スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:八百長みたいな削減 「 補助額引き下げ「断じて容認できず」-精神科救急医療で日医」




蓮舫氏が

事業仕分けで

救急補助金をぶったぎり(1)。






「医師確保、救急・周産期対策の補助金」


蓮舫氏が仕分けで廃止にしました。

なんで報道されないのでしょう?







さらには予算で

精神科救急医療体制整備事業費

前年度の23億円から5億円減


っていうことは

菅さんも与謝野さんも

「精神病患者さんの救急やめれ」

って言っているわけです。






これだけ精神疾患の患者さんが増えて、

救急患者さんの受け入れが難しくなっているのに、

「あぁ?精神病の救急患者に23億?

18億でどうにかしろ!」

というのが国の方針らしいです。









人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ





補助額引き下げ「断じて容認できず」-精神科救急医療で日医


医療介護CBニュース 2011年2月9日(水)20時58分配信


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110209-00000009-cbn-soci



 日本医師会は2月9日の定例記者会見で、来年度予算案のうち精神科救急医療体制整備事業費前年度から5億円縮減されたことについて、「断じて容認できない」として厚生労働省側と協議していることを明らかにした。予算案通りに縮減されれば、国庫負担の補助金は、対応した救急の1件当たり5000円程度の減額が見込まれるという。

 来年度予算案では、精神科救急医療体制整備事業費として18億円が計上され、前年度の23億円から5億円減となった。これに伴い、精神医療相談や移送事業費、精神科救急医療の確保事業費に充てられる国庫負担補助金の基準額も見直され、厚労省側が示した案では、空床確保料以外は軒並み減額される見通しだ。

 これに対し日医側が示した見解では、「不採算医療の象徴ともいえる救急医療の中でも、特に精神科救急は施設整備が不十分な上、患者の増加により各地域で対応に苦慮しているのが実情」と指摘。「真摯に対応してきた医療機関に更なる負担を強いる今回の措置は、断じて容認できない」としている。

 会見で三上裕司常任理事はさらに、対応策について厚労省側と直接協議していることを明らかにし、「多くの患者を受け入れて積極的に救急に対応している医療機関にできる限り影響が出ないよう、何らかの加算をして(減額された分を)取り戻せるような形にしていこうと話をしている」と述べた。







精神病患者さんの

救急なんて

ただでも赤字にあえいでいるのに

さらに1件当たり5000円ずつ

マイナスなんて

やるな、と言っているのとおんなじです。








救急の補助金もないし、

精神病患者さんの救急も

やめろって言っているし、

無理にやることないですよ。







マニフェスト、

読みなおした方がいいですよ(2)、

ミンスさん。

何も考えずに

書いちゃったんですね。












人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ





(1)
■開業つれづれ:よくわからないが”違和感はない”らしい 「医師確保の補助金の見直し「違和感ない」―蓮舫担当相」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1743.html



(2)いまや”ネタ”の集大成のようなマニフェスト

民主党の政権政策Manifesto2009


http://www.dpj.or.jp/special/manifesto2009/index.html


22.医療崩壊を食い止め、国民に質の高い医療サービスを提供する
【政策目的】
○医療従事者等を増員し、質を高めることで、国民に質の高い医療サービスを安定的に提供する。
○特に救急、産科、小児、外科等の医療提供体制を再建し、国民の不安を軽減する。

【具体策】
○自公政権が続けてきた社会保障費2200億円の削減方針は撤回する。医師・看護師・その他の医療従事者の増員に努める医療機関の診療報酬(入院)を増額する。
○OECD平均の人口当たり医師数を目指し、医師養成数を1.5倍にする。
○国立大学付属病院などを再建するため、病院運営交付金を従来水準へ回復する。
救急、産科、小児、外科等の医療提供体制を再建するため、地域医療計画を抜本的に見直し、支援を行う。
○妊婦、患者、医療者がともに安心して出産、治療に臨めるように、無過失補償制度を全分野に広げ、公的制度として設立する。
【所要額】
9000億円程度













関連記事

コメント

NoTitle

まあ、今や指摘する方が疲れてくるくらい毎日ブーメラン飛ばしまくってますから、もう終了してください、ってだけです。

梯子ねえ

2階に上がるように梯子を買わせて それを外したんだから
飛び降りましょう。2階にあがれったってスタッフや設備をそろえるのは医療機関側の負担です。上がったら褒美をやるぞって言ったから無理して梯子をかけたんです。

2度と信用しませんーーーん。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。