スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:長野モデルがPPK(ピンピンコロリ) 「老人医療費の全国最低継続が途切れる 全国45位に」




PPK運動発祥の地、長野。








日本という

超激安医療の国の中でも

安さを競っている

ということに意味あるんでしょうか。






長野モデルとは

きわめて安い医療費なのに

長寿という

2つの条件を満たしているということでした。







それをもとに

長野で展開されてきた

PPK運動(ピンピンコロリ)。






ただ、

長野モデル自体が

どのような要因で

長寿と医療費の安さを

一緒に維持しているのか

わかっていません。




今回、一番安くなった新潟と岩手。

岩手が理想的な医療を

行っているんですね、きっと。





知事が土下座攻めしたり(1)、

ニセ医師が来たり(2)、

受かったはずの医師が国試ボロボロ落ちてたりと(3)、

岩手ではかなり

ナイスな医療を行っている様子。




…単に医療の提供が少ないから

医療費安いのでは?








人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ




老人医療費の全国最低継続が途切れる 全国45位に

信濃毎日新聞 2011年2月11日(金)

http://www.shinmai.co.jp/news/20110211/KT110210ATI090002000022.htm


 1990年度から18年連続で全国最低だった県内の1人当たり老人医療費が、2008年度は新潟、岩手両県を上回ったことが10日、分かった。割合の大きい入院医療費の増加が要因の一つとみられている。県内の老人医療費の低さは、平均寿命(都道府県別で05年に男性1位、女性5位)とともに「健康長寿県」の象徴と位置付けられてきたが、近年は前年度からの増加率が全国上位となることもあった。

 同日、県庁で開いた県医療費適正化計画策定・評価委員会で県が報告。県健康福祉政策課は「適切な医療提供は必要で、(全国最低ではなくなったことの)評価は難しい」としている。

 08年度の県内の1人当たり老人医療費は72万1989円で、前年度より6425円増えた=グラフ。これに対し、全国最低だった新潟県は71万146円で8662円減、岩手県は72万393円で4815円減だった。長野県の前年度からの増加率は0・9%で、全国で3番目に高かった

 08年度の高齢者の入院医療費は、長野県は1人当たり3560円増え、新潟県は1136円減、岩手県は2276円減だった。







よくわからないPPK運動も

どこへやら。





そもそも

人がどうやって死ぬかなんて

決めることができるのでしょうか?

自殺以外にどんな病気になり

どうやって死ぬかなんて

人間が決められるはずありません。




長野ではPPK運動を進めたから

首位の座を明け渡しちゃったんでしょうか?






新潟や岩手の医療が

次に目指す医療体制なのでしょうか?





ピンピンしていた

長野モデル自体がコロリと死んだのか、

それとも

長野モデル自体が

虚数空間的な存在

だったのか、

私にはよくわかりません。






現実問題として

”長野が理想のパラダイスだ”

と言う人は

あまりいないということです。













人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ





(1)
■知事の土下座攻め 「知事が土下座 かばう与党 あきれる傍聴人」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-680.html

(2)
■開業つれづれ:わざわい転じて福となす ニセ医師騒動 「循環器科に常勤医着任 県立宮古病院」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1708.html

■開業つれづれ:「偽医師容疑者、「婚約者」も着任寸前」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1396.html


(3)
■開業つれづれ:「いわて経済:臨床研修医、12人不採用 採用69人、3年ぶり減--10年度 /岩手」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1603.html















関連記事

コメント

何が正しいのかわかりません

ピンピンコロリと死にたいですけど
出来る限り生きている間は自分の事を自分でして、コントロールしたいなって考えています
しかし、老化という表現が一番正しいと思いますが、高齢になると自分の力でどうにもならない衰えが発生します
そして「医療の力」を借りざるを得ません
しかし、その医療との関わりを上手にしていない人が多いのではないかと感じます
困ったものです
生きている間、健康な時から「死」を意識して生きざるを得ないのかなと考えています

ぴんぴんころり

長野発祥でしたか。私はこの言葉は好きではありません。年を取り、体が思うように動かなくなったら 少しくらい周りに迷惑かけたっていいじゃない。ピンピンコロリがテレビで賞賛されているのを見たとき うちの寝たきりの患者さんたちを否定されたような気持ちになりました。確かに理想はピンピンコロリですが 。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。