムで海外患者を入れろ」

などと言っていますが、

よく考えてみてください。





これ、

全部、現在の国民皆保険をぶっつぶして

”保険の範囲はここまで。これ以上のハイレヴェル治療は別途料金ね”

というアメリカ型医療市場を

立ち上げる、

ということなんですよ。





巨大な市場が眠っている、

と言われていますが、

お金を払うのは国民の皆様方です。





マスコミは

「医療は閉鎖的だ」

「日本の医療市場は海外に閉ざされている」

なんてことを言いますが、

当たり前だ

と言っておきます。




医療をオープンにしたら

保険なしで

自分で治療費を払うんですよ。



2000万円の年収でもガンの治療には足りない、

と言って辞めたアメリカの高官もいました。

このまますすめば

自己負担激増という、

この記事とは真逆の方向に

日本は進んでいくことでしょう。






人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ






がん:治療費が心配72% 「死」56% 1000人調査

毎日新聞 2011年2月12日 2時30分

http://mainichi.jp/select/science/news/20110212k0000m040109000c.html

 がんになった場合に心配なこととして「治療費(経済的負担)」を挙げた人が72%と最多で、「死」の56%を上回ることが調査会社「日本能率協会総合研究所」(東京都)のアンケートで分かった。がんは治る病気と考える人も4割強に上った。同社は「新聞など報道によって、治療の進歩から『がん=死』では必ずしもないという理解や、治療に伴う大きな経済的負担に苦しむがん患者の問題が、広く知られるようになったため」と分析している。

 調査は全国の20~69歳の男女計1000人を対象に、昨年12月21日から1週間かけてインターネットで実施。6割強が健康状態は悪くないと答えた。

 がんになった場合に心配することを複数回答で尋ねたところ、治療費(経済的負担)が72.3%で最多。▽死(55.5%)▽痛み(53.3%)▽家族(45.9%)--などが続いた。就労(失職)も20.9%いた。

 がんになった場合の対応を複数回答で尋ねると、「かかりつけの医師・担当医がすすめる治療を受ける」が44.1%でトップ。▽自分で良いと思う治療を受ける(41.5%)▽費用がかかっても先端治療を受ける(18.7%)--なども目立った。

 また、将来がんになる可能性について、「非常にあると思う」が17.5%、「ややあると思う」が37.8%で、半数を超える人ががんになる可能性を感じていた。さらに、がんは治る病気と思うか尋ねたところ、「非常にそう思う」が5.3%、「ややそう思う」が38.8%で、全体では4割強ががんは治る病気と考えていた。【河内敏康】








「医療費を抑制しろ」

とか

「医療市場を開放しろ」

という意見は

そのまま

「自分たちが病気になったら医療費をその分負担する」

「外資系の保険会社がガッツリ儲ける」

ということを意味していることを

理解しているのかな?




国民の方々が

いまのガン治療の経済状況が

「悪い」

と思っているようですが、

多分、国の財政状況から見て

「今がベスト。よくなる見込みはない。

多分、今後はさらに悪くなる」

と予言しておきましょう。




ついでに

「これほどまでに恵まれた経済状況のシステムは他国にはない」

ということも付け加えておきましょう。

ま、マスコミの皆様には

理解できないでしょうけど。






人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ





関連記事

コメント

NoTitle

国民皆保険が崩壊し、混合診療が入って誰が得をするのか

1)「必ず利益を上げなければいけない」民間保険会社
2)混合診療のシステムを構築する医療IT関連会社
3)医療公費負担が減って社会福祉予算が減らせる財務省
4)くそ高い薬を平気で売りつけるようになる製薬会社

ここには医療を受けるべき国民・患者の視点は入ってません。
もちろん、おそらくは大半の診療所・病院も取り残されることでしょう。

ユダヤの格言

おいちゃんが言ってたけど
「己の髪の毛一本も意のままにならぬ身で
 癌を完治できるなどと 思い上がるな」
(小生ハゲではありません 念のため)

良く生きることとは
良く死ぬこと だべ

末期になっても そんなに生きながらえたいなら
じぶんの ジェンコで やってけれ

「白熱教室」なら
「救える命と 救えない命の価値に差はあるか」
もちろん ありだべ

NoTitle

不安はあるくせに、国際的にみても異常に低い、がん検診の受診率はどう説明するんだ?

