スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ: 荒れた休日(個人的に)

当ブログの管理人である中間管理職、

別名めど氏は時々錯乱する。




いや、ときどき正常化し、

それ以外は錯乱している、

という方が正しいのかもしれないが、

それは自分ではなかなか判断がつかない。







単にブログを見るだけでも

この大量さ。

潔いほどの大量さである。




医療ブログ黎明期に

うちのブログは

「絶対に複数人でやっているブログだ」

とか

「某機関の陰謀ブログだ」

なんてことまで言われた。

陰謀なら、すでに更新をやめているところだが

非効率的な個人のブログであって

単に好きでやっているのだから

やめようがない。










ほぼ月平均30-40本の記事を書きつつ、

「量は質を凌駕する」、

などと言いながら

しょこたんブログに

量で圧倒的に負け、

ときどき悔し涙にくれながら

しょこたんブログをのぞきに行って

手前勝手な対抗意識を燃やすのである。




ぎりぎりと奥歯をかみしめていると、

「それで、何の話?」

とつぶやく声がある。





めど氏の数少ない友人である塩見君が

常時、錯乱しているのをみかねて訪ねてきた、

というわけではなく、

単に古くなったスキーを譲り受けに来たのである。




そのときの交換条件ではないが、

なんとなくうだうだと非建設的な話をしながら

医療ブログの不毛的闘争と

しょこたんブログの輝かしい

月産500前後という生産性を

比べながら悔し涙を流していたのである。





現に、今日の晩御飯はおでんだ、

といきなり思いつき、

ダイコンや卵の下ゆでをしつつ

日本はTPP参加すべきか

あるいは医療ブログのメンツと引き換えに

しょこたんの軍門に下るべきか、

という非生産的で正解のない理不尽な

二択を突き付けられているのだ。








塩見君は運動神経抜群、頭脳明晰で

あげくに

遊びの方が一番優秀だったものだから

大学のとき

上の学年から転げ落ちるように

ほとんどすべての単位を落として

同学年になった苦労の人である。

その原因の99%は自分が招いた災いであるが。






「優秀なきこりにはひとつだけ傷がある」

なんてわけのわからにことを言いながら

大量の酒を飲み

優秀な頭脳を無駄に消費しながら

彼は外科医になった。




で、何十年振りかに近くに勤務が移り、

ときどきふらりと遊びに来るわけである。






めど氏が

おでんをつくりつつ

医療におけるTPPへの対策と

しょこたんブログの生産性を

右脳と左脳で必死に考えている時に

塩見君は言った。






「おれ、結婚することになったから」



えええ?

ええと、君、何度目?

たしか3回目だよね、

などと思い返し、

それなら

古い友人からスキーなんてもらってる場合じゃないだろ、

…いや、結婚も3回目だから

逆に段取りがすべて良く分っているのか、

私は1回しか知らないし、

この場合、塩見君に気を使うべきなのか、

逆に彼に気を使われているのか、

などと

いろいろなことが頭の中を駆け巡る。




かろうじて

「そうか、おめでとう。よかったな」

とリアクション。

いいぞ、大人だぞ、めど。







塩見君は

なんだか伏し目がちで

まるで宿題を忘れたことを

言えない小学生のような

素振りを見せながらこういった。





「相手は、おまえのところの工藤さんだから」


えええ?

おまえ、うちの看護師のなかで

一番若手の子だぞ。

よりによってうちの看護師か。





「…そっか、とりあえずおめでとう」






取り敢えず

後で連絡を入れるからとか

なにか会話をした記憶があるが

正直、すでにめど氏の

脳内は次の看護師求人に

完全に切り替わっていた。





「ちくしょう、この時期は本当に

看護婦さん、いないんだぞ」








塩見君が

スキーを口実に会いにきた、

ということに理解が及んだのは

かなりおでんも煮込まれて

はんぺんを入れるぐらいの

段階だった。










というわけで

また当ブログが

非生産的でローカルなネタを

提供してしわうわけだが

管理人であるめど氏が

錯乱の上に錯乱を重ねているのは

こういった事情が

深く絡んでいるか、

あるいは妄想をひとりふくらませて

ひとり笑いしているかどちらかなのである。








塩見君、

おめでとうございます。

今度、

おでんでも食べに来てください。






できれば、

代わりの看護婦さんも

見つけてくれ。







人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



注: 不本意ながら続く


















関連記事

コメント

このたびは・・・

突然のこと 心中お察しいたします。
どうぞお力をおとさずに、
お気持ちをしっかりお持ちになって下さいませ。

塩見さまにおかれましては
まことにオメデトウございます。
きっと次もおありでしょうから、
ますます励まれますように
心よりお祈り申し上げます。

面白い

こういうネタ、また書いてくださいね。面白がったです。結婚する人は何度でもしますよ。そして しない人は一度もしない。ちなみにうちも可愛いスタッフが結婚退職が決まり焦ってます。事務は募集すると履歴書がバサバサ来るのに 看護師は見つかりません。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。