売日新聞なんで、そこまで考えても無いでしょうけどね。

『バイオリン弾き』さんは

津軽出身でしょうか? ナツイです

NoTitle

「治療費が心配72%」っていうのは、がん保険を売ってる何処かの保険会社のCMで先進医療を使って治して300万円掛ったとか、そんなのがよく流れているせいだと思います。
実際、先進医療を使えば癌ってそんなに良く治るんですか?

津軽

最高だっきゃ

NoTitle

ガンの治癒率は30年前より一般的には改善しています。でも治らないガン、肺癌膵癌食道癌など沢山あります。高度先進医療など無駄なことが多いです。というよりほとんどが人体実験か詐欺と言えるでしょう。

お答えありがとうございます。

>元外科医先生

お答えありがとうございます。通常のコースに、月額プラス200円とかで「先進医療も1000万円まで保障」とか言われると、そうした医療保険に入っておいた方がいいのかな、とか、素人はつい考えてしまいます。うかつに飛びつかないことですね。

患者31号さま

国民の大多数が 混合診療に移行しても民間保険会社は従来の国民健康保険のように素直に保険金を支払うと無邪気に思ってはいませんか?

自分は癌やいろんな疾患の保険会社あての診断書を毎日書かされるのでよく分かりますが、民間保険会社に関してはそんなに皆さんが望むほど 右から左には期待していたほど保険金は払いません。素直に払うほど会社側が損ですからね。後でうるさいくらい 記載した私に確認を求めてきます。

契約書は実に細かく書いてありますが 少しでも契約内容と異なるとぴしゃっと支払いを拒否します。損保で交通事故の場合の被害者のむち打ち後遺症などが良い例です。今後健康保険に参入してくると、入院期間、保険料に見合った治療内容まで 細かく制限してきます。

>通常のコースに、月額プラス200円とかで「先進医療も1000万円まで保障

では先端医療の内容や保険金の支払い条件をよく読むことです。たとえば一般的な高血圧や糖尿病といった成人病があったことが判明したら、それだけで保険料があがるか 治療費のカバーの割合が下がるかどちらかです。

アメリカで国民皆保険がないと どうなったかをお調べいただいたら背筋がぞっとするでしょう。
保険の窓口負担が3割といって日本国民は憤慨していますが ちゃんと高額医療の減免は地方自治体でやってますよ。

>Bugsy先生

>Bugsy先生

丁寧なフォローありがとうございます。
実は私も堤未果さんの『貧困大国アメリカ』で、アメリカの保険会社の払い渋りの酷さは読んだことがあります。また、医師の方たちには、本来の業務以外に、書類申請の余分な仕事の増加がたいへんな負担になっていることも書いてありました。だから実は外資系の保険会社はあまり信用しておらず、今のところ入ってもいないのですが、(現在、入っているのは県民共済だけです)あまりしつこく宣伝されると、やっぱり入っていた方が良いのかしら?外資でも日本ではあまりうるさいことは言わずに素直に支払ってくれるのかしら?とか、思ったりしてしまったのですが.... やっぱり、日本でも似たような状況が既にあるのですね。

高額医療の払い戻しについては、身内のことで手続きをしたこともあり、つくづく有り難い制度だと思いました。日本の医療は今のところはまだ、恵まれていると思いますが、この先はどうなるのでしょう?国民皆保制度が壊れて、民間保険全盛になったりしたら、本当に困ってしまいます。結局は民間企業に余計なお金を持って行かれるだけなのに...

TPPも、医療や保健の分野の自由化も含まれていることをわかっている人はまだ少ないです。医師会が反対しているのを知っている人もあまりいません。近頃は、時々人様のブログのコメント欄などで、そういうことをチラチラと書くのをせめてものレジスタンスにしています。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。